新人看護師が妊娠発覚後にどうすべきかを解説します!

新人看護師が妊娠したら、どうすれば良いのでしょうか?

新人看護師が妊娠したら、どうすれば良いのでしょうか?妊娠するつもりではなかったのに、妊娠が判明した!という新人看護師さんもいますよね。

新人看護師が妊娠した時の対処法を説明していきます。

新人看護師が妊娠!仕事は続けられるの?

新人看護師が妊娠した場合、看護師の仕事は続けていけるのでしょうか?「まだ新人看護師で、入職して1年も経っていないのに妊娠したら、退職させられるかも…」と心配している人がいるかもしれませんね。

新人だからと言って、妊娠を理由に辞めさせられることはないので安心してください。妊娠を理由に退職させるのは、法律違反です。「マタハラ」というものですね。

だから、新人看護師が妊娠したからと言って、退職しなければいけないというわけではないので安心しましょう。

ただ、だからと言ってそのまま仕事を続けていけるのかというと、そんな単純なものではありません。

新人看護師が妊娠した場合、育児休暇をもらえないことがあります。

産休は付与は義務ですが、育児休暇付与は必ずしも義務というわけではありません。育児休暇の申請が入職後1年未満で、労使協定がある場合は、育児休暇は与えなくても良いんです。

だから、新人看護師は産休だけで、産後2か月経ったら、またすぐに復帰しなくてはいけないこともあります。

また、妊娠中はストレスは厳禁ですし、身体的な負担もNGですよね。新人看護師は進んで力仕事をしなければいけないこともあります。ストレスは言うまでもありません。

だから、新人看護師が妊娠した場合、安易に「辞める必要がないなら続けよう!」と決めるわけにはいかないんです。

新人看護師が妊娠したら、すぐに師長に報告しよう

新人看護師は妊娠したら、すぐに師長に報告をしましょう。この時に、師長の反応をしっかり見ておいてください。

師長の反応は、今後どうすべきかを決める大きなポイントになりますから。

新人看護師さんは妊娠をできるだけ隠しておきたいという気持ちもあると思います。でも、看護師は力仕事が多いですし、夜勤もあって不規則な生活になります。

部署によっては、放射線を扱うこともありますよね。そのため、あなたのためにも、お腹の赤ちゃんのためにも、早めに師長に報告しましょう。安定期に入っていなくても、胎児心音が確認できていなくてもです。

まずは報告する時には、申し訳なさそうに妊娠を報告してください。

妊娠がうれしいからと言って、「妊娠したんです~♪」とウキウキで報告すると、師長は「新人のくせに、何を言っているの?」と思うはずです。

だから、いくら妊娠がうれしくても、申し訳なさそうに「妊娠しました。どうすれば良いでしょう…」と報告してください。

この時に、師長が「はぁ?新人なのに、なんで妊娠するの?あなた、今の立場が分かっているの!?これだから、今時の若い子は困るのよ!」のように怒るのか。

それとも、「新人なのに妊娠するのは、ちょっと軽率だったわね。でも、これからどうすべきかを一緒に考えていきましょう。」と親身になって相談に乗ってくれるのか。

この師長の反応で、あなたの今後は大きく変わってきます。

ただ怒るだけの師長のところで働いていたら、肩身が狭く、辛い思いをしなければいけないこともあると思います。

でも、一言あなたに注意した後に、親身になって今後のことを一緒に考えてくれるような師長なら、妊娠中もあなたを気遣ってくれるでしょうから、妊娠しながらでも働きやすいと思います。

新人看護師が妊娠したら、一度退職してから、再就職するのもあり

新人看護師が妊娠したら、師長の反応やあなたの体調を考慮して、これからも今の職場で働いていくのかを決めましょう。

もし、師長の反応がただ怒るだけという場合は、その職場はさっさと退職してしまったほうが良いかもしれません。

そして、出産してから、新しい職場で働いたほうが、あなたのためにもお腹の赤ちゃんのためにも良いのではないでしょうか?

新人看護師が妊娠中に上司の理解を得られなかった場合、妊娠中の勤務は地獄の日々だと思ってください。妊娠中であることを配慮してもらえず、夜勤に入らなくてはいけないかもしれません。

力仕事をさせられることもあるでしょうし、お腹が張っても座って休むことができないかもしれないんです。

そんな職場ならサッサと辞めて、無事に出産をして、あなたの体調が回復し、看護師として働けるだけの環境が整ったら、また看護師として働けば良いと思いませんか?

それに、出産後は託児所があって、ママさん看護師が多く活躍しているような職場を探せば、新人看護師でも育児と仕事を両立できるはずです。

「子持ちの新人看護師を採用してくれるところはあるの?」と不安になるかもしれませんが、大丈夫です。

子持ちでも、新人看護師でもやる気さえあれば採用してくれるところはたくさんあります。

ただ、出産後に再就職する時には、新人看護師向けの教育制度が整っているところを選んでくださいね!

まとめ

新人看護師が妊娠した時の対処法をまとめました。新人看護師が妊娠というのは、正直なところ、あまり印象の良いものではありません。「計画性がない」と思われてしまいますから。

でも、妊娠しているのですから、後悔するのではなく前を向いて、今後どうすべきかを考えましょう。そして、師長に報告して、その反応を観察して、続けるか続けないかを決めると良いと思います。

もし、今の職場を退職して、出産後に再就職するつもりの新人看護師さんは、転職サイトを使うと良いですよ。

出産後はいろいろバタバタして、じっくり求人を探す時間なんてありませんから、今のうちに転職サイトを使って、求人をチェックしておきましょう。

どのような求人があるのか、どんな職場だと育児と仕事を両立させつつ、看護師としての基礎を築けるのかを確認しておくと、出産後に復職するのが楽になりますよ。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる