男性看護師が嫌いな看護師さんに贈る男性看護師嫌いを克服する2つの方法

男性看護師が嫌いな女性看護師は結構多いと思います。

男性看護師が嫌いな女性看護師は結構多いと思います。

男性看護師の数が急激に増えてきていて、「どこの職場にもたいてい1人は男性看護師がいる」という状態になってきて、男性看護師が嫌いな女性看護師にとっては、苦痛の日々が続いていると思います。

男性看護師が嫌いな女性看護師のために、男性看護師嫌いを克服する方法を2つ教えます。

男性看護師が嫌いな女性看護師は結構多い!?

男性看護師が嫌いな女性看護師は結構多い!?

男性看護師が嫌いな女性看護師は、結構多いと思います。

「医師は男性でも良いんだけど、看護師が男性なのはなんか嫌」と思っている女性看護師は、あなただけではありません。結構たくさんいると思います。

なぜなら、やっぱり看護師は女性の職業だからです。「今どき古いよ!」とか「男女差別!」と思われるかもしれませんが、やっぱり看護師は女性の職業だと思うんです。

そう思って看護師の仕事を選んだ女性にとっては、男性看護師がドンドン増えてきて、我が物顔で働いているのを見ると、男性看護師を嫌いになってしまうのも仕方がないですよね。

特に、男性看護師は女性患者の清潔ケアができない、というか拒否されることが多いので、女性看護師が代わりにやらなくてはならず、女性看護師の仕事が増えてしまいます。

それに、男性看護師はミニドクターのように知識をひけらかしてきたりする人が多くて、しかも「姑か!?」と突っ込みたくなるほど、ネチネチして嫌みったらしい人も多い。

女性看護師よりも、ある意味女性らしいような、女性の嫌なところを集めたような男性看護師も多いですよね。

もちろん、男性看護師が全員、そのような人というわけではありませんが、一般的な男性と比べると、そのような人が多いように思えます。

そのような男性看護師ばかりの職場で働いていると、男性看護師を嫌いになってしまうのも仕方がないかもしれませんね。

男性看護師が嫌いな女性看護師は、男性看護師の良い面に目を向けてみては?

男性看護師が嫌いな女性看護師は、男性看護師の良い面に目を向けてみては?

男性看護師が嫌いな女性看護師は、どうすれば良いのでしょうか?

どんどん男性看護師が増えていますので、今現在、男性看護師がいない職場を探して、そこに転職してもそのうち男性看護師が転職してくる可能性があります。

男性看護師が嫌いな女性看護師は、男性看護師の良い面に目を向けてみてはどうでしょうか?言い方が悪いですが、男性看護師を利用するんです。

男性看護師って結構役に立つんですよ。男性看護師は「男性」ですから、男性が得意なこと、男性だからできることをやってもらえば良いんです。

女性看護師は女性の患者さんの入浴介助や陰部洗浄などを男性看護師の代わりにやってあげますよね。それなら、男性看護師に代わりにほかの仕事をしてもらえば良いんです。

例えば、車いすの移乗や太った患者さんの体位交換などは、「ちょっとお願いしても良い?」とお願いしてしまいましょう。また、不穏気味で暴れる患者さんがいる時も、対応をお願いすると良いですよ。

男性が得意なこと、男性だからできることをどんどんお願いすれば、男性看護師がいるメリットを実感できて、「男性看護師って結構役に立つじゃん!」と男性看護師の良さを実感できるはずです。

男性看護師が嫌いな女性看護師は男性看護師がいない職場に転職するのもあり

男性看護師が嫌いな女性看護師は男性看護師がいない職場に転職するのもあり

男性看護師が嫌いな人は、男性看護師の良い面に目を向けると、男性看護師嫌いを克服できるはずです。

それでも、やっぱり男性看護師は嫌!という人は、男性看護師がいない職場に転職すると良いでしょう。

ただ、男性看護師が嫌いで転職する場合、転職先に気をつけなければいけません。

先ほども言いましたが、現段階で男性看護師がいなくても、これから先はどうなるかわからないからです。

せっかく男性看護師がいないから転職したのに、転職した数ヶ月後に男性看護師が転職してきたら、転職した意味がありません。

男性看護師が絶対にいない職場、これからも男性看護師はいないことが確実な職場に転職しましょう。

その職場とは産婦人科や乳腺外科、美容外科クリニックです。

美容外科クリニックは男性への施術を行っているところは、男性看護師がいる可能性もありますので、女性専用の美容外科クリニックを選ぶと良いでしょう。

また、産婦人科はほぼ100%男性看護師はいません。助産師は女性限定の職業であることからもわかるように、産科は女性の聖域です。

医師は男性もいますが、女性医師の割合も多いですし、看護師は女性しかいないと考えて良いでしょう。

婦人科の看護師も100%女性ですね。女性の患者さんしかいない診療科、しかも女性のデリケートな問題を扱う診療科ですから、あえて男性看護師を配置する必要がないのです。

乳腺外科も女性看護師ばかりです。このように女性の患者さんしかいない職場なら、男性看護師はまずいません。

どうしても男性看護師が嫌いなら、産婦人科や乳腺外科、女性専用の美容外科クリニックに転職すると良いでしょう。

まとめ

まとめ

男性看護師が嫌いな看護師さんのために、男性看護師嫌いを克服するための2つの方法をまとめましたが、いかがでしたか?

男性看護師の良い面を利用するようにしても、やっぱり男性看護師が嫌いなのであれば、男性看護師が絶対にいない産婦人科や乳腺外科、女性専用の美容外科クリニックに転職すると良いでしょう。

産婦人科や乳腺外科、女性専用の美容外科クリニックに転職するなら、転職サイトを使うと良いですよ。

転職サイトなら、「男性看護師がいないところ。これからも入職してくる可能性がないところ」と伝えれば、そのような転職先を紹介してくれるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

こちらもおすすめ

運営会社 | 書いた人 | ナースの宝箱とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる