看護師の精神病院・精神科の転職(辞める)理由ってどんなもの?

精神的な負担が強すぎます。かわいそうに・・・・

看護師の精神病院・精神科の転職(辞める)理由には、どんなものがあるか知っていますか?

精神病院・精神科で働いていた看護師さんが、どんな理由で転職していくのかを知ってから、精神病院・精神科へ転職すれば、転職成功へ大きく一歩近づきますよ!

精神病院・精神科の看護師の転職(辞める)理由は何?

精神病院・精神科の看護師の転職(辞める)理由には、どんなものがあるのでしょう?

精神病院・精神科への転職を考えている人にとって、そこで働いていた人の転職(辞める)理由は、すごく気になるものですよね。

精神病院・精神科の閉鎖病棟独特の空間に息が詰まる

精神病院・精神科の病棟は、開放病棟と閉鎖病棟の2種類があります。閉鎖病棟は、患者さんが自分の意思では病棟の外に出ることができない病棟です。

そのため、閉鎖病棟で働いていると、外の環境と遮断されているような閉塞感・圧迫感を感じ、息が詰まったり息苦しさを感じることがあります。

患者さんの暴言・暴力に疲れた

精神疾患を抱えている患者さんは、暴言を吐いたり、暴力を振るうことも珍しくありません。暴言・暴力が看護師に向けられることだってあるんです。

精神病院・精神科の患者さんは身体は健康という人も多いですので、身体は健康な成人男性が暴力を振るった時に対処するのは大変で、そういう時の対応に疲れてしまったという理由で辞める看護師さんもいます。

精神病院・精神科の患者さんに接していると、精神的な負担が大きい

精神病院・精神科の患者さんは、当然ながら精神疾患を抱えています。そういう患者さんと毎日接していると、どうしても精神的な負担が増えてしまうんです。

また、「患者さんの悩みに共感しなくちゃ!」、「もっと患者さんとコミュニケーションを取らなくちゃ!」と仕事に一生懸命になりすぎて、自分自身を精神的に追い詰めてしまい、うつ病やパニック障害などの精神疾患になってしまうケースもあります。

看護技術が身につかない

精神病院・精神科は一般病棟に比べると、医療行為が少ないので、看護技術が身につかないこともあります。

毎日が同じことの繰り返しで、やりがいを感じない

精神病院・精神科に入院している患者さんは、長期入院が多いです。特に慢性期の閉鎖病棟だと、5年以上入院生活を続けているという人もいます。

そうすると、患者さんの回復を感じられなかったり、毎日が同じことの繰り返しでルーチンワークのみとなってしまって、看護師としてのやりがいを感じられず、精神病院・精神科を辞めたいと考えるようになります。

精神病院・精神科への転職を考えている看護師の方がチェックすべきことは?

仕事は仕事、と割り切ることも大事です。

精神病院・精神科への転職を考えている看護師さんが、転職に失敗しないため、そして精神病院・精神科で長く働くためのチェックポイントを挙げてみました。転職先を決める前に、必ずこのチェックポイントを確認しておきましょう。

閉鎖病棟か開放病棟か

まずは、閉鎖病棟か開放病棟かをチェックしましょう。開放病棟は比較的軽症な患者さんが多く、雰囲気も明るいことが多いのに対し、閉鎖病棟は急性期で重症な患者さんもしくは慢性期の患者さんが多く、閉鎖病棟特有の閉塞感があることがあります。

精神病院だと、閉鎖病棟と開放病棟のどちらもあることが多いですが、採用となったらどちらに配属される予定なのか、あらかじめ確認しておいたほうが良いでしょう。

看護技術を身につける機会はあるのか

精神科は一般病棟に比べると、どうしても看護技術を使う機会が少ないんです。

一般病棟である程度の経験を積んできていて、一通り看護技術を身につけている人は良いのですが、そうでない人は看護技術を身につけるための研修があるかどうか、看護技術を身につけるために一般病棟へ一時的に異動することはできるかどうかなどを確認しておきましょう。

「仕事は仕事」ときちんと割り切ろう

これは転職先のチェックポイントではないのですが、「仕事は仕事」ときちんと割り切ることが、精神病院・精神科で長く働いていくためには必要です。

良い看護をしたいと思い、あまり患者さんにのめりこんでしまうと、患者さんの精神状態に引きずられてしまい、あなたも精神疾患を抱えてしまうリスクがあります。 

精神疾患になる精神科ドクターや精神科のナースは、意外に多いんです。自分自身を守るためにも、「仕事は仕事」ときちんと割り切って、患者さんに接するようにしましょう。

精神病院・精神科といっても、その病院によってかなり雰囲気や患者さんの傾向は違います。精神科救急やアルコール依存症専門病棟など、専門的な病棟があるところもあります。

どんな病棟があるのか、その病院はどんな雰囲気なのか、また先ほど挙げたチェックポイントを詳しく知りたい場合は、転職サイトを利用して担当コンサルタントに聞いてみてください。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる