美容外科の看護師が転職する(辞める)理由とその解決法

美容外科の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるでしょうか?

美容外科の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるでしょうか?

今現在美容外科で働いている看護師さんは、どんな理由で転職しようと思うのか、またどうすれば転職したいと思う原因を解決でき、転職に失敗しないで済むのでしょう?

美容外科で働いていて、転職を考えている看護師さんは、これを読めば転職を失敗せずに済むはずです!

美容外科の看護師が転職する(辞める)理由って何?

美容外科の看護師が転職する(辞める)理由って何?

美容外科の看護師が転職したいと考える理由にはどんなものがあるのでしょうか?

美容外科で働く看護師さんが「もう今の美容外科から転職したい!」と思う理由の中で多いものをご紹介します。

接客業のようで嫌

接客業のようで嫌

看護師が美容外科から転職したいと思う理由の1つ目は、「接客業のようで嫌だ」というものです。

美容外科クリニックは自由診療ですから、患者さん=お客様になりますので、保険診療の病院やクリニックよりも、患者さんに丁寧に接し、時にはお世辞を言ったりして、接客業のように接しなければいけませんよね。

そうすると、「私は看護師なんだけど」と、そのような接遇に疑問を持って、今の美容外科から転職したいと思うようになるんです。

ノルマがストレス

ノルマがストレス

美容外科から転職したいと思う2つ目の理由は、ノルマががストレスというものです。

美容外科クリニックの中には、看護師に施術の成約件数や基礎化粧品の売り上げなどの営業ノルマを課すところがあるんです。

ノルマを達成し営業成績が良ければ、インセンティブがもらえますので、給料がアップするのですが、営業が苦手な看護師さんはノルマを達成できず、クリニックからは責められ、ノルマを達成した看護師からは冷たい視線を浴び・・・。

そんな中で働いていたら、ノルマをストレスに感じて転職しようと思うようになりますよね。

人間関係が面倒くさい

人間関係が面倒くさい

看護師が美容外科から転職したいと思う3つ目の理由は人間関係が面倒くさいということです。

看護師の職場は人間関係が悪いところが多いですが、男性看護師の割合が多い職場は、男性看護師が緩衝役になりますので、比較的人間関係が良好なところが多いですよね。

でも、美容外科は「美」を追求するという特性上、男性看護師は基本的にいません。看護師はすべて女性です。そのため、人間関係が面倒なことが多いんです。

さらに、ノルマがあると、営業成績が良い看護師がカーストの頂点に立ち、営業成績が悪い看護師はカーストの底辺と、職場内での立場・序列がはっきりしますので、さらに人間関係が悪くなります。

人間関係が悪い職場で働いていても楽しくありませんから、今の美容外科から転職しようと思うようになるんです。

健康な人が患者さんだからやりがいを感じない

健康な人が患者さんだからやりがいを感じない

美容外科から転職しようと思う4つ目の理由は、やりがいを感じないというものです。美容外科の患者さんは外見にコンプレックスを持つものの、健康上には何の問題もない、つまり健康な人ですよね。

そのため、「私は病気や怪我の人の看護がやりたいから、看護師になったはずなのに」と今の仕事に疑問を持ち、美容外科から転職しようと思うのです。

美容外科の看護師が転職する(辞める)時のチェックポイント

美容外科の看護師が転職する(辞める)時のチェックポイント

美容外科の看護師が転職する時は、どんなことをチェックするといいのでしょうか?

美容外科から違う美容外科へ転職する場合と、美容外科からほかの診療科や分野へ転職する場合をそれぞれ考えていきましょう。

接客業のようで嫌だから転職したい場合のチェックポイント

接客業のようで嫌だから転職したい場合のチェックポイント

接客業のようで嫌だから、美容外科から転職する場合はどういう転職をすればいいのでしょうか?

美容外科から美容外科へ転職する場合

美容外科から美容外科への転職を考えつつ、接客業が嫌だという場合は、もうお分かりのこととは思いますが、美容外科で働く限り、接客業のような丁寧な接遇はついて回るものです。そのため、転職しても完全に解決することはできません。

ただ、ノルマがない美容外科だと患者さんに積極的に施術を勧めることはありませんので、心にもないお世辞を言ったり、必要以上に丁寧に接する必要はないでしょう。

ですから、「美容外科は給料も良いし、美容に興味はある。でも、接遇が・・・」という人は、ノルマの有無をチェックして、ノルマなしの美容外科クリニックへの転職をおすすめします。

美容外科からほかの診療科・分野へ転職する場合

美容外科からほかの診療科や分野へ転職する場合は、ほとんどのケースで接遇の悩みは解決するでしょう。

もちろん、患者さんに丁寧に接する必要はありますが、一般的な病院やクリニック、施設なら患者さんをお客様扱いする必要はありません。

ただ、美容皮膚科やAGAクリニックなど美容外科以外にも自由診療を行っているところや、一部の有料老人ホームは患者さん(利用者さん)をお客様として扱います。

ですから、接遇が嫌で美容外科からほかの診療科・分野へ転職する場合は、自由診療は行っていないかをチェックしましょう。また、有料老人ホームは避けたほうが無難です。

ノルマがストレスで転職したい場合のチェックポイント

ノルマがストレスで転職したい場合のチェックポイント

美容外科の営業ノルマがストレスで、美容外科からの転職する場合のチェックポイントをご紹介します。

美容外科から美容外科へ転職する場合

美容外科から違う美容外科へ転職する場合は、ノルマがない美容外科を選べば、ノルマに悩まされることはありませんので、今抱えているストレスから解放されます。

「美容外科=ノルマがある」と思い込んでいるかもしれませんが、きちんと探せば、ノルマがない美容外科もありますので安心してくださいね。

ただ、ノルマがない分、給料は今の美容外科よりもやや下がってしまうかもしれませんが、それはある意味仕方がないことです。

でも、今まで美容外科クリニックで積んできた経験をアピールして給料に加算してもらえば、給料を維持、もしくはアップさせながら、ノルマなしで働くことも可能かもしれません。

ですから、ノルマがストレスで転職を考えている。でも、また美容外科で働きたい場合は、ノルマの有無と経験加算の有無をチェックしてください。

美容外科からほかの診療科・分野へ転職する場合

美容外科からほかの診療科・分野への転職を考えている場合は、美容外科以外に転職をすれば、ノルマがストレスという悩みは、ほぼ100%解決するでしょう。

保険診療の病院やクリニックでは当然ノルマはありませんし、介護施設やそのほかの職場もノルマはありません。

美容外科以外の自由診療のクリニックも、ほぼノルマなしと考えて良いですが、一部の美容皮膚科では基礎化粧品の売り上げノルマがある可能性もありますので、美容皮膚科への転職を考えている人は、ノルマがあるかどうかを必ず確認して下さい。

人間関係が面倒くさいから転職したい場合のチェックポイント

人間関係が面倒くさいから転職したい場合のチェックポイント

人間関係が面倒くさいから転職したい場合は、どんなことをチェックすると転職を失敗しないで済むのでしょうか?

美容外科から美容外科へ転職する場合

美容外科から美容外科へ転職する場合は、事前に人間関係が良好かどうかをチェックするようにしましょう。

また、ノルマがある美容外科は看護師内でのカーストができやすく、それが人間関係の悪化につながりますから、ノルマがない美容外科のほうが人間関係が温厚であることが多いんです。

ただ、ノルマがなければ必ず人間関係が良いというわけではありませんので、事前の調査が最も大切になります。

美容外科からほかの診療科・分野へ転職する場合

人間関係が面倒で美容外科からほかの診療科・分野へ転職する場合も、事前に転職先の人間関係が良好かどうかをチェックする必要があります。

女同士のジメジメした陰湿な感じが嫌なら、男性看護師が多いかどうかをチェックして、転職先を選ぶのもアリです。

男性看護師が多い職場は、男性看護師が緩衝役になりますし、基本的にサバサバした職場になりますから。

男性看護師が多い職場は精神科やオペ室、ICU等です。

また、小規模病院よりは大規模要因のほうが多めです。美容外科のスキルを活かすなら、精神科やオペ室がおすすめです。

やりがいを感じないから転職したい場合のチェックポイント

やりがいを感じないから転職したい場合のチェックポイント

やりがいを感じないから美容外科からの転職を考えている場合は、どんなポイントをチェックして、どんな職場に転職するのが良いのでしょう?

美容外科から美容外科へ転職する場合

美容外科から美容外科への転職を考えている場合は、ちょっと考え方を変えてみましょう。

確かに、美容外科を訪れる看護師さんは健康状態は良好です。でも、外見にコンプレックスを抱えています。

高額な施術料を支払ってでも、コンプレックスを解消したいと悩んでいるんです。そういう患者さんをあなたの仕事で笑顔にできたらどうでしょうか?

あなたの仕事や精神的なケアによって、患者さんを笑顔にできたら、看護師としてのやりがいを感じるはずです。

病気の患者さんは病気が治れば笑顔になります。外見にコンプレックスを抱えている患者さんは、施術によってコンプレックスを解消できれば笑顔になります。どちらも同じことですよね。

それでも、やりがいを感じないという場合は、美容外科ではなく、同じ美容部門である美容皮膚科を転職先の候補に入れることをおすすめします。

美容外科で働く限り、病気の患者さんと接することはありません。

でも、美容皮膚科なら保険診療の皮膚科と併設しているところを選べば、病気の患者さんの看護をすることができるのです。

美容皮膚科は美容外科とは違うのは承知していますが、美容外科でやりがいを感じることができないなら、美容皮膚科を転職先の選択肢に入れるのはありだと思います。

美容皮膚科なら、他の一般的なクリニックよりも給料は高めですし、同じ美を扱う診療科ですから。

美容外科からほかの診療科・分野へ転職する場合

美容外科からほかの診療科・分野へ転職する場合は、まずあなた自身がどんな看護をしたいのかを決めるようにしましょう。

どんな看護をしたいのか、急性期か慢性期か、精神看護か、小児看護か、老年看護か。また、医療行為をバリバリすることでやりがいを感じるのか、患者さん1人1人とじっくり向き合うことでやりがいを感じるのか。

これを自分の中で明確にしてから、転職先を探すようにする必要があります。

そして、「やりがいを感じる職場」という条件は、転職先を選ぶ上で絶対に妥協しないようにしましょう。

美容外科は給料が高いですから、転職しても給料ダウンをしたくないと思って、ついつい給料を第一条件にしてしまう傾向にあるのですが、そうやって求人を選ぶと、また「やりがいを感じないから転職したい」と思うようになります。

ですから、「やりがいを感じる職場」という条件は妥協せずに転職先を選ぶようにしましょう。

まとめ

まとめ

美容外科で働く看護師の転職理由と、理由別の転職を失敗しないためのチェックポイントはいかがでしたか?

同じ悩みを持っていても、違う美容外科へ転職する場合と、他の診療科や分野へ転職する場合では、チェックポイントが違いますので気をつけましょう。

ちなみに違う美容外科へ転職する場合は、関連記事で看護師が美容外科に転職する際に知っておきたいことをまとめてあるので、そちらも参考にされて下さい。

でも、ノルマの有無や経験加算の有無、美容皮膚科にノルマがあるか、人間関係は良いか、男性看護師は多いかなどは自分ではなかなか調べられませんよね。

また、あなたにとって本当にやりがいを感じる職場かどうかもなかなか判断することができません。

そういう場合は、転職サイトを使うと良いですよ!転職サイトなら、担当者があなたに代わってすぐに調べてくれますので、あなたの希望にピッタリの転職先を見つけることができるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

こちらもおすすめ

運営会社 | 書いた人 | ナースの宝箱とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる