看護師の転職は何年目にするのが良いの?看護師の転職で有利になる経験年数は?

看護師の転職は何年目でするのが良いのでしょうか?

看護師の転職は何年目でするのが良いのでしょうか?

看護師の転職で有利になるのは、看護師経験何年目なのかを知っておけば、転職するタイミングを間違うことなく、好条件の求人に採用してもらうことができますよ!

看護師の転職は何年目でするのが良いの?選択肢が広がるのは4年目から!

看護師の転職は何年目でするのが良いの?選択肢が広がるのは4年目から!

看護師の転職は何年目でするのが良いのでしょうか?看護師人生において、転職は大きなターニングポイントとなるものですから、転職に適したタイミング、転職に有利になるタイミングを知っておかなくてはいけませんよね。

看護師の転職では一定年数以上の経験があったほうが良いとされています。なぜなら、転職の求人を出している病院やクリニック、介護施設では、中途採用者には即戦力を求めているからです。

いくら看護師不足だからといって、その職場での仕事のやり方を教えるだけでなく、看護師としての基礎を一から教えなくてはいけない場合、職場は余計な手間や労力を使うことになります。

ですから、看護師としての基礎はしっかりあって、その職場での仕事のやり方を教えれば、すぐに仕事を任せられる即戦力となる一人前の看護師が重宝されるのです。

では、即戦力になれる一人前の看護師とは何年目の看護師でしょうか?

それは、ズバリ4年目の看護師です。4年目になると看護師経験は丸3年はありますよね。

看護師経験が丸3年あれば、一通りの看護師の仕事はできますし、リーダー業務も経験している人が多いでしょう。また、プリセプターをやった人も多いのではないでしょうか?

看護師の仕事が一通りできて、リーダー経験もある、さらにプリセプターも経験していることもあるのなら、一人前の看護師と言えますよね。

実際に看護師求人の中には応募条件として「臨床経験3年以上」としているものもあるんです。

看護師経験が丸3年以上ある、つまり看護師4年目になると、看護師求人の選択肢が広がりますので、好条件の求人を見つけやすくなるでしょう。

看護師の転職は何年目でするのが良いの?有利になるのは6年目から!

看護師の転職は何年目でするのが良いの?有利になるのは6年目から!

看護師の転職は何年目でするのが良いのかですが、看護師求人の選択肢が広がるのは一人前の看護師になる4年目からであるとお話ししました。

では、4年目以上ならみんな看護師何年目であろうと横並びなのかというと、そうではありません。有利になる経験年数もあるのです。

では、転職に有利になるのは何年目なのかというと、6年目からです。

なぜ6年目から有利になるのかというと、看護師経験が丸5年あれば、一人前の看護師というだけでなく、応用力もついているからです。

6年目の看護師になれば、急変時の対応も慌てずにできるスキルがありますし、指示された仕事だけでなく、自分で考えながら仕事ができます。

つまり、4年目の看護師よりも6年目の看護師のほうが、採用側としては欲しい人材なのです。

4年目の看護師と6年目の看護師が同じ求人に応募した場合、経験年数以外は同じ条件だったとしたら、6年目の看護師が採用されるはずです。

6年目の看護師は看護師求人の選択肢が広がるだけでなく、好条件の求人に採用されやすくなるのです。

看護師の転職は何年目かだけでなく、経験内容やライフステージも大きくかかわってくる!

看護師の転職は何年目かだけでなく、経験内容やライフステージも大きくかかわってくる!

看護師の転職は何年目かによって、求人の選択肢や採用されやすさが変わってきますが、好条件の求人に採用されるかどうかは看護師何年目かだけでなく、そのほかのことも大きくかかわってきます。

その他のこととは経験内容やライフステージです。例えば、あなたが訪問看護ステーションの好条件の求人を見つけたとします。

あなたが急性期病棟で丸3年の経験がある場合と、企業の医務室で丸5年の経験がある場合では、どちらが採用される確率が高いでしょうか?

経験年数だけを見ると、丸5年のほうが有利に見えますが、急性期病棟で3年と企業の医務室で5年では、訪問看護で必要な知識やスキルは急性期病棟3年の看護師さんの方が持っていますので、おそらく急性期病棟3年の看護師さんが採用されるはずです。

また、4年目の独身の結婚予定がない看護師さんと8年目の結婚していて今すぐ子供が欲しい看護師さんでは、どちらが採用されやすいでしょうか?

採用側としては、できるだけ長く働いてくれる看護師さんを採用したいと思うものです。

今すぐ子供が欲しい看護師さんは、産休・育休で長期的に休む可能性が高いですよね。

また、産休・育休後に復帰してくれるならともかく、復帰せずにそのまま退職することもあり得ますし、妊娠と同時に体調が優れずに、すぐに退職する可能性もあります。

それなら、経験が浅くても、一人前の看護師なら独身で長く勤めてくれる看護師さんを採用しようと思うはずです。

ですから、看護師が転職を成功させるためには、看護師経験が何年目かということも大切ですが、転職したい診療科や分野で役立つ経験を持っているか、長く働けるようなライフステージかどうかも重要になってくるのです。

そのため、看護師の転職は何年目にするかどうかを基本に、計画的に行うようにすると良いでしょう。

まとめ

まとめ

看護師の転職は何年目に行うのが良いかについては、4年目で求人の選択肢が広がり、6年目から好条件の求人に採用されやすいことを知っておきましょう。

また、何年目かだけでなく、経験内容やライフステージも転職の有利・不利にかかわってきますので、転職は計画的に行ってくださいね。

計画的に行うのが良いと分かっていても、2年目だけど今すぐ転職したい、4年目だけど好条件のところに転職したいという人もいますよね。そういう看護師さんは転職サイトを使うと良いですよ。

転職サイトなら、経験が浅くても採用してもらえる好条件の求人を紹介してもらえますので、自力で転職するよりも、転職に失敗せずに済む可能性が高いんです!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる