特養の看護師は残業なし、もしくは少ないと決めつけるのは危険?

特養の看護師は残業なし、もしくは少ないの?

特養の看護師は残業なし、もしくは少ないと決めつけて良いのでしょうか?

「特養だったら、残業はないはず!」と決めつけて転職すると、残業ばかりの「ブラック特養」で働く羽目になるかもしれません!

特養の看護師は残業なし、もしくは少ないの?

特養の看護師は残業なし、もしくは少ないのでしょうか?特養の看護師って残業なし、もしくは少ないイメージがありますよね。

特養は介護施設ですから病棟よりもゆとりを持って働けそうですし、夜勤がないですから、日勤が終われば看護師は定時で退勤できそうだと思いませんか?

この特養の残業に対するイメージは、間違ってはいません。

ほとんどの特養は病棟と比べると残業は少ないですし、定時退勤できる日が多いんです。

特養は病院と違って急変や緊急オペはありませんし、緊急入所もありません。

また、介護士さんがいますので、看護師は看護業務に専念することができますので、ゆとりを持って働けるんです。

ゆとりを持って働くことができれば、その日の仕事は勤務終了時間までに終わらせることができますよね。

ですから、特養の看護師は残業なし、もしくは少ないことがほとんどです。

特養の看護師は残業なし、もしくは少ないけど例外もあり=介護士の手伝い

特養の看護師は残業なし、もしくは少ないけど例外もあり=介護士の手伝い

特養の看護師は残業なし、もしくは少ないことが基本ですが、残念ながら例外もあります。特養でも看護師の残業が多めのところもあるんです。

特養の看護師が残業をするケースの1つ目は、介護士の手伝いを積極的にする場合です。

特養の看護師は基本的に看護業務に専念することができますが、「看護師は介護士の手伝いを積極的にするべき!」という考え方の特養もあるんです。

介護士の仕事をドンドン積極的に手伝わなくてはいけなかったら、残業しなくてはいけないこともありますよね。

だって、看護師は「看護師の仕事+介護士の仕事」をしなければいけませんので、仕事量が増えますから。

また、そういう考えの特養でなくても、介護士が不足していてどうしようもないという特養だったら、看護師も介護士の仕事を手伝わざるを得ないですよね。

介護士は看護師よりもブラックな労働環境ですし、人材不足が深刻ですから、介護士が不足している特養はたくさんあるんです。

特養の看護師は残業なし、もしくは少ないけど例外もあり=常勤が少ない

特養の看護師は残業なし、もしくは少ないけど例外もあり=常勤が少ない

特養の看護師は残業なし、もしくは少ないのですが、2つ目の例外パターンは、常勤の看護師が少ない場合です。

特養は夜勤はありませんが、早出・遅出という勤務シフトはあります。朝食介助・夕食介助、口腔ケア等をするためですね。

そして、特養は病院よりもパートや派遣看護師の割合が多いんです。

パートや派遣看護師は、ある程度シフトを自分の希望に合わせることができます。

早出は6~7時からの勤務、遅出は19~20時までの勤務になります。この時間帯は、自分たちの朝食・夕食時間に重なりますので、パートや派遣看護師は避ける傾向にあります。

ですから、パートや派遣看護師が多いと、早出・遅出をする看護師が少ないんです。でも、朝食介助や夕食介助は必要。

そうすると、常勤看護師は早出・遅出が多くなるだけでなく、通常の日勤の時でもちょっと早めに出勤して朝食介助を手伝う、残業して夕食介助を手伝う必要があります。

特養の看護師で残業なし、もしくは少ない求人を探すポイントは?

特養の看護師で残業なし、もしくは少ない求人を探すポイントは?

特養の看護師で残業なし、もしくは少ない求人を探す時のポイントを押さえておきましょう。

看護師の業務範囲をチェック

まずは、看護師の業務範囲をチェックしましょう。看護師は看護業務に専念できるのか、介護士の仕事はどの程度手伝うのかを確認しておく必要があります。

「看護師の手が空いたときは手伝う」という場合でも、残業してまで手伝う必要があるのかをチェックしておくと良いでしょう。

介護士は極端に不足していないかをチェック

介護士が不足していないかどうかも大切なチェックポイントです。介護士がいつも不足している状況だったら、看護師が手伝わなければいけないからです。

介護士がまったく不足していないという特養は珍しいかもしれませんが、不足していても看護師が介護士の仕事を手伝うほどではないというところを選びましょう。

パートや派遣看護師の割合をチェック

パートや派遣看護師の割合も大切なチェックポイントです。常勤看護師の割合が極端に少なければ、常勤として入職したら、あなたに大きな負担がかかり残業するリスクが大きくなります。

もし、パートや派遣で特養に転職しようと思っても、常勤看護師が少なければ、パートや派遣でもそのしわ寄せが来る可能性がありますので、そういう特養は避けた方が無難です。

ただ、問題は看護師の業務範囲や介護士の不足状況、パートや派遣看護師の割合は、自力で調べることが難しいことです。

でも、このチェックポイントをしっかり調べないと、ブラック特養で働く羽目になるかもしれません。実は、チェックポイントを簡単に調べる方法が1つだけあるんです。

それは、転職サイトを使うことです。転職サイトなら担当者があなたに代わってこのチェックポイントを調べてくれますので、残業なし、もしくは少ないホワイト特養に転職することができますよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

看護roo!は看護師の口コミで急速に広がりつつある実力派サイトです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしており、利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。※対応エリアは関東・関西・東海のみ

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる