看護師は経験加算の仕組みを知らないと損!給料アップ秘訣はこれ!

看護師の経験加算の仕組みとは

看護師は経験加算の仕組みを詳しく知っておかないと、転職した時に大きな損をすることがあります。転職で損をしないために、また転職で給料をアップさせるためには、経験加算の仕組みを知っておく必要があるのです。

看護師の経験加算の仕組みや注意点をまとめました。

看護師の経験加算はどういう仕組みになっている?

看護師の経験加算は、どういう仕組みになっているかを確認しておきましょう。経験加算とは、今までのあなたの看護師経験を評価して、基本給に加算してくれるシステムです。

経験加算がない職場に転職してしまうと、たとえあなたが看護師10年目だとしても、新人看護師と同じ給料になってしまう可能性があるのです。

だから、看護師が転職するなら経験加算がある職場に転職すべきなのです。まずは、経験加算の仕組みについて確認しておきましょう。

基本となるのは経験年数

経験加算で基本となるのは、経験年数です。あなたの看護師としての経験年数が、経験加算を計算する上での基本になります。

准看護師経験は含まれない

看護師さんの中には、准看護師から正看護師の資格を取得した人がいると思います。そのようなケースでの経験年数の数え方は、准看護師は経験年数に含めず、正看護師の経験年数だけを数えることが多いです。

病棟以外の経験は加算なし、もしくは半分加算

経験加算での経験年数の分類は、基本的に病棟(病院)経験とそれ以外の経験になります。病棟での経験年数はキッチリ加算されます。でも、それ以外の経験年数は加算されることもありますが、加算されないケースも多いです。

また、病棟の半分の経験(病棟経験1年=それ以外の職場経験2年)として計算されることもあります。

非常勤の経験は加算なしのことも

経験加算では、常勤の経験年数をカウントするのが基本です。パートとしての経験年数はカウントしない、もしくはパートとしての勤務時間に応じてカウントするようになります。

看護師の経験加算で注意すべきこと

看護師の経験加算で注意すべきことは2つあります。

  1. 中堅&ベテラン看護師は上限がないかの確認が大切
  2. 配属先の希望によっては経験加算がないこともある

この2つを知っておかないと、予想よりも加算が少なくて、転職後に給料が大幅ダウンしてしまうことがあるのです。

中堅&ベテラン看護師は上限がないか注意!

中堅看護師やベテラン看護師が転職する時には、経験加算に上限がないかを確認しましょう。「経験加算の上限は10年まで。それ以上は一律加算」のようにしているところがあります。

上限がある職場に転職すると、中堅看護師やベテラン看護師は経験年数すべてを加算してもらえるわけではないので、いくら常勤での病棟経験が長くても、損をしてしまうことになります。

配属先の希望によっては加算がない可能性も

次に、配属先についてです。例えば、今まで内科病棟で働いていた看護師が、オペ看護に興味を持って、オペ室で働くために転職しようと思った場合、病棟での経験年数すべてを加算してもらえない可能性があります。

経験加算は転職後に活かせるスキルがあるから加算してもらえるものです。まったく違う分野で、それまでの経験があまり活かせない部署への配属を希望する場合は、経験加算されない、もしくは一部しか加算してもらえない可能性もあります。

看護師は経験加算だけでなく調整手当もチェック

看護師の経験加算は、あなたが中途採用で転職する場合にはとても重要なポイントになるものです。

もし、あなたが転職で給料をアップさせたいと考えているなら、経験加算の有無や詳細だけではなく、調整手当についても確認する必要があります。

経験加算は基本給がアップするものです。でも、調整手当はあくまで「手当」ですので、基本給に変化はありません。

調整手当は、あなたの看護師経験を評価して、給料を高くしてあげたいからつけてくれる物です。

経験加算は計算方法は病院で決められています。でも、スキルが高い看護師の場合、経験加算だけではその実力に応じた給料にならないこともありますよね。

10年の看護師経験がある2人の看護師。1人は経験年数だけは長いけれど、全然使えない。

もう1人はバリバリ仕事ができて、チームリーダーの経験や退院調整の経験、感染リンクナースの経験もあり、さらにキャリアアップも積極的にしている。

経験加算だけでは、この2人の給料は同じになってしまうのです。でも、それではスキルが高い看護師は不満を持ちますよね。そこで登場するのが調整手当です。調整手当で給料をアップさせるんですね。

看護師が給料アップ目的で転職するなら、経験加算の有無や詳細を調べるのはもちろんですが、調整手当をどのくらい付けてくれるのかも、必ず確認しておくようにしましょう。

ただ、調整手当では基本給に変化はないので、ボーナスがアップしませんので、注意が必要です。

調整手当をつけてくれるのは、中小規模の病院が中心になりますので、経験加算だけでなく調整手当も貰って給料アップを狙いたい人は、中小規模の病院を中心に求人を探すと良いでしょう。

まとめ

看護師の経験加算について詳しくまとめました。転職で損をしないためには、経験加算の有無と詳細をきちんと調べておく必要があります。また、調整手当も大切ですので忘れないようにしましょう。

あなたの看護師経験をしっかり評価して経験加算をしてくれる職場を探すなら、転職サイトを使うと良いですよ。経験加算や調整手当は給料に関係することなので、自分ではなかなか転職先に聞くことができませんよね。

でも、転職サイトを使えば、担当コンサルタントがあなたに代わってきちんと聞いてくれますので、経験加算や調整手当の額を把握してから、転職先を決めることができるのです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる