母子家庭の転職する看護師が転職先選びでこだわりたいポイント3つ!

母子家庭の転職する看護師が転職先を選ぶ時には、どんなことにこだわれば良いのでしょう?

母子家庭の転職する看護師が転職先を選ぶ時には、どんなことにこだわれば良いのでしょう?

母子家庭の看護師は育児・家事・仕事の3つをこなさなければいけませんので、とても大変なんですよね。

そんな母子家庭の看護師が働きやすい転職先を探す時のこだわりポイント3つを教えます。

母子家庭の転職する看護師のこだわりポイント=ママさん看護師が多いかどうか

母子家庭の転職する看護師のこだわりポイント=ママさん看護師が多いかどうか

母子家庭の転職する看護師が転職先を選ぶ時のこだわりポイント1つ目は、ママさん看護師が多いかどうかです。

母子家庭のママさん看護師は、どうしても子供のことで欠勤したり、早退したりしなければいけないことがありますよね。

子供が病気になったら欠勤して看病しなければいけませんし、保育園や学校から「お子さんが熱を出したので迎えに来てください」と言われれば、仕事を早退して行かなければいけません。

また、子供の学校行事等でやむを得ず希望休を人よりも多めに取らなければいけないこともあるでしょう。

一般家庭なら父親にお願いできることでも、母子家庭の場合は父親役もあなたがこなさなくてはいけませんのであなたの負担が大きいのです。

そういう場合、ママさん看護師が多い職場だと、育児の大変さを理解し共感してもらえますので、あなたが育児に関する事情で欠勤や早退をした時でも、「子供のことなら仕方がないよね。」と仕事をフォローしてもらえます。

でも、独身の看護師が多い職場だと、育児の大変さが経験上わかりませんので、「なんであの人は仕事を突然休んでも許されるの?」とか「育児を言い訳にしないで欲しいんだけど。」のように白い目で見られることがあります。

そうすると、育児・家事・仕事の3つだけで大変なのに、さらに職場では肩身の狭い思いをしなければいけないので、ストレスがかかりますし、あまりに肩身が狭い思いが続くなら、退職に追い込まれることもあるんです。

ですから、母子家庭の看護師が転職するなら、ママさん看護師が多い職場を選ぶようにしましょう。

母子家庭の転職する看護師のこだわりポイント=使い勝手の良い託児所があるか

母子家庭の転職する看護師のこだわりポイント=使い勝手の良い託児所があるか

母子家庭の転職する看護師が転職先を選ぶ時のこだわりポイント2つ目は、使い勝手の良い託児所があるかどうかです。

最近は託児所がある病院が増えていますよね。母子家庭の看護師が働く場合、託児所の存在は必須と言えます。

なぜなら、託児所は利用料金が保育園よりも安いことが多いですし、少し残業があってもお迎え時間の心配をしなくて良いからです。毎日の送り迎えも楽ですよね。

ただ、「託児所がある」というだけでは母子家庭の場合は不十分なんです。託児所の使い勝手が良いかどうかもこだわらなければいけません。

たとえば、24時間対応していて夜勤中も預かってくれるかどうか、病児保育・病後児保育を行っているか、託児所は院内や近隣にあるかどうかなどです。

母子家庭はあなたが家計を1人で支えなくてはいけませんので、経済的にも夜勤に入りたいという人が多いと思います。でも、子どもを夜に1人で家に残していくわけにはいきませんよね。

そういう時、24時間対応で夜勤中に預かってくれる託児所があると、安心して夜勤に入ることができるんです。

また、お子さんが風邪を引くたびに仕事を休んでいられませんので、お子さんの体調が悪い時でも預かってくれる病児保育・病後児保育をしている託児所は、母子家庭の強い味方なんです。

そして、「病院の託児所」というと、院内や同じ敷地内にあると思い込んでいるかもしれませんが、そんなことはありません。病院から車で10分の距離に託児所があるケースもあるんです。

病院からあまりにも託児所が遠いと、毎日の送り迎えが大変ですので、託児所のメリットが1つなくなってしまうんです。

ですから、母子家庭の看護師さんは、自分にとって使い勝手の良い託児所があるかどうかにこだわるようにしましょう。

母子家庭の転職する看護師のこだわりポイント=福利厚生が充実しているか

母子家庭の転職する看護師のこだわりポイント=福利厚生が充実しているか

母子家庭の転職する看護師が転職先を探す時にこだわりたいポイント、3つ目は各種手当があるかどうかです。

母子家庭の場合、家計を支えるのはあなた1人です。子どもの将来を考えると、できるだけ節約したいですし、ガッチリ稼ぎたいですよね。

ですから、母子家庭の看護師が転職するなら、福利厚生にこだわりましょう。母子家庭の看護師さんは、できれば家族寮があるところを探すと良いですよ!

病院の寮はすべてが独身看護師用というわけではないんです。割合的には少ないものの家族寮、つまりあなたとお子さんが入ることができる寮がある病院もあるのです。

病院の寮に入ることができれば、家賃は安くて済みますし、あなたの通勤も楽になりますよね。

もし、希望の地域に家族寮がある病院がなければ、住宅手当がある職場だと良いですね。母子家庭ということは、あなたが世帯主になると思いますので、住宅手当がある職場なら、どこでも支給されるはずです。

住宅手当が支給されれば、もし家族寮がなくても、家賃の負担が軽くて済みますので、経済的に助かりますよね。

もう1つのこだわりたい手当は、家族手当です。家族手当はお子さんが1人の場合は、月5000円程度でしょう。たかが5000円と思うかもしれませんが、1年で考えると6万円の収入アップになります。

それに月5000円あったら、お子さんと外食したりできますし、1年で6万円あればお子さんとどこか国内旅行に行くこともできますよね。ですから、家族手当があるかどうかって、とても大切なことなんですよ!

まとめ

まとめ

母子家庭の看護師さんが転職するなら、ママさん看護師が多いか、使い勝手の良い託児所はあるか、福利厚生(特に家族寮や住宅手当、家族手当)は充実しているかにこだわって転職先を探しましょう。

でも、母子家庭のママさん看護師はいつも超多忙で、細かい部分まで調べている時間なんてありませんし、ママさん看護師の割合なんて自分では調べようがありませんよね。

ですから、母子家庭の看護師さんが転職するなら転職サイトを使うと良いですよ!

転職サイトなら担当者があなたに代わって、3つのこだわりポイントを調べて、条件に当てはまる転職先をピックアップしてくれるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

こちらもおすすめ

運営会社 | 書いた人 | ナースの宝箱とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる