新人看護師の配属先はどこが良い!?配属希望が叶わなかったときはどうするの?

新人看護師が希望の配属先に配属してもらえなかったら、どうすべきなのでしょうか??

新人看護師の配属先はどこを選べば良いのでしょう?

また、希望の配属先に配属してもらえなかったら、どうすべきなのでしょうか?新人看護師の配属先について説明していきます。

新人看護師の配属先、どの診療科を選べば良いの?

新人看護師の配属先は、どの診療科を選べば良いのでしょうか?新人看護師さんの多くは、急性期の総合病院に入職しますよね。

そして、入職前にどの部署に配属になりたいかの希望を出すと思います。その時に、どの診療科を選ぶべきか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

診療科を選ぶコツは、まずは集中治療系にするか、外科系にするか、内科系にするかを絞り込みましょう。

新人看護師としての1年は、どんなにきつくても、とにかく看護スキルを身につけたいという人、クリティカルケアに興味がある人は、ICUや救命救急センターなどの集中治療系に配属先の希望を出しましょう。

一般病棟が良い人の中でもオペ前後の看護に興味がある人や「私はテキパキ体育会系!」という人は、外科系病棟をおすすめします。

患者さんとゆっくり話しながら看護をしたい人や「どちらかと言えばおっとり文化系の性格」という人は、配属先は内科系病棟が良いと思います。

外科系の診療科、内科系の診療科の中でも消化器外科、脳外科、呼吸器外科などいろいろな診療科がありますが、これはあなたの興味で選んでください。

ただ、どうしても選べないという新人看護師さんは、消化器外科・消化器内科を選んでおくと、一通りの看護スキルを身につけられて、無難な選択だと思います。

新人看護師が配属先に不満を持っていたらどうする?

新人看護師は配属先の希望が叶わず、配属先に不満を持っている人もいると思います。配属先の希望を出しても、必ず希望が通るわけではありませんから。

ICUで働きたかったのに、消化器内科になってしまった。脳神経外科で働きたかったのに、循環器内科になってしまった。このような不満を持っている新人看護師さんは少なくないと思います。

看護学生のころから、「この診療科で働きたい!」と夢を見ていたのに、配属先の希望が叶わなかったら、看護師の仕事へのモチベーションが一気に低下してしまいますよね。

毎日、「はぁ。こんなはずじゃなかったのに。」とか「やる気でないなぁ。」とか、「ここは私の働く場所じゃない!」と思いながら働いているのではないでしょうか。

でも、ちょっと考え方を変えてみましょう。今の配属先はあなたの希望ではないかもしれません。ただ、今の職場で一生働き続けるわけではありません。

今後は、あなたの希望の配属先で働くチャンスはたくさん訪れるでしょう。異動願を出していれば、きっと5年以内には、その希望はかなうはずです。

希望の配属先で働くうえで、その診療科しか知らない人とほかの診療科の事情を知っている人では、応用力が変わってきます。

今の診療科での経験は、必ず今後役に立つのです。

また、今の職場でも新人看護師のあなたは学ぶべきことがたくさんあります。それなのに、「希望の配属先ではないから」と思って、モチベーションを下げてしまうと、学ぶべきことも学べず、一人前の看護師になるのが遅くなってしまいます。

そうすると、異動願を出しても、師長は「この子は、まだ異動は時期尚早ね。」と思って、異動させてくれない可能性が高くなるのです。

ですから、配属先の希望が叶わなかった新人看護師さんは、考え方を変えて、異動希望を出しつつ、今の職場で全力で頑張るようにしましょう!

新人看護師が配属先に不満を持って転職するなら?

新人看護師が配属先に不満を持っていて、考え方を変えて頑張ろうと思っても、やっぱり少しでも早く希望の配属先で働きたいという思いが強い人もいますよね。

そういう人は、転職するしかありません。ただ、配属先の希望が叶わなかったから転職する場合は、細心の注意を払って転職する必要があります。

なぜなら、転職したからといって、必ずしも配属先の希望が叶うわけではないからです。

フライトナースになりたいから、ドクターヘリを持つ救命救急センターがある病院に転職しても、救命救急センターに配属になるわけではありません。

また、面接官によっては、「配属希望が叶わなかったから」という志望動機で転職をすると、「わがままな新人看護師」という印象を持たれてしまうこともあるのです。

そのため、配属先に不満があるから転職する時には、ただその病院に希望の配属先があるから転職するのではなく、「採用なら希望の配属先への配属を確約」という条件付きで採用試験を受ける必要があるのです。

新人看護師の転職は絶対に失敗できません。また配属先の希望が叶わなかったら、また転職するのですか?

新人看護師が短期間で2回も転職したら、今度は配属先の希望が叶うかどうかではなく、採用してくれる病院がなくなる可能性があります。

ですから、配属先に不満があって転職する新人看護師さんは、「採用なら希望の配属先への配属を確約」という条件で転職するようにしましょう。

まとめ

新人看護師はどの配属先を選ぶべきか、また配属先に不満がある時にはどうすれば良いのかをまとめました。

配属先に不満がある場合、転職することもやむを得ないのですが、その時には「採用なら希望の配属先への配属を確約」という条件が必須になります。

この条件はあなた個人で取り付けるのは、ほぼ不可能です。ではどうすれば良いのか?その答えは、転職サイトを使うことです。

転職サイトなら、担当コンサルタントがあなたの配属先の希望を聞いて、病院側と交渉してくれます。

そして、「採用なら希望の配属先への配属を確約」という条件で面接をしてくれるところを選べば、今度こそ希望の配属先で働くことができるのです!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職といえばナース人材バンク、と言われるほどの人気サイトです。業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。オススメですよ♪

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

こちらも口コミでの人気が高いサービスです。沢山の非公開求人が用意されていますので、ナース人材バンクと併せてお使い頂くと間違いのない転職が出来ると思います。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる