看護師は転職でボーナスにこだわるべき?ボーナスにこだわるメリットとデメリットは?

看護師は転職でボーナスにこだわるべきなのでしょうか?

看護師は転職でボーナスにこだわるべきなのでしょうか?

転職先に求める条件の中にボーナスを入れると、どんなメリットとデメリットがあるのか、またボーナスにこだわって転職するなら、どんな職場が良いのかを教えます!

看護師が転職でボーナスにこだわるメリット=年収の大幅アップが見込める

看護師が転職でボーナスにこだわるメリット=年収の大幅アップが見込める

看護師が転職でボーナスにこだわる場合、どんなメリットがあるのでしょうか?

看護師がボーナスにこだわって転職するメリットは、年収の大幅アップが見込めることです。

あなたが今働いている職場では、どのくらいのボーナスが支給されているでしょうか?

3~4ヶ月分という職場が多いかもしれませんね。少ないところだと1~2ヶ月分というところもあるでしょう。

例えば、ボーナスが2ヶ月分しかもらえていない看護師さんが、5ヶ月分もらえるところに転職したら、どのくらいの年収アップになるかわかりますか?

ボーナスが2ヶ月分と5ヶ月分ではどれだけの差が出るの?

ボーナスが2ヶ月分と5ヶ月分ではどれだけの差が出るの?

基本給を25万円として計算してみましょう。ボーナスが2ヶ月分の場合、25万円×2ヶ月=50万円です。

ボーナスが5ヶ月分の場合、25万円×5か月=125万円になります。

ボーナスが2ヶ月分か5ヶ月分かだけで75万円も年収に差が出るんです!

75万円って大きいですよね。税金やら社会保険料やらが引かれますので、手取りはもう少し少なくなりますが、それでも75万円があれば、ちょっとどころではない贅沢ができますね。

基本給の差をボーナスが埋めることもあるの?

基本給の差をボーナスが埋めることもあるの?

A病院は基本給25万円、ボーナスは2ヶ月分。B病院は基本給は23万円、ボーナスは5ヶ月分。

この2つの求人があったとします。基本給だけ見るとA病院のほうが良いですね。でも、年収にするとどうなのでしょう?

A病院:基本給25万円×12ヶ月+25万円×ボーナス2ヶ月分=350万円

B病院:基本給23万円×12ヶ月+23万円×ボーナス5ヶ月分=391万円

基本給だけ見ると、A病院のほうが良くても、年収に直すとB病院のほうが40万円以上高くなるんです。

ボーナスは基本給の差をひっくり返すくらい大きなものなのです。

ですから、年収の大幅アップを狙って転職するなら、ボーナスにこだわるべきなんです。

看護師が転職でボーナスにこだわるデメリット=支給実績は毎年変わる

看護師が転職でボーナスにこだわるデメリット=支給実績は毎年変わる

看護師が転職でボーナスにこだわるデメリットも考えてみましょう。ボーナスにこだわって転職した場合、思わぬ落とし穴が待っている可能性があります。

ボーナスってどんなものか知っていますか?ボーナスとは、日本語に直すと賞与です。「職場の業績が良かったら、その利益を職員にも特別に分配しますよ!」というものです。

給料のように必ず支給しなければいけないというものではありません。大げさな話、職場の利益が減ったら、ボーナスは支給しなくても法律上は何の問題もないのです。

ということは、ボーナスがどのくらい支給されるか、もっと言えば、ボーナスが支給されるかどうかは、その職場の経営者次第といっても過言ではありません。

現在は、病院でも倒産する時代です。給料を貰えなかったら、訴訟を起こすことも可能ですが、ボーナスはそうはいきません。

職場の業績が悪ければ、ボーナスが支給されないこともあります。

つまり、ボーナスはとても流動的なものなのです。

ですから、今年はボーナスを5ヶ月分支給したという実績があっても、来年はどうなるかはわかりません。もしかしたら、来年は2ヶ月分しか支給されないかもしれないのです。

ボーナスにこだわって、こだわりすぎて転職をすると、翌年はまさかの年収大幅ダウンという可能性もあるのです。

看護師が転職でボーナスにこだわるなら、私立の大学病院を目指そう!

看護師が転職でボーナスにこだわるなら、私立の大学病院を目指そう!

看護師が転職でボーナスにこだわるなら、メリットの恩恵を実感できて、デメリットのリスクが非常に低い職場を探すのが良いですね。

「そんな職場があるの?」と疑っているかもしれませんね。でも、大丈夫。あるんです!

ボーナスがたくさんもらえて、突然の大幅ボーナスカットのリスクが非常に少ない職場は私立の大学病院です。

私立の大学病院は、ボーナスが5ヶ月分以上出るところがほとんどです。多いところは6ヶ月以上も!

しかも、大学病院ほど大規模な病院の場合、経営状態は安定していますので、5.3ヶ月分が5.2ヶ月分になるなど、ほんの少しの変動はあっても、5ヶ月分のボーナスが翌年は2ヶ月分に大幅ダウンなんてことはほぼありません。

ですから、ボーナスにこだわりたい看護師は私立の大学病院に転職しましょうね!

まとめ

まとめ

看護師がボーナスにこだわって転職すると、大幅な年収アップが見込めますが、こだわりすぎると痛い目を見ることもあるので、注意しましょう。

年収の大幅アップが期待できるほどボーナスが多く、しかも痛い目を見る可能性が非常に低いのは私立の大学病院です。

私立の大学病院って、ハードル高そうと思っているかもしれませんが、転職サイトを使って採用試験を受ければ、そのハードルは一気に下がります。

なぜなら、担当者が採用試験のアドバイスや面接対策を一緒に行ってくれるからです!ボーナスでガッチリ稼ぎたい人は、転職サイトで私立の大学病院の求人を探しましょうね!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる