看護師は転職を在職中に行ったほうが良いの?在職中に転職するデメリットとメリットは?

看護師は転職を在職中に行ったほうが良いのでしょうか?

看護師は転職を在職中に行ったほうが良いのでしょうか?それとも、退職してから転職活動を行ったほうが良いのでしょうか?

転職活動を在職中に行うデメリットとメリットを教えます。また、デメリットをできるだけ軽減できる方法をあなたにだけコッソリ教えちゃいます!

看護師が転職を在職中に行うデメリットは何?

看護師が転職を在職中に行うデメリットは何?

看護師が転職を在職中に行うデメリットは何でしょうか?在職中に転職活動を行うデメリットは1つだけです。

在職中に転職活動を行うデメリットは、ずばり「転職活動のための時間が制限される」というものです。

転職活動をするためには、求人を探して、志望動機や自己PRを考え、履歴書を書き、面接対策をして、面接を受け、内定をもらうというステップを踏まなければいけません。

これって、結構時間がかかるんですよね。また、面接を受ける日はたいてい平日の日中ですから、面接日を休みに合わせるもの一苦労です。

「休みじゃなくても、夜勤明けの日でもOKじゃないの?休みの日+夜勤明けが面接の候補日なら、予定を合わせるのもそんなに大変じゃないでしょ?」と思うかもしれませんが、夜勤明けの自分を想像してみてください。

夜勤明けのあなたは、面接官に好印象を与えられるでしょうか?好印象を与えるには、はつらつとした感じ、元気で明るい感じを出さなければいけません。

また、面接での受け答えには頭の回転の速さが必要ですが、夜勤明けでとっさに良い答えが思い浮かぶでしょうか?

いくら質問への回答をあらかじめ考えていたとしても、予想外の質問をされることもあるんです。それを考えると、夜勤明けで面接に行くのはおすすめできません。

在職中に働きながら転職活動をすると、少ない休みを面接日に合わせるのは大変ですし、それ以外の転職活動も仕事に追われて忙しい合間をぬいながらになりますので、時間的な余裕がないのです。

看護師が転職を在職中に行うメリットは何?

看護師が転職を在職中に行うメリットは何?

看護師が転職を在職中に行うメリットは何でしょうか?仕事をしながら転職活動を行うメリットを4つご紹介します。

退職後すぐに働き出せるので経済的な不安がない

看護師が在職中に転職活動をするメリットの1つ目は、退職後すぐに働き出せることです。

退職してから転職活動を行うと、転職先が決まるまで働くことができませんので、それだけ経済的に厳しくなります。

貯金がたくさんあって、「1~2ヶ月くらい働かなくても余裕!」という人なら良いのですが、そういう人ばかりではないですよね。

在職中に転職活動をして内定をもらっておけば、「3月末日に退職して、4月1日に転職先に入職する」のように時間のロスなく働けますので、収入が途絶えることはありません。

看護知識、技術の不安なく働きだせる

夏休みなどの長期休みの後、久しぶりに職場に戻ると、たった1週間しか仕事から離れていないのに、採血などをする時、なぜか少し緊張した経験はありませんか?

私はそうでした。長期休みの後は、新鮮な気持ちで働くことはできるものの、「あれ?この手順で良いんだよね。」と少し緊張したものです。

たった1週間でそう思うのですから、退職後に転職して1~2ヶ月のブランクがあると、転職後に看護知識や技術を忘れていないか、不安になるものです。

もちろん、1~2ヶ月のブランクなんて、すぐに取り戻すことができますが、転職後は何かとストレスがかかるものですから、できるだけストレスをなくすためにも、看護知識、技術には不安がない状態で転職したいですよね。

在職中に転職活動をして内定をもらい、退職後すぐに転職先に入職すれば、看護知識や技術に不安がない状態で働き出すことができます。

転職先が決まっているという安心感がある

看護師は転職先に困ることはないと言われていますが、本当にそうなのか多少の不安はありますよね。

また、自分が希望したところに転職できるかどうかという不安もあると思います。

自分が希望した職場に転職できなければ、今働いている職場で働き続けようと思っている看護師さんもいるでしょう。

そういう看護師さんは、在職中に転職活動をして転職先を決めておけば、安心して退職することができますよね。

退職時の引き止めにあいにくい

看護師が在職中に転職活動をしておくメリットの4つ目は、退職時の引き止めにあいにくいことです。

看護師が退職する時って、たいていの場合、師長から「考え直して」とか「辞められたら困る」など引き止められますよね。

この引き止めがあまりにもしつこくて、退職時にトラブルになったり、精神的なストレスになることも珍しくありません。

また、師長から引き止められたことで、結局退職しなかったという場合もあるでしょう。

でも、在職中に内定をもらっておけば、「申し訳ありませんが、次の就職先が決まっているもので」と言うことができますよね。

転職先が決まっているのであれば、師長も強く引き止めることはないでしょう。

ただ、もちろん退職希望日直前に「次の転職先が決まっているので辞めます」と伝えるのはマナー違反ですので、最低でも1ヶ月以上前に退職日を伝えるようにして下さいね。

看護師が転職を在職中にするデメリットを軽減させる方法!

看護師が転職を在職中にするデメリットを軽減させる方法!

看護師が転職を在職中にするデメリットとメリットをご紹介しましたが、デメリットはたった1つだけ、メリットは4つもあるなら、在職中に転職活動をしちゃおうかなと考える看護師さんも多いと思います。

でも、やっぱりデメリットが気になる。人生のターニングポイントとなる転職だから、時間に追われながら中途半端な転職はしたくない。後悔しないような転職活動をしたいという人もいますよね。

そういう人のために、転職活動の時間が制限されるという在職中に転職活動をするデメリットを軽減させる、もしくはゼロにできる方法を教えます!

その方法とは、転職サイトを使うことです。

転職サイトを使って転職活動をすれば、転職のための労力を最小限にすることができますし、時間も効率よく有効活用することができるのです。

なぜなら、転職サイトは求人選びが楽だからです。インターネットであなたの希望の項目にチェックを入れれば、それに該当する求人をすぐにピックアップすることができます。

また、担当者に「給料は○○円以上で、年間休日は120日以上の急性期病院」などの条件を伝えれば、それに合ったものを紹介してくれますので、自分で1つ1つ求人をチェックしていく必要はありません。

そして、志望動機や自己PR、履歴書の書き方、面接対策なども担当者がアドバイスしてくれますので、1人で「どうしよう。どうしたら良いのかなぁ?」と悩むこともないんです。

さらに、面接日についてですが、あなたの休日を担当者に伝えれば、その日に面接日を設定してくれるように採用側と交渉してくれます。

ですから、転職サイトを使えば、在職中でも効率よく転職活動をすることができるのです。

まとめ

まとめ

転職活動を在職中にするデメリットとメリットをご紹介しましたが、いかがでしたか?

在職中に転職活動をするデメリットが気になるかもしれませんが、転職サイトを使えば、デメリットを軽減することができるんですよ!

デメリットを軽減できれば、メリットしか残っていませんので、「よし!在籍中だけど転職活動を始めてみるか!」と思えるのではないでしょうか?

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

こちらもおすすめ

運営会社 | 書いた人 | ナースの宝箱とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる