新人看護師がうつ病になった時の対処法まとめ

新人看護師がうつ病になったらどうすれば良いのでしょうか?

新人看護師がうつ病になったらどうすれば良いのでしょうか?

新人看護師の中には、「なんだかうつっぽい」、「うつ病と診断された」という人がいると思います。

うつ病の新人看護師はどうすれば良いのか、うつ病になった時の対処法をまとめました。

新人看護師がうつ病になるのはおかしいことではありません

新人看護師がうつ病になると、「ようやく看護師になったのに、うつ病になるなんて」とか「うつ病になるなんて、私は看護師に向いていないのかも」と思ってしまうと思います。

でも、新人看護師がうつ病になるのは、おかしいことではないですし、珍しいことでもないのです。

むしろ、まじめで仕事に熱心に取り組んでいればいるほど、うつ病になるリスクは高いですので、うつ病になった新人看護師さんは、それだけ仕事に誠実に向き合っていたと言えるかもしれません。

ですから、新人看護師がうつ病になったからと言って、看護師に向いていないというわけではありません。むしろ、それだけ頑張っていたのです。

ただ、ちょっと頑張りすぎてしまっただけですから、早くうつ病を治して環境を整えれば、また看護師として働くことができます。

新人看護師がうつ病になったら、診断書を貰って休みましょう

新人看護師がうつ病になってしまったら、まずは心療内科や精神科を受診しましょう。そして、うつ病の診断書を貰ってください。

もしかしたら、うつ病の症状が出ていても、適応障害や不安障害などの診断になるかもしれません。それでも、何か診断がついて、医師に「少し休んだ方が良いよ」と言われたら、診断書を貰っておきましょう。

そして、それを師長に提出して、休みをもらってください。新人看護師は有給休暇がまだ使えないこともありますので、どのような形で休むのか、休職するのかどうかは、師長と相談してください。

ただ、どんな形であれ、うつ病の場合は休まなくてはいけません。

うつ病は服薬治療も大切ですが、何よりも休むことが一番の治療法なのです。

ですから、新人看護師がうつ病になったら、診断書を持って師長に相談に行ってください。診断書があれば、師長もきちんと休ませてくれるはずです。

うつ病なのに無理をすると、うつ病はどんどん悪化していきます。また、休まずに服薬しながら慣れない仕事をすると、ミスを連発することになるでしょう。

ですから、新人看護師がうつ病になったら、とにかく休むようにしてください。うつ病が悪化したら、なかなか治らなくなります。うつは早期治療が重要なんです!

新人看護師がうつ病になったら、退職するのもあり

新人看護師がうつ病になったら、退職するのも選択肢の1つだと思います。

うつ病になって、師長に休ませてほしいことを伝えても、「新人なのに休むの?」のように嫌味を言われたり、たった3日しか休みをもらえなかったりすることがあるかもしれません。

また、あなたの気持ち的に、今の職場に大きなストレスを感じていたら、「もうあの職場で働くのは嫌だ」と思うこともあるでしょう。

「新人なのに休みをもらってしまったら、先輩看護師の手前、復帰しにくいな」と感じることがあるかもしれません。 

そういう場合は、思い切って退職してしまうのも良いと思います。うつ病になってしまったということは、その職場はあなたにあっていなかったんだと思います。

また、うつ病になるほど頑張りすぎていたあなたを、師長やプリセプター、先輩看護師はフォローしてくれましたか?フォローがなかったから、うつ病になってしまったのではないでしょうか?

それを考えたら、退職して心身ともに解放されて自由な状態で、うつ病を治すことに専念したほうが良いと思いますよね。

「新人看護師が退職しても大丈夫なの?」という疑問を持つ人もいるかもしれません。でも、大丈夫です。

うつ病が治ったら、また看護師として働くことができます。

看護師は国家資格であり、人手不足の職業ですから、うつ病で一度休憩を入れたとしても、また看護師として働けるんです。

新人看護師がうつ病になったら、ゆっくり休んでから再就職を!

新人看護師がうつ病になったら、とにかくゆっくり休んで、うつ病を治すことに専念してください。次を考えること、行動に移すことは、うつ病が治ってからで構いません。

ただ、念のため、うつ病が治った時には、どんなところに再就職すべきなのか、どんなところなら、うつ病を再発させずに済むのかを確認しておきましょうね。

Step1=うつ病の原因を考える

新人看護師がうつ病になったら、まずはなぜうつ病になってしまったのかを考えましょう。うつ病の原因を1つには絞り込めないかもしれません。

その時は、箇条書きにして書き出してみましょう。そして、その中でも「これが最大の原因」と思えるものに印をつけて下さい。

その最大の原因は、再就職する時には、必ず解決できなければいけません。

そうしないと、またうつ病を再発することになりますから、これはとても大切な作業になります。

Step2=求人選びをする

次に、求人選びをしましょう。うつ病から復帰する時には、Step1で考えた原因を解決できる求人を選ぶ必要がありますが、それ以外にも求人選びのポイントは、3つあります。

・急性期にこだわる必要はない
・人間関係が良いところを選ぶ
・教育体制も重視する

新人看護師は急性期病棟で働くのが普通ですが、うつ病から再就職する時には、急性期病棟にこだわりすぎる必要はないと思います。

まずは、看護師としてまた働くことが一番大切です。急性期病棟は看護スキルを身につけることができる一方で、新人看護師に大きなストレスがかかる職場です。

ぜひ急性期で働きたいという場合ならともかく、前の職場ではかなりきつかった、追い詰められたという人は、療養型病棟を選択して、少しゆとりを持って働くのも良いのではないでしょうか。

療養型病棟では、看護スキルを身につけにくい部分はありますが、そこは先輩看護師に積極的に自分から指導をお願いするなどの積極性があれば、補うことができると思います。

「新人看護師なのに、療養型病棟で働いても良いのかな?」と不安に思っている人は、「新人看護師が療養型病棟で働く2つのメリットと2つのデメリット、3つの注意点」を参考にして下さい。

これを読めば、療養型病棟で働くことへの不安が解消されるはずです。

次に人間関係が良いところを選んでください。看護師として働いてみて実感したと思いますが、看護師の仕事って、かなり人間関係が大切ですし、人間関係が大きなストレスになりますよね。

だから、優しく指導してくれる先輩、温かな雰囲気の職場、信頼できる師長がいる職場を選ぶようにしましょう。

そして、最後は教育体制を重視してください。あなたは、新人看護師の時に退職したのですから、まだまだ覚えなければいけないこと、学ぶべきことがたくさんあります。

ですから、教育体制は重視して下さい。療養型病棟などでは、新人看護師向けの教育体制が整っていないところも多いと思います。

でも、「職場全体で指導します」とか「きちんとプリセプターをつけて、マンツーマンで指導します」と言ってくれるところなら、大丈夫だと思います。

むしろ、研修がたくさん詰まっているところよりも、1人1人のスピードに合わせて指導してくれるところの方が、安心して働けるのではないでしょうか。

Step3=気楽に行こう!

再就職を決めたら、あとはあなたの心構え次第です。「また看護師として働くんだ!」と思ったら、「頑張らなくちゃ!」と気合が入ったり、緊張したりすると思います。

でも、気楽にいきましょう!前職では頑張りすぎてしまったんです。だから、今度は気楽に、良い意味で適当に気を抜いて、再就職してください。

仕事一色にならないように、プライベートを重視したり、疲れたと思ったら、頑張りすぎずに最低限のことだけやるようにしたり。

気楽にやることが、うつ病の再発を予防するコツです。気を抜き過ぎるのはダメですが、ある程度は適当で大丈夫ですよ!

まとめ

新人看護師がうつ病になった時の対処法をまとめましたが、いかがでしたか?

新人看護師がうつ病になったら、頑張りすぎずに、ゆっくり休んでうつ病を治すことに専念しましょう。

必要だったら、退職してゆっくり休んで、それから再就職することもできます。

うつ病から再就職する時には、転職サイトを使うと良いですよ。転職サイトなら、人間関係や教育制度などを調べてくれますので、うつ病から復帰しやすいのです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

看護roo!は看護師の口コミで急速に広がりつつある実力派サイトです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしており、 利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの 」求人と出会えます。※対応エリアは関東・関西・東海のみ

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。看護roo!との併 用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる