看護師が転職を30代後半でするのは◎!悩みにあった働き方の選択を!

看護師が転職を30代後半でするのは◎!悩みにあった働き方の選択を!

「30代後半の看護師って転職して良いの?失敗しないかな?」

「30代後半の看護師はどんなところに転職すればいい?」

 

30代後半になって、転職を考える看護師は少なくありません。

でも、30代後半での転職は遅いのではないか?

今さら転職しても、条件の悪いブラックな職場にしか転職できないのではないか?

そんな不安を抱えて、転職したいけれど転職できないという人はたくさんいます。

 

でも、30代後半でも転職することはできます。

もちろん、ブラックではないホワイトな職場に転職できるんです。

 

ここでは転職したい30代後半の看護師の悩み別におすすめの転職先をご紹介していきます。

これを読めば、あとで40代になってから、

「あの時、転職しておけばなぁ…」

と後悔することはないはずです!

 

看護師は30代後半でも転職できる!

 

看護師は30代後半になっても転職することができます。

むしろ、私はあなたに30代後半での転職をおすすめしたいです。

30代後半の今、転職しないと、数年後あなたはきっと後悔することになると思います。

 

 

理由1 看護師なら30代後半での転職は余裕

 

30代後半で転職すべき理由の1つ目は、看護師は30代後半でも余裕で転職できるからです。

 

世の中は30代後半での転職はリスクが大きいと言われています。

よほどのキャリアを持っている人ならともかく、一般的には転職は20代までにするのが良い。

そして、転職は35歳までにしないと厳しいという「転職35歳限界説」もあるんです。

 

でも、看護師は違います。

世の中は看護師不足なので、30代後半でも引く手あまたです。

いくらでの求人はありますし、転職先に困ることはありません。

 

 

理由2 40代になってからよりも30代の今の方が好条件で転職できる

 

看護師不足のおかげで、看護師はいくつになっても転職できます。

30代後半はもちろん、40代になっても50代になっても転職できます。

 

「それなら40代になってから転職しても良いよね」

と思っているかもしれません。

でも、それは大きな間違いです。

 

確かに、40代になってからでも転職はできます。

でも、看護師なら転職の年齢は一切関係ないというわけではありません。

やっぱり関係はあるんです。

 

つまり、30代後半の今の方が40代になってからよりも良い条件で転職ができるんです。

 

 

理由3 このまま転職しなければきっと後悔する

 

30代後半で転職を考えている人は、

「このまま転職せずに定年まで働く」

という選択肢も頭をよぎっていると思います。

 

確かに、その選択肢もありますよね。

でも、本当にそれでいいんですか?

後悔しませんか?

 

今の職場に何らかの不満があるんですよね。

しかも、転職したいと思うレベルの不満。

その不満を押し殺してずっと働いてく。

あなたの看護師人生はまだ20年以上あります。

20年間、不満を持ったまま働くんですか?

きっと、その不満はどんどん膨らんでいくだけで、そのうち抱えきれなくなりますよ?

 

また、あなたは退職金のことをきちんと考えていますか?

あなたの職場は退職金がたっぷり支給されるでしょうか?

そもそも退職金制度自体がありますか?

退職金は福利厚生の一環ですから、職場によって支給される額は違います。

そもそも、退職金がない職場もあるんです。

 

不満を抱えながら、我慢して定年まで働いた。

でも、退職金は微々たるもので、老後の生活の足しにもならない程度だった。

そうなったら、あなたは後悔してもしきれないと思います。

 

だから、そうなる前に、転職しておくべきなんです。

 

 

結論 30代後半で転職したいなら、今転職すべき!

 

「30代後半で転職して良いのかな?」

と不安に思っているかもしれませんが、そんな不安は必要ありません。

 

  • 看護師なら30代後半での転職は余裕
  • 40代になるよりも30代後半の今の方が好条件で転職できる
  • このまま転職しなければきっと後悔する

 

この3つの理由がありますので、30代後半の看護師さんは転職したいならして良いのです。

 

 

看護師が30代後半で転職して良いことがわかったら、次は30代後半で転職を考える悩みについて見ていきましょう。

 

 

 

看護師が転職を30代後半で考える時の7つの悩み

 

看護師が転職を30代後半で考える時の悩みは、次のものがあります。

 

  • 体力的にきつい
  • 家庭や子育てと両立できない
  • 理想の看護がしたい
  • 転職するならラストチャンス?
  • 男性看護師は肩身が狭い
  • 給料が安い
  • もっと楽に働きたい

 

あなたの悩みはこの7つの中のどれでしょうか?

 

 

体力的にきつい

 

30代後半になってくると、体力の衰えを感じますよね。

 

私は専業主婦なのに、日々

「体力が落ちたかも」

「腰が痛い」

「やっぱり20代とは違うな」

と感じています。

 

今は看護師の仕事から離れている専業主婦の私ですらそう思うのですから、現役看護師として働いているあなたはもっと感じていると思います。

 

30代後半になると、若い20代の看護師と一緒に急性期でバタバタした中で休憩なく働いたり、夜勤中も常に忙しいような職場で働くのはきつくなるんです。

これは、大学病院などの急性期病院で働く30代後半の看護師に多いですね。

 

体力的にきついから転職したいあなたにおすすめの転職先は、「体力的にきつい時の転職先」で説明しています。

 

 

家庭や子育てと両立できない

 

家庭や子育てと両立できないことで、転職を考える30代後半も多いです。

30代後半で結婚する看護師さんは少なくありません。

看護師は晩婚傾向にありますから。

結婚すると、自分のことだけでなく、相手のことも考えて家事をしなければいけないので大変なんですよね。

 

一人暮らしの時は適当に最低限の家事をしていれば良かったのに、結婚するとそういうわけにもいかなくなります。

家事を分担しても、一人暮らしの時よりも家事の負担が増えるんです。

 

また、30代後半になると、お子さんが小学生になったという人もいると思います。

子どもが小学生になると、「小1の壁」に悩むことになります。

小1の壁にぶつかって、看護師を辞めたいと思う人もいるほどです。

 

保育園は延長保育が使えたけれど、学童保育は18時までには迎えに行かなくてはいけない。

日曜日は学童保育を使えないことも多いです。

そうなると、今の職場では子育てと仕事を両立できないというケースも多々あるんです。

 

家庭や子育てと両立できないことに悩んでいる30代後半の看護師さんは、「家庭や子育てと両立できない時の転職先」を読むと悩みを解決するヒントを得られるはずです。

 

 

看護師としてのキャリアを考えるようになった

 

30代後半になると、看護スキルが全部身についていて、何の不安もないですよね。

勤務中もある程度余裕を持って働くことができるようになります。

 

そうすると、自分の看護師キャリアを考えるようになります。

 

  • もっと寄り添った看護がしたい
  • キャリアアップしてバリバリ働きたい
  • 病院以外の職場にも興味がある

 

自分の理想の看護、やりたい看護・キャリアを考えると、転職しようかなと思うようになるんです。

 

看護師としてのキャリアを考えるようになった時の転職先」を読むと、どんな職場へ転職すべきかが見えてくると思います。

 

 

転職するならラストチャンス?

 

30代後半になると、転職はラストチャンスかな?と思えてきて、転職を考えることもあります。

 

これと言った大きな不満はないけれど、なんとなく全体的に不満がある。

小さな不満が積み重なっている。

 

そんな状況の中で、自分の年齢を考えると、

「今転職しておいた方が良いのかなぁ〜?」

と考え始めることもあるんです。

これは、30代後半ならではの理由かもしれませんね。

 

転職するならラストチャンスと思う時の転職先」で、おすすめの転職先をご紹介しています。

 

 

男性看護師は出世を目指したい

 

30代後半の男性看護師は、出世を目指すために転職を考えることもあると思います。

男性看護師は女性とは違って、産休・育休や子育てでの仕事のセーブなどはほぼありません。

ずっと第一線で働いていくんです。

 

そして、男性看護師は女性看護師よりも向上心を持っている人が多いです。

認定看護師や専門看護師を目指したり、看護管理の道に進みたい人が多いですよね。

 

 

ただ、働いている病院によっては、出世が見込めないし、資格取得支援制度も使わせてもらえそうにない。

定年まで、ただの「平の看護師」として終わる可能性が高い。

 

早い人は30代前半でキャリアアップしたり、管理職に抜擢されたりします。

30代後半になって、今の職場ではキャリアアップ・出世の目がないということがわかるケースが多いんです。

 

それなら、出世できる病院に転職したいと思うようになる男性看護師は少なくありません。

 

出世をしたい男性看護師は「男性看護師は出世を目指したい時の転職先」を読んでください。

 

30代の男性が転職で看護師を目指す場合については以下の記事が参考になります。

 

 

給料が安すぎる!

 

給料が安いことを理由に転職を考える30代後半の看護師は多いです。

 

独身の看護師は30代の後半になると、老後のことを真剣に考えるようになります。

「このまま独身なら、とりあえずお金を貯めなくちゃ!」

と考えて、今の給料では心許ないから、もっと給料が高いところに転職したいと思うんですね。

 

また、既婚で子どもがいる30代後半の看護師さんは、子どもが小学校に上がる年齢になると、

「意外と教育費がかかるな」

「将来の学費が不安だな」

と思うようになります。

 

習い事の月謝が予想以上に高い。

私立の小学校に入学したから学費がかかる。

うちの子、意外と勉強ができるみたいだから、大学の学費はしっかり貯めておいてあげないと。

 

こう考えて、給料が高いところに転職したいと思う30代後半の人は少なくありません。

この理由は男性看護師にも女性看護師にも共通のものですね。

 

給料が安い時の転職先」で給料をアップしたい30代後半の看護師さんのための転職先を説明しています。

 

 

もっと楽に働きたい

 

若い時は第一線でセカセカ&テキパキ働いていても、30代後半になると、

「もっとゆっくり働きたい」

「少しくらい楽をしても良いよね」

と思うようになりますよね。

 

もちろん、「大学病院などの急性期でずっとバリバリ働きたい!」、「高度な医療の中で重症な患者さんの看護をしたい!」と思う看護師さんもいます。

 

でも、30代後半になると、ゆっくりしたいと思う人は増えるんです。

 

また、主任や師長になるように打診をされているけれど、管理職になるのは嫌だから、転職を考える30代後半の看護師さんも少なくありません。

 

もっと楽に働きたい時の転職先」であなたにとって楽な転職先とはどんな職場かについて説明しています。

 

 

看護師が転職を30代後半でする時のおすすめの転職先

 

看護師が転職を30代後半でする時のおすすめの転職先をご紹介していきます。

 

 

体力的にきつい時の転職先

 

体力的にきつい時の転職先は、次の2つの条件を満たす職場が良いでしょう。

 

  • 力仕事がない職場
  • 仕事量が多くなく、急変が少ない職場

 

この2つの条件が揃うと、体力的にはだいぶ楽になります。

具体的には、療養型病院や介護施設ですね。

 

もし、あなたが夜勤が嫌というなら、外来やデイサービスなど日勤のみの職場もおすすめです。

 

 

家庭や子育てと両立できない時の転職先

 

仕事と家庭・子育てを両立できない30代後半の看護師さんには、日勤のみの職場をおすすめします。

さらに、残業がないこと。

できれば、日曜祝日はお休みのところが良いですね。

 

  • クリニック
  • 外来
  • デイサービス

などの職場がおすすめです。

 

残業については、本当に残業がないかをあらかじめ調べておく必要はありますので、注意してください。

 

 

看護師としてのキャリアを考えるようになった時の転職先

 

看護師としてのキャリアを考えるなら、どんなキャリアを築きたいのかを考える必要があります。

 

  • あなたの看護観は?
  • 理想の看護は?
  • キャリアアップをするならどんな道に進む?

 

こういうことを考えると、自然に転職先は見えてくると思います。

30代後半なら、未経験の診療科や分野にも挑戦できますから、思い切って転職してみると良いですよ。

 

 

転職するならラストチャンスと思う時の転職先

 

30代後半という年齢を考えると、今がラストチャンスと思ったら、まずは次のことを真剣に考えてください。

 

  • 将来はどういう看護がしたいのか
  • どんな働き方がしたいのか
  • 職場に求める条件は何か
  • 定年時の退職金はたっぷり出るか

 

これを箇条書きでも良いので書き出してみましょう。

 

そうすれば、どんな職場で働きたいのかが見えてくるはずです。

 

 

男性看護師は出世を目指したい時の転職先

 

出世を目指したい男性看護師は、出世できる可能性が高い病院に転職しましょう。

管理職の経験がないのに、転職後いきなり管理職というのはさすがに無理ですが、管理職が常に不足している病院はあります。

そういう病院に転職すれば、あなたも管理職になれます。

 

また、キャリアアップしたい男性看護師は、資格取得支援制度を使わせてもらえる病院を探すと良いですよ。

 

30代の男性が転職で看護師を目指す場合については以下の記事が参考になります。

 

給料が安い時の転職先

 

給料が安いから転職したい30代後半の看護師さんは、給料が高いところに転職するのが良いですね。

30代後半の看護師が、転職で給料をアップさせるなら、ポイントは調整手当です。

調整手当は今までの経験やあなたのスキルを考慮してつけてくれる手当ですね。

 

30代後半の看護師の場合、病院によっては5〜10万円の調整手当をつけてくれます。

基本給の経験加算はもちろんですが、調整手当にもこだわると、今の年収よりも50〜100万円くらいアップすることも夢ではありません。

 

 

もっと楽に働きたい時の転職先

 

もっと楽にゆとりを持って働きたい30代後半の看護師さんは、

「どんな楽を求めるのか?」

を考えてみましょう。

 

  • 残業がないと楽?
  • 休日が多い(連休を取りやすい)と楽?
  • 力仕事がないと楽?
  • 人間関係が良いと楽?
  • 通勤時間が短いと楽?
  • 出世せずに気楽に働けると楽?
  • 重症患者がいなくて医療行為がないと楽?

 

このように看護師の仕事でも「楽」と感じる要素はいろいろあります。

 

ただ、「なんとなく楽に働きたいんだよね〜」と思って、適当に転職すると、

「こんなはずじゃなかった」

と後悔することになりかねません。

 

だから、自分はどんな楽を求めているのかを考えてから、転職先を絞るようにしましょう。

 

 

30代後半の看護師が転職するなら慎重に転職先を選ぶべき!

 

30代後半の看護師は転職したいと思うなら、転職すべきです。

ただ、転職先は慎重に選んだ方が良いです。

 

先ほども言いましたが、30代後半の方が40代よりも好条件の職場に転職しやすいです。

つまり、ここで転職に失敗すると、次の転職はさらに条件が悪いところしか見つからなくなる可能性があるんです。

 

30代前半までなら、一度転職で失敗しても、次の転職でリカバリーできる可能性が高いですが、30代後半になるとリカバリーが難しくなります。(もちろんリカバリーできる可能性はゼロではありません)

 

だから、少しでも転職に成功する確率を上げるためにも、慎重に転職先を選ぶようにしましょう。

 

 

30代後半の看護師が転職するなら転職サイトを使おう!

繰り返しになりますが、30代後半の看護師が転職を考えているなら、転職すべきです。

ただ、年齢的なことを考えると、転職先は慎重に選ばなくてはいけません。

 

先ほど説明した30代後半の看護師さんにおすすめの悩み別の転職先を自分で探すのは大変ですよね。

というか、不可能に近いと思います。

 

  • 力仕事はどのくらいか
  • 急変はどのくらいの頻度であるか
  • 残業はあるか
  • 管理職は不足しているか(出世の目はあるか)

 

などなど、これらのこと、さらにこれ以外の転職先の条件を自分で調べることなんてできませんから。

 

そんな時に助けてくれるのが看護師転職サイトです。

看護師転職サイトを使えば、あなたの代わりに転職コンサルタントが全部調べてくれます。

そして、あなたの悩みを解決できる職場の求人を紹介してくれますよ。

また、調整手当などの給料交渉もしてくれるので、自分で転職先を探すよりも、給料がアップする可能性が高くなります。

 

だから、確実に転職を成功させることができるんです。

 

30代後半の看護師さんの中には、看護師自体を辞めて、違う仕事に転職しようと思っている人もいるかもしれません。

看護師の仕事から一度離れてみるのもありだと思います。

 

看護師以外の仕事に転職する時には、転職エージェントのマイナビエージェントを使うと良いですよ。

マイナビエージェントは、看護師の転職サイトの、一般的な仕事バージョンのサービスですので、プロのキャリアアドバイザーに相談にのってもらいながら、転職先を探すことができます。

 

看護師用の転職サイトも、マイナビエージェントも無料で利用できますので、気軽に登録して使ってみてくださいね。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

こちらもおすすめ

運営会社 | 書いた人 | ナースの宝箱とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる