看護師の訪問看護ステーションの転職(辞める)理由にはどんなものが?

体力的にも精神的にも、辛い・・・

看護師の訪問看護ステーションの転職(辞める)理由にはどんなものがあるか知っていますか?

訪問看護ステーションへの転職を考えている人は、そこで働く看護師がなぜ辞めるのかを確認しておくと、訪問看護ステーションへの転職を成功させることができますよ!

訪問看護ステーションの看護師の転職(辞める)理由は何?

訪問看護ステーションの看護師の転職(辞める)理由って何でしょう?訪問看護ステーションで働く看護師が転職を決意する理由の中で多いものを挙げてみました。

移動がきつくて、体力的に厳しい

訪問看護師は訪問看護ステーションを出発してから、1日4~5件の訪問先を周ることになりますが、その移動手段は職場によって違いますし、移動範囲も違ってきます。

徒歩や自転車で移動しなければならなかったり、広いエリアを公共交通機関を利用して移動すれば、業務内容ではなく、移動だけでクタクタになってしまうんです。

業務内容よりも移動が大変で辞めたいと思う訪問看護師さんは意外に多いんですよ。

オンコールの回数が多くて、夜間に呼び出されることが多かった

訪問看護ステーションでの仕事は、基本的に日勤のみになりますが、職場によっては24時間対応でオンコール体制を取っているところがあります。

日勤のみの勤務だと思って訪問看護ステーションに転職したのに、オンコール担当になる回数が多かったり、オンコールの回数が多くて、夜間に何度も患者さんに呼び出されることがあるなどで、疲れきってしまったというケースもあります。

患者さんや家族からの理不尽な要望やクレームが多い

訪問看護は基本的に1人で患者さんの自宅を訪問して、そこで看護を行います。

病院やクリニックは、看護師の「ホーム」であり、患者さんの「アウェー」なんですが、訪問看護だと患者さんの自宅で看護するわけですから、患者さんの「ホーム」で、看護師の「アウェー」の場所になるんです。

そうすると、どうしても患者さんや家族から厳しく当たられたり、業務範囲外の要求をされたり、クレームが多かったりすることがあります。

また、女性一人で自宅を訪問するため、セクハラの被害に遭うこともあるようです。

訪問先で自分一人でやらなければならず、精神的な負担が大きい

訪問看護師は、患者さんの自宅を1人で訪問しますので、医師やケアマネージャーの指示やプランに基づいて、自分1人で看護を行います。

ですから、「この患者さんは血管が細くて逃げやすいから、採血が得意な人に代わってもらう」、「ちょっと状態が悪いから、ドクターに診てもらって判断してもらおう」ということができないんです。

そのことが精神的な負担になって、訪問看護師を辞めたいと思うようになる人もいます。

訪問看護ステーションへ転職を考えている看護師がチェックしておくことは?

移動手段も、しっかり事前にチェックしておきましょう。

訪問看護ステーションへの転職を考えている看護師さんが、転職を成功させるにはどうしたら良いでしょうか?転職先を決める前にチェックしておきたいポイントを教えますね!

移動手段や移動範囲をチェックしよう

まずは、移動手段や移動範囲をチェックしましょう。訪問看護ステーションによって、どのくらいのエリアをカバーしているのかは異なります。

本当に近隣だけで坂道もないのでしたら、自転車移動でも良いのですが、移動範囲によっては徒歩や自転車だけでは辛いこともありますよね。

また、都市部か地方かによって、車移動のほうが良いのか、公共交通機関での移動のほうが良いのかの違いもありますので、勤務場所に適した移動手段で移動できるのか、移動手段と移動範囲のきちんとバランスが取れているのかは確認しておきたいポイントです。

教育体制やフォロー体制をチェックしよう

1人で看護を行う訪問看護は、いくら病棟での経験が豊富でも最初は戸惑うことばかりです。

ですから、きちんと教育体制が整っているところを選びましょう。そうしないと、自信がないまま1人で患者さんの自宅を訪問することになり、精神的なストレスを抱えることになります。

また、判断に困った時、何かトラブルが起こった時に、訪問看護ステーションがすぐに病院やドクターに連絡してくれるか、フォローしてくれる体制が整っているかどうかも、ストレスなく仕事ができるかどうかの大切なポイントの1つになります。

オンコールの有無やオンコールの回数をチェックしよう

訪問看護ステーションの求人の中には、オンコールなしというものも増えてきていますので、オンコールが嫌という場合には、そういう求人を選ぶと良いでしょう。

また、オンコールの回数やオンコール手当の金額なども確認しておきたいポイントですね。

訪問看護は需要がどんどん高まっていますので、求人数も増えてきています。

そのため、訪問看護の求人は比較的すぐに見つけることができると思います。ただ、高待遇・好条件であなたの希望に合ったものは、非公開になっていることもあります。

非公開求人は転職サイトに登録すると見ることができます。転職サイトの登録や利用は無料ですので、気軽に登録してみてはいかがですか?

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる