皮膚科の看護師が転職する(辞める)理由と転職先を選ぶ時のポイント

皮膚科の看護師が転職する(辞める)理由と転職先を選ぶポイントは何でしょうか?

皮膚科の看護師が転職する(辞める)理由と転職先を選ぶポイントは何でしょうか?

皮膚科で働く看護師が転職したいと思う理由と転職先を選ぶ時のポイントを教えます。

転職を考えている皮膚科の看護師さんは、ぜひこの記事を読んでから転職活動を始めてください!

皮膚科の看護師が転職する(辞める)理由

皮膚科の看護師が転職する(辞める)理由

皮膚科の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるのでしょうか?

皮膚科の看護師さんが「あぁ、転職したいなぁ~」と考える理由を3つご紹介します。

忙しいのに給料が安くて割に合わない

忙しいのに給料が安くて割に合わない

皮膚科の看護師が転職する理由の1つ目は、忙しいのに給料は安くて割に合わないことです。

皮膚科クリニックや外来は患者数が多いので、毎日とても忙しいんですよね。

休む間もなく患者さんをドンドンさばいていかないと、待合室の患者さんは増える一方で、診療終了時刻になっても仕事は全く終わらずに残業する羽目になります。

患者さんをドンドンさばいても、残業することも多いですが。

それなのに、給料は安いんです。特に、皮膚科クリニックはほかの診療科のクリニックよりも給料が安めに設定されていることがありますので、「こんなに忙しいのに給料が安いなんてやってられない!転職したい!」と思う皮膚科の看護師さんは多いんです。

看護スキルを忘れてしまう

看護スキルを忘れてしまう

皮膚科の看護師が転職する理由の2つ目は、看護スキルを使う機会がないため、看護スキルを忘れてしまうと不安になることです。

皮膚科は外来やクリニックでの診療が中心になります。

そのため、皮膚科の看護師の仕事内容は、軟膏の塗布やガーゼ等での処置、採血、患者さんへの自宅でのケア方法の説明・指導などが中心です。

つまり、一般病棟でよく使うような点滴や吸引、導尿などの看護技術は使いませんし、人工呼吸器などの医療機器を扱うこともありません。

そのため、皮膚科で長く働いていると、今まで身につけた看護スキルを忘れてしまう可能性があるんです。

そのことを不安に感じ、「早めに転職したほうが良いかも」と考える皮膚科の看護師さんもいます。

やりがいを感じない

やりがいを感じない

やりがいを感じないことでも、皮膚科の看護師は転職を考えるようになります。

クリニックや外来を訪れる患者さんは、基本的に軽症でアトピー性皮膚炎やじんましん、かぶれなどの疾患で受診をします。

命に関わるような患者さんは皮膚科ではとても少ないので、「患者さんの命を救っている」というやりがいを感じにくいんです。

また、皮膚科クリニックや外来は、とにかくたくさんの患者さんを診察させなければならず、1人1人とゆっくり接する時間はありませんので、1人1人に合わせた看護をするというやりがいも感じられないのです。

皮膚科の看護師が転職する場合の転職先を選ぶポイント

皮膚科の看護師が転職する場合の転職先を選ぶポイント

皮膚科の看護師が転職する場合の転職先を選ぶポイントは何でしょうか?

転職したいからといって、こだわりを持たずに適当に転職先を選んでいたら、「転職しなければ良かった…」と転職を後悔することになりかねません。

皮膚科の看護師が転職する理由別に、また皮膚科から皮膚科へ転職する場合と皮膚科以外の職場へ転職する場合の2パターンで、転職先を選ぶときのポイントを考えていきましょう。

忙しいのに給料が安くて割に合わないから転職する時のポイント

まずは、忙しいのに給料が安くて割に合わないから転職したい場合の転職先を選ぶポイントからです。

割に合わないことを不満に思う皮膚科の看護師さんは、どんな転職先を選べば良いのでしょうか?

皮膚科から皮膚科へ転職する場合

皮膚科から皮膚科へ転職する場合は、美容皮膚科もやっている皮膚科クリニックを選んでみてはいかがでしょうか?

美容皮膚科は自由診療ですので、保険診療のクリニックに比べると、クリニックの利益が多いんです。

そのため、美容皮膚科もやっている皮膚科のクリニックは、保険診療のみの皮膚科クリニックよりも給料が高めになります。

クリニックや地域によっては、美容皮膚科もやっている皮膚科クリニックでの看護師の給料は、月収30万円以上のところもありますので、皮膚科で働いても割に合わないと感じることはなくなるはずです。

皮膚科以外の職場へ転職する場合

皮膚科以外の職場へ転職する場合は、どういう職場なら「割がいい」と思えるのかを考えましょう。

大変でも高収入なら良いのか、給料は低くてもゆとりを持って働ければ良いのか、忙しさも給料もほどほどが良いのかによって、選ぶ職場は違います。

大変でも高収入が良い人は大学病院や美容外科クリニック、臨床開発モニターへの転職がおすすめです。

給料が低くてもゆとりを持って働きたいなら、介護施設やデイサービス、健診センターなどが良いでしょう。

忙しさも給料もほどほどで割がいいのは、有料老人ホームや治験コーディネーターだと思います。

また、割がいいと思えるかどうかは、やりがいも関係してきますので、割がいい職場を求めて転職するなら、給料と大変さ(忙しさ)、さらにやりがいを考慮して転職先を選ぶようにしましょう。

看護スキルを忘れてしまうから転職する時のポイント

看護スキルを忘れてしまうから転職したい皮膚科の看護師さんは、どんなことに気をつけて転職先を選ぶべきなのでしょう?

皮膚科から皮膚科へ転職する場合

皮膚科から皮膚科へ転職する場合は、外来やクリニックではなく、皮膚科の混合病棟へ転職してはいかがでしょうか?

皮膚科の病棟は皮膚科単独ではなく、他の診療科との混合病棟になっていることが多いのです。

病棟なら外来やクリニックでは使わないような看護技術を使う機会が多くなります。

また、混合病棟なら皮膚科以外の看護もできますので、使う看護技術の幅が広がるのです。さらに、皮膚科以外の看護知識を得ることができるでしょう。

そのため、皮膚科で働いていても、看護スキルを忘れてしまうというリスクが少ないんです。

また、皮膚科の混合病棟へ転職すれば、「混合病棟でも看護スキルをあまり使う機会がない。もっと一般的な看護スキルを身につけたい」という場合でも、転職ではなく異動すればOKというメリットもあります。

皮膚科以外の職場へ転職する場合

看護スキルを忘れてしまうかもという不安から皮膚科以外の職場へ転職したい場合は、急性期病棟への転職をおすすめします。

看護スキルを身につける、さらにスキルアップするためには、重症患者さんが多く、処置や急変対応の機会もあり、医療機器をたくさん使う急性期病棟がピッタリなんです。

ただ、長年皮膚科クリニックや外来で働いていた看護師さんが急性期病棟へ転職すると、重症度や仕事内容の違いから、仕事に慣れるのがとても大変だと思いますので、その点は覚悟しておいてくださいね。

やりがいを感じないから転職する時のポイント

やりがいを感じないから転職したい皮膚科の看護師さんにおすすめの転職先をご紹介します。

皮膚科から皮膚科へ転職する場合

皮膚科から皮膚科へ転職する場合は、大病院の皮膚科病棟へ転職しましょう。

大病院の皮膚科病棟は、皮膚がんの患者さんも多く入院していますし、日常生活を送るのが困難なほどの重症のアトピー性皮膚炎の患者さんなどもいますので、皮膚科で働きながらも、「命を救っている、患者さんを助けている」というやりがいを感じることができるでしょう。

また、皮膚科病棟なら長期間患者さんと関わりを持つことができますので、クリニックや外来での流れ作業のような関わりとは違い、1人1人の患者さんと向き合うことができるでしょう。

皮膚科以外の職場へ転職する場合

皮膚科以外の職場へ転職したい看護師さんは、どんなことにやりがいを感じるのかを考えてみましょう。

患者さんの命を助けている、元気になって退院していく姿を見ることでしょうか?それとも、1人1人に合わせた看護を提供することでしょうか?

あなたがどんなことにやりがいを感じるのかによって、選ぶ職場は変わってきます。

もし、「患者さんの命を助けている」というやりがいを感じたいなら、急性期病棟やICU、救命救急センター、救急外来への転職をおすすめします。

これらの職場は重症な患者さんが多いので、「看護師として患者さんの命を救っている」というやりがいを感じることができるでしょう。

もし、元気になって退院していく姿を見ることにやりがいを感じるなら、急性期病棟の中でも消化器外科や整形外科をおすすめします。

ただ、急性期病棟やICU、救命救急センター、救急外来は、皮膚科とは雰囲気も仕事も患者さんの重症度も全然違いますので、最初は苦労すると思います。

もし、1人1人に合わせた看護をしたい看護師さんは、療養型病棟や介護施設、訪問看護ステーションへの転職をおすすめします。

療養型病棟や介護施設、訪問看護ステーションなら患者さんと長期的にかかわりを持つことができますので、1人1人と向き合い、個別性を大切にした看護をすることができます。

また、これらの職場は褥瘡などの皮膚トラブルの処置をすることが多いので、皮膚科での経験を活かすことができますよ。

まとめ

まとめ

皮膚科の看護師が転職する(辞める)理由と転職先を選ぶときのポイントをまとめましたが、いかがでしたか?

もし、皮膚科未経験だけど皮膚科での仕事に興味があって皮膚科への転職を考えている人は、転職前に知っておくべき5つのポイントをまとめた記事を参考にしてください。

皮膚科の看護師さんが転職する場合、皮膚科から皮膚科へ転職したいなら、美容皮膚科もあるのかや皮膚科病棟での治療内容などを調べる必要がありますが、これを自分で調べるのは大変ですよね。

でも、転職サイトを使って求人探しをすると、担当者に希望条件を伝えれば、その条件を満たした皮膚科の求人をすぐに紹介してくれるんです。

さらに、転職サイトなら皮膚科以外の職場へ転職したい場合も、あなたの希望に合った求人を紹介してもらえるので、簡単にしかも満足度の高い転職ができるんですよ。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる