整形外科の看護師が辞めたい理由と転職時の注意点を教えます!

整形外科の看護師が転職(辞める)理由には、どんなものがあるのでしょうか?

整形外科の看護師が辞めたい理由には、どんなものがあるのでしょうか?

また、整形外科の看護師さんが転職する時には、どんな注意点をチェックすれば転職を失敗せずに済むのでしょう?

整形外科で働いていて転職を考えている看護師さんは、これを読めば、転職成功間違いなしですよ!

整形外科の看護師が辞めたい理由はこの3つ!

整形外科の看護師の転職(辞める)理由はこの3つ!

整形外科の看護師が辞めたい理由には、どんなものがあるのでしょう?現役の整形外科看護師が「辞めたい」と思う理由の中で多いもの3つをご紹介します。

力仕事が多くて腰が痛いから辞めたい

整形外科の看護師の辞めたい理由の1つ目は、「力仕事が多くてクタクタ」というものです。整形外科は骨折の患者さんが多いので、ADLが制限されている人が多いんです。

ベッド上安静だったり、移動には介助が必要だったり。そういう人の看護をするのは、自ずと力仕事が多くなるんですよね。

整形外科で働いていると、力仕事が多くて体力的にきつかったり、腰痛に悩まされることも多いので、辞めたいと思うようになるんです。

介護士みたいな仕事ばかりだから辞めたい

整形外科の看護師の辞めたい理由の2つ目は、介護士のような仕事が多くて、看護師としてのやりがいを感じないというものです。

先ほども説明しましたが、整形外科はADLが制限されているので、移動介助や排泄介助、食事介助などの仕事が多くなります。

そうすると、「私って看護師なのに、なんだか介護士みたいな仕事ばかりだなぁ」と思うようになり、看護スキルが上がらないことに不安を感じて、整形外科を辞めたいと考えるようになるんです。

患者さんが面倒くさいから辞めたい

整形外科の看護師の辞めたい理由の3つ目は、患者さんが面倒くさいことです。何度も言っていますが、整形外科の患者さんはADLが低く、自分で思うように動けない人が多いんです。

でも、整形外科の患者さんは、特に脳の疾患があるわけではなく、意識レベルはクリアな人がほとんどです。

意識がクリアだけど、思うように動けないとなると、どうしても看護師に対する要求が細かくなるんですよね。

忙しくてナースコールへの対応が遅くなってしまったら、文句をグチグチ言われたり、食事介助中も食べる順番を細かく指示されたり。

整形外科のすべての患者さんが面倒くさいというわけではありませんが、そういう患者さんを多く受け持つと、「私って、なんだかお手伝いさんみたいなんだけど…」と思うようになって、転職を考えるようになります。

整形外科の看護師が辞めたい時の転職先の注意点は?

整形外科の看護師が転職する時のチェックポイントは?

整形外科の看護師が辞めたい時には、どんな注意点をチェックすれば、納得できる転職をすることができるのでしょうか?

今の整形外科を辞めて違う整形外科へ転職する場合と、今の整形外科を辞めて違う診療科や分野へ転職する場合の2つのケースで考えていきましょう!

力仕事が多くて腰が痛いから辞めたい場合

力仕事が多くて腰が痛いから、転職したいと考えている看護師さんは、転職先を選ぶときにどんな注意点をチェックすれば良いのでしょうか?

今の整形外科を辞めて違う整形外科へ転職したい場合

力仕事が多くて嫌だけど、そのほかの仕事に関しては整形外科で満足している、やりがいを感じているという看護師さんは、整形外科のクリニックや外来へ転職してはいかがでしょうか?

整形外科でもクリニックや外来なら、自分である程度動ける患者さんばかりですので、力仕事は少なめになります。

もし整形外科病棟で働きたい場合は、スライディングシートや移動用のリフトがある病院の整形外科病棟を選ぶと、体力的な負担が少なくなるはずです。また、介護士さんがいる病院を選んでも、体力的な負担が少なくなるでしょう。

今の整形外科を辞めて違う診療科や分野へ転職したい場合

整形外科を辞めて違う診療科や分野へ転職したい場合は、体力的に楽なところを選びましょう。体力的に楽な職場は、先ほども触れましたが介護士さんがいる職場です。

療養型病院や介護施設は介護士が配置されていますので、看護師は看護業務に専念出来て、力仕事をしなくて済みます。

介護士みたいな仕事で嫌だから辞めたい場合

整形外科での看護師の仕事が、介護士みたいだから転職したい場合の注意点は何でしょうか?

今の整形外科を辞めて違う整形外科に転職したい場合

今の整形外科を辞めて違う整形外科に転職したい場合は、介護士さんが配置されている整形外科を選びましょう。

介護士さんがいれば、介護業務は介護士さんが担当しますので、看護師は看護業務に専念することができます。

また、看護スキルを高めたいなら、三次救急がある病院の整形外科病棟が良いでしょう。

三次救急がある病院には、重症な交通外傷の患者さんが運ばれてきます。

そのため、頚椎損傷や骨盤骨折などの命に関わる重症な患者さんの看護ができますので、看護師としてのスキルアップができますし、やりがいを感じることができるでしょう。

今の整形外科を辞めて違う診療科や分野へ転職したい場合

今の整形外科を辞めて違う診療科や分野へ転職したい場合は、「看護業務に専念したい」なら介護士さんがいる療養型病院や介護施設がおすすめです。

ただ、介護士さんがいても、職場によっては看護師も積極的に介護業務を手伝うという方針のところもありますので、看護師は看護業務に専念できるのかをあらかじめチェックしておくと安心です。

患者さんが面倒くさくて辞めたい場合

患者さんが面倒くさくて、転職したい場合は、どんな注意点に注意して転職先を選べば良いのでしょうか?

今の整形外科を辞めて違う整形外科に転職したい場合

患者さんが面倒だから転職したいけど、もしその問題が解決するなら、整形外科で働きたいという場合は、整形外科病棟ではなく整形外科の外来やクリニックに転職すると良いでしょう。

整形外科の患者さんは意識はクリアなのに動けないから、要求が細かくなるんです。ある程度自分で動けるなら、看護師への要求は少なくなりますので、面倒に感じることもありません。

今の整形外科を辞めて違う診療科や分野へ転職したい場合

患者さんが面倒だから整形外科を辞めて違う診療科や分野へ転職したい場合は、動けて意識が多い患者さんが多いクリニックや外来でも良いのですが、意識がない患者さんが多い職場へ転職すると良いでしょう。

意識がない患者さんが多いのは、ICUやCCU、脳神経外科、オペ室などですね。患者さんとのコミュニケーションが面倒くさい、煩わしいと感じたら、これらの職場を転職先の候補にすると良いでしょう。

まとめ

まとめ

整形外科の看護師の辞めたい理由3つと転職の際の注意点をご紹介しましたが、いかがでしたか?

同じ悩みを持って転職したいと思っていても、今の整形外科を辞めて違う整形外科に転職したいのか、今の整形外科を辞めて違う診療科や分野へ転職したいのかによって、注意点は異なりますので注意してくださいね。

ちなみに、これから整形外科への転職を考えている人は、整形外科へ転職する場合のポイントをまとめた記事もありますので、そちらも参考にすると、さらに転職成功に大きく一歩近づきますよ。

整形外科で働いていて転職したいと思っている看護師さんは、転職サイトを利用しましょう。

転職サイトなら、介護士さんがいるかどうか、スライディングシートや移動用リフトはあるか、看護師は看護業務に専念できるか等を調べてくれますので、失敗せずに満足できる転職ができるはずです!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職といえばナース人材バンク、と言われるほどの人気サイトです。業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。オススメですよ♪

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

こちらも口コミでの人気が高いサービスです。沢山の非公開求人が用意されていますので、ナース人材バンクと併せてお使い頂くと間違いのない転職が出来ると思います。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる