眼科の看護師が転職する(辞める)理由と転職先の選び方

眼科の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるのでしょうか?

眼科の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるのでしょうか?

また、眼科の看護師さんが転職先を選ぶ場合、どんなことに注意すると転職を失敗せずに済むのでしょう?

転職を考えている眼科の看護師さんは、ぜひこの記事を参考にして、転職を成功させましょう!

眼科の看護師が転職する(辞める)理由

眼科の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるのでしょうか?眼科の看護師が転職を考える理由の中で多いものを4つご紹介します。

残業ばかりで忙しい

残業ばかりで忙しい

眼科の看護師が転職する理由の1つ目は、あまりにも忙しいことです。

眼科は手術件数が多く、患者さんの入院日数も短いので仕事量が多く、しかも回転が速いので、いつも忙しいんです。

クリニックや外来も来院者数がとても多いので、眼科は病棟、クリニック、外来のどこでも忙しく、毎日のように残業をしなければならず、「こんなに忙しいなら転職しよう」と思うようになります。

患者さんへの気遣いに疲れた

患者さんへの気遣いに疲れた

患者さんへの気遣いに疲れたことでも、眼科の看護師は転職を考えるようになります。

眼科の患者さんは、眼が見えない、もしくは視力が悪いので、日常生活援助をする上でいろいろな気遣いが必要になります。

また、病気で目が見えなくなった患者さんは、その不便さに苛立っていることがあり、その苛立ちを看護師にぶつけてくることもあるので、眼科の看護師は患者さんへの気遣いに疲れを感じることもあるんです。

眼科以外では働けなくなるかもという不安

眼科以外では働けなくなるかもという不安

眼科の看護師が転職する理由の3つ目は、眼科以外で働けなくなるかもしれないという不安です。

眼科は目の疾患を抱えてはいるものの、そのほかの健康状態は良好という患者さんが多いんです。

また、眼科の看護は専門性が高いという特徴があります。そのため、眼科で働いていると、他の一般的な診療科では当たり前に使っていた看護技術を使わなくなり、コツを忘れてしまうことがあります。

眼科で働いていると専門的な知識や技術を身につけることはできるものの、他の診療科で幅広く使われている基本的なスキルを身につけることは難しいため、眼科で長く働いていると、他の診療科では働けなくなるかもしれないと不安を感じて、転職を考えるようになります。

特に、新卒看護師で眼科に配属になると、今後の看護師人生を考えて、「転職したほうが良いかなぁ」と考える人が多いんです。

忙しいのに給料が安い

忙しいのに給料が安い

眼科の看護師が転職を考える4つ目の理由は、忙しい割には給料が安いことです。

先ほども言いましたが、眼科はとても忙しいんです。でも、給料は忙しさに比例しているわけではないんですよね。

病棟では昼休憩をきちんと取る暇もないほど忙しいのに、だからといって他の診療科に比べて給料が高いわけではありません。

眼科のクリニックも忙しい割には、ほかの診療科のクリニックに比べると、給料が安めのことが珍しくないんです。

眼科の看護は嫌いではないけど、忙しさや仕事内容を考えると割に合わないと思って、転職を考える人もいます。

眼科の看護師が転職する場合の転職先を選ぶポイント

眼科の看護師が転職する場合の転職先を選ぶポイント

眼科の看護師が転職する場合、どんなことに気をつけて転職先を選ぶと、転職に失敗せずに済むのでしょうか?

眼科の看護師が転職する理由別に、また眼科から眼科に転職する場合と眼科以外の職場へ転職する場合の2つのパターンで、転職先を選ぶポイントは何かを考えていきましょう。

残業ばかりで忙しいから転職したい場合のポイント

残業ばかりで忙しいから転職したい場合のポイント

残業ばかりで忙しいから転職したい眼科の看護師さんの転職先を選ぶポイントは何でしょうか?

眼科から眼科へ転職する場合

眼科から眼科へ転職する場合は、まずは「眼科はどこでも忙しい」ということを知っておきましょう。

暇な眼科はないこと、眼科で働く以上忙しさは付いてまわることは覚悟しておく必要があります。

眼科は全て忙しいことを覚悟した上で、できるだけ忙しくない眼科を探すなら、予約制の眼科クリニックや眼科外来を探すと良いでしょう。

予約制なら患者さんが押し寄せてくることはありません。1日の来院人数は決まっていますので、息をつく暇もないほど忙しいということはないはずです。

眼科以外の職場へ転職する場合

眼科以外の職場へ転職する場合は、ゆとりを持って働ける職場を選んで下さい。急性期病棟や集中治療系の部署は忙しいことが多いので、あまりおすすめできません。

比較的ゆとりを持って働けるのは、療養型病棟や介護施設、デイサービスなどです。

ただ、必ず療養型病棟や介護施設、デイサービスが忙しくないとは限りませんので、あらかじめ残業時間はどのくらいかを調べておくと良いでしょう。

患者さんへの気遣いに疲れたから転職したい場合のポイント

患者さんへの気遣いに疲れたから転職したい場合のポイント

患者さんへの気遣いに疲れたから、転職したい眼科の看護師さんは、どんなことに注意して転職先を選べば良いのでしょうか?

眼科から眼科へ転職する場合

眼科から眼科へ転職する場合は、クリニックや外来へ転職すると良いでしょう。

クリニックや外来なら、目の疾患を持っていても、日常生活はなんとか送れる程度の視力である患者さんが多いので、そこまで気遣いが必要ではないですし、「見えない」という患者さんの苛立ちも少なくて済みます。

レーシック専門の眼科クリニックも患者さんは日常生活を送れるだけの視力を持っているので、「見えない」ということへの気遣いはほとんど必要ありません。

でも、レーシック専門の眼科クリニックは患者さん=お客様になりますので、一般の眼科での患者さんへの気遣いとは違った気遣い、接遇が必要ですので、あまりおすすめはできません。

眼科以外の職場へ転職する場合

眼科は患者さんへの気遣いが疲れるから、ほかの職場へ転職したい場合は、レーシック専門クリニックのように患者さん=お客様として扱う自由診療クリニックは避けましょう。

また、同じ理由で、高級な有料老人ホームや健診センターもおすすめできません。

また、眼科で気疲れしてしまう人は産婦人科や精神科、透析クリニックも止めておいた方が良いでしょう。

産婦人科は女性のデリケートな問題を扱う診療科です。特に、不妊治療をしているような産婦人科の患者さんは、とても精神的に敏感でナイーブになっていますので、気遣いが必要です。

また、精神科は看護師の何気ない一言が、患者さんの状態を大きく左右することがあります。透析クリニックは病歴が長い分、面倒な患者さんが多いんです。

そのため、気遣いで疲れた看護師さんは、産婦人科や精神科、透析クリニックも避けたほうが無難だと思います。

眼科以外で働けなくなるかもという不安で転職したい場合のポイント

眼科以外で働けなくなるかもという不安で転職したい場合のポイント

眼科以外で働けなくなるかもしれないという不安で転職したい眼科の看護師さんにおすすめの職場をご紹介します。

眼科から眼科へ転職する場合

眼科から眼科へ転職したい場合は、混合病棟はいかがでしょうか?

眼科だけでなく、眼科以外の診療科の患者さんも入院している病棟で働けば、幅広い看護スキルを身につけることができます。

眼科は耳鼻科や皮膚科との混合病棟が多いのですが、眼科以外にどんな診療科の看護を身につけたいかを考えて、眼科の混合病棟を選ぶと良いでしょう。

眼科以外の職場へ転職する場合

眼科で長年働いていると、眼科以外で働けなくなるから、今のうちに眼科以外の職場へ転職しようと思っている看護師さんは、どんな看護をしたいのかを考えておきましょう。

もし、基礎的な看護スキル、どこでも応用が利くスキルを身につけたいなら、やはり急性期病棟、特に消化器外科や脳神経外科などの外科系の病棟をおすすめします。

眼科ではできないような1人1人と長期的にじっくり向き合った看護をしたいなら、療養型病棟や介護施設、訪問看護ステーションが良いでしょう。

患者さんと一緒に一歩一歩、歩んでいきたいなら、回復期リハビリテーション病棟も面白いと思いますよ。

看護師の職場は幅広いですから、まずはどんな看護をしたいのかを自分の中で明確にしてから、転職先を選んでくださいね。

忙しいのに給料が安いから転職したい場合のポイント

忙しいのに給料が安いから転職したい場合のポイント

眼科は忙しい割に給料が安いから転職したい看護師さんは、どんな職場を選ぶと、転職して良かったと思えるのでしょう?

眼科から眼科へ転職する場合

給料には不満があるけれど、眼科の仕事を続けたい看護師さんは、レーシック専門のクリニックへ転職しましょう。

レーシックは自由診療ですので、レーシック専門クリニックは保険診療のクリニックに比べて、クリニックの利益が大きいんです。

そのため、看護師の給料の相場も高めになっています。ですから、眼科で働きながら給料アップを目指したい看護師さんは、レーシック専門のクリニックで働くと良いでしょう。

眼科以外の職場へ転職する場合

眼科は割に合わないから、眼科以外の職場へ転職したい看護師さんは、給料が高い職場を選ぶべきですが、病棟で働きたいなら、大学病院のようなできるだけ大きな病院へ転職すると良いでしょう。

大病院は福利厚生が手厚く、ボーナスもたっぷりもらえるので、給料アップが見込めるんです。

また、病棟以外であれば、美容外科クリニックや訪問看護ステーションもおすすめです。

この2つの職場は日勤のみでも月収30万円以上を稼ぐことが可能です。能力によっては、それ以上稼ぐこともできるんです。

透析クリニックも一般的なクリニックに比べると、比較的給料が高めですので、透析に興味のある人は転職してみてはいかがでしょうか?

また、眼科は忙しいのに給料が安くて割に合わないと思っている人は、給料は今の眼科と同じくらいでも、もっとゆとりを持って働けるところを探すのも良いと思います。

体力的にも精神的にも楽で、定時に仕事が終わって、休みもしっかりある職場だったら、少し給料が安めでも割がいい仕事だと思えますよね。

どんな仕事を楽だと思うのかは人それぞれですが、介護施設やデイサービス、外来、保育園などは、割がいいと思う人が多いと思います。

仕事内容と給料、残業時間等をしっかり調べて、「これなら割がいい」と思える職場を探すと良いでしょう。

まとめ

まとめ

眼科で働いている看護師が転職する(辞める)理由と転職先の選び方をまとめましたが、いかがでしたか?

眼科未経験だけど、これから眼科にチャレンジしたいという看護師さんは、転職前に知っておくべき5つのことをまとめた記事がありますので、そちらを参考にしてください。

眼科の看護師さんが転職するなら、転職サイトを使ってみませんか?

転職サイトなら、残業時間や予約制かどうか、混合病棟はどの診療科との混合なのかなどを調べてくれますし、レーシック専門クリニックの求人も扱っていますので、希望に合った眼科を探すことができるはずです。

さらに、眼科以外の職場へ転職したい人も、どんな職場が良いか、どんな看護をしたいかを担当者に伝えれば、それに合った求人を紹介してもらえるんですよ。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

こちらもおすすめ

運営会社 | 書いた人 | ナースの宝箱とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる