新人看護師でも転職すべき!新しい職場で悩みも不安もスッキリ解決!

新人看護師の転職先でオススメのところはどこでしょうか?

新人看護師で転職したいけれど、転職して良いのかどうか迷っている人は多いと思います。

「転職したいけれど、新人だから…」、「転職したら、今の悩みを解決できるのかわからない」、「転職に失敗したらどうしよう」と考えてしまって、転職への一歩を踏み出せない気持ちもわかります。

新人看護師は転職したいなら、転職すべきなのでしょうか?

新人看護師は看護師として転職したいなら、今すぐ転職すべきです。

なぜなら、新人看護師は看護師として転職せずに悩みを解決できないからです。

新人看護師は転職することで、看護学生の頃に思い描いていた理想の看護師生活を送ることができるのです。

新人看護師は無力感・無能感があるなら丁寧に指導してくれる職場に転職すべき

新人看護師で、仕事ができないという無力感・無能感に悩んでいる人は多いと思います。

仕事ができない無力感・無能感を抱えたまま働いていると、劣等感に苛まれるため、徐々に仕事へのモチベーションが低くなり、看護師の仕事そのものが嫌いになってしまいます。

仕事ができないことによる無力感・無能感を解決するためには、どうすれば良いのでしょうか?

悩みの種である無力感・無能感は、今の職場では解決できないので、丁寧にあなたを指導してくれる職場に転職しましょう。

  1. 現状:仕事ができない、ついていけないという無力感や無能感がある
  2. 判断基準:無力感・無能感は今の職場で解決できる?転職すれば解決できる?
  3. 判断内容:仕事ができない、ついていけないという無力感を解決するには、転職すべき

現状:仕事ができない、ついていけないという無力感や無能感がある

新人看護師は、「なんで私はこんなに仕事ができないんだろう?」、「仕事に全然ついていけない。もう辛い。」のように仕事ができない、仕事についていけないという無力感・無能感に悩んでいる人が多いと思います。

具体的には、次のようなケースで自分に対する無力感や無能感を感じることが多いですね。

  • 時間に追われて仕事が終わらない
  • すぐにパニックになってしまう
  • やるべきことを忘れてしまう
  • 時間管理ができない
  • インシデントを連発する
  • 気持ちの切り替えができない
  • 看護師の仕事の現実に気持ちがついていかない

新人看護師は、まだ1年目。仕事ができないのは当たり前のことですが、それはわかっていても、仕事ができない自分に対して苛立ちを覚え、落胆します。

また、仕事ができないことで、いつか深刻な医療ミスを犯すのではないかと不安にもなります。

そして、看護師の仕事の厳しい現実を突きつけられて、気持ちがついていかないことで、「私は看護師に向いてない」と感じ、無力感や無能感に苛まれることになるのです。

判断基準:無力感・無能感は今の職場で解決できる?転職すれば解決できる?

無力感・無能感を感じている新人看護師は、今後この悩みを解決するためにはどうすべきなのかを

  • 今後、今の職場で解決できるか?
  • 転職して次の職場で解決できるか?

この2つの視点で、判断していきましょう。

判断内容:仕事ができない、ついていけないという無力感を解決するには、転職すべき

  1. 今の職場では無力感や無能感を解決することができない
  2. 丁寧で適切な指導を受けられる職場に転職すれば解決!

今の職場では無力感や無能感を解決することができない

今の職場であなたが悩んでいる無力感や無能感を解決できれば一番良いのですが、残念ながら、それは難しいでしょう。

あなたが仕事ができないこと、仕事についていけないことに悩んでいるのは、あなたが悪いのではありません。

指導する師長や先輩看護師が悪いのです。

あなたにきちんと指導せず、新人看護師がキャパオーバーになるほどの仕事量・仕事の難易度を割り振っていることが、あなたが無能感や無力感に悩んでいる原因です。

あなたが悪いのではありませんし、指導方法や仕事の割り振りに関しては、あなたはどうすることもできませんから、今の職場で働いていても、今の悩みは解決できないでしょう。

丁寧で適切な指導を受けられる職場に転職すれば解決!

新人看護師が無力感や無能感を抱えているなら、丁寧に指導してくれるところに転職すれば解決します。

新人看護師が仕事ができないのは当たり前のことです。

でも、1人1人に合わせた丁寧な指導をしてくれて、さらに無理のない範囲の業務量・難易度の仕事を割り振ってくれれば、転職したいと悩むほど無力感や無能感を抱えることはありません。

丁寧に指導してくれて、スキルに応じた仕事を割り振ってくれる職場なら、「少し大変」と思いつつも、少しずつ看護師として成長していくことができるでしょう。

それゆえに、仕事ができない、ついていけないという無力感を解決するには、転職すべきです。

体調不良に関する恐怖があるなら配慮がある職場に転職すべき

体調不良に関する恐怖・不安を抱えている新人看護師はあなただけではありません。

体調不良が今以上に悪化してしまったら、看護師として働けなくなるかもしれません。

日常生活を送ることにも、支障が出てくるでしょう。

体調不良に関する恐怖をなくすためには、どうすれば良いのでしょうか?

元気で健康に働いていくためには、配慮がある職場に転職しましょう。

そうすれば、体調不良の恐怖とは無縁の環境で働いていくことができます。

  1. 現状:体調不良に関する恐怖に悩んでいる
  2. 判断基準:体調不良に関する恐怖は今の職場で解決できるか?転職すれば解決できるのか?
  3. 判断内容:体調不良に関する恐怖を解決するなら、転職すべき

現状:体調不良に関する恐怖に悩んでいる

新人看護師で体調不良に関する恐怖を抱えているのは、あなただけではありません。

緊張したり、ストレスを抱えた状態で毎日慣れない職場で働いているだけで、体調を崩しやすくなります。

さらに、夜勤に入って不規則な生活を送るようになったら、さらに体調不良のリスクは増します。

  • 疲れが取れない
  • 眠れない
  • 鬱っぽい
  • 情緒不安定になっている
  • 生理不順だ

新人看護師はこのような体調不良を抱えている人が少なくないのです。

判断基準:体調不良に関する恐怖は今の職場で解決できるか?転職すれば解決できるのか?

体調不良に関する恐怖を解決するためには、どうすれば良いのかを

  • 今後、今の職場で解決できるか?
  • 転職して次の職場で解決できるか?

この2つの視点で、考えていきましょう。

判断内容:体調不良に関する恐怖を解決するなら、転職すべき

  1. 体調不良の問題は、今の職場では解決できない
  2. 配慮がある職場に転職すれば解決!

体調不良の問題は、今の職場では解決できない

体調不良に関する恐怖は、残念ながら今の職場では解決できないでしょう。

なぜなら、あなた1人の努力では、どうにもならないからです。

今の職場では体調不良を治せるほどの休みを貰えませんし、体調不良の心配がないようなシフトを組んでもらえることもないでしょう。

シフトは師長や主任が作っていると思いますが、ストレスを抱え、仕事に慣れていないのに夜勤に入れるような師長や主任は、今後もどんどんあなたを夜勤に入れるでしょうし、あなたの体調を考えるようなことはありません。

だから、今の職場では体調不良を治すことはできないし、むしろ今後悪化していく可能性があるのです。

配慮がある職場に転職すれば解決!

体調不良の問題を解決するためには、配慮がある職場に転職しましょう。

体調不良に関する恐怖は、信頼できる師長がいる職場に転職しすれば解決することができます。

師長が新人看護師1人1人を気にかけてくれていて、「夜勤は日勤の仕事に慣れてから」と配慮してくれれば、体調不良の心配は限りなく低くなります。

また、そのような師長なら、あなたが少し体調不良になっている時には、すぐに気づいて、シフトを調整してくれるでしょう。

それゆえに、体調不良への恐怖を持っている新人看護師は、配慮がある職場に転職すべきなのです。

人間関係に悩んでいる新人看護師は人間関係が良い職場に転職すべき

人間関係に悩んで、職場に行くのが怖いと感じている新人看護師はとても多いと思います。

職場の人間関係に悩んでいると、そのストレスからうつ病や適応障害になってしまうかもしれません。

人間関係に悩んでいる新人看護師は、どうすれば良いのでしょう?

この悩みは、人間関係が良い職場に転職すれば、キレイにスッキリ解決することができます。

  1. 現状:人間関係が悪いことに恐怖を感じている
  2. 判断基準:人間関係の恐怖・ストレスは今の職場で解決できる?転職したら解決できる?
  3. 判断内容:人間関係が悪いことでの恐怖を解決するなら、転職すべき

現状:人間関係が悪いことに恐怖を感じている

職場の人間関係に悩み、先輩看護師や上司、医師に恐怖を持っている新人看護師はたくさんいます。

  • 先輩看護師に睨まれる
  • プリセプターにいつも嫌味を言われる
  • 先輩看護師に話しかけても無視される
  • わざと聞こえるように悪口を言われる
  • 患者さんの前で大声で怒鳴られる
  • 上司や医師からパワハラを受ける

先輩や上司、医師が怖いと、勤務中はいつもビクビクしながら恐怖を感じることになるのです。

判断基準:人間関係の恐怖・ストレスは今の職場で解決できる?転職したら解決できる?

新人看護師で職場の人間関係が悪いことでの恐怖やストレスに悩んでいる人は、今度どうすれば解決できるのかを

  • 今後、今の職場で解決できるか?
  • 転職して次の職場で解決できるか?

この2つの視点で、判断していきましょう。

判断内容:人間関係が悪いことでの恐怖を解決するなら、転職すべき

  1. 今の職場で人間関係の悩みを解決することは不可能
  2. 人間関係が良い職場に転職すれば解決!

今の職場で人間関係の悩みを解決することは不可能

職場の人間関係は、新人看護師であるあなたが1人で解決できるものではありません。

むしろ先輩看護師は調子に乗って、あなたにさらに厳しく当たることもあるでしょう。

上司や医師からのパワハラもどんどんひどくなるでしょう。

だから、体調不良や人間関係に関する恐怖感はあなた1人ではどうにも解決できませんし、むしろ悪化していく可能性があるのです。

人間関係が良い職場に転職すれば解決!

人間関係に関する恐怖は、人間関係が良い職場へ転職すれば、すべて解決します。

看護師の職場が全部人間関係が悪いわけではありません。

人間関係が良く、先輩看護師や上司、医師が優しい職場はあります。

そのような職場に転職すれば、もう勤務中に先輩看護師を怖いと思うことはなくなります。

上司や医師からのパワハラの心配もないでしょう。

それゆえに、人間関係に悩んでいる新人看護師は人間関係が良い職場に転職すべきなのです。

仕事がつまらなくて退屈なら、配属希望が通る職場に転職すべき

新人看護師で、「仕事がつまらない。」、「違う診療科で働きたかった…」のような理由で仕事が退屈だと感じてしまっている人は、実は少なくありません。

仕事が退屈でつまらないと思っていると、あなたが理想とする看護師に近づくことができません。

それどころか、仕事へのモチベーションは下がる一方なので、仕事ができない看護師になってしまいます。

仕事がつまらなくて退屈だと思っている新人看護師はどうすれば良いのでしょう?

この悩みは、配属希望が通る職場に転職すれば、悩みはキレイに解決します。

  1. 現状:配属希望が叶わなくて仕事がつまらないという退屈感がある
  2. 判断基準:配属希望が叶わないことでの退屈感は今の職場で解決できる?転職したら解決できる?
  3. 判断内容:配属希望が叶わなくて退屈であることを解決したいなら、転職すべき

現状:配属希望が叶わなくて仕事がつまらないという退屈感がある

新人看護師で、「仕事がつまらない。やる気にならない」のように退屈感を感じている人は少なくないと思います。

看護学生の頃から、「この診療科で働きたい」と思っていた診療科があったのに、配属希望が叶わず、希望していない診療科に配属になって、ガッカリした新人看護師はたくさんいます。

希望していない診療科でも頑張って働こうと前向きに努力してみたけれど、やっぱり配属希望が叶わなかったことで、「つまらない」、「こんなはずじゃなかった」、「私がやりたい看護はこれじゃない」と思ってしまうこともあります。

そうすると、新人看護師でも「つまらないなぁ」とか「やる気が出ないなぁ」と退屈に思うのです。

判断基準:配属希望が叶わないことでの退屈感は今の職場で解決できる?転職したら解決できる?

配属希望が叶わなかった新人看護師は、今後どうすれば良いのかを

  • 今後、今の職場で解決できるか?
  • 転職して次の職場で解決できるか?

この2つの視点で、判断していきましょう。

判断内容:配属希望が叶わなくて退屈であることを解決したいなら、転職すべき

  1. 今の職場では退屈感を拭い去ることはできない
  2. 配属希望が通る職場に転職すれば解決!

今の職場では退屈感を拭い去ることはできない

配属希望が叶わなかったことが原因で退屈感を感じている場合も、今の職場では解決できないでしょう。

きっと、あなたは配属希望が叶わなかったにもかかわらず、配属された職場で前向きに頑張ろうとしたと思います。

それでも、退屈感を拭い去ることができなかったら、今後もずっと今の職場では、やる気を出して楽しく働くことはできないでしょう。

異動希望を出しても解決できる可能性は限りなくゼロに近い

今の職場で異動希望を出して、部署異動をすれば、希望の診療科で働ける可能性はゼロではありません。

ただ、新人看護師が異動希望を出すと、次の3つのリスクが出てきます。

  • 師長に生意気だと思われる
  • 新人看護師は3年間は異動できないことが多い
  • 異動希望が叶うかもわからない

だから、異動希望を出しても、希望の部署で働ける可能性はゼロに近く、さらに異動できずに、師長に睨まれるリスクがあるのです。

配属希望が通る職場に転職すれば解決!

配属希望が叶わなかったことで、仕事に退屈感を感じている新人看護師は、確実に配属希望が通る職場に転職すれば、悩みはキレイに解決できます。

面接時に「あなたの希望する部署に必ず配属します」と約束してくれる病院があります。

そのような病院に転職すれば、今度こそあなたが希望する診療科で働くことができるます。

「仕事がつまらない」と感じることはありませんし、今度は毎日刺激が多く、やりがいと楽しさを感じながら働くことができるはずです。

それゆえに、配属希望が叶わず退屈を感じている新人看護師は、配属希望が通る職場に転職すべきなのです。

新人看護師は看護師として転職すれば悩みをキレイにスッキリ解決できる

新人看護師の無能・恐怖・退屈という3つの悩みは、転職すれば解決することができます。

新人看護師は看護師として転職すると、悩みをキレイにスッキリ解決できるのです。

だから、新人看護師が転職したいのであれば、今すぐ転職すべきなのです。

  1. 新人看護師は看護師として転職すると悩みを解決できる!
  2. 新人看護師は看護師として転職すると、悩みを解決できる証拠はこれ!
  3. 転職して悩みを解決するなら、看護師として転職するしかない!

新人看護師は看護師として転職すると悩みを解決できる!

  1. 無力感や無能感は丁寧に指導してくれるところに転職すれば解決
  2. 体調不良や人間関係に関する恐怖は配慮があって人間関係が良いところへ転職すれば解決
  3. 配属希望が叶わなかった退屈感は配属希望が通る職場に転職すれば解決

無力感や無能感は丁寧に指導してくれるところに転職すれば解決

新人看護師が無力感や無能感を抱えているなら、丁寧に指導してくれるところに転職すれば解決します。

新人看護師が仕事ができないのは当たり前のことです。

でも、1人1人に合わせた丁寧な指導をしてくれて、さらに無理のない範囲の業務量・難易度の仕事を割り振ってくれれば、転職したいと悩むほど無力感や無能感を抱えることはありません。

丁寧に指導してくれて、スキルに応じた仕事を割り振ってくれる職場なら、「少し大変」と思いつつも、少しずつ看護師として成長していくことができるでしょう。

体調不良や人間関係に関する恐怖は配慮があって人間関係が良いところへ転職すれば解決

体調不良や人間関係に関する恐怖も、転職することでキレイに解決することができます。

体調不良に関する恐怖は、信頼できる師長がいる職場に転職しましょう。

師長が新人看護師1人1人を気にかけてくれていて、「夜勤は日勤の仕事に慣れてから」と配慮してくれれば、体調不良の心配は限りなく低くなります。

また、そのような師長なら、あなたが少し体調不良になっている時には、すぐに気づいて、シフトを調整してくれるでしょう。

人間関係に関する恐怖は、人間関係が良い職場へ転職すれば、すべて解決します。看護師の職場が全部人間関係が悪いわけではありません。

人間関係が良く、先輩看護師が優しい職場はあります。そのような職場に転職すれば、もう勤務中に先輩看護師を怖いと思うことはなくなります。

配属希望が叶わなかった退屈感は配属希望が通る職場に転職すれば解決

配属希望が叶わなかったことで、仕事に退屈感を感じている新人看護師は、確実に配属希望が通る職場に転職しましょう。

面接時に「あなたの希望する部署に必ず配属します」と約束してくれる病院があります。

そのような病院に転職すれば、今度こそあなたが希望する診療科で働くことができるます。

「仕事がつまらない」と感じることはありませんし、今度は毎日刺激が多く、やりがいと楽しさを感じながら働くことができるはずです。

新人看護師は看護師として転職すると、悩みを解決できる証拠はこれ!

新人看護師が看護師として転職すべきと説明しましたが、「本当に?うまいこと言っているだけじゃないの?」と疑っている人もいると思います。

今から、私がクラウドサービスで新人の時に転職経験がある看護師さんにアンケートを取ったものをご紹介します。

実際に新人の時に転職した看護師の皆さんの体験談を読めば、新人看護師でも転職すべきであることに納得できると思います。

体験談はアンケートの原文のままではなく、読みやすいように多少手を加えていますので、その点はご了承ください。

やりたい看護をやるのが一番!

私は入職前にICUへの配属を希望していたのですが、実際に配属されたのは整形外科病棟でした。もう配属発表があったその瞬間からガッカリです。

一応、整形外科にも興味を持てるかもと思って、ポジティブに頑張ってみたのですが、やっぱりダメでした。

どうしてもICUで働きたいという思いを抑えきれず、ICUに必ず配属すると約束してくれた病院へ思い切って転職しました。

そして念願のICUで働けるようになり、毎日大変ですが、それ以上に楽しくてやりがいを感じます。

「しっくりくる」という表現が合っているかもしれません。

私が働くべき部署はやっぱりICUだったんだと実感しています。

指導体制が違うだけで世界は変わる!

新人看護師として大規模総合病院に入職しました。

同期の女子たちはドンドン先に進んでいくのに、僕だけ新人看護師の進捗度リストがなかなか進まずに、完全に落ちこぼれていました。

僕がトロいのもあったんですが、仕事量が多くて全然終わらない。

でも、仕事を翌日に持ち越すことはできないので、ヘトヘトになりながらも、いつも消灯時間ごろまで残業。

さらに、毎日のようにインシデントを起こしてしまって、「俺は看護師失格だ」と本気で悩んでいました。

あまりの落ちこぼれ具合に悲しくなって、中規模の一般病院へ転職しました。

そしたら、大げさではなく、世界が変わったように感じたんです。

今まではきちんとできなくても、次々にどんどん新しいことを教えられていたのですが、転職先では教えたことがきちんとできるようになってから、次のステップに進むようにしてくれたので、1つ1つのことを自分の中で消化できるようになりました。

その結果、ミスやインシデントも減りましたし、「コツコツやれば俺でもできる」という自信も持てるようになりました。

自信が持てると、患者さんの前でもオドオドしなくていいし、「できない」と思うことが減ったので、ストレスも少なくなった気がします。

師長から言われた言葉は「看護師は体調第一」

新人看護師として大学病院に入職しましたが、ゴールデンウィーク明けから夜勤に入るようになりました。

日勤の仕事にも全然慣れていないのに、夜勤にも入らなくてはいけないのは、本当につらかったです。

でも、つらいなんて言っていられないので、少しでも早く慣れるように頑張っていたんです。

そうしたら、日勤の日はもちろん、夜勤明けでもなかなか眠れないようになり、勤務中にめまいや立ちくらみを起こすことが増え、さらに体重は1ヶ月で5kgも落ちてしまいました。

さすがに危機感を覚えて、大学病院を退職し、近所の中規模病院へ転職しました。

そこで、面接時に前職の退職理由を伝えたところ、面接をしてくれた看護部長と師長が「看護師は体調第一ですから、うちでは無理せずゆっくり行きましょう。」と言ってくれたんです。

本当に感動しました。

実際に、夜勤に入り始めたのは入職して半年後です。

夜勤回数も考慮してくれて、最初は月2回からスタートしてくれたので、体調不良になることもなく、今では月4回の夜勤に入ることができています。

人間関係って重要ですよ!

新人看護師の時に、私はいじめに遭いました。実際にいじめてきたのは、3人だけです。

でも、ほかの先輩看護師も、別に私を助けてくれたり、フォローを入れてくれるわけでもなく、見てみぬふりをするだけ。

プリセプターもできるだけ私に関わらないようにしていているのが見え見えでした。

師長に相談したら、「あなたの気のせいよ。その3人は熱心に指導してくれているだけでしょ。私にはプリセプターは必要なことはきちんと指導しているように見えるけどねぇ。気にしないほうが良いわよ。」と言うだけ。

いじめがストレスでノイローゼっぽくなってしまったので、心配した母親の勧めもあって、違う病院に転職しました。

その病院はいじめはないのはもちろんですが、先輩看護師も優しくて、師長もいつも声をかけてくれるような職場で、前の職場に比べると天国のような場所でした。

先輩看護師が優しいだけで、こんなに仕事へのモチベーションが変わるのかと驚いたのをつい昨日のように思い出します。

3年目になった今も働いていますが、相変わらず人間関係は良いし、私は絶対に怖い先輩にはならないと心に誓っています。

仕事ができない私はどこでも仕事ができなかった…

私は新人看護師の頃に、仕事についていけずに、いつもパニックになってしまって、毎日毎日空回りばかり。

そんな自分が嫌になって、ストレスが限界に達したので、看護師を辞めました。

私に看護師の仕事は無理だと感じて、今度は営業の仕事に就いたんです。

そしたら、今度はノルマに追われる日々。

私は、誰とでも仲良くなれるから、営業の仕事も簡単だと思っていたのですが、営業トークはうまくできなくて。

全然契約を取れず、転職先でも落ちこぼれていて、上司から嫌味を言われています。

看護師の時は、仕事ができなくても、嫌味は言われなかったので、今の方が精神的にはきついですね。

看護師の仕事ができなかった私は、ほかの仕事もできないみたいです。

しかも、給料は下がるし、踏んだり蹴ったりです。

今からでも、看護師に戻ろうかなぁ?

結局希望の仕事に就けない人生…

新人看護師の頃に、循環器内科を希望したのに、手術室に配属になりました。

まさか、手術室に配属になるとは思わなかったので、どうして良いかわからず、手術室の仕事にも馴染めず、手術室の器械出しの勉強をする気にもなれず。

当然、やる気のない私はプリセプターから怒られ、同期とのスキルの差も広がり、自暴自棄のような感じで、「もう辞めちゃおう!」と思って勢いで退職しました。

退職後はドラマのようなOLの仕事・生活をしたくて、事務職を希望して、転職活動をしましたが、正社員の求人はことごとく不採用。

背に腹は代えられないので、結局は携帯ショップの店員として働いています。

私って、結局は希望の仕事に就けない運命なんでしょうか。

転職して悩みを解決するなら、看護師として転職するしかない!

新人看護師が、今抱えている悩みを解決するためには、看護師として転職するしか道はないことがわかりました。

それなら、新人看護師だろうと、今すぐ転職するしかありません。

悩みが解決するのですから、新人看護師だって転職して良いんです。

悩みを抱えながら、我慢して働くくらいなら、思い切って転職して、心機一転スッキリした状態で働いたほうが良いと思いませんか?

あなたはまだ新人看護師です。あなたの看護師としての未来は無限大に広がっています。

一人前の看護師になってから軌道修正するよりも、新人看護師の今のうちに軌道修正したほうが良いこともたくさんあります。

だから、転職したいと思っている新人看護師は、転職する以外の選択肢はないのです。

新人看護師が転職する時の不安と不安の解決法

新人看護師は、転職したいなら転職すべきです。

ただ、新人看護師が転職する場合、いろいろな不安が出てきます。

ただ、その不安は気にする必要はありません。

きちんと対策すれば、その不安は簡単に解決することができるのです。

  1. 新人看護師が転職する時の3つの不安
  2. きちんと対策すれば、そんな不安は気にする必要なし!

新人看護師が転職する時の4つの不安

新人看護師が転職する時には、次の4つの不安が生じることがあります。

  1. 看護師経験がなくて採用されないかもしれない
  2. またすぐに辞めると思われるかもしれない
  3. 転職後に新たな悩みを抱えるかもしれない
  4. お礼奉公中だから転職できないかもしれない

この4つの不安を1つ1つ説明していきます。

看護師経験がなくて採用されないかもしれない

新人看護師が転職する時に、ネックになるのは看護師経験が非常に浅いことです。

新人看護師は、看護師経験がほぼないのと同じです。

看護師が転職する場合、基本的に即戦力になることを求められるので、新人看護師は採用されないのではないかと不安になるのは仕方がないことです。

またすぐに辞めると思われるかもしれない

新人看護師が転職する場合、面接で「どうせまたすぐに辞めるんじゃないの?」と思われることがあります。

新人看護師が転職するということは、最初に就職した職場を1年以内に辞めるということですから。

採用側は、せっかく採用するなら、長く勤めてくれる看護師を採用したいと思うので、「またすぐに辞める」と思われてしまい、採用してもらえないかもしれないと不安になるのです。

転職後に新たな悩みを抱えるかもしれない

新人看護師が転職したいと考える悩みは、転職すれば解決します。

でも、転職したことによって、今とは違う新たな悩みを抱えるかもしれないという不安は出てきますよね。

たとえ、今の悩みを解決できたとしても、違う悩みを抱えてしまえば、転職して良かったとは思えなくなります。

お礼奉公中だから転職できないかもしれない

新人看護師の中には、お礼奉公をしている人もいますよね。

お礼奉公中に転職すると、看護学生の時に借りていた奨学金を一括で全額返金しなければいけないことが多いです。

お礼奉公中の新人看護師はお金を用意できないから、転職したくても転職できないかもしれないと不安になるのです。

きちんと対策すれば、そんな不安は気にする必要なし!

新人看護師が転職するに当たって、先ほどの3つの不安が出てくるのは仕方がないことです。

でも、事前にきちんと対策しておけば、3つの不安は簡単に解消することができるので、それほど心配する必要はありません。

  1. 看護師経験がなくて採用されないかもしれない不安は第二新卒を採用している病院を選んで解消
  2. またすぐに辞めると思われるかもしれない不安はやる気アピールで解消
  3. 転職後に新たな悩みを抱えるかもしれない不安は2つのステップで解消
  4. お礼奉公中だから転職できないかもしれない不安は立替一括返済制度の病院へ転職すれば解決

看護師経験がなくて採用されないかもしれない不安は第二新卒を採用している病院を選んで解消

看護師経験がないから採用されないかもしれないという不安は、第二新卒を積極的に採用している病院を選んで転職すれば、簡単に解消できます。

第二新卒とは新卒採用後3年以内に転職する人のことです。つまり、今のあなたです。

経験が浅い第二新卒の看護師を積極的に採用している病院なら、看護師経験は重要視せずに採用しているので、新人看護師でも転職しやすいのです。

第二新卒の看護師の転職については、「第二新卒の看護師は転職に失敗できない!成功のための4つの秘訣」で詳しく説明しています。

新人看護師のころ、入職半年で転職しました。

最初は、新人なのに採用してくれるところはあるか不安でしたが、「第二新卒歓迎!」と求人に書いてあった病院を2つ選んで、採用試験を受けたところ、無事に2つの病院どちらからも内定をもらうことができました。

1つは内定辞退をさせていただきましたが、転職活動を初めてすぐに内定をもらえたので、安心しました。

またすぐに辞めると思われるかもしれない不安はやる気アピールで解消

新人看護師が転職して、またすぐに辞めるかもしれないと思われてしまう不安は、面接でやる気をアピールすれば大丈夫です。

面接で、次のことをしっかり行えば、面接官はあなたがまたすぐに辞めるかもしれないと思うことはないでしょう。

  • 前職の退職理由を前向きに説明する
  • 志望動機でやる気をアピールする
  • 今度は長く勤めることをしっかり伝える

面接でこれらのことができれば、「辞めるかもしれないから、不採用にしておこう」とは思われずに済むでしょう。

面接に不安を持つ新人看護師は、「新人看護師の転職の面接対策を教えて!」を読んでおきましょう。

新人看護師の頃に転職した経験がありますが、初めて採用試験を受けたところでは、「君、またすぐに辞めるんじゃないの?大丈夫?長く働いてくれる人でないと、採用したくないんだけど」と言われた時に、そんなこと言われるなんて思わなくて、ビックリしてしまい、「…はい。大丈夫だと思います。」としか答えられませんでした。

結果は不採用。今思うと、当然だよなぁと思います。

その後、反省して、次は退職理由や志望動機はやる気や熱意が伝わるようなものを考えてから、違う求人に応募しました。

面接では前と同じようなことを聞かれましたが、「こういう理由で退職したけれど、どうしても貴院で働きたいという思いが強い。今度は絶対に長く働く自信があります!」と熱弁をふるったら、無事採用!

やる気や熱意を伝えることって、とても大切だと思います。

お礼奉公中だから転職できないかもしれない不安は立替一括返済制度の病院へ転職すれば解決

お礼奉公中の新人看護師は、立替一括返済制度がある病院へ転職すれば、「お金の問題で転職できないかもしれない」という不安は解決できます。

具体的な解決方法は、「看護師のお礼奉公は違法!?辞めたい理由と3つの対処法」で詳しく解説しています。

私は看護学生の時に、5年間のお礼奉公をするという約束で、月6万円の奨学金を借りていました。

でも、配属先は総合病院ではなく、系列の精神病院…。

私は、どうしても精神看護に興味が持てなくて。しかも、ほかの診療科で働く同期と、技術の差がどんどんついていくことに焦りを感じて、転職したいと考えるようになりました。

ただ、やっぱりお礼奉公中で3年間借りていた総額216万円を自分で用意できるわけはなく、転職は諦めていました。

それでも、何となく転職気分だけでも味わいたいと思って転職サイトに登録したんです。求人を見ていれば、少しは気が晴れるかなと思って。

転職サイトに登録して、コンサルタントの方から連絡を貰った時に、思い切ってお礼奉公中であることを打ち明けたら、立替一括返済制度の病院を紹介してもらえました。

今は、立替一括返済制度を使って転職することができて、その病院の外科病棟で働くことができています。

あの時、転職サイトに登録していなかったら、今でも精神病院で鬱々しながら働いていたんだなと思うと、人生は思い切って一歩を踏み出すことが大切なんだなと実感しています。

転職後に新たな悩みを抱えるかもしれない不安は2つのステップで解消

新人看護師が転職後に新たな悩みを抱えるかもしれないという不安は、2つのステップを守れば、解消することができます。

ステップ1=転職先をきちんと選ぶ

ステップ2転職後にも注意点を守る

この2つのステップで転職すれば、今の悩みを解決しつつ、新たな悩みを抱えることもないでしょう。

転職先をきちんと選ぶ

新人看護師は転職先をきちんと選べば、転職に成功することができます。

1.今の悩みを解決できるところ

2.第二新卒を積極的に採用しているところ

3.クリニックや介護施設はNG

4.新人看護師の離職率が低いところ

5.給料が高めで休みが多めのところ

この条件を満たす職場を選ぶようにしましょう。この5つの条件を満たす職場は必ずあります。

今の悩みを解決できるところを選ぶ理由は言うまでもありませんね。

第二新卒を積極的に採用している病院は、新人看護師が転職する場合でも採用してもらいやすいというメリット以外に、教育制度が整っていて、働きやすい環境が整っているというメリットがあります。

そして、クリニックや介護施設は教育制度が整っておらず、新人看護師には荷が重いという理由でNGなのです。

新人看護師の離職率が低いということは、それだけ新人看護師が働きやすいという証拠です。

給料が高く休みが多ければ、それだけストレスを解消しやすくなります。ストレスを解消するためには、お金と時間が必要です。

新人看護師は、どのみちストレスは溜まります。看護師1年目で、ストレスが全くないというのはあり得ないのです。

だから、ある程度は給料が高めで、年間休日が多めのところを選んだほうが良いでしょう。

転職後にも注意点を守る

新人看護師は転職後も気持ちよく働いていくために注意すべきことが3つあります。

1.人間関係につまづかない!

転職後に人間関係につまづくと、すべてが台無しになります。人間関係につまづいて、先輩看護師から睨まられると、またすぐに転職したくなるはずです。

新人看護師が転職後に、人間関係につまづかない方法は、次の6つがあります。

  • 視野を広く持ち、相手の意見を受け入れる
  • 自分の言動を振り返る
  • 相手の立場に立つ
  • 悪口は言わない
  • 中立の立場を保つ
  • 信頼できる人を作っておく

看護師の人間関係改善は無理!2つの対処法と悪化させない6つの方法」で詳しく解説しています。

2.挨拶はとても大切!

新人看護師は転職後に挨拶をしっかりしておくようにしましょう。挨拶ができれば、先輩看護師にかわいがられますので、丁寧に指導してもらえたり、さりげなくフォローしてもらうことができます。

挨拶の大切さは、「新人看護師は病棟ではまず挨拶!?生き残る術とおすすめ科選び3点」で説明しています。

3.配属先選びも重要なポイント!

新人看護師が転職後に気持ちよく働くためには、配属先選びも重要になります。

「絶対にこの診療科で働きたい!」と決まっていれば良いのですが、迷っている人は、先ほども紹介した「新人看護師は病棟ではまず挨拶!?生き残る術とおすすめ科選び3点」を読んでみてください。

新人看護師がスムーズに転職する方法

新人看護師で「転職するのは大変そう…」と思っている人は多いと思います。でも、実は転職するのはそれほど大変なことではありません。

転職のために辞める5つの手順を実行しつつ、転職時期を考慮すれば、新人看護師でもスムーズに転職することができるのです。

 

  1. 新人看護師が転職のために辞める5つの手順
  2. 新人看護師は転職時期を考慮したほうが良い!

新人看護師が転職のために辞める5つの手順

新人看護師が転職のために今の職場を辞める方法の手順を5つご紹介します。

1.まずは家族や友人に相談する

新人看護師が辞める手順、まずは家族や友人に相談しましょう。

おそらく、新人看護師のあなたは今、精神的に追い詰められていると思います。そのような精神状態では、正しい判断ができません。

勢いあまってよく考えずに退職して、後々後悔するのはもったいないので、家族や友人に相談してみましょう。

2.辞めることを決めたら、師長へ報告

周囲の信頼できる人に相談して、「1年目だけど、やっぱり辞める」と決意したら、師長に報告しましょう。退職の報告は、プリセプターではなく師長にしてください。

おそらく師長は辞めないようにと引き止めてくるでしょう。

でも、辞めると決めているなら、引き止められても気にせずに、退職のための手続きを進めてください。

看護師は退職できない?スムーズに辞める5つの対策と3つの突破方法」を参考にすると良いでしょう。

3.退職願を提出

師長に退職することを伝えたら、次は退職願を提出します。退職願は職場に書式があることもあります。

指定の書式(テンプレート)がある場合は、それを使いましょう。書式がない場合は自分で手書きで書かなくてはいけません。

4.ロッカーの整理や諸手続きをする

新人看護師が辞める方法、次の手順はロッカーの整理や退職のための諸手続きをすることです。

年金や健康保険、税金などの手続きが必要ですし、ロッカーの中も整理してきれいにしなければいけません。

年金等の諸手続きは、師長に聞けば指示してもらえます。もしくは庶務課・総務課で聞いてみると良いでしょう。

5.晴れて自由の身に!

これらの手順を終えれば、新人看護師は辞めることができ、晴れて自由の身になります。退職する日は、菓子折りを休憩室に置いて、師長とプリセプターにはお世話になったことを挨拶しておくようにしましょう。

新人看護師は転職時期を考慮したほうが良い!

新人看護師は職場を辞めた後、すぐに転職しなくてもOKです。少し休んで、疲れた体と心を癒してください。

それから転職です。新人看護師が転職するなら、できれば転職時期にこだわったほうが良いのです。

看護師の求人はいつでもたくさんありますが、7月ごろから徐々に求人が増え始め、12月が一番多くなります。

もし、上半期に退職したら、求人探しは7月ごろから始めるようにする。下半期に退職した人は11月以降に求人探しをすると良いでしょう。

もう1つ、新人看護師の転職時期で注意すべきことがあります。それは、入職時期です。

できれば、4月入職にしたほうが、丁寧に指導してもらえますし、院内研修プログラムにも最初から参加できるのでおすすめです。

新人看護師の転職時期は、「新人看護師の転職時期っていつ頃が良いのかを教えて!」でも、詳しく説明しています。

新人看護師が転職に成功するためには、今すぐ転職サイトを使うしかない!

  1. 新人看護師が転職すべき理由は分かったけれど…
  2. 今すぐ転職サイトを使うしかない!
  3. 転職に迷っている人も転職サイトに登録すべき!

新人看護師が転職すべき理由は分かったけれど…

新人看護師が本気で転職したいなら、転職してもOKです。辛いストレスを抱えながら、鬱々とした中で我慢して働くくらいなら、転職してスッキリ前向きに働いたほうが絶対に良いですから。

ただ、新人看護師が正しい転職先を選ぶのは、とても難しいです。新人看護師にとっての正しい転職先とは、次の5つの条件を満たしていないといけないですから。

1.今の悩みを解決できるところ

2.第二新卒を積極的に採用しているところ

3.クリニックや介護施設はNG

4.新人看護師の離職率が低いところ

5.給料が高めで休みが多めのところ

今の悩みを解決するためには、次のことをチェックしなければいけませんでしたよね。

  • 丁寧に指導してくれるか
  • 無理のない仕事の割り振りをしてくれるか
  • 体調第一で仕事をさせてくれるか
  • 師長は信頼できるか
  • 人間関係が良いか
  • 配属希望は叶うのか

これを全部あなた1人で調べるのは、さすがに無理があります。

では、新人看護師が正しい職場選びをして、転職に成功するのは無理。つまり、結局は「絵に描いた餅」なのかとそういうわけではありません。

実は、簡単&楽に必要なことを調べることができて、確実に転職に成功する方法が1つだけあるんです。

今すぐ転職サイトを使うしかない!

新人看護師が転職に成功するためには、今すぐ無料の転職サイトを使うのが、最も簡単で楽で確実な方法です。

転職サイトに登録すると、あなたの転職を手助けしてくれる担当コンサルタントがついてくれます。

担当コンサルタントが、あなたの代わりにこの条件をすべて満たす求人をピックアップしてくれます。

1.今の悩みを解決できるところ

2.第二新卒を積極的に採用しているところ

3.クリニックや介護施設はNG

4.新人看護師の離職率が低いところ

5.給料が高めで休みが多めのところ

もちろん、今の悩みをスッキリ解決できるのかどうかも、細かいところまで調べてくれます。

だから、新人看護師が転職に成功するためには、転職サイトを使うべきなんです。

あなたはただ、転職サイトに登録して、コンサルタントに新人看護師であることと、希望権を伝えるだけでOKです。あとはすべてコンサルタントがやってくれます。

担当コンサルタントは、あなたが師長に引き止められてなかなか退職できない場合も、スムーズに退職するためのアドバイスをしてくれたり、面接対策もしてくれるので、転職サイトの利用価値は大きいんです。

転職サイトを使えば、新人看護師でも確実に簡単に転職を成功させることができるのです。

転職に迷っている人も転職サイトに登録すべき!

ここまで読んで、転職することをまだ迷っている新人看護師もいると思います。転職は看護師人生のターニングポイントとなるものですから、なかなか決断できないのもわかります。

ただ、転職に少しでも興味がある、転職しようか迷っているなら、転職サイトに登録しておいた方が良いです。

ストレスや疲労がマックスに達してしまうと、転職サイトを利用する気力が残らなくなり、今の職場で燃え尽きてボロボロになって、退職を余儀なくされるだけになります。今の職場で使い捨てられるような感じでしょうか。

でも、少し気力がある今のうちに転職サイトに登録しておけば、気になる求人情報をストックしておけるので、燃え尽きる前に転職することができるのです。早めに転職サイトに登録することは、あなた自身を守ることにつながります。

また、転職サイトに登録しておくと、求人情報がメールで送られてくるので、頭のどこかに「どうしても嫌になったら、転職すれば良いや」という逃げ道を作っておけるので、日々の辛いことも何とか乗り越えられるというメリットもあります。

燃え尽きて灰になる前に、とりあえず転職サイトに登録しておきましょう。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる