看護師で貯金できないと困っている人、集合!転職すれば貯められます!

看護師で貯金できない人集まれ!転職すれば貯まります。

看護師で貯金ができないことに悩んでいる人は少なくないと思います。

看護師は給料が高い仕事と言われていますが、「今月も給料を使い切っちゃった…」、「全然貯金が増えない。どうしよう」と困っている人はたくさんいるんです。

貯金ができないままでいると、今は何とかなっても、5年後、10年後、そして定年後に困ることになります。理想の結婚式を挙げられない。子どもの教育資金が足りない。老後の資金がない。

貯金ができないと、将来への不安で安心して生活できません。また、これからの人生は辛いこと・苦しいことの連続で、「あの時貯金をしておけば…」と後悔することになります。

あなたは毎月きちんと貯金ができていますか?順調に貯金が増えていますか?

「ぜんぜんできていない、どうしよう」、でも安心してください。貯金ができない人は、転職をしましょう。転職すれば、貯金ができるようになります。今からきちんと貯金すれば、まだ間に合います。

貯金ができれば、安心して生活できるので、毎日楽しく生活できます。さらに、これからの人生はお金に困ることなく、楽しく理想的な生活を送ることができますよ。

貯金ができない看護師が転職すべき理由

看護師は貯金ができないなら、転職しましょう。転職すれば、貯金ができるようになります。

きちんと貯金をするためには、あなたが貯金ができない理由を把握して、それを解決できる職場に転職する必要があります。

  1. 看護師が貯金できない4つの理由
  2. 今の職場では貯金できない
  3. 貯金できない理由は転職で解決できる

看護師が貯金できない4つの理由

看護師が貯金できない理由には、次の4つがあります。

  1. そもそも給料が安い
  2. 夜勤による肌荒れ改善や疲労回復のためにお金を使ってしまう
  3. 夜勤明けで金銭感覚がおかしくなって散財してしまう
  4. ストレスが多くて無駄遣いしてしまう

あなたが貯金できない理由は、この4つのどれに当てはまるでしょうか?

そもそも給料が安い

看護師が貯金できない理由の1つ目は、給料が安いことです。看護師は給料が高い仕事と言われていますが、看護師の職場の中にはビックリするほど給料が安いところがあります。

特に、夜勤なしで日勤のみの職場だと、一般のOLと同じくらいの給料しかもらえず、節約はしていても、貯金できるほどの余裕がないことがあるのです。

夜勤による肌荒れ改善や疲労回復のためにお金を使ってしまう

夜勤をしていると、不規則な生活を送らなくてはいけないため、ホルモンバランスが乱れて、肌荒れが起こりやすくなります。

また、看護師は体力勝負の仕事で、力仕事が多いですし、長時間の夜勤をしていると、疲労が蓄積していきます。

肌荒れが起こったら、何とか肌荒れを治したいと思うのが女心です。

高い化粧品を買ったり、エステに通ったり、美容皮膚科の施術を受けたりすると、1ヶ月に5万円以上を美容代で使ってしまうことも珍しくありません。

また、疲労回復のために、マッサージや整体に頻繁に通っていたら、さらに数万円がかかります。

夜勤明けで金銭感覚がおかしくなって散財してしまう

夜勤明けで金銭感覚がおかしくなるのは、看護師あるあるだと思います。

夜勤明けでショッピングに行くと、どんどん買ってしまいますよね。しかも、普段よりも値段を気にしなくなります。

そして、一晩寝て冷静な状態になると、「なんでこんなものを買ってしまったんだろう?」と自分で疑問に思うようなものばかりを買ってしまうのです。

夜勤明けのショッピングは危険とわかっていても、ついつい夜勤明けの変なテンションでショッピングに出かけて散財してしまうという看護師は少なくありません。

ストレスが多くて無駄遣いしてしまう

看護師はストレスフルな仕事です。同僚・先輩の看護師から、医師から、患者から常にストレスを感じ、さらに責任の重さに押しつぶされそうになりながら働いています。

そのストレスを発散するために、買い物をしたり、美味しいものを食べたり、お酒を飲んだり、旅行に行ったりしますよね。

節約して貯金をしなくちゃと思っていても、ストレスを発散するために、やむを得ずお金を使ってしまう。そうしないと、看護師の仕事を続けていけないという人もいるのです。

今の職場では貯金できない

貯金できないと悩んでいる看護師は、今の職場で働き続けていたら、ずっと貯金ができないままになります。

今後も、貯金できずに、給料を使い切るような生活をしなければいけません。

  1. 貯金できるほどの給料アップは期待できない
  2. 貯金できない理由を解決できない

貯金できるほどの給料アップは期待できない

貯金するためには、収入を増やさなければいけません。収入が増えれば、今の生活を続けていても、貯金ができますよね。

でも、今の職場では貯金できるだけの給料アップは見込めないでしょう。なぜなら、看護師の昇給率は低いからです。

看護師は同じ職場で長く働いていても、給料はほとんど上がりません。

認定看護師や専門看護師などの資格を取っても、給料アップができないことが多いので、今の職場で働く限り、給料アップは期待できず、貯金ができないのです。

昇給率など看護師の給料アップの実態については、「看護師で給料が上がらないと悩んでいませんか?転職すれば一挙解決!」で詳しく解説しています。

貯金できない理由を解決できない

先ほど4つの貯金できない理由を説明しましたが、今の職場で働く限り、その理由は解決できないでしょう。

今の職場では、給料アップは見込めませんし、夜勤をしないという選択肢もありません。また、ストレスがなくなることもありません。

だから、今の職場で働いていると、貯金できない状態がずっと続いてしまうのです。

貯金できない理由は転職で解決できる

看護師が貯金できない理由は、主に4つありますが、それぞれの理由を解決できる職場に転職すれば、簡単に貯金をすることができます。

  1. 給料が安いから貯金できないなら給料が高い職場へ
  2. 肌荒れや疲労で貯金ができないなら日勤のみの職場へ
  3. 夜勤明けで散財してしまう人は日勤のみの職場へ
  4. ストレスが多くて無駄遣いしてしまう人はストレスが少ない職場へ

給料が安いから貯金できないなら給料が高い職場へ

給料が安いから貯金できない看護師は、給料が高い職場へ転職しましょう。給料が高い職場には、次のようなところがあります。

  • 大規模病院
  • 調整手当をつけてくれる中小規模病院
  • 美容クリニック
  • 訪問看護ステーション

このような職場は、給料が高めのところが多いです。給料が高い職場へ転職すれば、収入が増えますので、貯金をすることができます。

給料が高い病院については、「看護師の給料が高い病院はどこ?年収アップのポイントや注意点まとめ」で説明していますので、一緒に読むことをおすすめします。

シングルマザーで未就学児の子どもが1人いる看護師です。

以前は総合病院で働いていましたが、給料が安くて、夜勤をしても年収は420万円程度しかありませんでした。

生活が苦しいというほどではなかったのですが、ほとんど貯金ができず、将来に不安を感じていました。子どもが大きくなれば、それだけ教育費がかかりますから。

今のままではダメだと考えて、思い切って転職することにしました。転職サイトでコンサルタントの方に、とにかく給料をアップさせて、貯金したいことを伝えたら、今の一般病院を紹介してもらえました。

今の病院での年収は、何と550万円!転職しただけで130万円も年収がアップしました。調整手当を8万円も付けてくれたんです。

単純計算で、これからは1年に130万円は貯金できる計算になるので、子どもの将来のために、きちんと貯金できそうです。

肌荒れや疲労で貯金ができないなら日勤のみの職場へ

夜勤による肌荒れや疲労で、エステや化粧品、マッサージなど身体のメンテナンスをするために貯金ができない看護師は、日勤のみの職場へ転職すると良いでしょう。

日勤のみの職場なら、肌荒れや疲労蓄積のリスクは少なくなるので、メンテナンス費用を自然に抑えることができます。

夜勤なしになると、給料は下がりますが、その分メンテナンス費用を抑えられるので、給料が下がった以上に支出を抑えられて、貯金ができるのです。

日勤のみの職場にはたくさんありますが、次の3つの価値観の中で、自分に合うものを選ぶと良いでしょう。

 

とにかく楽を重視したい

日勤のみで、しかもとにかく楽をしたいという人は、次のような職場を選びましょう。

  • 老健
  • 特別養護老人ホーム
  • デイサービス
  • 一般企業の医務室
  • 保育園
  • 健診センター
  • 学校の保健室

これは、夜勤による肌荒れに加えて、疲労の蓄積によるマッサージや整体にお金を使っていて貯金ができない看護師さんにおすすめです。

夜勤なしでもそれなりに稼ぎたい

夜勤なしでもそれなりに稼ぎたい人は、次のような職場に転職しましょう。

  • 透析クリニック(3クール制)
  • 自由診療のクリニック
  • 訪問看護ステーション
  • 臨床開発モニター

夜勤をしなければ、肌荒れは予防できて、支出を抑えることができますが、基本的に美容関連に興味があって、美容代は節約したくないという人は、日勤のみでもそれなりに稼げるところが良いでしょう。

美容に興味がある人は、美容クリニックに転職すると、社員割引で施術を受けられるので、良いかもしれませんね。

夜勤なしでもしっかり貯金したい人は、「看護師は夜勤なしでも高収入!日勤のみで給料・年収を稼ぎ出す方法」も読んでおくことをおすすめします。

バランスよくそこそこ楽でそこそこ稼ぐ

日勤のみでバランスよくそこそこ楽でそこそこ稼ぎたい看護師は、次のような職場に転職しましょう。

  • 外来
  • 透析クリニック(2クール制)
  • 有料老人ホーム
  • 治験コーディネーター
  • クリニカルコーディネーター

夜勤なしで日勤のみの職場に関しては、「看護師の夜勤なしの仕事は17個もある!楽を取る?高い手取りをとる?」で詳しく説明しています。

夜勤をするようになってから、肌荒れがひどくなって悩んでいました。肌がボロボロで、本当にストレスだったんです。

だから、エステに通い、高級な化粧品を使い、美容皮膚科でプラセンタ注射などもやっていました。おかげで美容代は月7~8万円以上かかってしまって、貯金はゼロ。

こんなに美容にお金をかけているのに、肌の状態は一向に良くならず、これは夜勤がダメなんだと思って、日勤のみの職場に転職することにしました。

元々美容が好きな私が選んだのは、美容皮膚科クリニックです。日勤のみになって、規則正しい仕事を送るようになったら、ニキビができなくなって、肌のキメも整ってきました。

しかも、美容皮膚科の基礎化粧品を社員割引の値段で買えるので、美容に気を使いつつ、節約もできます。給料も結構いいので、今では月に5万円以上を貯金できるようになりました。

こんなことなら、もっと早く転職しておけば良かったです。これからは、今の職場で美容に気を使いつつ、コツコツ貯金していきたいです。

夜勤明けで散財してしまう人は日勤のみの職場へ

夜勤明けでショッピングに行って、ついつい散財してしまうことで貯金ができない人も、日勤のみの職場へ転職しましょう。

先ほども言いましたが、日勤のみの職場にはたくさんありますので、3つの価値観で選ぶようにしてください。

 

1.とにかく楽を重視したい!

2.夜勤なしでもそれなりに稼ぎたい

3.バランスよくそこそこ楽でそこそこ稼ぐ

 

とにかく少しでも貯金をしたい人は、日勤のみでも稼げるところが良いですし、疲れがストレスになって無駄遣いをしてしまうという人は、楽を重視したほうが、支出を抑えることができるので、給料がやや低めでも貯金をすることができると思います。

先ほども紹介しましたが、「看護師の夜勤なしの仕事は17個もある!楽を取る?高い手取りをとる?」と「看護師は夜勤なしでも高収入!日勤のみで給料・年収を稼ぎ出す方法」を読んでから、職場選びをすることをおすすめします。

私、人混みが嫌いで、ショッピングに行くのはいつも平日の夜勤明けだったんです。平日の昼間なら、人が少ないので、ゆっくりショッピングできるし。

でも、夜勤明けって変なテンションになっていて、ついつい必要ないものまで買ってしまったり、高いものを衝動買いしてしまうんですよね。

おかげで貯金は全然できず、月末はいつも預金残高がギリギリになっていました。

そんな生活をしていた時に、彼氏に「結婚費用って貯めてる?」って聞かれたんです。その時に、「これはヤバい!」と初めて思って、貯金できない原因を考えた結果、夜勤がダメなんだと思って、日勤のみの仕事に転職することを決めました。

転職サイトでいろいろな求人を探した結果、透析クリニックに転職することにしました。

日勤のみの仕事なので、変なテンションでショッピングに行くこともなく、無駄遣いはだいぶ減って、今は少しずつ貯金ができるようになりました。

とりあえずの目標は、結婚資金の100万円!彼氏と早く結婚できるように、頑張って貯金したいと思います。

ストレスが多くて無駄遣いしてしまう人はストレスが少ない職場へ

ストレスが多くて無駄遣いをしてしまう人は、ストレスが少ない職場へ転職すれば、ストレスが溜まらないので、無駄遣いが減り貯金をすることができます。

看護師のストレスと言えば、人間関係と重症度でしょうか。

人間関係が悪いことにストレスを感じているなら、人間関係が良い職場へ転職しましょう。

重症度が高くて、常に緊張を強いられ怖いと思っているなら、重症度が低く、軽症な患者さんが多い職場に転職すると良いでしょう。具体的にはクリニックや健診センター、介護施設などですね。

ストレスの原因がなくなれば、ストレス発散のための無駄遣いがなくなるので、その分のお金を貯金に回すことができます。

ストレスが少なく働きやすい病院を探すなら、「看護師が働きやすい病院ランキングトップ11!あなたのは何位?」で詳しく説明しています。

前の職場は、本当に人間関係が最悪で、先輩看護師からいじめを受けていて、いつもイライラしていました。

そのストレスを発散するために(という言い訳を自分にして)、ショッピングに行ったり、美味しいものを食べに行ったり、夏休みには海外旅行に行ったりして、ついつい無駄遣いをしていました。

やっぱりお金を使うと、なんかスッキリするんですよね。高いものを買う時には、ボーナス払いで買ったり。

でも、その分貯金は全くできていませんでした。同期の友達と、貯金の話になった時に、「え?私、貯金ゼロだよ?」と言ったら、「さすがに、それはヤバくない?」とドン引きされて、ようやく貯金ゼロのヤバさに気づくことができました。

貯金をするためには、今の無駄遣いをなくす必要がある。無駄遣いをなくすためには、いじめから逃げるしかないという結論に至って、転職を決意しました。

転職サイトを使って、コンサルタントの人に人間関係が良い職場を紹介してもらうようにお願いしたら、今の職場を紹介してもらいました。

今の職場は採用試験前に見学に行った時にも、みんな笑顔で働いていて、とても雰囲気が良かったのが印象的でした。実際に入職した後も、みんな優しくて、いじめとは無縁の職場です。

人間関係のストレスがなくなったので、節約しようと思えるだけの精神的な余裕が出てきて、実際に1年で100万円以上を貯金できました!

看護師が貯金できないから転職する時の新たな不安を解決する方法

看護師の貯金ができないという悩みは、転職すれば解決できます。でも、転職する場合、貯金ができても、違う不安が出てくることがあります。

  1. 給料が高くてもブラックな病院かもしれない
  2. 給料が高くなっても調子に乗って使っちゃうかも

でも、この不安は簡単に解決することができます。

  1. 貯金ができないから転職する時の新たな2つの不安
  2. 2つの不安の解決方法

貯金ができないから転職する時の新たな2つの不安

給料が高くてもブラックな病院かもしれない

給料が高くなれば、貯金できないという悩みは解決できますが、それ以上に忙しかったら、さすがにウンザリしますよね。

あまりに忙しくてハードだったら、体が参ってしまって、体調不良になってしまうかもしれません。

また、人間関係が悪いこともありますよね。体調不良になったら、治療費にお金がかかりますし、人間関係が悪かったら、ストレスから無駄遣いが増えてしまいます。

ブラックな病院の場合、面接時に提示した給料よりも、実際に支給する給料が安いことがあります。

とにかく看護師を集めたいから、面接の時は調子の良いことを言って、入職した後は面接時の約束を一方的に反故して安い給料しか支給しないケースですね。

ブラック病院では、いくら提示された給料が高くても、結局は貯金できない可能性が高いのです。

給料が高くなっても調子に乗って使っちゃうかも

給料が高い職場に転職しても、貯金できない可能性もあります。人間は手元にお金があると、ついつい使ってしまうことがあるんです。

贅沢したい、欲しいものを買いたいという欲求は誰でも持っています。だから、給料が増えても、ついつい使ってしまって、結局は貯金できないかもしれません。

2つの不安の解決方法

貯金ができない看護師は、貯金をするために転職する必要がありますが、転職に当たって、2つの不安が出てきてしまいます。

ただ、この2つの不安は、意外と簡単に解決することができるのです。

  1. ブラック病院を避けるためには、事前の調査が重要
  2. ついつい使ってしまう人は財形貯蓄がある職場に転職する

ブラック病院を避けるためには、事前の調査が重要

給料以上に忙しかったり、事前の約束を反故するようなブラック病院を避けるためには、転職前に細かい部分まで調べておけばOKです。

どのくらいの忙しさなのか、残業は多いのか、離職率はどのくらいかなどを調べておくと、ブラック病院を避けることができます。

ブラック病院かどうかを自分で調べるのは大変ですが、転職サイトを使えば、転職コンサルタントがあなたの代わりに調べてくれます。

ついつい使ってしまう人は財形貯蓄がある職場に転職する

給料が高くなっても、貯金できずについつい使ってしまうタイプの看護師は、財形貯蓄がある職場に転職しましょう。

財形貯蓄を利用すれば、給料から自動的に天引きして貯金に回してくれるので、ついつい使って貯金できなかったという不安は解決できます。

財形貯蓄があるうかどうかを自分で調べるのは面倒ですが、転職サイトを使えば、簡単に調べることができますよ!

看護師が貯金できないと悩んでいるなら今すぐ転職サイトを使おう!

  1. 自分で全部調べるのは難しい
  2. 転職サイトを使えば大丈夫

自分で全部調べるのは難しい

看護師の貯金ができないという悩みは、原因に合わせた職場に転職すれば解決できます。

でも、自分で給料が高い職場、価値観に合った日勤のみの職場、ストレスが少ない職場を探すのは難しいですよね。

また、先ほども言ったように、ブラックな病院かどうかを事前に調査したり、財形貯蓄があるかを調べたり、日勤のみでガッチリ稼げる職場を自分で探すのは難しいです。

特に、ブラックな病院かどうかは、残業時間や離職率などを調べる必要があるので、看護師のあなたが調べるには限界があります。というか、調べるのは無理です。

それなら、貯金が確実にできる職場に転職することはできないのかというと、そんなことはありません。

簡単に確実に必要なことを調べて、しっかり貯金ができる職場に転職する方法が1つだけあります。

転職サイトを使えば大丈夫

確実に貯金ができる職場に転職するためには、転職サイトを使いましょう。

転職サイトを使えば、転職コンサルタントがあなたの貯金ができない原因を解決できる職場をピックアップしてくれます。

もちろん、ブラックな病院かどうか、財形貯蓄があるか、日勤のみでもガッチリ稼げるかも詳しく調べてくれますから、転職サイトを使えば、確実に貯金をすることができます。

貯金ができないと悩んでいるなら、今すぐ転職サイトに登録して、転職コンサルタントに相談しましょう。それが、貯金をするための第一歩になるのです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる