新人看護師が転職で保健師になるのはありなの?

新人看護師が転職で保健師になるのはありなのでしょうか?

新人看護師が転職で保健師になるのはありなのでしょうか?

新人看護師が転職で保健師になるなら、そのメリットとデメリットを知っておかないと、将来大きな後悔をするかもしれないんです。

新人看護師が転職で保健師になることはできる?

新人看護師が転職で保健師になることはできるのでしょうか?新人看護師として病棟に入職してから、保健師に転職することはできるのか。その答えは「Yes!」です。

もちろん、前提として保健師の国家資格を持っている必要はありますが。

でも、最近は4年制の看護大学が増えていますので、保健師の資格を持った新人看護師さんは結構多いんですよね。

さて、新人看護師が転職して保健師になることができるのかどうか。つまり、看護師の経験がほとんどなくても保健師になることができるのかについてです。

保健師は看護師の資格を持っていることが前提の資格ですので、看護師の経験がないと勤まらない仕事と思っているかもしれません。

でも、看護学校卒業後に病院に就職せずに、そのまま保健師の仕事に就く人もいるんです。私の看護大学の同級生では2人が看護師ではなく保健師として就職しました。

新卒で保健師に就職できるということは、保健師の仕事に看護師経験は必要ないということです。

もちろん、看護師経験があった方が良い場面もたくさんありますが、必須ではありません。

ですから、保健師の資格を持っていれば、新人看護師でも保健師に転職することができるんです。

新人看護師が転職で保健師になるメリット

新人看護師が転職で保健師になるメリット

新人看護師が転職で保健師になるメリットを考えてみましょう。

公衆衛生や予防に重点を置いて仕事ができる

看護師は病気や怪我の人をケアすることが仕事ですが、保健師は公衆衛生や疾病予防、健康増進などが主な仕事になります。

看護師の仕事を経験してみて、「病気って予防が大切なんだ。」など予防や健康増進の重要性に興味を持った新人看護師さんにとっては、ピッタリの仕事と言えます。

夜勤がなくて日勤のみ

新人看護師さんに多い悩みの1つに夜勤があります。仕事や職場環境に慣れないうちに夜勤に入ると、ストレス過多&生活リズムの乱れで体調を崩しやすくなってしまうんです。

でも、保健師は夜勤はなしで日勤のみの仕事になります。

しかも、クリニックのように19~20時ごろまでと「日勤のみでもちょっと遅め」ということもなく、基本的に17時で勤務終了になります。

力仕事がない

病棟で勤務していると、患者さんの体位交換やら車椅子への移乗やらベッドからストレッチャーへの移動やらで力仕事が多く、毎日疲労困憊になってしまいます。

でも、保健師はデスクワークが多く、力仕事はほぼないため、病棟勤務に比べると体力的に楽なんです。

新人看護師が転職で保健師になるデメリット

新人看護師が転職で保健師になるデメリット

新人看護師が転職で保健師になるデメリットも考えてみましょう。新人看護師が転職で保健師になるデメリットはたった1つだけです。

それは、新人看護師のうちに保健師に転職してしまうと、看護師に戻ることが難しくなることです。

介護施設ならまだ何とかなるかもしれませんが、病院やクリニックに看護師として復帰するのはほぼ不可能と考えて良いでしょう。

なぜなら、看護技術がしっかり身に付く前に保健師に転職してしまうからです。

一人前の看護師になって、細かいコツの部分まで看護技術をしっかり自分のものにしていれば、数年間保健師として働いた後でもまた看護師に復帰することはできます。

でも、新人看護師は看護技術を一通り経験していても、きちんと身につけているわけではありません。

その状態で臨床から離れ、保健師として働き、「やっぱり看護師の方が良いなぁ」と思ってまた看護師に戻るのは難しいんです。

また一から新人看護師として勉強し直すという気持ちがあれば、看護師として働けるかもしれませんが、基本的には難しいと考えた方が良いでしょう。

それに、「新人看護師→保健師→看護師」という転職を短期間でやっていたら、採用担当者にあまり良い印象は与えませんよね。

新人看護師が保健師に転職するなら、保健師の仕事がしたいという気持ちをしっかり持っていることと、ずっと保健師として働いていくという覚悟が必要なんです。

「どうしても保健師の仕事がしたい、それに保健師としてずっと働く覚悟もできた。」という人が、持つ疑問があります。

それは「あれ?保健師の求人ってどうやって探すの?」という疑問です。

確かに、看護師の求人はよく見かけますが、保健師の求人って見かけません。

せっかく保健師として働く覚悟ができたのに、肝心の求人探しに手間取ってしまうのは時間がもったいないですよね。

保健師の求人を探したいなら、看護師専門の転職サイトを使うと良いですよ!「看護師専門」なのに、保健師の求人も扱っているの?と思うかもしれません。

でも、保健師も看護職の1つです。ですから、看護師専門の転職サイトでは保健師の求人も扱っているんです。

担当者に「新人看護師なんですけど、保健師の仕事がしたいです」と伝えれば、保健師の求人をすぐに紹介してくれますので、あなたに合った保健師の求人を簡単に見つけることができるんです!

 

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職といえばナース人材バンク、と言われるほどの人気サイトです。業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。オススメですよ♪

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

こちらも口コミでの人気が高いサービスです。沢山の非公開求人が用意されていますので、ナース人材バンクと併せてお使い頂くと間違いのない転職が出来ると思います。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる