既卒新人の看護師はどこで働く?おすすめ就職先はこの2つ!

既卒新人の看護師はどこで働く?

既卒新人の看護師は、どこに就職すれば良いのでしょうか?

看護学校を卒業後に、そのまま新卒看護師として就職せずに、時間だけが過ぎてしまったという既卒新人の看護師のために、既卒新人の看護師におすすめの就職先を説明します。

既卒新人の看護師でも、看護師として働けるから大丈夫!

既卒新人の看護師は就職できるのか、不安に思っている人も多いと思います。

また、就職できても、仕事についていけるのか、きちんと看護師として働けるのか不安でいっぱいの人もいますよね。でも、大丈夫です!

既卒新人の看護師は就職することができますし、一人前の看護師としてバリバリ働くことができるので、安心してください。

既卒新人の看護師とは、2通りのケースがあると思います。1つ目は、看護師の国家試験に合格し、看護学校を卒業したけれど、健康面や家庭の事情などの理由で新卒として働かなかったケースです。

2つ目のケースは看護学校は卒業していて、就職先も決まっていたけれど、運悪く国家試験に不合格になってしまったケースですね。

看護師の国家試験の合格率は高いと言われていますが、それでも毎年90%前後です。10%前後の人は、不合格になってしまうのです。ということは、10%の人は既卒新人になってしまうわけです。

翌年の国家試験に無事合格すれば、既卒新人の看護師になります。

既卒新人の看護師は、看護師免許は持っているけれど、「看護師として働いていけるのかな?」と不安になるかもしれません。

でも、大丈夫です。看護師免許を持っていれば、既卒でも新卒でも同じ看護師です。世の中は深刻な看護師不足ですので、既卒新人でも看護師として就職することができるんです。

そして、看護学校卒業からブランクがあって、知識・技術的についていけるか不安でも、就職先選びを間違わなければ、看護師として成長し、一人前になってバリバリ働けるんです。

既卒新人の看護師は急性期病院に4月に入職するのが一番のおすすめ

既卒新人の看護師は、急性期病院に4月に入職するのが一番のおすすめです。

急性期病院に新人看護師として、4月に入職すると、仕事を覚えやすく、無理なく働いていくことができます。

既卒新人の看護師が4月以外の時期に入職すると、履歴書の看護学校卒業の年を見て、中途採用と思われることがあります。履歴書に「職歴なし」と書いていても、それを見落とされることがあるのです。

既卒新人の看護師が中途採用として採用されると、仕事が全くできないのに「経験あり」として扱われるので、既卒看護師用の教育はしてもらえても、新人看護師用の教育をしてもらえなくなります。

既卒看護師用の教育は、既卒新人の看護師にはレベル的に合わないので、仕事ができないことに悩み、ストレスを感じ、辛いから辞めたいと思うようになってしまうのです。

だから、既卒新人の看護師は一般の新人看護師と同じように、急性期病院に4月に入職するのが良いんです。

そうすれば、新人看護師として丁寧に教育・指導してもらえますし、急性期病院でどんどん看護知識・技術を学び、看護師として成長していくことができるのです。

既卒新人の看護師は働くスタイルによっては急性期以外の選択をするのもあり

既卒新人の看護師の中には、年齢的にもう急性期は無理だろうし、ゆとりを持ちながら働きたい人もいるのではないでしょうか?

看護学校卒業から時間も経ってしまったし、一般の新人看護師のような情熱はなくて、とりあえず働ければ良いやという人もいると思います。

そのようなスタイルで働きたい既卒新人の看護師が、新人看護師の就職先の定番である急性期病院に就職すると、仕事についていけず、ストレスばかり溜まります。

それなら、急性期病院以外の職場を選択するのも良いと思います。看護師としての目標はそれぞれ違います。特に、既卒新人の看護師の目標は、全員が「急性期でバリバリ働きたい!」と言いうわけではないですよね。

そのようなスタイルの既卒新人の看護師におすすめの就職先は、療養型病棟です。

新人看護師を採用している療養型病棟なら、急性期よりもゆとりを持って働けるはずです。

ただ、看護師としての成長速度はゆっくりになります。また、新人看護師を採用しているだけでなく、教育体制が整っていて、未経験の既卒新人の看護師をきちんと指導してくれるところを選ばなければいけません。

既卒新人も含め、新人看護師は急性期病院で働くのが一番のおすすめですが、急性期病院だけがすべてではありません。急性期で働く自信がないから、看護師として就職するのを諦める必要はないのです。

急性期病院ではなく、療養型病棟への就職も視野に入れると、就職への一歩を踏み出せると思います。

療養型病棟で1~2年頑張れば、介護施設やクリニックへの転職も可能になりますので、自信がない人は、まずは療養型病棟から看護師キャリアをスタートさせてみませんか?

まとめ

既卒新人の看護師におすすめの就職先をまとめました。

既卒新人の看護師におすすめの就職先は、急性期病棟です。新人看護師と同じ4月入職にすると、きちんと指導してもらいながら働くことができます。

もし、急性期で働く自信がない人は、療養型病棟を選ぶのも正解だと思います。

急性期病院で働きたい人も療養型病棟で働きたい人も、転職サイトを使うと良いですよ。転職サイトでは、担当コンサルタントが新人看護師向けの教育体制が整っているところを紹介してくれます。

また、就職先に「既卒ですけど、未経験の新人看護師と同じように指導してください」と一言添えてくれますので、中途採用として扱われることなく、未経験の新人看護師として働くことができるのです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる