新人看護師の転職時期っていつ頃が良いのかを教えて!

新人看護師の転職時期はいつ頃が良いの?

新人看護師の転職時期っていつ頃が良いのでしょうか?

新人看護師の転職はどうしても不利になりますので、せっかく転職するならベストな時期に転職したいですよね。

新人看護師の転職時期はいつが良いのかを考えてみましょう!

新人看護師の転職時期=入職後すぐ

新人看護師の転職時期は、大まかに3種類に分けることができます。

入職してから数ヶ月以内の「入職後すぐ」と日勤だけでなく夜勤にも入ってある程度1人で仕事ができるようになる「独り立ち後」、冬まで待ってボーナスをもらってから辞める「冬のボーナス後」の3つです。

この3つの転職時期のメリットとデメリットを知って、どの転職時期があなたに一番合っているのかを考えてみましょう。

入職後すぐに転職するメリット

入職後すぐに辞めて転職するメリットは、新人看護師として今抱えているストレスを解消できることです。

新人看護師のストレスは、今まで経験したことがないほど大きな人生最大のストレスだと思います。

そのストレスに耐え切れなくなって、「辞めたい、転職したい」と思ったのではないでしょうか。

入職後すぐに転職すれば、とりあえず今抱えている新人看護師のストレスからきれいサッパリ解放されるんです。

また、入職後すぐに辞めれば、その病院独特のやり方などを身につける前に転職することになりますので、転職後にも転職先のやり方に違和感を覚えることなく、まっさらな気持ちで仕事を覚えることができるでしょう。

入職後すぐに転職するデメリット

入職後すぐに転職するデメリットは、転職先の選択肢が少なくなることです。

第二新卒を採用している病院は増えていますし、看護師経験ゼロでもOKという求人はありますが、それでも転職先は狭まってしまいます。

採用担当者に、「この子、またすぐに辞めちゃうかもなぁ」とか「忍耐力がないのかなぁ」と思われかねないんです。

あなたが今度は長く勤めたいと思っていても、忍耐力には自信があっても、前の職場を辞めたのはあなたのせいではなく不可抗力だったとしても、やはり入職後すぐに転職するのはあまり良い印象は与えないんです。

新人看護師の転職時期=独り立ち後

新人看護師の転職時期=独り立ち後

新人看護師の転職時期、2つ目は独り立ち後です。

仕事にも慣れて、先輩看護師と一緒でなくても、ある程度1人で仕事ができるようになった。そして、夜勤にも入っている。目安としては、入職後半年前後でしょうか。

この時期に転職するメリットとデメリットを見てみましょう。

独り立ち後に転職するメリット

独り立ち後に転職するメリットは、新人看護師であるもののある程度仕事ができるようになっていますので、転職先の選択肢が増えることです。

即戦力とまではいきませんが、ある程度すぐに戦力として働いてくれると見込まれますので、入職後すぐに辞めるよりも採用される確率は高くなります。

独り立ち後に転職するデメリット

独り立ちしているとは言っても、まだ新人看護師です。

採用されたいがために、あまりにも「独り立ちしています!」とアピールしすぎると、新人看護師なのにきちんと指導してもらえないかもしれません。

そうすると、スキルアップが難しくなりますよね。いくら独り立ち後に転職するといっても、教育制度がきちんと整っているところを転職先に選びましょう。

新人看護師の転職時期=冬のボーナス後

新人看護師の転職時期=冬のボーナス後

新人看護師の転職時期、最後は冬のボーナスをもらった後に辞める場合です。

冬のボーナス後に転職するメリット

冬のボーナス後に転職するメリットは、何といってもボーナスをガッチリもらえますので損をしないということです。

新人看護師は夏のボーナスはほとんどもらえず数万円だけということが多いのですが、冬のボーナスは満額もらえます。

ボーナス支給日に在籍していれば、ボーナスはきちんと支給されますので、冬のボーナスをもらってから転職すると経済的に損をしないんです。

また、冬のボーナス後に辞めるということは、1月以降に転職活動をすることになりますよね。

この時期は4月採用の求人がたくさん出てきますので、好条件の求人を見つけやすいというメリットもあります。

冬のボーナス後に転職するデメリット

冬のボーナス後に転職するデメリットは、新人看護師のストレスを長く抱え続けなければいけないことです。

新人看護師って、入職後すぐから「もう辞めたい。もう無理・・・」と思いながら働いている人がほとんどなんです。

そのストレスを抱えながら、冬のボーナスが出るまで我慢しなければならないことが、冬のボーナス後を転職時期に選ぶデメリットになります。

入職後すぐ、独り立ち後、冬のボーナス後、それぞれメリットとデメリットがありますが、あなたはどの転職時期のメリットが一番大きく感じましたか?どの転職時期のデメリットが最も気にならないものでしたか?

新人看護師の転職時期は、いつが正解と答えが決まっているものではないんです。あなたの価値観によって、正解の転職時期は変わります。

あなたに合った転職時期が決まったら、次にやることは転職先を決めることです。新人看護師が転職活動をするなら、転職サイトを使うと良いですよ!

新人看護師の転職先は、残念ながら選び放題というわけではありませんので、自分で転職先を探すのは大変なんです。

今の職場でストレスを抱えているのに、さらに苦労して転職先を探すのは嫌ですよね。

でも、転職サイトなら「新人看護師ですけど、転職したいんです」と伝えるだけで、新人看護師でも転職できる求人を紹介してくれますので、ストレスなく転職をすることができますよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた 求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉し いところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見 つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイト です。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメ です。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる