美容皮膚科の看護師が転職する(辞める)理由って何?解決法を教えて!

美容皮膚科の看護師の転職(辞める)理由って何でしょうか?また、どうすればその転職原因を解決できるのでしょう?

美容皮膚科の看護師が転職する(辞める)理由って何でしょうか?また、どうすればその転職原因を解決できるのでしょう?

今美容皮膚科で働いていて、「転職しようかな?」と考えている看護師さんは、これを読めば転職原因が解決できて納得いく転職ができるはずです。

美容皮膚科の看護師の転職(辞める)理由

美容皮膚科の看護師の転職(辞める)理由

美容皮膚科の看護師が転職する(辞める)理由は何でしょうか?美容皮膚科で働いている看護師はどんな理由で転職を決意するのでしょう?

接遇が嫌

美容皮膚科の看護師が転職しようと決意する理由の1つ目は、美容皮膚科では看護師が接客業のような仕事をするのが嫌というものです。

美容皮膚科は自由診療ですので、患者さん=お客様になります。

そのため、美容皮膚科では接遇が厳しく指導され、販売業やホテルマンのように接客業として患者さんに接しなければいけません。

そうすると、「私は看護師で、接客業の人じゃないんだけど」と厳しい接遇に違和感を持つようになって、美容皮膚科から転職しようと思うようになるんです。

給料が思ったよりも高くない

美容皮膚科の看護師が転職しようと思う理由の2つ目は、給料が思ったよりも高くないことです。

美容皮膚科は自由診療ですので、一般的な保険診療のクリニックよりは給料が高めです。美容皮膚科専門クリニックだと、給料の相場は30万円程度になります。

ですから、保険診療のクリニックと比べたら、給料は高いのですが、同じ自由診療の美容外科と比べると、美容皮膚科の看護師の給料は低いんです。

美容皮膚科はオペがありませんので、クリニックの利益は美容外科ほど多くありません。

また、美容皮膚科の看護師はノルマがないことが多い、もしくはノルマが厳しくないので、美容皮膚科の看護師の給料は、美容外科ほど高くないのです。

美容皮膚科は自由診療だから、給料が高いはず!どんどん上がるはず!と思って、美容皮膚科に転職した人にとっては、給料がそこまで高くない現実を知ると、美容皮膚科を辞めて転職しようかなと考えるようになるんです。

やっぱり病気の人を看護したい

美容皮膚科から転職したいと思う理由の3つ目は、「やっぱり病気の人の看護をしたい」というものです。

美容皮膚科は健康な人が「より美しくなりたい」と思って来院するクリニックです。ですので、普通の病院のように病気や怪我で苦しんでいる人が患者さんというわけではありません。

美容皮膚科は外見にコンプレックスを持った人が来院しますので、その精神的なケアをすることでやりがいを

感じる看護師さんもいますが、やはり病気や怪我の人を看護したいと思う看護師さんも多いんです。

美容皮膚科の看護師が転職する場合のチェックポイント

美容皮膚科の看護師が転職する場合のチェックポイント

美容皮膚科の看護師が転職する場合、どういうポイントをチェックすれば転職に失敗せずに済むのでしょうか?

現役の美容皮膚科で働く看護師が転職しようと思う理由を参考にして、考えていきましょう。

接遇が嫌で転職したい場合のチェックポイント

接遇が嫌で転職したい場合のチェックポイント

接遇が嫌で転職を考えている美容皮膚科の看護師さんは、求人選びの際にどんなポイントに気をつければ良いのでしょうか?

美容皮膚科から美容皮膚科へ転職したい場合

接遇は嫌だけど、美容皮膚科の仕事は好きだから、できれば違う美容皮膚科に転職したいと思っている看護師さんは、美容皮膚科単独のクリニックではなく保険診療の皮膚科を併設している美容皮膚科クリニックに転職すると良いでしょう。

保険診療の皮膚科を併設しているところは、全ての患者さんがお客様というわけではなく、一般的な患者さんにも接しますので、接客業の要素は薄まります。

美容皮膚科で働く限り、一般の病院やクリニックよりも接遇は厳しくなるのは仕方がないことですが、保険診療の皮膚科を併設する美容皮膚科へ転職すると、接遇に関する不満は少なくなるはずです。

美容皮膚科から違う診療科や分野へ転職したい場合

接遇が嫌で美容皮膚科から違う診療科や分野へ転職したい看護師さんには、おすすめの職場ではなく避けたほうが良い職場をご紹介します。

接客業のような接遇が嫌で転職する人は、自由診療のクリニックは避けましょう。

具体的には美容外科やAGAクリニック、免疫療法を行っているがん専門クリニックなどですね。

自由診療のクリニックは、患者さん=お客様になりますので、美容皮膚科から転職しても、また同じ悩みを抱えることになります。

また、有料老人ホームも避けたほうが良いでしょう。

一部の有料老人ホームは、利用者さんに少しでも快適に過ごしてもらえるように、ホテルのような設備を備えているところがあります。

そこで働く看護師は下手をしたら美容皮膚科以上の厳しい接遇を求められることもありますので注意が必要です。

高級な有料老人ホームは避けるべきですし、できれば有料老人ホーム自体を避けたほうが確実に接遇への悩みを解決できるでしょう。

給料が思ったよりも高くないから転職したい場合のチェックポイント

給料が思ったよりも高くないから転職したい場合のチェックポイント

美容皮膚科の給料が思ったよりも高くないから転職したい場合のチェックポイントは何でしょうか?

美容皮膚科から美容皮膚科に転職したい場合

今働いている美容皮膚科はあまり給料が高くないから転職したい、でもできれば美容皮膚科の仕事は続けたいという人は、美容外科を併設している美容皮膚科に転職しましょう。

美容皮膚科の中には美容外科を併設しているところがあります。

美容外科は美容皮膚科よりも利益が大きいので、美容外科を併設しているところなら、美容皮膚科の仕事を続けつつも、給料をアップさせることができるはずです。

ただ、美容皮膚科の仕事だけではなく、美容外科の仕事もしなくてはいけませんので注意してくださいね。

美容皮膚科から美容皮膚科に転職して給料をアップさせるもう1つの方法は、今までの美容皮膚科での看護師経験を評価してもらえる美容皮膚科へ転職することです。

美容皮膚科での勤務経験があれば、美容皮膚科未経験の人よりも給料は上がるはずです。

ですから、あなたの美容皮膚科での勤務経験を評価して、給料に反映させてくれるところを選びましょう。

また、ノルマがある美容皮膚科に転職するのも良いでしょう。

美容皮膚科で営業ノルマがあるところはあまり多くありませんが、化粧品の売り上げなどのノルマがあるところに転職し、ノルマを達成すれば、それだけ給料はアップします。

美容皮膚科から違う診療科や分野へ転職したい場合

美容皮膚科から違う診療科や分野へ転職したい、さらに今よりも給料をアップさせたいという場合は、一番のおすすめの転職先は美容外科です。

美容外科は美容皮膚科よりも利益率が良いので、看護師の給料が高くなるのです。そして、できるだけ給料を上げたい人は、ノルマがある美容外科を選びましょう。

ノルマがある美容外科なら、営業成績次第では月収50万円以上を稼ぐことが可能です。

美容外科以外では、日勤のみで美容皮膚科以上に稼げる可能性があるところは、訪問看護です。

訪問看護なら月35万程度は稼ぐことができますので、今の給料よりもアップさせることは不可能ではありません。

ただ、訪問看護は医療行為が多く、判断力が求められますので、病棟での臨床経験が3年程度はあり、しかも美容皮膚科での勤務期間が短い(病棟から離れていた期間が短い)人でないと厳しいかもしれません。

また、もし訪問看護にチャレンジする時は、中途採用者向けの教育制度がきちんと整っているところを選んでくださいね。

病気の人を看護したいから転職したい場合のチェックポイント

病気の人を看護したいから転職したい場合のチェックポイント

健康の人のコンプレックスを解消するのではなく、病気の人を看護したいから転職したい場合のチェックポイントをご紹介します。

美容皮膚科から美容皮膚科へ転職したい場合

「病気の人の看護はしたいけれど、美容皮膚科の仕事もまあまあ面白いし、給料が高いことも魅力だし・・・」と思っている看護師さんは、保険診療の皮膚科が併設している美容皮膚科クリニックに転職しましょう。

保険診療の皮膚科が併設されている美容皮膚科なら、皮膚科の患者さんが受診に来ますので、病気の患者さんの看護をすることができますし、美容皮膚科の仕事を続けることもできます。

また、給料は今よりもやや下がってしまうこともありますが、それでも保険診療のクリニックよりは高めですし、美容皮膚科での経験を評価してくれるところに転職すれば、今の給料を維持、もしくはアップさせることも可能ですから安心して下さいね。

美容皮膚科から違う診療科や分野へ転職したい場合

病気の人の看護がしたいから美容皮膚科から違う診療科や分野へ転職したい場合は、希望の診療科に転職してOKです。

ただ、どんな看護がしたいのか、どんな疾患の患者さんを看護したいのかは、転職する前にきちんと明確にしておきましょう。

「病気の患者さんの看護がしたい」と思っていても、今の美容皮膚科の給料は維持したいと思って、ついつい給料を第一条件に求人を選んでしまうことがあります。

急性期看護と慢性期看護では全然違います。また、外科や内科、精神科やオペ室も仕事内容は全く違いますよね。外来や病院、クリニックでも仕事内容は異なります。

そのため、どんな看護をしたいのか、どんな診療科が自分に合っているのかを明確にし、その条件は妥協しないように求人選びをしてください。

ちなみに、美容皮膚科での経験を活かせるのは、皮膚科や精神科です。

皮膚科は皮膚・肌に関する診療科ですから、美容皮膚科で得た知識を活かせますよね。

また美容皮膚科では外見のコンプレックスを持っている患者さんの精神的なケアをしていたと思いますが、精神科ではその経験を活かした看護ができるのです。

まとめ

まとめ

美容外科の看護師が転職する際の理由別のチェックポイントはいかがでしたか?

美容皮膚科から美容皮膚科へ転職したい人も、美容皮膚科からほかの診療科や分野へ転職したい人も、きちんとチェックしながら求人を選べば、転職に失敗せずに、納得できる転職ができるはずです。

ちなみに美容皮膚科へこれから転職したい人には、美容皮膚科へ転職する場合のポイントをまとめた記事もありますので、是非そちらもご覧ください。

そして、美容皮膚科の中で自分にあったクリニックを探して転職するなら、転職サイトを使うと良いですよ!

転職サイトなら担当者が保険診療の皮膚科や美容外科を併設している美容皮膚科やノルマがあるところ、経験を評価してくれるところ等を紹介してくれるんです。

また、どんな診療科や分野なら、あなたに合うのかなどの相談にも乗ってくれますので、満足できる転職ができるでしょう。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

こちらもおすすめ

運営会社 | 書いた人 | ナースの宝箱とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる