新人看護師の転職の悩みとその解決法を教えて!

新人看護師の転職の悩み=転職先はあるの?

新人看護師の転職の悩みにはどんなものがあるのでしょう?

新人看護師が転職しようと考えた時、転職に関して「あれ?これってどうなんだろう?」と悩んでしまう事で多いものとその解決法をご紹介します。

新人看護師の転職の悩み=転職先はあるの?

新人看護師の転職の悩み、まず1つ目は新人看護師に転職先はあるのかどうかです。

新人看護師は看護師経験が未熟で、スキルは半人前以下。

そんな状態で転職できるのか、採用してくれるところはあるのか悩んでしまいます。

この悩みへの答えは、「新人看護師でも転職先はあります!」です。

世の中は深刻な看護師不足です。看護師免許を持っているなら、ぜひ働いてほしいという病院や施設はたくさんあるんです。

もちろん、ベテランの看護師さんよりは転職先の選択肢は少なくなりますが、きちんと探せば新人看護師だって転職先は見つかります。

新人看護師にオススメの転職先は、第二新卒を採用している病院です。

第二新卒を採用している病院なら、教育制度が整っていてスキルアップしやすい環境ですし、職場の雰囲気が温かいなど働きやすい職場であることが多いんです。

新人看護師に転職先はあるのかという悩みは、第二新卒を採用している病院を中心に探せば解決です!

新人看護師の転職の悩み=看護師キャリアに響いてくるの?

新人看護師の転職の悩み=看護師キャリアに響いてくるの?

新人看護師の転職の悩み、2つ目は新人看護師のうちに転職したら、今後の看護師キャリアに響いてくるのかです。

これは、将来は認定看護師や専門看護師の資格を取りたい、師長など管理職になりたいなどキャリアアップ志向が強い人や定年までずっとバリバリ第一線で働きたい人に多い悩みです。

新人看護師のうちに転職してしまうと、経歴に傷がついて、今後の看護師キャリアに影響するのではないかと悩んでしまうんです。

これは、とても解答するのが難しい悩みですが、やはり転職するよりは転職しない方が良いでしょう。

やはり、新人看護師が転職すると「この人は我慢ができないタイプかな」などと思われかねませんから。

でも、どうしても転職したいくらい今の職場で働くのが嫌なのに、キャリアに傷がつくからと我慢して転職せずに働き続けるのも問題です。

大きなストレスを抱えながら働いていたら、仕事へのモチベーションが上がりませんので、スキルアップのスピードが遅くなり、同期と差が出てしまうかもしれません。

また、ストレスが原因で体調を崩してしまい、休職を余儀なくされることもあるでしょう。

それなら思い切って転職して、伸び伸びとやりがいのある職場で働いた方がキャリア的に有利になることもあります。

それに、新人看護師が転職しても、転職を繰り返さずに転職先の職場で長く勤めれば、長い目で見ると、新人時代の転職はそれほど気にならなくなります。

転職はしない方がベター。でも、場合によっては思い切って転職した方が有利になる場合もあるんです。

新人看護師の転職はキャリアに響くかという悩みの直接的な答えにはなっていないかもしれませんが、参考にはなったでしょうか。

新人看護師の転職の悩み=退職はいつ誰に言えば良いの?

新人看護師の転職の悩み=退職はいつ誰に言えば良いの?

新人看護師の転職の悩み、3つ目は退職はいつ誰に言えば良いのかです。転職するためには、今の職場を退職しなければいけません。

でも、どうやったら退職できるのか、いつ誰に退職することを言えば良いのか、退職届はどうやって書くのか、新人看護師にはわからないことだらけです。

退職は退職希望日の2週間前に申し出れば民法上はOKなのですが、その職場独自の規定があることもありますので、あらかじめ職務規定を確認しておきましょう。

そして、民法上は2週間前でOKだとしても、できるだけ早い時期に退職を申し出るようにしましょう。これが退職時のトラブルを避ける秘訣です。

そして、退職は直属の上司、つまり師長に申し出るようにしましょう。

早めに退職したいことを師長に言えば、今あなたが抱えている仕事のストレスや悩みに対処してくれるかもしれません。

対処してくれなければ、退職して心機一転新しい職場で働けば良いんです。

退職届については、その職場指定の書式がある場合はそれに従いましょう。

書式があるかどうかは、退職を申し出た時に師長に尋ねてみてください。特に書式がなければ、こちらの記事を参考にしてくださいね!

新人看護師の転職の悩み=いつから探せば良いの?

新人看護師の転職の悩み=いつから探せば良いの?

新人看護師の転職の悩み、4つ目はいつ頃から転職先を探せば良いのかです。

これは、転職をしたい新人看護師さんみんなが抱える悩みです。

だって、新人看護師は転職なんてした事がありませんので、転職にどのくらい時間がかかるのかなんてわかりませんから。

いつから転職活動をすべきなのか悩んでしまいますよね。

いつ頃から転職先を探せば良いのか。

この悩みへの解答は、「転職したいと思った時から転職先を探すのがベスト!」です。

転職先を探し始めるのは、「転職したい」と思った時がベストなんです。

急いで探す必要はありませんが、「探し始めるのはもう少しあとでも良いかな」とのんびりしていると、好条件の求人が締め切られてしまうかもしれません。

求人探しはタイミングが重要ですから。また、求人を見比べていると、「あれ?うちの病院って意外と条件が良いのかも!」という再発見があり、転職せずにもう少し頑張ってみようと思う可能性もあります。

ただ、1つ気をつけなければいけないのは、師長に退職を申し出る前に転職先を決めてはいけないことです。

きちんと師長に退職したことを告げて、退職日が決まってから、求人に応募して採用試験を受けるようにしましょう。

退職を申し出る前に転職先を決めてしまうのは、トラブルの元になりますので、注意してくださいね。

新人看護師の転職の悩み=転職先はどうやって探せば良いの?

新人看護師の転職の悩み=転職先はどうやって探せば良いの?

新人看護師の転職の悩み、5つ目は転職先はどうやって探せば良いのかです。

新人看護師として入職した今の職場は、どうやって探しましたか?
 
看護学校と同系列の病院だったり、卒業生がたくさん働いている病院だったりと、それほど深く考えずに看護学校が薦めたところに入職した人が多いと思います。

でも、次の転職先は学校が紹介してくれるわけではなく、自分で探さなくてはいけません。

でも、どうやって探せば良いのかわからないという悩みを抱える新人看護師さんも結構多いんです。

新人看護師の転職先は、あまり選択肢は多くありません。

看護師求人の中でも、新人看護師の転職を採用しているところは少なめなんです。臨床経験3年以上などの条件がついているものが多いですね。

では、新人看護師はどうやって転職先を探すのが良いのでしょうか?

一般的な看護師の求人を探す方法は3つあります。

1つ目がハローワークを使うこと、2つ目が看護協会が運営するナースセンターを使うこと、3つ目が民間会社が運営する看護師専門の転職サイトを使うことです。

この中でも新人看護師さんにオススメなのは、民間会社が運営する看護師専門の転職サイトを使うことです。

転職サイトは看護師さんを転職させることで利益を得ていますので、看護師の転職を全面的にサポートしてくれるんです。

ですから、新人看護師でも採用してくれるところとか教育制度が整っているところなどの条件を担当者に伝えれば、それに合った求人を紹介してくれますので、新人看護師でも簡単に転職先を見つけることができますよ!


コメントは受け付けていません。

転職サイトランキングを見る