看護師の辞めどきはいつ?5つのタイミングと経済面での2ポイント

看護師の辞めどき

看護師は辞めどきで迷うことがあると思います。「今が辞めどき?それとも、もう少し我慢すべき?」とモヤモヤしたまま、ズルズルと今の職場で働き続けているのではないでしょうか?

看護師の辞めどきのタイミングと経済面で重視すべき2つのポイントをまとめました。

看護師は辞めどきを間違えないで!

看護師は辞めどきを自分でなかなか決められずにいる人も多いと思います。今が辞めどきのか、そうではないのか。自分では良くわかりませんよね。

でも、辞めどきを迷って、辞めたいのになんだかんだと仕事を続けていても、何も良いことはありません。辞めたいのに、無理して続けるメリットなんて1つもないのです。

辞めたいのに無理に続けていても、仕事のモチベーションは上がらず、毎日「辞めたい。辛い。」と思いながら、ネガティブな気持ちでいなければいけません。

でも、辞めどきを間違えずに、スッパリと辞めて、新しい職場で働きだしたら、毎日ポジティブな気持ちになれるはずです。

また、辞めどきを間違うと、知らないうちに大きな損をすることになりかねません。だから、看護師は辞めどきを間違えてはいけないのです。

看護師が辞めどきだと思う5つのタイミング

看護師が辞めどきだと思うタイミングには、次の5つがあります。

  1. 健康面で悪影響が出ている時
  2. 仕事が原因で私生活がうまくいかない時
  3. 給料を貰える以外に魅力がない時
  4. 今の職場にまったく未練を感じない時
  5. 自分がやれることはすべてやったと感じる時

このタイミングはなぜ辞めどきなのかについて、詳しく見ていきましょう。

健康面で悪影響が出ている時

看護師が辞めどきだと感じるのは、自分の健康に悪影響が出ている時です。生理不順や腰痛、適応障害、うつ病などで悩んでいる看護師は多いですね。

健康面で悪影響が出ている場合は、間違いなく辞めどきです。我慢しながら働けば何とかなると思っているかもしれませんが、あなたの健康と看護師の仕事のどちらが大切ですか?

看護師の仕事は心身ともに健康でないと務まりません。だから、仕事のせいで健康に支障が出ている時は、その職場はもう辞めどきなのです。

仕事が原因で私生活がうまくいかない時

看護師の仕事が原因で私生活がうまくいかない時も、辞めどきだと思います。あまりに激務で、家族との時間が取れない時。また、プライベートでも、つい仕事のことを考えてしまって、プライベートを楽しめない時。

こんな時は、そろそろその職場は辞めどきなのだと思います。

給料を貰える以外に魅力がない時

看護師の仕事はやりがいを感じやすい仕事です。でも、今働いているのは、給料を貰えるから仕方がなく続けているという場合は、その職場に何の魅力もメリットも感じていないという証拠ですから、あなたの中で辞めどきになっているのだと思います。

今の職場にまったく未練を感じない時

「今の職場を辞めたあとどうなる?」と想像してみて、まったく今の職場に未練を感じない時には、もうあなたの中で辞めどきになっています。

おそらく、今の職場は人間関係が悪いなどブラックな職場なのだと思います。今の職場にまったく未練がないということは、それだけ辞めたいほどつらいことばかりだったと思うので、もうスッパリ辞めてしまったほうが良いでしょう。

自分がやれることはすべてやったと感じる時

その職場で、自分がやれること・やるべきことはすべてやったと感じた時も辞めどきなのだとも思います。これは5年目以降の看護師に多い辞めどきだと感じる理由だと思います。

今の職場でやれることはすべてやったから、次のステップに進むために辞めたいと感じる前向きな辞めどきですね。

看護師の辞めどきは経済的なことも考えて

看護師の辞めどきは経済的なことも考えて決める必要があります。自分の中での辞めどきを決めるのはとても大切なことですが、損をしないように経済的なことを考えて、辞めどきを決めなければいけません。

損をしないためには、次の2つを重視してください。

  1. 辞めどきはボーナスをもらってから
  2. 求人の多さも重視

この2つを考えずに辞めたいからとすぐに転職すると、あとから後悔するほど損をする可能性があるのです。

辞めどきはボーナスをもらってから

看護師が辞めどきを考えているなら、ボーナスをもらってからにしましょう。ボーナスは支給日に在籍していれば、貰うことができます。大げさに言うと、ボーナスの支給日の翌日に辞めても、ボーナスはもらえるのです。

1回のボーナスは数十万円にもなりますので、切羽詰まっていなければ、ボーナスをもらってからのほうが良いでしょう。

求人の多さも重視

看護師が辞める時には、求人の多さも重視しましょう。辞めた後すぐに転職する場合、求人が多い時期の方が好条件のところに転職できる可能性が高くなります。

特に辞めたいと考えている新人や2年目の看護師は、スキル面でどうしても転職に不利ですので、求人数が多い時期に辞めるべきです。

求人数が多いのは下半期です。特に12~3月までは1年で最も求人数が多い時期ですので、冬のボーナスをもらってから、この時期に辞めると良いと思います。

まとめ

看護師の辞めどきを考えているなら、あなたの気持ちと経済的な面を考慮して決めましょう。あなたが辞めどきを決めても、師長から引き留められて、辞め方がわからなくなってしまうこともあると思います。

そういう時には、「看護師が辞める時の伝え方のコツやポイントって何?<リンク>」を参考にすると良いでしょう。

また、転職サイトで担当コンサルタントに頼るのも良いと思います。担当コンサルタントは看護師の辞め方のアドバイスをしてくれます。また、面接時の辞めた理由や志望動機の答えを一緒に考えてくれるなど、あなたの転職活動をサポートしてくれます。

もちろん、あなたに合った求人を探してくれるので、ポジティブな気持ちで働けて、辞めどきなんて考えなくて良い職場に転職することができるのです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職といえばナース人材バンク、と言われるほどの人気サイトです。業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。オススメですよ♪

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

こちらも口コミでの人気が高いサービスです。沢山の非公開求人が用意されていますので、ナース人材バンクと併せてお使い頂くと間違いのない転職が出来ると思います。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる