看護師の人間関係が悪い悩みは多い!2つの対処と悪化を防ぐ方法6つ

看護師の人間関係改善は無理?

看護師は人間関係が悪いことに悩んでいる人がとても多いです。「仕事もきついけれど、それ以上に職場の人間関係が悪いことがストレス。人間関係が本当に辛い。」という看護師さんはたくさんいますよね。

人間関係が悪いという悩みを抱えている看護師さんのために2つの対処法と6つの予防法をまとめました。

この対処法と予防法を実践すれば、人間関係が悪いことによるストレスからは解放されます。

そうすれば、看護師の仕事に集中することができ、やりがいを感じたり、「看護師の仕事ってこんなに楽しかったんだ!」という再発見があったりするはずです。

看護師は人間関係が悪いことに悩んだら、異動か転職を!

看護師の人間関係は悪い。これは看護師の中でも常識だと思います。そして、人間関係は一度こじれると、修復をするのは難しいです。

だから、看護師が人間関係が悪いことに悩んでいるなら、その職場で修復しようとせずに、環境を変えるために異動か転職をすることをおすすめします。

一般的な人間関係でも、一度関係性が悪くなると、以前のような関係に戻すのは難しいです。「覆水盆に返らず」ということわざもありますよね。

そして、特に看護師は人間関係が悪くなると、それを改善するのは難しいです。

看護師は人間関係が悪いことに悩むことが多く、さらにそれを修復するのが難しい理由には、次の5つがあります。

  1. 気が強い人が多い
  2. いろいろな年齢・生活スタイルの人がいる
  3. 責任の重い仕事である
  4. 女性が多い
  5. 協力して働かなくてはいけない

看護師の人間関係に悪影響を及ぼすこの5つの理由を詳しく説明していきます。

気が強い人が多い

看護師は気が強い人が多いです。気が強い人は自分の意見を曲げず、自分と意見が違う人を認めようとはしないので、気が強い人が多い職場は人間関係が悪いことが多いのです。

さらに、一度衝突すると、絶対に自分からは引こうとしないので、人間関係が改善することはありません

世間一般的には、看護師は白衣の天使で優しい人が多いと思われがちですが、実際は全然違いますよね。気が強く、我が強い人が多いのが現実です。

ストレスが多く、辛い仕事である看護師は、気が強いくらいでないと働いていけないので、気が強いことは悪いことではありません。

でも、気が強い人が多いと、人間関係のトラブルが多くなることは事実であり、気が強い人同士の人間関係が悪くなるのはもちろんですが、一部の気が弱い看護師がその被害に遭ってしまうのです。

いろいろな年齢・生活スタイルの人がいる

看護師は年齢層が幅広く、また1人1人生活スタイルが違う人がいる職業です。同じ職場で働いていても、年齢や生活スタイルが違うと、価値観が異なります。

その価値観をお互いに認め合うことができないと、人間関係のいざこざが起きやすくなるので、看護師は人間関係が悪くなりやすいという事情があります。

看護師は20代前半から60歳まで、職場によっては60歳以上の人がいます。孫とおばあちゃんのような年齢差の人が、同じ職種として同じ職場で働いているのです。

また、独身・既婚・子持ち・シングルマザー・離婚経験者などいろいろな人がいます。子持ち看護師も、子供の年齢によって生活スタイルは全く違いますよね。

さらに、「結婚願望はあるけれど独身の人」、「妊活中の人」などなど女性ならではの複雑な事情を抱えた人もたくさんいます。

看護師は1人1人違った価値観の人が集まる仕事です。

価値観が違う場合でも、お互いを認め合い、理解し合うことができれば良いのですが、それがなかなか難しいため、人間関係がこじれやすくなり、こじれた人間関係は改善できないままになるのです。

責任の重い仕事である

看護師は患者さんの命に携わるとても責任が重い仕事です。だから、小さなミスでも許されず、ミスを厳しく指摘されるため、人間関係にひびが入りやすいのです。

患者さんの命を預かっているわけですから、患者さんの安全にかかわるミスをした場合、先輩や上司に厳しく叱責されることがあります。

厳しく注意することは悪いことではないですが、注意された人の受け取り方によっては、「むかつく!」と感じることもあるでしょう。

また、注意する方も注意の範疇を超えて、人格否定や個人攻撃になってしまうことがあり、人間関係がギスギスしやすいのです。

個人攻撃のようないじめは、どんどんエスカレートしていくのが普通です。「あ、これっていじめだったわ。気を付けなくちゃ!」と反省して、自ら改善しようとすることはめったにありません

女性が多い

看護師は女性が多いです。

女性看護師しかいないという職場、ほかの医療職も合わせても男性は1割女性は9割という職場もあると思います。

あなたも女性ならわかりますよね。女性が集まると、自然と人間関係はこじれやすいんです。

これは、もう仕方がないことであり、時代・年代・国境を越えて、普遍的なものだと思います。

さらに、女性同士の友情は一度壊れると、修復不可能なことが多いですよね。

協力して働かなくてはいけない

看護師の仕事は、お互いに協力して働かなくてはいけません。協力しながら働くと、どうしても相手の粗が気になりだすので、イライラしたり、ムカついたりすることが多くなります。

看護師はチームプレイが要求される仕事です。体交や移動介助は1人ではできないことが多いですし、それ以外でもお互いにフォローし合いながら働きますよね。

デスクワークのように1人で黙々と仕事を進めていくことができない仕事なのです。

協力し合って働くと、相手の仕事のミスに気づきやすくなりますし、「あの人、いつもさぼっているなぁ」のように悪い部分が見えやすくなります。

また、自分よりも仕事ができない人に、「私ばっかりフォローしている。私の仕事量が多い」とイライラすることもあるでしょう。

そして、そのイライラはその職場で働いている限り、ずっと毎日続いていきます

だから、看護師は人間関係が悪くなりやすいし、それを改善するのは難しいのです。

看護師が人間関係悪いことにストレスを感じた時の2つの対処法

看護師が人間関係悪いことにストレスを感じたら、環境を変えるようにしましょう。先ほども言いましたが、一度こじれた人間関係を修復するのは非常に難しいです。

あなた自身が努力をしていても、相手がそれを受け入れなければ、人間関係は悪いままなのですから。

だから、環境を変えて人間関係をリセットしましょう。そのためには、次の2つの対処法があります。

  1. 異動希望を出す
  2. 転職する

本当なら、今の職場で人間関係を改善して、ストレスなく働くのが一番良いのですが、現実問題として、あなた1人の力で人間関係を改善するのは不可能です。

師長などの上司に相談しても、何かしらの対処をしてくれることもあると思いますが、「スッキリ解決!」というわけにはいかないことが多いです。

例えば、あなたが先輩看護師からいじめを受けている場合、師長に相談したら、師長から先輩看護師に注意してもらうこともできるでしょう。

でも、それでいじめは解決しないと思います。むしろ、あなたが職場で孤立したり、いじめがひどくなる可能性の方が高いです。

人間関係は一度こじれてしまうと、元通りになるのはとても難しいです。それなら、今の環境を変えて、人間関係をリセットしてしまったほうが簡単だと思います。

異動希望を出す

人間関係が悪いことに悩みを抱えているなら、異動希望を出しましょう。異動希望を出して、働く部署を変えれば、今の人間関係をリセットすることができます。

ただ、クリニックのような小さな職場の場合は、異動のしようがないですし、病棟が2~3しかないような個人病院も、たとえ異動できても、人間関係を完全にリセットすることはできませんね。

総合病院や大学病院のような大規模な職場の場合のみ、異動は有効な解決方法だと思います。

それでも、異動希望を出したら、必ずすぐに異動できるというわけではないので、注意が必要です。

転職する

人間関係を完全にリセットするなら、転職するのが一番確実だと思います。新しい職場で働けば、今抱えている人間関係が悪いことによるストレスから解放されて、気分一新することができるでしょう。

転職をしてしまえば、「今の職場の人間関係が最悪なんけど…」という悩みもスッキリ解決です。

幸いなことに、看護師は人手不足が深刻ですから、比較的簡単に転職することができる職業です。

しかも、看護師の職場すべてが人間関係が悪いというわけではなく、人間関係が良い職場もあるので、そのような職場に転職すれば、もう人間関係に悩むことはなくなるはずです!

看護師は人間関係が悪い職場から良い職場に転職するためには転職サイトを使おう!

看護師は人間関係が悪いことにストレスを感じているなら、今の環境を変えてしまうべきです。そして、人間関係悪いという悩みを一番確実に解決する方法は、転職することですよね。

人間関係が良い職場に転職したいと考えているなら、転職サイトを使うようにしましょう。

人間関係が良い職場に転職したいと思っても、実際に自分で人間関係が良い職場を探すのはほぼ不可能です。

求人情報だけでは、内部の人間関係良いのか悪いのかはわかりませんから。たとえ、求人情報やホームページに「人間関係良好!」と書いてあっても、本当かどうかわかりませんよね。

人間関係が良いかどうかを調べるためには、転職サイトを使うのが最も確実です。転職サイトに登録して、担当のコンサルタントに人間関係が良い職場へ転職したいことを伝えましょう。

そうすれば、すぐに人間関係が本当に良い職場をピックアップしてくれるんです。その中から、あなたの希望に合った職場を選んで転職すれば、すべて解決します。

転職サイトのコンサルタントは、今まで転職のお手伝いをしてきたたくさんの看護師さんから、転職前と転職後の職場の人間関係について詳しく聞いています。

また、求人を出している病院やクリニック、介護施設を実際に訪れて、職場の雰囲気を見たり、そこで働いている看護師さんにインタビューしたりしています。

そのため、コンサルタントは普通ではなかなかわからない人間関係の生の情報を持っているので、コンサルタントを頼れば、本当に人間関係が良い職場に転職することができるんです。

「本当に人間関係が良い職場なんてあるの?」と思っている人は、まずは転職サイトに登録して、コンサルタントに相談してみると良いでしょう。

看護師が人間関係が悪いことにもう二度と悩まないための6つの予防法

看護師が人間関係が悪いからリセットするために転職して職場を変えることは、私は悪いことではないと思います。

なぜなら、人間関係でストレスを感じるのは、とても無駄なこと・もったいないことだと思うからです。看護師として働く上で、そんなストレスは不要なものです。

人間関係が良い職場で働けば、ストレスを感じることもありません。1つの大きなストレスがなくなれば、仕事により集中できるようになります。また、プライベートも楽しく過ごせるようになるでしょう。

ただ、人間関係が良い職場に転職しても安心してはいけません。人間関係は非常にもろいものです。ちょっとしたきっかけで悪くなることがあります。

そんな時でも、うまく乗り切って、人間関係が悪いことにもう二度と悩まないための6つの方法をご紹介します。

  1. 視野を広く持ち、相手の意見を受け入れる
  2. 自分の言動を振り返る
  3. 相手の立場に立つ
  4. 悪口は言わない
  5. 中立の立場を保つ
  6. 信頼できる人を作っておく

この6つに注意して、新しい職場で働いていけば、人間関係のストレスとは無縁になると思います。

視野を広く持ち、相手の意見を受け入れる

看護師が人間関係が悪いことに悩まないためには、視野を広く持って、相手の意見を受け入れるようにしましょう。

相手のことを認めること、意見・価値観の違う人もいることを意識するだけで、人間関係はうまくいくことが多いです。

看護師は気が強く、自分とは違う意見・価値観を受け入れない人が多いです。でも、それが人間関係が悪くなる原因なのですから、自分とは違う意見・価値観も受け入れて、認めるようにしてください。

誰だって、自分の意見を否定されればマイナスの感情を抱きます。そこから人間関係が悪くなっていくのです。

もし、相手と意見が異なり議論する時には、相手の考えを認めてから、「私はこう思う」と伝えるようにしましょう。

この考え方は、患者さんにより良い看護をするためにも必要なことです。

患者さんは本当にいろいろな年齢・生活スタイル、価値観の人がいますから、視野を広く持っておくと、患者さんを理解しやすくなりますし、生活指導・退院指導などにも役に立ちますよ。

自分の言動を振り返る

人間関係でつまづきそうになったら、自分の言動を振り返るようにしましょう。人間は気を抜いていると、自己中心的な言動をしています。

冷静に自分の言動を振り返ってみると、「あ、これは私が悪かったな。気を付けなくちゃ」と思えることも出てくるはずです。それを改善していくことで、良好な人間関係を築いていくことができると思います。

例えば、先輩看護師から厳しく怒られたことがあったとします。怒られた時は、「超ムカつく!」と思いますよね。これは当たり前の感情です。

でも、そのままで終わらせずに、家に帰ってから、または次の日になんであんなに厳しく怒られたのかを振り返ってみると、その時には見えなかったことが見えてくることもあります。

そうすると、「患者さんの安全を思って、厳しく怒ったんだな。ムカついたけれど、私も悪い部分が多かったかも」と思えてきて、先輩に素直に謝ることができると思います。

たとえ、翌日になってからでも、「昨日はすみませんでした」と伝えれば、相手は嫌な気持ちにはならないですし、「きちんと考えてくれたんだな」と思ってくれるので、人間関係は悪化しませんし、そこから信頼関係が生まれることもあるんです。

相手の立場に立つ

人間関係でつまづかないためには、相手の立場に立って物事を考える癖をつけましょう。

相手のことを理解できない時でも、相手の立場に立って考えてみると、理解できることもあります。

例えば、子どもが熱を出したから、看病するために休んだママ看護師がいたとします。

独身の看護師からすると、「私は風邪をひいても休めないし、熱があっても出勤しているのに、子どもが熱を出すと休めるの?ずるくない?」と思うこともあるでしょう。

でも、相手の立場に立って考えると、「自分の子が熱を出しているのに、自分の子の看護をせずに放っておいて、患者さんの看護をするのはおかしいよね。」と思えるようになります。

もし、自分が将来子どもを持った時に、同僚の看護師から「そういう時は遠慮せずに休んでいいよ」と言われたら嬉しいだろうなとも思えますよね。

だから、まずは相手の立場に立つことを忘れないようにしてください。良い人間関係を築いていくためには、まずは自分から努力して、歩み寄る必要があるのです。

悪口は言わない

看護師が職場の人間関係で悩まないためには、悪口は言わないようにしましょう。これは、絶対に徹底してください。

どんなにむかついても、師長や先輩が嫌いでも、その悪口を職場の人に言ってはいけません。どうしても悪口を言いたいなら、仕事以外の友人や家族に言いましょう。

たとえ、信頼できる同僚だと思っていても、実はその人の口が軽くて、「〇〇さんが先輩の悪口を言っていましたよ~」なんて告げ口をしないとは限りません。

また、休憩室などでコッソリ悪口を言っているのを誰かに聞かれている可能性だってあるんです。

さらに、信頼できる人に対してだけでも、悪口を言っていると、「この人はこういう悪口を平気で言う人なんだ。私の悪口も違う人に言っているかも」と思われることもあります。

悪口は言う方もリスクがあるものなんです。だから、悪口は言ってはいけません。

もし、同僚が「あの先輩、超ムカつくよね~。」と言っていても、それに同調せずに、「どうだろうね~?」とか「そうかな~?」と言いながら、サクッと話題を変えてしまうと良いと思います。

中立の立場を保つ

看護師は女性が多い職場ですから、派閥ができやすいです。たとえ、職場内に派閥があったとしても、あなたは中立の立場を保ちましょう。それが一番の安全策です。

派閥に入ると、面倒な人間関係に巻き込まれて、ストレスが溜まります。それならいっそ中立の立場を保ったほうが、ストレスは少なくて済みます。

中立の立場を保つと、親しい友人は作れないかもしれません。でも、下手に流されて派閥争いに巻き込まれるよりはずっと良いと思います。

信頼できる人を作っておく

看護師が人間関係でつまづかないためには、職場の中で信頼できる人を作っておきましょう。

ちょっとしたトラブルが起こった時に、早めに信頼できる人に相談しておくと、人間関係がこじれる前に解決できることがあります。

師長でも主任でも、先輩看護師でもOKです。できれば、自分よりも立場が上で、信頼できる人。職場の中でも中立の立場で、みんなに公平に接しているような人が良いでしょう。

職場の中で1人だけでも信頼できる人がいると、とても心強いですし、そういった人と親しくしておくと、ほかの先輩看護師からの嫌味・いじめのリスクが少なくなります。

ただ、あくまで「信頼できて、困った時に相談できる人」として接してください。

変に親しくなろうとして、「腰ぎんちゃく」のような立場になると、それはそれでほかの人から反感を買うので気を付けなければいけません。

まとめ

看護師が人間関係が悪いという悩みを抱えた時の対処法と人間関係でつまづかないための予防法をまとめました。

看護師は人間関係が悪くなりやすい職業です。そして、人間関係は一度こじれると、解決するのは非常に難しいのが現実です。

だから、今の職場で人間関係が悪いことによるストレスを抱えている人は、サッサと環境を変えて、人間関係をリセットしてしまうと良いと思います。

人間関係をリセットしたら、自分なりに努力して、良い人間関係を築いていくようにしてください。

いくら人間関係が良い職場に転職しても、人間関係は非常にもろくて流動的ですから、人間関係でつまづかないためには、あなた自身の努力も必要なのです。

人間関係が良い職場に転職するなら、転職サイトを使いましょう。転職サイトを使って担当コンサルタントに人間関係が良い職場に転職したいことを伝えれば、コンサルタント自身が持っている生の情報や情報網から、本当に人間関係が良い職場の求人を紹介してくれますよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる