整形外科の看護師が辞めたいと思うのはどんな時?辞めたい時はどうすれば良い?

整形外科の看護師を辞めたいのは、力仕事が多いから?

整形外科の看護師が辞めたいと思うのはどんな時でしょうか?

整形外科は若い患者さんも多いし、意識がある人も多いから、明るくて楽しそう!というイメージがあるかもしれませんが、実際に働いてみると色々な悩みが出てくるんです。

整形外科の看護師が辞めたいと思う時と辞めたい時の解決法を一緒に考えてみましょう。

整形外科の看護師が辞めたい時=力仕事が多くて疲れる

整形外科の看護師が辞めたいと思う時は、力仕事が多くて体力的にきつい時です。整形外科は骨折などで、自力ではなかなか動けない患者さんが多いですよね。

そうすると、体位交換や排泄介助、車イスへの移動介助などの力仕事がどうしても多くなるんです。しかも、整形外科の患者さんはほかの診療科と比べて若い人も多いですよね。つまり、体格が良い人が多いんです。

小柄な女性看護師が、自分の体重の2倍はありそうな大柄な男性患者さんを車イスへ移動させるのは、いくら移動介助の方法を知っていても、かなりきついですよね。

ほかの看護師と2人でなんとか車イスに移動させた直後に、「やっぱり痛いからベッドに戻りたい」なんて言われたら、ゲッソリしますし、ちょっとイラッとしませんか?

1日1回1人の患者さんだけだったらまだ良いのですが、病棟の半分はベッド上安静や移動介助が必要だったら、もうクタクタ&ウンザリですよね。

看護師の職業病は腰痛と言われていますが、整形外科の看護師さんの腰痛の割合はとても高いと思います。力仕事が多くて毎日クタクタ、腰も痛いなどの悩みがあれば、「もう嫌!辞めたい」と思ってしまうのも当然です。

整形外科の看護師が辞めたい時=患者さんが面倒

整形外科の看護師を辞めたいのは、面倒な患者さんが多いから?

整形外科の看護師が辞めたい時は、患者さんとのコミュニケーションが面倒だと感じるときです。整形外科のメリットに、意識のある患者さんが多いというものがあります。

患者さんとしっかりコミュニケーションを取りながら看護をすれば、より良い看護ができるからですね。でも、あまり意識がはっきりしている患者さんばかりだと、正直ちょっと面倒だと感じるのは、あなただけではないと思います。

特に、整形外科の患者さんは体の一部だけの怪我、例えば大腿骨骨折の重傷で創外固定をしているけど、そのほかの部分は健康そのものという人も多いですよね。

そういう場合、ほかの内科や外科の患者さんとは違い、患者さんとではなく健康な人とのコミュニケーションのような感じになって、やりにくいと感じる看護師さんもいるんです。

それに加えて、整形外科は自分で動くことができない分、看護師に対する要求が細かかったりしますから。

整形外科の看護師が辞めたいと思ったら、どうすれば良いの?

整形外科の看護師が辞めたい場合、どうすれば?

整形外科の看護師が辞めたいと思ったら、どうすれば良いのでしょうか?辞めたい理由別に解決法を考えてみましょう!

力仕事が多くて辞めたい人

力仕事が多くて、もうウンザリ。クタクタだから辞めたいという人は、一度ボディメカニクスを見直してみませんか?看護学生時代に、「足を広げて基底面積を広く」、「重心は低く」、「てこの原理を用いて」とか習いませんでしたか?

看護学生時代は、ただ「ふ~ん」と思って聞いていただけかもしれませんが、このボディメカニクスを侮ってはいけません。

もし、今あなたが腕の力だけで体位交換をしたり、車椅子への移乗をしているなら、一度ボディメカニクスを意識して体を使って力仕事をしてみましょう。ビックリするほど力仕事が楽になるはずです。

もし、「ボディメカニクスをちゃんと使っているけど、どうしても体がつらい」、「腰痛が限界」という場合は、整形外科以外の力仕事が少ない部署へ異動させてもらいましょう。

それ以上我慢して続けていると、本当に体を壊してしまいます。体を壊したら看護師を続けられませんので、自分を守る意味でも師長に異動を相談してください。

患者さんとのコミュニケーションが面倒で辞めたい人

患者さんとのコミュニケーションを面倒だと感じて辞めたい人は、師長に相談して、整形外科以外の診療科へ異動しましょう。「患者さんとのコミュニケーションが面倒なんて、看護師として失格だわ」と思っているかもしれませんが、そんなことはありません。

看護師は天使でも聖人でもありませんので、面倒に感じることはたくさんあります。それが、あなたの場合、たまたま整形外科の患者さんとのコミュニケーションだっただけです。

違う診療科へ異動すれば、あなたの能力や長所を十分に発揮できて、「私、看護師が天職なのかも!」と思うようになるかもしれません。師長にお願いしても異動させてもらえない時は、転職することを考えましょう。

クリニックや介護士さんがいる介護施設は力仕事が少ないですし、寝たきりの患者さんが多い療養型病院は患者さんとのコミュニケーションが少なくて済みます。

転職する時は、転職サイトを使ってみませんか?転職サイトなら、力仕事は少なめ、患者さんとの面倒なコミュニケーションが少ないなどあなたの悩みを解決してくれる職場を簡単に探すことができますよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職といえばナース人材バンク、と言われるほどの人気サイトです。業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。オススメですよ♪

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

こちらも口コミでの人気が高いサービスです。沢山の非公開求人が用意されていますので、ナース人材バンクと併せてお使い頂くと間違いのない転職が出来ると思います。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる