新人看護師が半年で辞めたいと思った時に知っておくべき3つのこと

新人看護師が半年で辞めたいと思ったら、どうすれば良いのでしょうか?

新人看護師が半年で辞めたいと思ったら、どうすれば良いのでしょうか?

新人看護師は半年で辞めて良いのかどうか、辞めるならどんなことに注意すべきなのかを説明していきます。

新人看護師が半年で辞めたいと思う理由

新人看護師は半年で辞めたいと思う人が多いと思います。入職後半年って一番つらい時ではないでしょうか?

入職後半年経った新人看護師は、仕事量がどんどん増えていって、重症患者の受け持ちもするようになり、頑張っても頑張ってもなかなか追いつかないと悩んでいると思います。

最初の頃は優しかったプリセプターや先輩看護師も、厳しくなってきて、「もう半年経つんだから」とか「まだそんなこともできないの」と言われるようになります。

また、夜勤に入るようになったり、夜勤の回数が増えてきて、心身ともに疲れている状態ではないでしょうか?

入職後、半年経った今が一番つらいと感じている人も多いと思います。

半年間頑張ってきたのに、まだまだ辛い、むしろ今が一番辛いなら、もう辞めたいと思うのは当たり前のことですよね。

新人看護師が半年で辞めたいと思ったら、焦らずにじっくり考えよう

新人看護師が半年で辞めたいと思ったら、どうすれば良いのでしょうか?勢いのまま、辞めてしまっても良いのでしょうか?

新人看護師が半年で辞めるのはあまりおすすめできません。今まで、半年間頑張ってきたのですから、辞めてしまうのはもったいないと思います。

「もったいないと言っても、辛いものは辛いんだけど!」と思うかもしれませんね。確かにそうです。

でも、今の辛さが永遠に続くわけではありません。

私の経験では、入職後半年までが一番辛かったです。そして、半年以降は少しずつ、その辛さが和らいできて、年明けの頃には「少し楽になったかも」と思えるようになり、4月になって2年目になれば、「これなら何とかやっていけるかも」と思えるようになりました。

ちなみに、私も入職してから半年間は、毎日「もう無理、辞めたい」と思っていました。

だから、あなたも今辛いから辞めたいと思っていても、勢いで辞めてしまうのはもったいないんです。

これからは、少しずつ楽になっていくのですから。

どうしようもなく追い詰められている状態ならともかく、「何とかやっていける」くらいなら、焦らずにもうちょっとだけ頑張ってみてください。

そうすれば、あと半年後に、「あの時、辞めなくて良かった」と思えるはずです。

新人看護師が半年で辞めたいと思ったら、次の3つのことを知っておきましょう

新人看護師が半年で辞めたいと思ったら、次の3つのことを知っておきましょう。これ以上、この職場で働くのは無理、一刻も早く辞めたいと思っている人、心身ともに追い詰められている人は辞めるのも仕方がないと思います。

そういう場合は、続けるメリットよりも辞めるメリットの方が大きいですから、辞めるのも良い選択だと思います。

でも、新人看護師が半年で辞める時には、次の3つことを知っておいてください。

ゼロからのスタートになるかも

新人看護師が半年で辞める時は、ゼロからのスタートになるかもしれません。半年で辞めて、また違う職場に転職する場合、完全な新人看護師として扱われることがあります。

もしくは、半年で退職して、転職した時期によっては、次の4月から入職してくる新人看護師さん(あなたにとっては1年後輩)と同じように扱われることもあるんです。

「半年間頑張ってきたのに、またゼロから?」と思うかもしれませんが、そこはぐっと飲みこんで頑張りましょう。

同期がいなくなるかも

新人看護師が半年で辞める時は、同期がいなくなることを覚悟してください。半年で辞めて、違う職場に転職した場合、名目上の同期はできるかもしれません。

でも、転職先の新人看護師は4月から協力し合って、辛い時を乗り越えてきています。そんな中に、転職してきたあなたが入るのは、なかなか難しいことがあります。

人間関係が出来上がったグループの中に、1人だけ途中から入るのは難しいですよね。

そのため、困った時に頼りになって、本音で愚痴を言いあえて、苦楽を共にできる同期はいないので、ちょと大変かもしれません。

転職には失敗できない

新人看護師が半年で転職する場合、転職先選びに失敗は許されません。わかっているとは思いますが、新人看護師が転職するのは、あまり歓迎されることではないんです。

新人看護師が入職後半年で退職して、転職する。これだけで、採用担当者はあまり良い印象を受けません。

それなのに、転職先選びに失敗して、またすぐに辞めたいと思って転職することになったら、
「この人は、嫌なことがあるとすぐに逃げ出す人だ。我慢ができない人だ。」と思われます。

そうしたら、どこにも採用してもらえなくなるんです。ですから、新人看護師が半年で転職する時には、転職に失敗できませんので、慎重に転職先選びをしましょう。

まとめ

新人看護師が半年で辞めたい時に知っておきたい3つのことをまとめました。新人看護師は入職後半年の頃が一番つらいと思います。

でも、どうしようもなく追い詰められていない限り、辞めたいからといって、勢いで辞めてしまうのは考えものです。

でも、どうしても辞めたい場合は、転職サイトを使って転職先を探しましょう。

転職サイトなら、担当コンサルタントが親身になって転職を応援してくれるので、転職に失敗せずに、「転職して良かった」と思えるようなところに転職することができるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる