看護師が救命救急センターに転職|仕事の特徴やメリット・デメリット、向いている人、注意点

看護師が救命救急センターに転職するなら、救命救急センターの仕事の特徴やメリット・デメリット、向いている人、注意点を知っておきましょう。

看護師が救命救急センターに転職するなら、救命救急センターの仕事の特徴やメリット・デメリット、向いている人、注意点を知っておきましょう。

救命救急センターは憧れだけではやっていけません。救命救急センターのことを詳しく知ってから、救命救急センターに転職するかを決めると良いですよ。

看護師が救命救急センターに転職するなら、救命救急センターの仕事の特徴を知りましょう

看護師が救命救急センターに転職するなら、救命救急センターの仕事の特徴を知りましょう

看護師が救命救急センターに転職するなら、救命救急センターの仕事の特徴を知りましょう。救命救急センターの特徴は主に2つあります。

救命救急センターの仕事の特徴は3次救急を扱うこと

救命救急センターの仕事の特徴の1つ目は、3次救急を扱うことです。

日本の救急医療制度は、1次救急(軽症)、2次救急(中等症)、3次救急(重症)の3カテゴリーに分けられていますが、救命救急センターは3次救急を専門に扱う部署になります。

そのため、救命救急センターは文字通り命の危機に瀕した患者さんが運ばれてきますので、24時間体制で、どんな疾患の患者さんも受け入れられるような体制を整えておく必要があります。

また、どんな患者さんが運ばれてきても対応できるように最新の医療機器を取りそろえ、高度な医療を提供できるように準備しています。

救命救急センターの仕事の特徴は病棟もあること

救命救急センターの仕事の特徴は、病棟があることです。救命救急センターやERというと、救急車から患者さんが運ばれてきて、慌ただしく初療を行うイメージがあるかもしれません。

では、初療を行ったあとはどうするのかというと、一般病棟ではなく、救命救急センターの病棟である救命病棟に入院することになります。

救命救急センターは、初療室+救命病棟からなっている部署なのです。そのため、救命救急センターで働くと、初療にも入りますが、入院している患者さんの看護も行うことになります。

看護師が救命救急センターに転職する4つのメリット

看護師が救命救急センターに転職する4つのメリット

看護師が救命救急センターに転職すると、4つのメリットがあります。救命救急センターに転職すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

命を救っているというやりがいを感じることが救命救急センターの最大のメリット

救命救急センターに転職するメリットの1つ目は、やりがいです。救命救急センターに運ばれてくる患者さんは、みんな命の危機に瀕しています。

そのような患者さんの初療を行って、命の繋ぎ止め、救命病棟で全身管理をして、徐々に回復していく患者さんを見ると、「患者さんを救うことができた」という実感を得ることができ、救急看護師としてやりがいを感じることができるでしょう。

幅広い看護知識・看護技術が身につくことが救命救急センターのメリット

救命救急センターに転職するメリットの2つ目は、幅広い看護知識と看護技術を身につけることができることです。

救命救急センターには、ありとあらゆる疾患の患者さんが運ばれてきます。脳外科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、消化器外科、腎臓内科、整形外科、形成外科、小児科などなど。

また、0歳の乳児から100歳以上のお年寄りまで搬送されてきますので、救命救急センターで働くと、とてつもなく幅広い看護知識・技術を身につけられるのです。

しかも、救命救急センターは初療+病棟になりますので、救急外来とICUの両方を経験しているようなものですから、救命救急センターで働けば、どんな疾患にも対応できるようになるでしょう。

救命救急センターのメリットは急変対応に強くなること

救命救急センターのメリットの3つ目は、急変対応に強くなることです。救命救急センターの初療室は、救急隊からの断片的な情報しかない状態で、治療を始めます。もちろん、患者さんの状態はとてつもなく悪い状態からのスタートです。

つまり、救命救急センターの初療は、一般的な「急変」よりも条件が悪い状態の処置を毎日のように行っているんです。また、救命病棟でも状態が不安定な患者さんが多いので、急変は日常茶飯事です。

入院中に大量出血が起こって、手術室への移動が間に合わず、救命病棟のベッドで止血のための手術を始めることもあるほどです。

ですから、救命救急センターで働いていれば、一般病棟レベルの急変は全く怖いと思うことなく、慌てずに冷静に対応することができるのです。

意外!?残業がほとんどないこともメリットです

救命救急センターのメリットの4つ目は、残業がほとんどないことです。救命救急センターは24時間365日、いつでも救急搬送を受け入れる体制を整えておかなくてはいけないので、日勤と夜勤で看護師の人数が変わらないんです。

そのため、忙しくても勤務交代時に引継ぎをしてしまえば、それで勤務終了になります。

もちろん、自分がやり残した仕事、自分がやらなければいけない仕事が残っていれば、残業をしなければいけませんが、基本的には定時退勤できます。

私が救命救急センターで働いていた時は、月の残業時間は5時間未満で、残業しても30分程度、1時間以上残業するのは年に数回程度しかありませんでした。

看護師が救命救急センターに転職する4つのデメリット

看護師が救命救急センターに転職する4つのメリット

看護師が救命救急センターに転職するデメリットを考えていきましょう。看護師が救命救急センターに転職するデメリットは4つあります。

夜勤が多いことが救命救急センターのデメリット

救命救急センターに転職するデメリットの1つ目は、夜勤が多いことです。先ほども説明しましたが、救命救急センターでは日勤も夜勤も看護師の人数が変わりませんので、救命救急センターの看護師はどうしても夜勤が多くなるのです。

私が救命救急センターで働いていた時は、夜勤は月に6~7回、日勤は5~7回でしたので、夜勤の方が多い月もあったほどです。

夜勤が苦手な看護師さんにとっては、この夜勤の多さは大きなデメリットになるかもしれませんね。

救命救急センターのデメリットはいつも緊張しながら働くことになること

救命救急センターのデメリットの2つ目は、いつも緊張しながら働かなくてはいけないことです。

初療中に気を抜くことができないのはもちろんですが、救急車が来ていない時でも、救命病棟には超重症な患者さんが入院していますので、一瞬も気を抜くことができません。

いつも「少しのミスが患者さんの命を左右する」というプレッシャーの中で働かなくてはいけないので精神的に疲れることが多々あります。

勉強することが多いのも救命救急センターのデメリットの1つ

救命救急センターに転職する看護師のデメリットの3つ目は、勉強することが多いことです。救命救急センターでは幅広い看護知識・技術を身につけることができますが、そのためにはきちんと勉強しなければいけません。

自分でも勉強をしなければいけませんし、センター内でも勉強会が頻繁に開催されています。センター内の勉強会は、基本的に強制参加なので、勉強会のために夜勤明けや休みの日でも病院に来なければならず、プライベートな時間が削られてしまうのです。

救命救急センターでは「ありがとう」を言われないこともデメリットかも?

救命救急センターに転職するデメリットの4つ目は、一般病棟のように患者さんから「ありがとう」と言われる機会が少ないことです。

全ての患者さんの意識がないわけではありませんが、重症な患者さんが多いため、意識がない患者さんが多いんです。または、脳低温療法などで鎮静下に置かれていたり。

意識がある患者さんも失見当があったり、不穏気味だったり、高次脳機能障害があったりして、意識がクリアな人は少ないので、患者さんから「ありがとう」と言われる機会がなく、看護師によってはやりがいを感じないということもあるんです。

救命救急センターの仕事に向いている看護師のタイプを知りましょう

看護師が救命救急センターに転職するなら、救命救急センターに向いているタイプを知りましょう

看護師が救命救急センターに転職するなら、救命救急センターの仕事に向いている看護師のタイプを知りましょう。どんな看護師さんが救命救急センターに向いているのでしょうか?

救命救急センターの仕事に向いているのは、救急看護にも集中ケアにも興味がある人

救命救急センターの仕事に向いているのは、救急看護にも集中ケアにも興味がある人です。

救急車で搬送されてた患者さんの処置をテキパキやりたいけれど、重症な患者さんの全身管理にも興味があるという人は、救命救急センターに向いています。

救命救急センターは救急外来(しかも重症)+ICUのような場所ですので、救急看護も実践できるし、重症な患者さんの集中ケアも実践できるんです。

救急看護もやりたいし、集中ケアもやりたいという欲張りな看護師さんは、救命救急センターに転職すると良いでしょう。

救命救急センターの仕事に向いているのは、向上心のある人

救命救急センターの仕事に向いているのは、向上心のある人です。これは、「向いている」というよりも向上心がないとやっていけないと言ったほうが良いかもしれません。

救命救急センターは体力的にも精神的にもきつい職場です。夜勤は多いし、常にバタバタしているし、ADLが低い患者さんしかいないので、力仕事も多いですし。

命の危機に瀕している患者さんの看護は精神的なプレッシャーを感じながら働かなくてはいけません。

しかも、救命救急センターは診療科を問わないので、看護師は幅広い知識・技術を要求されますし、難しい医療機器もたくさんあります。最新の治療法も取り入れられます。

つまり、救命救急センターの看護師は、勉強しなければいけないことがたくさんあるのです。

心身ともにきつい職場環境の中で、勉強を続けるのは、向上心がないとやっていけません。

勉強しなかったら、仕事についていけませんので、救命救急センターの看護師は向上心がある人が向いているのです。

看護師が救命救急センターに転職する時の求人選び3つの注意点

看護師が救命救急センターに転職する時の求人選び3つの注意点

看護師が救命救急センターに転職するなら、求人選びの3つの注意点を知っておきましょう。

3つの注意点をチェックしながら求人選びをすれば、理想的な救命救急センターを選ぶことができるはずです。

救命救急センターの求人選びの注意点は、高度救命救急センターかどうか

救命救急センタ―の求人選びの注意点の1つ目は、高度救命救急センターかどうかです。

高度救命救急センターは、救命救急センターの中でも特に高度な診療を提供する施設のことです。

つまり、高度救命救急センターは救命救急センターの上位版ということになります。

実際は、そこまで患者さんの重症度に差はないことが多いのですが、少しでも重症な患者さんの救急看護をしたい看護師さんは、高度救命救急センターを選ぶと良いでしょう。

高度救命救急センターは全国に36施設しかありません。

ドクターヘリを運用しているかどうかも注意点の1つ

救命救急センターの求人選びの注意点の2つ目は、ドクターヘリを運用しているかどうかです。

ドクターヘリで空を飛んで患者さんのもとへ駆けつけるフライトナースに憧れている看護師さんは、ドクターヘリを運用している救命救急センターを選ぶと良いでしょう。

フライトナースになるためには、救命救急センターで救急看護の経験を積んで、スキルアップし、病院内の基準を満たして選出されないといけませんので、救命救急センターに転職したからといって、すぐにフライトナースになれるわけではありません。

でも、フライトナースを目指すなら、まずはドクターヘリのある救命救急センターに転職することが第一歩になりますので、ドクターヘリを運用しているかどうかをチェックして求人を選ぶと良いでしょう。

救命救急センターの求人を探すなら、勉強会の頻度も注意点の1つです

救命救急センターの求人を探すなら、勉強会の頻度も注意点の1つになります。

救命救急センターの看護師は、常に勉強を続けて、高いスキルを維持しなければいけないので、救命救急センターでは勉強会が頻回に開催されています。

勉強会はスキルアップのためには必要なものですが、あまりに頻度が多いと、プライベートな時間がどんどん削られますので、ちょっと嫌ですよね。

月に2~3回も休みの日や夜勤明けの日に病院に行かなくてはいけないのは、さすがに苦痛に感じます。

そのため、勉強会は無理なく参加できる頻度かどうかを確認しておくと良いでしょう。

まとめ

まとめ

救命救急センターに転職したい看護師さんのために、救命救急センターの仕事の特徴やメリット・デメリット、向いている人、注意点をまとめました。

救命救急センターに転職したい看護師さんは、看護師転職サイトを使うと良いですよ。救命救急センターで働きたい看護師さんにとって、一番の心配は「配属されるかどうか」です。

看護師転職サイトなら、担当コンサルタントに「救命救急センターで働きたい」と告げれば、配属交渉をしてくれますので、「採用なら、救命救急センターに配属」という約束で、採用試験を受けることができるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた 求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉し いところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見 つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイト です。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメ です。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる