看護師が救急外来へ転職|仕事の特徴、メリット・デメリット、向いている人、注意点

看護師が救急外来に転職する時には、救急外来の仕事の特徴や救急外来へ転職するメリット・デメリット、救急外来に向いている人や転職の注意点を知っておく必要があります。

看護師が救急外来に転職する時には、救急外来の仕事の特徴や救急外来へ転職するメリット・デメリット、救急外来に向いている人や転職の注意点を知っておく必要があります。

救急外来への転職を考えている看護師さんは、まずはこれを読んでから転職活動を始めましょう。

看護師が救急外来に転職するなら、救急外来の仕事の特徴を知りましょう

看護師が救急外来に転職するなら、救急外来の仕事の特徴を知りましょう

看護師が救急外来に転職するなら、まずは救急外来の仕事の特徴を知りましょう。救急外来とは、どんな特徴を持った職場なのでしょうか?

救急外来の仕事の特徴は、1次救急&2次救急を扱うこと

救急外来の仕事の特徴は、1次救急と2次救急を扱うことです。

日本の救急システムは1次救急、2次救急、3次救急の3つに分けられていて、1次救急はそのまま帰宅可能な軽症患者、2次救急は入院加療が必要な中等症患者、3次救急は集中治療が必要な重症患者です。

救急外来ではこの中の1次救急と2次救急に対応している部署になります。

ただ、1次救急と2次救急だから、重症患者が来ないわけではなく、軽症だと思っていたら、実は重症だったりすることはよくあります。

救急外来の仕事の特徴は、看護師は夜勤中心の勤務になること

救急外来の仕事の特徴の2つ目は、救急外来の看護師は夜勤中心の勤務になることです。救急外来に来る患者さんは、救急搬送される人だけではありません。自力で来る人(ウォークイン)もいます。

日中だったら、一般外来やクリニックが開いていますので、そちらを受診することができますが、夜間は救急外来を受診するしかありません。

つまり、救急外来は、日中よりも夜間の方が患者さんが多いのです。ということは、救急外来で働く看護師は日勤よりも夜勤が多くなります。夜間帯の方が、人手が必要になりますので、仕方がないことですね。

病院によって規模がぜんぜん違うことも、救急外来の仕事の特徴

救急外来の仕事の特徴の3つ目は、病院によって救急外来の規模がぜんぜん違うことです。救急外来と言っても、軽症の1次救急しか受け入れておらず、レントゲンと簡単な血液検査しかできないような救急外来もあります。

でも、2次救急までしか受け入れない救急外来なのに、実際は3次救急のような重症患者さんも受け入れている「2.5次救急」と呼ばれるような救急外来もあります。

基本は2次救急だけど、循環器だけは3次までOKのような特定の診療科は3次救急も受け入れるような救急外来もあるんです。

そのため、「救急外来」と言っても、病院によって患者さんの重症度は全く違うことが、救急外来の特徴と言えるでしょう。

看護師が救急外来に転職する4つのメリット

看護師が救急外来に転職する4つのメリット

看護師が救急外来に転職するメリットは4つあります。救急外来に転職すると、どんなメリットがあるのか説明しています。

救急外来に転職するメリットは、看護スキルが身につくこと

救急外来に転職するメリットの1つ目は、看護スキルが身につくことです。救急外来では、診療科関係なく、いろいろな疾患の患者さんが受診します。年齢も赤ちゃんから高齢者まで非常に幅広いんです。

しかも、救急外来は診断がついていません。症状から、疾患を推測し、検査をして確定していくことになります。そのため、看護師は幅広い知識を身につけることができるんです。

また、命の危機に瀕している患者さんが多いので、素早く確実な看護スキルが求められます。

救急外来に転職するとやりがいを感じやすいこともメリットの1つ

救急外来に転職するメリットの2つ目は、やりがいを感じられることです。救急外来は救急搬送されてきた患者さんや夜間に突然具合が悪くなった人に、素早く対処して、治療する部署になります。

そのため、「患者さんの命を助けている」というやりがいを実感しやすいのです。特に、救急外来では、処置をすることでみるみる状態が安定したり、患者さんの苦痛が軽減することが多いので、「患者さんを助けた」と実感しやすいと思います。

救急外来で働くと給料が高めになるメリットがあります

救急外来に転職するメリットの3つ目は、給料が高めになることです。救急外来で働くと、危険手当などの特別手当がつくことがあります。

また、夜勤が多く、忙しい救急外来は残業も多めになるので、夜勤手当と時間外手当も多めになりますので、給料が高めになるのです。

少しでも稼ぎたい看護師さんにとっては、救急外来に転職するのは、大きなメリットと言えるでしょう。

救急外来のメリットは将来の転職にも有利になること

救急外来のメリットの4つ目は、将来の転職に有利になることです。救急外来に転職すると、将来の転職に有利になるんです。

なぜなら、救急外来で働けば、幅広い看護スキルが身につくからです。救急外来で働いていれば、どんな診療科にも対応できます。赤ちゃんから高齢者まで対応できます。

そのため、救急外来で働くと「できる看護師」になります。そして、周囲からもそのように思われます。

履歴書に「救急外来勤務経験あり」と書けば、「お!この看護師さんは即戦力になれるな」と転職先に思ってもらえますので、採用される可能性が高くなるんです。

看護師が救急外来に転職する3つのデメリット

看護師が救急外来に転職する3つのデメリット

看護師が救急外来に転職すると、3つのデメリットが出てきます。どんなデメリットがあるのかを確認していきましょう。

救急外来に転職するデメリットは心身ともにハードなこと

救急外来に転職するデメリットの1つ目は、心身ともにハードなことです。救急外来では少しのミスが命取りになりますので、ミスは許されませんし、スピードも求められます。

また、救急搬送が重なったり、ウォークインの患者さんが急変したりと、とてつもなく忙しくなることもよくあります。

さらに、忙しいので残業も多くなります。救急外来の特性上、夜勤も多くなります。そのため、救急外来での仕事は心身ともにとてもハードなのです。

救急外来に転職すると、患者対応が面倒なことがデメリット

救急外来に転職するデメリットの2つ目は、患者対応が面倒なことです。救急外来って、モンスターペイシェントが多いのです。

救急外来は本当は緊急性のある患者さんが受診するためのものですが、「日中は混んでるから、夜に受診に来た」というような一般的にはちょっと非常識な患者さんも受診します。

また、一般外来やクリニックは来院順に診察しますが、救急外来では緊急度を考慮して、診察順を決めますので、早く来院しても緊急性はないと判断されたら、診察が後回しになることもあるのです。

そうすると、「俺の方が先に病院に来ていたのに、何で診察は遅いんだ!謝罪しろ!土下座しろ!」というクレームを言ってくる患者もいます。

そのほか、「なんで薬は1日分しか処方しないんだ!1週間分まとめてくれよ!こっちは忙しいんだよ!」と無理なことを要求してくる人もいます。

救急外来の看護師はこのような患者にも対応しなければならず、忙しい中で精神的なストレスを抱えながら働かなくてはいけないのです。

勉強すべきことがたくさんあることもデメリットの1つ

救急外来に転職するデメリットの3つ目は、勉強しなければいけないことがたくさんあることです。

救急外来に転職するメリットのところで、幅広い看護スキルを身につけられると言いましたが、ただ漠然と働いていたら、身につくものではありませんよね。

幅広いスキルを身につけるには、きちんと勉強し、努力しなければいけません。診療科を超えた勉強範囲、赤ちゃんから高齢者までの年齢層をカバーするのは、並大抵の努力では無理です。

ですから、救急外来に転職すると、幅広い看護スキルを身につけられる一方で、それなりの努力も必要になるのです。

救急外来の仕事に向いている看護師のタイプを知りましょう

救急外来の仕事に向いている看護師のタイプを知りましょう

看護師が救急外来に転職するなら、救急外来の仕事に向いているタイプを知りましょう。救急外来に向いているタイプの看護師さんは、次の3タイプになります。

救急外来の仕事に向いているのは、「人の命を助けたい!」と思っている看護師さん

救急外来の仕事に向いているのは、「人の命を助けたい!」と思っている看護師さんです。患者さんと寄り添い、一緒に一歩一歩歩みたいという看護観の看護師さんは、救急外来に向いていません。

とにかく、命の危機に瀕している患者さんを助けること、重症な患者さんの看護をすることにやりがいを感じるような、急性期看護や救急看護に興味がある看護師さんが、救急外来に向いているんです。

救急外来の仕事に向いているのは、とにかく実力をつけたい人

救急外来の仕事に向いているのは、看護師としての実力をつけたい看護師さんです。少しくらいきついのは仕方がないけれど、今は看護師としての土台を築きたい、どんなことにも対応できるだけの実力が欲しいという人は、救急外来に転職しましょう。

そうすれば、救急外来の仕事が一通りできるようになるころには、「できる看護師」になることができるでしょう。

救急外来の仕事は夜勤が好きな看護師さんに向いている部署

救急外来の仕事に向いているタイプは、夜勤が好きな看護師さんです。日勤よりも夜勤の方が好きという看護師さんは少数派ですが、ゼロではないですよね。私もその少数派の1人です。

朝早起きして、満員電車に揺られて出勤するくらいなら、ゆっくり寝てまとめて長時間の夜勤に入って働いて、プライベートな時間を確保できた方が良いという看護師さんは、それなりにいると思います。

特に、独身の看護師さんは「5日勤は無理!それなら、1日勤2夜勤の方が絶対に良い」という人が多いですよね。

救急外来は夜勤の方が多くなるので、夜勤が好きな看護師でないと働いていけないんです。

看護師が救急外来に転職する時の求人選びの7つの注意点

看護師が救急外来に転職する時の求人選びの7つの注意点

看護師が救急外来に転職する時の求人選びの注意点は7つあります。どんなことに注意して救急外来を選ぶと、求人選びに後悔せずに済むのかを知っておきましょう。

求人選びの注意点は、どの規模の救急外来なのか

求人選びの注意点の1つ目は、どの規模の救急外来なのかです。1次救急しか受け入れないのか、救急外来と言いつつも3次救急のような重症患者まで受け入れているのか、救急外来の規模によって、看護師の仕事も変わってきます。

重症な患者さんにも対応したいなら、重症患者さんが多めの救急外来を選ぶべきですし、イマイチ自信がないから、最初は軽症の患者さん中心の救急外来が良いという人は、1次救急しか受け入れないような救急外来を選びましょう。

求人選びをするならER型の救急外来かどうかも注意点の1つです

救急外来の求人選びの注意点の2つ目は、ER型の救急外来かどうかです。従来の救急外来は、各診療科の当直医が当番制で救急の患者を診察していました。

ER型は初診は全て救急医や総合診療医と言われる専門のドクターが診察してから、各診療科に振り分ける救急外来になります。

このER型の救急外来は看護師のトリアージがとても重要になります。

また、従来の救急外来だとアルバイトの若手医師が当直していることが多く、看護師がしっかりしていないとグダグダで診療が進まなかったり、診療ミスを犯す可能性もありますので、看護師の気苦労が多くなることもあります。

求人を選ぶなら看護師は何人体制かも注意点です

救急外来の求人選びの注意点の3つ目は、看護師が何人体制かです。救急外来の規模によっても異なりますが、夜勤は看護師3~4人で働くところもあれば、1人だけで働くところもあります。

夜勤中に看護師1人だけって、相当辛いですよね。たとえ、搬送件数がそれほど多くない救急外来だとしても、やっぱり1人は不安です。

救急車が立て続けに来る可能性もありますし、搬送されてきた患者さんを処置している時に、ウォークインの患者さんがどっと押し寄せることもあります。

看護師が複数人で働いていれば、それぞれがフォローし合いながら働けるので、忙しくても、心強いのですが、1人だとどうしようもない絶望感に襲われるだけです。

救急外来未経験の看護師さんが、救急外来に転職するなら、看護師1人体制の救急外来は絶対に避けたほうが良いでしょう。

求人選びの注意点は夜間に常勤の医療事務や当直師長はいるかどうか

救急外来の求人選びの注意点の4つ目は、夜間に常勤の医療事務がいるかどうかです。もし、医療事務で常勤がいなければ、当直師長のようにいざという時に頼れる人がいるだけでもOKです。

救急外来はクレーマーが多いですので、いちいち看護師がクレーマーの対応をしていたら、診療が進みません。そういう時に、常勤の医療事務が対応してくれると、ストレスはだいぶ違いますよね。

救急外来の夜間の医療事務は派遣が多いのですが、派遣の場合は常勤の看護師に頼ってくることがあるんです。

また、当直師長がいてトラブルになった時に頼れる責任者がいるだけでも違います。当直師長がいると、いきなりとてつもなく忙しくなった時に、ほかの暇な病棟から手伝いの看護師を回してもらえるように頼めるのもメリットですね。

求人選びの注意点は年間の救急搬送件数と残業時間

求人選びの注意点の5つ目は、年間の救急搬送件数と残業時間です。年間1万件近く搬送されてくる救急外来もありますが、1日1件来るか来ないか程度の救急外来もあります。

また、残業がほとんどなくて、勤務交代時間になれば、全部引き継いですぐに帰れるような救急外来がある一方で、自分の勤務時間に来た患者さんは、基本的に自分が担当して、全ての処置が終わって落ち着いたら帰るというような救急外来もあります。

救急外来を希望する看護師さんは、ある程度忙しいのは覚悟の上だと思いますが、余りにも忙しいのは嫌ですよね。

そのため、年間搬送件数と残業時間をチェックしておきましょう。特に、残業時間は要チェックです!

求人選びをするなら専任か兼任かも注意点の1つ

救急外来の求人選びをするなら、救急外来専任なのか、他の部署と兼任なのかもチェックしましょう。救急外来の看護師は救急外来に所属して、救急外来だけで働くケースと、一般外来や病棟と掛け持ちで働くケースがあります。

また、夜勤だけ手術室と兼任で働くケースもあります。ただ、手術室と兼任の場合は、手術室所属になるので、「救急外来の求人」というわけではないことが多いですが。

一般外来や病棟と兼任の場合は、普段は外来や病棟でフリー業務をしていて、救急車が来ると救急外来で働くようになりますので、搬送件数によっては病棟や外来で働いている時間の方が長くなってしまいます。

そうすると、幅広い業務を行える一方で、「これじゃ救急外来に転職した意味がないな」ということになりますよね。そのため、救急外来の求人を選ぶ時には、専任か兼任かに注意しましょう。

夜勤制か当直制かも大切な注意点

夜勤制か当直制かも、救急外来の求人を選ぶ上で大切な注意点になります。救急外来には、当直制のところもあるのです。

当直制は救急車が来ない限りは病院内で自由に休んでいられて、救急車が来たら働くような勤務体制です。

「当直制の救急外来なら、そんなに忙しくないから楽なのでは?」と思いますよね。確かに、夜勤制のところよりは、忙しいことは少ないと思います。

でも、救急車が立て続けに来る可能性だってあります。なんだかんだと忙しくて、ほとんど休めなかったということもあります。

そして、当直制の一番の問題は、週40時間労働に含まれず、時間外勤務になることです。ということは、日勤後にそのまま当直として病院に残り、救急車が来たら働いて、翌朝はまた日勤というシフトもあり得るのです。

さすがにそんな鬼のようなシフトを組む救急外来は少ないとは思いますが、労働基準法違反ではないので、そんなシフトを組まれても、誰も咎めることはできません。

また、いくら働かなくても良いとは言っても、病院内だったら、心から休むことはできませんよね。

ですから、当直制はそこまで忙しいことは少なくても、デメリットがあることを知って、夜勤制と当直制のどちらが良いかを決めると良いでしょう。

まとめ

まとめ

救急外来の仕事の特徴や救急外来に転職するメリットとデメリット、向いている人、注意点をまとめました。

救急外来は病院によって、忙しさや特徴、患者さんの重症度、勤務体制などが大きく違いますので、どのような救急外来なのか、こだわりを持って選びましょう。

救急外来へ転職したい看護師さんは、転職サイトを使うと良いですよ。

転職サイトなら、救急外来に配属確約の求人を扱っていますし、7つの注意点をいろいろ調べてくれますので、希望に合った救急外来で働くことができるのです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職といえばナース人材バンク、と言われるほどの人気サイトです。業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。オススメですよ♪

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

こちらも口コミでの人気が高いサービスです。沢山の非公開求人が用意されていますので、ナース人材バンクと併せてお使い頂くと間違いのない転職が出来ると思います。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる