看護師の肌荒れは夜勤のせいだった!?4つの肌荒れ原因と対策を解説!

看護師は夜勤で肌荒れをすることが多いですね。

看護師は夜勤で肌荒れをすることが多いですね。夜勤に入ると、一気に肌荒れを起こして、ニキビができてしまうという人も少なくないと思います。

看護師が夜勤で肌荒れを起こす4つの原因と対策をまとめました。

看護師が夜勤で肌荒れをする原因=成長ホルモンの分泌量が減ってしまう→対策は?

看護師が夜勤に入ると肌荒れを起こす理由の1つ目は、成長ホルモンの分泌量が減ってしまうことです。

成長ホルモンは肌のターンオーバーを促して、正常化させるためのホルモンです。肌は28日で生まれ変わります。これを肌のターンオーバーと言います。

肌のターンオーバーの周期が短くなると、成熟していない細胞が肌の表面へと押し上げられますので、肌に必要な水分を溜め込んでおくことができず、乾燥肌になります。

乾燥肌になれば、肌のバリア機能が低下しますので、ちょっとした刺激にも炎症を起こしてしまい、肌荒れを起こしやすくなるんですね。

また、ターンオーバーが遅くなると、老廃物が溜まって、くすみやニキビの原因になるのです。

成長ホルモンはターンオーバーを正常化させてくれる美肌作りには欠かせないホルモンです。

そして、この成長ホルモンは22~翌2時にぐっすり寝ていると放出される量が増えるという特徴があります。

22~翌2時。夜勤中は寝ていませんね。バリバリ働いている時間です。ということは、夜勤をしていると、成長ホルモンの分泌量が減りますので、ターンオーバーが乱れて、肌荒れを起こすんです。

成長ホルモンを増やすための対策

肌荒れを改善するためには、成長ホルモンのゴールデンタイムには睡眠をとれるようにしましょう。ゴールデンタイムに睡眠をとれば、夜勤に入りながらも美肌を保つことができます。

成長ホルモンのゴールデンタイムとは22時~翌2時のことです。

夜勤中はこのゴールデンタイムに睡眠をとれないのは仕方がありません。仕事ですから。

でも、夜勤以外の時はこの時間には睡眠をしっかりとれるようにしましょう。「明日は休みだから」と遅くまで夜更かしをしていませんか?

夜勤明けに仮眠を摂り過ぎてしまって、その日の夜はなかなか寝付けず、気づいたら深夜2時なんてことはありませんか?

そのような生活をしていると、自分から肌荒れを促進させているようなものです。夜勤以外の日は、できるだけ22~翌2時に睡眠をとれるような生活を送りましょう。

看護師が夜勤で肌荒れをする原因=ストレスで皮脂の分泌量がアップ!→対策は?

看護師が夜勤で肌荒れをする原因の2つ目は、ストレスです。

看護師が夜勤に入ると、ストレスが溜まりますよね。夜勤をするというだけで、ストレスになります。また、いやな先輩看護師と一緒の夜勤だと、さらにストレスが溜まります。

忙しかったり、急変対応があったり、せん妄の患者さんの対応をした時もストレスが溜まります。「夜勤=ストレス」なんです。

ストレスが溜まると、交感神経が優位になります。交感神経が優位になると、男性ホルモンが分泌されます。

看護師なら知っていると思いますが、女性でも男性ホルモンが分泌されているんです。

そして、男性ホルモンの分泌量が増えると、皮脂の分泌量が増えます。

皮脂が多くなると、ニキビが増えますよね。夜勤で肌荒れを起こすのは、ストレスによる皮脂の増加が原因の1つなんです。

また、不規則な生活になることで、自律神経のバランスが乱れて、交感神経が優位になりますので、そのことでも皮脂の分泌が多くなります。

皮脂の分泌量を正常化するための対策

夜勤による肌荒れを改善するなら、ストレスは溜め込まないようにしてください。看護師の仕事をしていると、ストレスを感じないようにすることはできませんよね。

日々ストレス。毎日ストレス。仕事に行くたびストレス。これが当たり前ですから。

看護師の仕事をする限り、ストレスを感じるのは、もう仕方がないことです。肌荒れを改善するためには、ストレスを感じても、すぐに発散して溜め込まないようにする必要があります。

自分なりのストレス解消方法を見つけて、ストレスはこまめに発散するように心がけてください。

看護師が夜勤で肌荒れをする原因=食生活が乱れる→対策は?

看護師が夜勤で肌荒れをする原因、3つ目は食生活が乱れることです。夜勤に入ると、栄養のバランスが偏りませんか?

日勤の時は職場で食べる食事は昼食だけです。しかも、日勤は社員食堂を利用することができることもありますよね。

でも、夜勤は夕食と朝食を職場で食べます。社員食堂はやってません。忙しい看護師はお弁当を作るような暇はありませんから、基本的にコンビニ弁当になります。

しかも、夜勤中の食事休憩は30分程度でササっと食べなければいけませんので、おにぎりとか菓子パンとかカップラーメンとかが多くなります。炭水化物ばかりですね。

また、夜勤中はついついお菓子を食べてしまいます。ポテトチップスやチョコレート。これも、栄養のバランスなんて全く考えられていないものです。

つまり、夜勤中は基本的に炭水化物ばかりを摂っていて、ビタミンやミネラルなどはほとんどとらないので、栄養のバランスが偏ってしまうのです。

ビタミンやミネラルは健康な肌作りには欠かすことができないものですから、食生活が乱れると、すぐに肌荒れを起こしてしまうのです。

栄養のバランスを整えるための対策

肌荒れを治すためには、ビタミンやミネラルをしっかり摂取することが大切です。具体的には、次の栄養素を摂取しましょう。

・ビタミンA
・ビタミンB群
。ビタミンC
・ビタミンE
・鉄
・亜鉛
・オメガ3脂肪酸(DHA、EPA)
・タンパク質

ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保ってくれます。ビタミンB群は皮脂の分泌量を正常化して、肌を健康に保ってくれます。

ビタミンCは抗酸化作用があります。ビタミンEも抗酸化作用があり、さらに血行を促進してくれますので、肌へ必要な酸素や栄養を届けてくれます。

鉄は鉄欠乏性貧血を改善し、血行を促進します。亜鉛は細胞分裂を促しますので、正常な肌細胞を作ります。オメガ3脂肪酸は、角質を厚くして、丈夫な肌を作ってくれるんです。

タンパク質は肌細胞の原料ですし、肌の保湿成分の原料になるものです。

これらの栄養素を摂るためには、毎日自炊をして、夜勤の日もお弁当を作ってくることが一番良いのですが、忙しい看護師さんはどうしても自炊が難しいこともありますよね。

お弁当を作る時間があるなら、寝ていたいという人も多いでしょう。

肌荒れを改善するために自炊をしようと思って、忙しい中無理して自炊をしていると、それがストレスになって、肌荒れしてしまうこともあります。

どうしても、食事の栄養が偏ってしまうという場合には、サプリメントを利用しましょう。上手にサプリメントを利用すれば、不足している栄養素を補うことができます。

看護師が夜勤で肌荒れをする原因=疲労でスキンケアを怠けてしまう→対策は?

看護師が夜勤で肌荒れをする原因、最後は疲労でスキンケアを怠ることです。夜勤明けで帰宅すると、もうぐったりしてしまいますよね。すぐにでもベッドで寝たいと思うこともあるでしょう。

そうすると、スキンケアをきちんとせずに、寝てしまうこともあるのではないでしょうか?スキンケアを怠れば、肌荒れを起こしてしまいます。

また、夜勤明けでそのまま遊びに行くこともあると思いますが、夜勤明けでそのまま遊びに行くと、24時間以上顔を洗わないことになります。

そうすると、アクネ菌やその他の雑菌が繁殖して、ニキビや肌荒れを起こす原因になるんです。

スキンケアをするための対策

夜勤に入った後は、スキンケアをしっかり行いましょう。自宅に帰ったら、何かをする前に、洗面所に直行しましょう。

疲れて眠い状態で自宅に帰って、一度座ってしまうと、もうあなたの中のスイッチがオフになります。

スイッチがオフになれば、何もかもが面倒になって、「早く寝たい」としか思えなくなって、スキンケアが面倒になるのです。

いくら眠くても、疲れていても、まずは洗面所に直行して、メイクはしっかり落として、丁寧に洗顔をし、しっかり保湿をしてください。これをするだけで、肌荒れが起こりにくくなります。

もちろん、夜勤明けの日だけではなく、日勤の日も休みの日も、スキンケアはしっかり行いましょうね。

看護師が夜勤での肌荒れを根本的に解決するためには?

看護師が夜勤での肌荒れを改善するための4つの原因と対策をご紹介しました。これらの肌荒れ対策をすれば、肌荒れを改善することができるはずです。

でも、いつでもきれいな美肌を保つのは難しいと思います。なぜなら、夜勤に入ると、やっぱり成長ホルモンが分泌されませんし、皮脂の分泌量が多くなりますから。

根本的に肌荒れを解決するためには、日勤のみの職場に転職するしかありません。夜勤をしている限り、肌荒れの原因は常にある生活をすることになります。

それなら、日勤のみの職場に転職すると、肌荒れをしっかり治すことができます。今の職場で肌荒れの悩みを抱えながら働くなら、転職してツルツル美肌になったほうが良いと思いませんか?

まとめ

看護師の夜勤での肌荒れの原因と改善方法をまとめました。肌荒れの問題を根本的に解決するなら、日勤のみの職場に転職しましょう。

「でも、日勤のみだと年収が下がっちゃう」と心配になる人もいるかもしれません。そういう人は、転職サイトを使うと良いですよ。

転職サイトなら、日勤のみの職場の中でも給料が高い職場を紹介してくれます。職場によっては、夜勤をしているのと変わらない年収を稼ぐことができるところもあります。

そのような職場に転職すれば、肌荒れを解決しつつ、年収を維持することができますよね。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職といえばナース人材バンク、と言われるほどの人気サイトです。業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。オススメですよ♪

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

こちらも口コミでの人気が高いサービスです。沢山の非公開求人が用意されていますので、ナース人材バンクと併せてお使い頂くと間違いのない転職が出来ると思います。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる