看護師が臨床開発モニター(CRA)に転職|仕事の特徴、メリット・デメリット、向いている人、注意点

看護師が臨床開発モニター(CRA)に転職するなら、臨床開発モニターの仕事の特徴やメリット・デメリット、向いている人、求人探しの注意点を知っておく必要があります。

看護師が臨床開発モニター(CRA)に転職するなら、臨床開発モニターの仕事の特徴やメリット・デメリット、向いている人、求人探しの注意点を知っておく必要があります。

臨床開発モニターへの転職を考えている人は、まずはこの記事を読んでから、転職活動を始めるようにしましょう。

看護師が臨床開発モニター(CRA)に転職するなら、臨床開発モニターの仕事の特徴を知りましょう

看護師が臨床開発モニター(CRA)に転職するなら、臨床開発モニターの仕事の特徴を知りましょう。臨床開発モニターの特徴は4つあります。

臨床開発モニターの仕事の特徴は、治験をサポートすること

臨床開発モニターの仕事の特徴の1つ目は、治験をサポートする仕事であることです。治験とは、新しく開発された新薬の効果や安全性を確認するための臨床試験のことです。

治験でその新薬が安全で有効であると確認されたら、厚生労働省が認可して、一般の患者さんに使用することができるようになります。

臨床開発モニターはこの治験を新薬を開発した製薬会社側の立ち場から管理・調整して、データを収集したり、治験が正しく行われているかをチェックする仕事になります。

一般企業勤めになることも臨床開発モニターの仕事の特徴!

臨床開発モニターの仕事の特徴の2つ目は、一般企業に勤めることです。看護師は通常、病院やクリニックなどの医療施設や老健や特養などの介護施設に勤務しますよね。

でも、臨床開発モニターとして働く場合は、製薬会社やCRO(開発業務受託機関)に就職して働くことになります。

臨床開発モニターは、特別な資格が必要なわけではないことも仕事の特徴です

臨床開発モニターになるためには、特に資格は必要ないことも仕事の特徴の1つになります。「臨床開発モニター」という資格がないと働けないわけではないのです。

もっと言えば、看護師の資格がなくても臨床開発モニターになることはできます。看護師から臨床開発モニターになる人が多いのは、医学的・薬学的な知識を活かせて、さらに臨床開発モニターに必要なコミュニケーションスキルを持っているためです。

臨床開発モニターになる医療職者は、看護師だけでなく、薬剤師や臨床検査技師などがいます。また、医療系の資格を持っていなくても、理系の大学卒業後にそのまま製薬会社やCROに就職して臨床開発モニターとして働く人もいます。

臨床開発モニターの仕事の特徴は、デスクワークが中心であること

臨床開発モニターの仕事は、デスクワークが中心であることも特徴の1つですね。

治験の準備や契約の締結、治験のモニタリング、治験後の申請処理などが主な業務になりますので、オフィスでの仕事と治験を行う病院での仕事が主になります。

看護師が臨床開発モニター(CRA)に転職する4つのメリット

看護師が臨床開発モニター(CRA)に転職するメリットは4つあります。臨床開発モニターに転職すると、どんなメリットがあるのか1つ1つ説明していきます。

臨床開発モニターのメリットは、高収入を狙えること

看護師が臨床開発モニターに転職するメリットの1つ目は、高収入を狙えることです。病棟で夜勤をやっていた看護師が、臨床開発モニターに転職すると、転職直後は年収は下がります。

臨床開発モニターの1年目の年収は450万円前後になります。でも、臨床開発モニターは一般企業勤務です。

一般企業は看護師よりも昇給率が高いんです。その証拠に、臨床開発モニターは5年程度の勤務で年収が500~600万円前後になります。

さらに、経験を積んでキャリアアップしていけば、年収1000万円以上を狙うことも十分に可能なんです。

看護師をしていて年収1000万円以上を狙うのは、かなり難しいですが、臨床開発モニターなら実力さえあれば、年収1000万円以上を稼ぐことは難しいことではないのです。

医療の発展に携われるのも臨床開発モニターのメリットです

臨床開発モニターに転職するメリットの2つ目は、医療の発展に携われることです。

臨床開発モニターは直接患者さんと接する機会はありませんので、臨床現場で働くような「患者さんを助けている」という実感を得ることはないでしょう。

でも、臨床開発モニターは新薬の開発、つまり医療の発展に携わる重要な仕事ですので、目の前の患者さんを助けることができなくても、未来のたくさんの患者さんを助けることができる仕事なのです。

医療の発展に携わり、たくさんの患者さんの命を助けることができる仕事ができるのは、大きなメリットと言えますよね。

臨床開発モニターに転職すると、体力的に楽なことがメリットです

臨床開発モニターに転職するメリットの3つ目は、体力的に楽であることです。一般的な看護師の仕事って、ものすごくハードですよね。

基本的に立ち仕事ですし、患者さんの移動介助やら体位交換、オムツ交換などの力仕事も多いですよね。

でも、臨床開発モニターはデスクワークが中心ですので、体力的には楽に働くことができるのです。

臨床開発モニターのメリットは、日勤のみで土日祝日休みであること!

臨床開発モニターに転職するメリット、4つ目は日勤のみで土日祝日が休みであることです。臨床開発モニターは、一般企業に勤めます。

そのため、日中にしか働きませんし、カレンダー通りの休みになるのです。

夜勤があって不規則な生活を送り、土日祝日は関係なし、お盆や正月も関係ない中で働かなくてはいけない看護師さんにとっては、日勤のみで土日祝日が休みというのは天国のように感じるかもしれませんね。

看護師が臨床開発モニター(CRA)に転職する5つのデメリット

看護師が臨床開発モニター(CRA)に転職すると、5つのデメリットがあります。

どんなデメリットがあるのかを、1つ1つ確認していきましょう。デメリットに納得してから転職するのが、転職を後悔しないコツなんです。

臨床開発モニターのデメリットは、残業が多いこと

臨床開発モニターに転職するデメリットの1つ目は、残業が多いことです。

臨床開発モニターは、とても多忙なので、どうしても残業が多くなります。

同じ治験関係の仕事である治験コーディネーターは、比較的残業が少ないのですが、臨床開発モニターは多めになるんです。

特に、担当する治験のプロジェクトが始まる前は残業が増えて、月平均で10~30時間の会社が多いようです。

出張が多いことも臨床開発モニターのデメリットの1つ

臨床開発モニターに転職するデメリットの2つ目は、出張が多いことです。看護師は基本的に出張がない仕事ですよね。でも、臨床開発モニターは出張が多いんです。

臨床開発モニターが勤める製薬会社やCROは都市部にしかありません。でも、治験を行う病院は全国各地にあります。

そのため、臨床開発モニターは出張をして、治験を行う病院を訪問するんです。

泊りがけの出張が月に数回あることが多いですので、日勤のみの仕事とは言えども、「月~金曜の定時退勤」を思い描いていると、イメージとは違う勤務状況に戸惑ってしまうかもしれません。

臨床開発モニターは、精神的なプレッシャーがあることもデメリットの1つ?

臨床開発モニターは、精神的なプレッシャーがあることもデメリットの1つと言えるでしょう。臨床開発モニターはとても責任ある仕事です。

治験のモニタリングでは決められた通り治験が行われているか、たくさんのチェック項目があり、1つでも見逃すと、その治験がパーになってしまうことがありますので、気を抜くことができません。

また、治験のための被験者を必要数確保したり、医師と専門的なやり取りをしたり、治験のルールであるGCPが順守されているかのチェックなど、ストレスのたまる仕事が多いんです。

臨床開発モニターのデメリットは、臨床に戻りにくくなること

臨床開発モニターに転職するデメリットの4つ目は、臨床に戻りにくくなることです。臨床開発モニターは基本的に患者さんと接することはありません。また、医療行為も行いません。

臨床開発モニターは看護師の経験を活かせる仕事ですが、看護師とは全く違う仕事になります。

そのため、臨床開発モニターを長く続けていると、「また看護師として働きたい!」と思った時に、スムーズに復職できなくなります。

臨床開発モニターとして働いていても、実質はブランクがあるようなものです。

臨床開発モニターのデメリットは、未経験者は年齢制限があることです

臨床開発モニターに転職するデメリットの5つ目は、未経験で臨床開発モニターに転職する場合は、年齢制限があることです。

臨床開発モニターの求人にはあからさまに「○○歳まで」と書いていなくても、実際は30歳を超えると、採用されなくなることが多いようです。

そのため、臨床開発モニターへの転職を考えているなら、20代のうちに転職しておくと良いでしょう。

看護師が臨床開発モニター(CRA)に転職するなら、向いているタイプを知りましょう

看護師が臨床開発モニター(CRA)に転職するなら、向いているタイプを知りましょう。臨床開発モニターに向いているのは、こんなタイプの看護師さんです。

臨床開発モニターに向いているのは、夜勤は嫌だけど高収入を狙いたい人

臨床開発モニターに向いているのは、夜勤は嫌だけど高収入を狙いたい看護師さんです。夜勤をやっていれば、看護師でも年収550万円を狙うことはできますね。でも、夜勤をやらないと一気に年収は下がってしまいます。

夜勤をやりたくないけれど、高収入が欲しいという看護師さんは、臨床開発モニターに向いています。臨床開発モニターは日勤のみなのに、年収600万円以上、役職に就けば1000万円以上も可能です。

そのため、規則正しい生活はしたいし、高収入が欲しいという欲張りな看護師さんは、臨床開発モニターに転職すると良いでしょう。

臨床開発モニターに向いているのは、デスクワーク中心の仕事をしたいタイプ

臨床開発モニターに向いているタイプ、2つ目はデスクワーク中心の仕事をしたい人です。

看護師は力仕事ばっかりで疲れてしまった。OLさんみたいなデスクワーク中心の仕事に憧れている人は、臨床開発モニターに向いていると思います。

臨床開発モニターは大変なことも多いですが、デスクワーク中心で、スーツを着て、パソコン画面に向かい、医師と専門的な話をしながら働くカッコいいキャリアウーマンになれるんです。

英語に自信がある看護師さんも、臨床開発モニターに向いている!

臨床開発モニターに向いているタイプの3つ目は、英語に自信がある人です。臨床開発モニターは英語が必要な仕事です。

英語の論文を読むことも多いですし、国際的な治験を行うことが増えています。さらに、外資系の製薬会社も多いんです。

そのため、臨床開発モニターでキャリアアップしていくなら、英語力は必須スキルなんです。

英語が得意だけど、看護師の仕事ではその英語を活かせなかったという看護師さんは、臨床開発モニターに転職すると、得意の英語を活かして働くことができるでしょう。

看護師が臨床開発モニター(CRA)に転職する時の求人選びの注意点

看護師が臨床開発もンター(CRA)に転職する時の求人選びの注意点は3つあります。

この3つの注意点をチェックしておくと、臨床開発モニターへの転職を失敗せずに済むでしょう。

求人選びの注意点は、教育制度はどうなっているか

臨床開発モニターの求人探しの注意点の1つ目は、教育制度はどうなっているかです。臨床開発モニターの仕事内容を説明されても、なんとなくイメージはできるものの、細かい部分まではよくわからないという人が多いと思います。

そんな状態で、「じゃあ、適当にやってみて。わからなかったら聞いて」とか「見て覚えてね」というところに転職してしまったら、とんでもないことになってしまいますよね。

そのため、臨床開発モニターの仕事をゼロから指導してくれる求人を選ぶようにしましょう。

残業時間や出張の頻度も求人選びの注意点です

臨床開発モニターの求人選びの注意点の2つ目は、残業時間や出張の頻度です。臨床開発モニターは残業が多めですし、出張もあります。

でも、実際にどのくらい残業するのか、出張は月に何回くらいあるのか、泊りの出張なのか、日帰りできるのかによって、仕事のきつさは変わってきますよね。

そのため、月平均の残業時間や出張の頻度は必ず調べておきましょう。

求人選びの注意点は、未経験者は給料にはあまりこだわらない方が良いこと!

求人選びの注意点の3つ目は、未経験で臨床開発モニターに転職するなら、給料や待遇にはあまりこだわらない方が良いことです。

「せっかく転職するなら、給料の高いところ!」と思うかもしれませんが、臨床開発モニターは看護師と違って求人数が少ないですし、未経験の場合は、最初はあまり高収入は望めません。

まずは、とにかく臨床開発モニターとして採用してもらって、そこで経験を積み、それから転職して高収入を狙うようにしましょう。

未経験で臨床開発モニターに転職するなら、給料・待遇よりも、教育制度を重視して選ぶと良いと思います。

まとめ

臨床開発モニターの特徴や臨床開発モニターに転職するメリット・デメリット、向いている人、求人選びの注意点をまとめました。

臨床開発モニターの求人は少ないので、自分ではなかなか見つけることができませんので、転職サイトを使うと良いですよ。

転職サイトなら、臨床開発モニターの求人を扱っています。ただ、数は多くないので、非公開になっていることが多いんです。非公開求人にして、あまり応募が殺到しないようにしているんですね。

そのため、転職サイトに登録して、担当コンサルタントに「臨床開発モニターになりたいんですが」と伝えて、非公開の求人を紹介してもらうようにしましょう。

担当コンサルタントに、「ここの教育制度ってどんな感じですか?残業時間や出張の頻度も知りたいんですけど」と伝えると、細かい部分まで調べてくれますよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

看護roo!は看護師の口コミで急速に広がりつつある実力派サイトです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしており、 利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの 」求人と出会えます。※対応エリアは関東・関西・東海のみ

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。看護roo!との併 用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる