看護師が仕事行きたくない病を発症!?ケース別解決法と最終対処法

看護師が仕事行きたくない病を発症

看護師で仕事行きたくないと悩んでいる人は、たくさんいます。みんな、あなたと同じように「仕事行きたくない」、「辞めたい」と思いながら、日々働いているのです。

看護師の仕事行きたくない理由別の解決法と、どうしても仕事行きたくない気持ちが解決しない時の対処法をまとめました。

看護師で仕事行きたくないと思っているのは心の危険信号

看護師で仕事行きたくないと思っている人は多いと思います。仕事に行くのが本当に憂鬱で、出勤前は心がどんよりと重くなるなどの症状に思い当たる人はいませんか?

  • 仕事のことを考えるだけで鬱になる
  • 連休最終日は朝から気持ちが重い
  • 出勤準備がなかなか進まない
  • 職場に近づくにつれて、足取りが重くなる
  • 出勤時に玄関のドアを開ける前に涙が出る
  • 出勤前は頭痛や腹痛、下痢、吐き気に悩まされる

このような症状が出ている人は、「仕事行きたくない病」にかかっている可能性が高いです。仕事行きたくない病とは、その名前の通り、仕事に行きたくない病気です。

もちろん、そんな病気が本当にあるわけはないのですが、仕事に行きたくない看護師さんは、これらの心身の症状が現れることが多いので、まるで「仕事行きたくない病」という病気にかかっているかのようですよね。

仕事行きたくない病にかかっている人は、「仕事行きたくないのはみんな同じだから、我慢するしかない」と思っているかもしれませんが、それは大きな間違いです。

仕事行きたくないと思って、これらの症状が出ているのは、あなたの心がSOSを出しているからなのです。このSOSを見逃すと、どんどん悪化してしまって、本当の病気にかかる可能性があります。

だから、仕事行きたくない病にかかっている看護師さんは、仕事行きたくないという気持ちをしっかりと受け止めて、早めに対処しなければいけないのです。

看護師が仕事行きたくない主な理由と解決法

看護師が仕事行きたくないと思う理由にはいろいろなものがありますが、ここでは次の4つのケースに分けて解決法を提示していきます。

  1. 1年目の看護師が仕事行きたくない理由と解決法
  2. 2年目の看護師が仕事行きたくない理由と解決法
  3. 3年目の看護師が仕事行きたくない理由と解決法
  4. 夜勤をやっている看護師が仕事行きたくない理由と解決法

この4つに当てはまらない看護師さんは、「看護師で仕事行きたくない病が悪化している場合はどうする?」から読み進めてください。

1年目の看護師が仕事行きたくない理由と解決法

1年目の看護師が仕事行きたくないと思う理由は、たくさんあると思います。

  • 仕事ができない自分が辛い
  • インシデントを起こしてしまった
  • 重症患者の受け持ちが怖い
  • 先輩やプリセプターが怖い
  • 患者さんに怒鳴られた
  • 医師に怒られた

このような理由が多いでしょうか。1年目の看護師は、思い描いていたような看護師生活を送ることができず、リアリティショックを感じます。

仕事ができない自分に嫌気がさし、さらに先輩看護師やプリセプターからは嫌味を言われ、時には嫌がらせを受け、採血を失敗したら患者さんから怒鳴られ、仕事を失敗して医師からも怒られ、本当にストレスフルです。

さらに、インシデントを起こしたり、重症患者の受け持ちをすると、看護師の仕事を怖いと思って、仕事行きたくないと思ってしまうこともあるでしょう。

新人看護師は、「仕事やりたくない、仕事行きたくない」と思いながら働いていますし、仕事行きたくない病が重症化してしますことが多いのです。

1年目の看護師が仕事行きたくない時はリフレッシュが大切!

1年目の看護師が仕事行きたくない時には、リフレッシュを大切にしましょう。1年目の看護師は、どうしても仕事中心の生活になりますので、頭の中が仕事でいっぱいになり、仕事行きたくない病が悪化してしまうのです。

気分転換をして、仕事のことを忘れる時間を作ったり、リフレッシュすることで、仕事行きたくないという気持ちを小さくすることができます。

  • 休みの日は勉強せずに、ショッピングに出かける
  • いつもと違う道を通って通勤する
  • 同期と美味しいものを食べに行って愚痴を言い合う

このようなことをすると、「仕方ない。もう少し頑張ってみるか」と思えるようになるはずです。

1年目の看護師が仕事行きたくない時の対策は、「新人看護師が仕事行きたくないと思ったらどうすれば良いの?」でも詳しく説明しています。

これでも仕事行きたくない病が治らない1年目の看護師さんは、「看護師で仕事行きたくない病が悪化している場合はどうする?」を読んでください。

2年目の看護師が仕事行きたくない理由と解決法

2年目の看護師が仕事行きたくない理由は、突然仕事の責任が重くなったことが由来しているのではないでしょうか。

  • 突然フォローなしで超重症患者の受け持ちを任されてストレス
  • フォローがないため、インシデントが増えてショック

看護師2年目になったからといって、いきなり仕事ができるわけではないのに、全くフォローしてくれないのに、責任の重い仕事、自分では抱えきれないほどの仕事量を任されるようになると、ストレスですし、怖いですよね。

また、プリセプターのフォローがないため、インシデントや細かいミスが増えて、「私、看護師に向いてない。仕事行きたくない」と思ってしまうのです。

2年目の看護師が仕事行きたくない時には確認が大切

2年目の看護師が仕事行きたくない時には、とにかく徹底的に確認しながら仕事をするようにしましょう。

ちょっとでも迷ったら、先輩看護師に相談するようにすれば、仕事のミスを少なくすることができます。

また、どうしても自分1人では仕事を抱えきれない、仕事が終わらないという時には、先輩看護師に「すみません。手伝っていただけないですか?」とお願いしましょう。

先輩看護師は「もう2年目なんだから、しっかりしなさい」と小言を言うかもしれませんが、気にする必要はありません。インシデントを起こしたり、医療事故を起こすよりは全然良いですよね。

それに、先輩看護師も時々嫌味は言うかもしれませんが、1人で確認せずに仕事をされるよりも、きちんと確認しながら仕事をしてもらったほうが安心なんです。

2年目になったからといって、突然仕事ができるわけではないのですから、先輩を頼って、手伝ってもらいながら、成長していきましょう。

これでもまだ仕事行きたくない気持ちが軽減しないなら、「看護師で仕事行きたくない病が悪化している場合はどうする?」を読んでみましょう。

3年目の看護師が仕事行きたくない理由と解決法

3年目の看護師が仕事行きたくない理由には、次のようなものがあります。

  • プリセプターの仕事が嫌
  • リーダー業務がプレッシャー
  • 仕事の負担が多すぎて疲労困憊

3年目になるとプリセプターを任される人も多いですが、プリセプターの仕事は中間管理職のようなものですので、ストレスが溜まります。

プリセプティーの仕事ができないこと、やる気がないことにイライラし、先輩看護師からは「あの子が仕事できないのは、プリセプターのあなたのせいよ!」なんて言われると、仕事行きたくないと思いますよね。

また、3年目になるとリーダー業務を行うことも多くなりますが、責任が重いし、先輩からの嫌味を言われることも多いので、リーダー業務の日だけ特に仕事に行きたくないという人は多いのです。

また、3年目の看護師は雑用を任されることが増えて、仕事の負担が増えます。委員会や係の仕事、そのほかの雑用で毎日残業をしなければいけないことも多いので、疲労困憊になり、仕事行きたくないと思ってしまうのです。

3年目の看護師が仕事行きたくない時は師長に業務負担を相談

3年目になると、プリセプター、リーダー、雑用と仕事の負担が増えて、それが原因で仕事行きたくないと思ってしまうことが多いです。

ポジティブに考えれば、それだけ仕事ができて頼りにされているということですが、結局は便利扱いされているということです。

このままあなたが我慢して与えられた仕事を必死にこなしていると、師長や先輩看護師は、さらに仕事をあなたに丸投げしてくる可能性があります。

そうなる前に、師長に「仕事が多すぎて、きついです」と正直に伝えるようにしましょう。あなたが頑張っていることをきちんと見てくれている師長なら、仕事量を考慮してくれるはずです。

「3年目なんて、そんなもんよ。甘えないで!今が踏ん張り時よ!」などと言う師長の場合は、「看護師で仕事行きたくない病が悪化している場合はどうする?」を読んでください。

夜勤をやっている看護師が仕事行きたくない理由と解決法

夜勤をやっている看護師も、仕事行きたくない病にかかりやすいですね。夜勤前は「出勤したくない、このまま家でゴロゴロしていたい」と思って、その気持ちと戦いながら、何とか出勤している状況ではないでしょうか?

特に、3交替制の深夜勤の日なんて、仕事行きたくない病が一気に悪化しますよね。何が悲しくて、深夜に出勤しなければいけないのか。何が悲しくて、終電で酔っ払いと同じ電車に乗りながら出勤するのか。

夜勤に行きたくない看護師はとても多いと思います。特に、嫌いな先輩看護師と一緒の夜勤は、本当に行きたくないですし、何とかして仕事を休むわけにはいかないかと真剣に考えてしまうと思います。

夜勤に行きたくない時はご褒美を用意して

夜勤に行きたくない時には、自分にご褒美を用意しましょう。夜勤に行きたくないのは当たり前のことです。なんでみんなが家で休んでいる時に働かなくてはいけないのか?誰だって、働きたくないですよね。

少しでも夜勤に行くストレスを少なくするためには、夜勤中・夜勤明けのご褒美を用意するのです。

夜勤に行く時には、夜勤中のご飯やおやつにはあなたの好きなものを用意しましょう。これを食べるとテンションが上がるというものがありますよね。

そういうものを用意して夜勤に行くと、まだ少しは「夜勤頑張るか」と思えるのではないでしょうか。

いつものコンビニではなく、デパ地下のお総菜などを選ぶとウキウキしますし、新作のお菓子を用意しておくと、夜勤中に嫌なことがあっても、頑張れます。

また、夜勤明けにマッサージや美容室の予約を入れておく、ショッピングに行くなど予定を入れておくと、夜勤に行くモチベーションになると思います。

夜勤に行きたくない時の対策は、「看護師が夜勤に行きたくない時の解決法を教えて!」でも詳しく説明しています。

「こんな対策やっても、夜勤行きたくない気持ちは変わらない!」という人のために、さらなる解決法を説明していきますね。

看護師で仕事行きたくない病が悪化している場合はどうする?

看護師で仕事行きたくない病が悪化している場合はどうしたら良いのでしょうか?「もう看護師の仕事全部が嫌!とにかく嫌!看護師の仕事なんてしたくない、二度とやりたくない!」というレベルまで悪化して、追い込まれている人もいると思います。

また、看護師1年目、2年目、3年目、夜勤をやっている人というケース別に仕事行きたくない時の解決法をご紹介しましたが、それでは解決できないほど、仕事行きたくない病が悪化していることもあると思います。

その場合、ただ単に仕事行きたくない病ではなく、適応障害やバーンアウト症候群になっている可能性があります。

適応障害はストレスが原因で身体面・精神面、行動が変化し、日常生活に支障が出ている状態のことです。

バーンアウト症候群は燃え尽き症候群とも言いますね。看護師がかかりやすい病気の1つです。

今まで一生懸命頑張ってきたのに、いきなり仕事に行きたくなくなったという場合は、バーンアウト症候群の可能性があります。

適応障害もバーンアウト症候群も、そのまま放っておくと、さらに悪化して、看護師どころか日常生活を送ることができなくなる可能性があります。

だから、どうしても仕事に行きたくないなら、あなた自身を守るためにも、今すぐに行動を開始しなければいけないのです。

看護師が仕事行きたくない時の3つの対処法

看護師が仕事行きたくないなら、次の3つの対処法を実践して下さい。

  1. まずは師長に相談する
  2. 心療内科を受診する
  3. 転職する

仕事行きたくないだけなのに大げさと思うかもしれませんが、先ほど説明したように、「仕事行きたくない」という気持ちはあなたの心がSOSを出しているのですし、適応障害やバーンアウト症候群になっている可能性もあるのです。

だから、あなた自身を労わるためにも、3つの対処法を今すぐ実践する必要があるのです。

まずは師長に相談する

看護師が仕事行きたくないと真剣に思っているなら、まずは上司である師長に相談して下さい。

「仕事行きたくないです」と言うのではなく、「うつ気味で、心と体がついていきません。仕事に行く前に涙が出たり、頭痛や吐き気が出るんです」のように言うと、師長もきちんと考えてくれるはずです。

師長に相談すれば、少し休めるように有給で連休をつけてくれたり、業務量を減らしたり、夜勤回数を減らしたりしてくれるはずです。

心療内科を受診する

仕事行きたくない病が重症化している時には、心療内科を受診しましょう。何度も言いますが、適応障害やバーンアウト症候群の可能性があります。

まだ発症していなくても、その一歩手前の状態になっていることもあるでしょう。

心療内科に行って、医師に話を聞いてもらうだけでもホッとしますし、今の状態を改善するための対策を専門医の視点からアドバイスしてもらえます。

また、適応障害やバーンアウト症候群などの診断が付けば、診断書を書いてもらえます。診断書があれば、師長もきちんと対処せざるを得ないので、心療内科は早めに受診しておきましょう。

転職する

仕事行きたくないと悩んでいる人は、転職して職場を変えることを考えてみても良いと思います。

あなたが仕事行きたくないと思っているのは、看護師の仕事自体が嫌なのではなく、今の職場で働くことが嫌なのだと思います。

転職して新しい職場で働きだせば、「仕事楽しい~♪」とはならなくても、仕事行きたくない病は治るはずです。

だから、まずはあなたが今一番嫌だと思っていること、仕事行きたくないと悩んでいることを明確にして、それを解決できる職場を選びましょう。

1年目の看護師なら、先輩が優しくて人間関係がよく、あなたのスキルや成長速度に合わせた指導をしてくれる病院に転職すれば、仕事行きたくないという気持ちは解決するでしょう。

2年目や3年目の看護師はスキルに合わせた仕事量を任せてくれる職場、先輩看護師が優しくて、的確にフォローしてくれる職場が良いですね。

夜勤が嫌な人は、夜勤がない日勤のみの職場に転職してください。日勤のみでもオンコール当番があるところも多いので、気を付けてくださいね。

まとめ

看護師で仕事行きたくないと思っている人のためにケース別の解決法と対処法をまとめました。

仕事行きたくないと思っているのは、心がSOSを出しているからです。適応障害やバーンアウト症候群になっている可能性もありますので、早めに対処して、今の状態から脱するようにしましょう。

仕事行きたくない病が悪化しているから転職したい人は、転職サイトを使いましょう。

転職サイトなら、担当コンサルタントが人間関係や指導体制などを詳しく調べてくれるので、確実にあなたの悩みを解決できる職場に転職することができます。

また、日勤のみの職場の中でもオンコールがあるかどうか、月何回くらいオンコール当番があるかなども調べてくれますので、仕事行きたくない病を治すことができるのです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる