循環器の看護師が転職する(辞める)理由と転職先を選ぶポイントを教えます!

循環器の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるのでしょうか?

循環器の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるのでしょうか?

また、循環器の看護師が転職する場合は、どんなことに注意して転職先を選べば良いのでしょう?

転職を考えている循環器の看護師さんは、これを読めば転職に失敗せずに、「転職して良かった!」と思えるはずです。

循環器の看護師が転職する(辞める)4つの理由

循環器の看護師が転職する(辞める)4つの理由

循環器の看護師が転職する(辞める)理由は、主に4つあります。

転職先を選ぶ前に、まずは循環器の看護師さんがどんな理由で辞めたいと思うのかを知っておきましょう。

忙しすぎて疲れた

忙しすぎて疲れた

循環器の看護師さんが転職する理由の1つ目は、忙しすぎて疲れたことです。

循環器は重症の患者さんが多くて気が抜けませんし、急変が多いのでいつもバタバタとして忙しいんです。

毎日のように残業しなければいけない職場も多いですよね。

いつも忙しくて残業するのが当たり前という環境で働いていたら、「もう無理、疲れた」と限界を感じて、転職を考えるようになります。

精神的なプレッシャーから解放されたい

精神的なプレッシャーから解放されたい

循環器の看護師さんが転職する理由の2つ目は、精神的なプレッシャーから解放されたいということです。

循環器の患者さんは命に直結する疾患を持っていますし、患者さんが急変すると命の危機に瀕します。

そのため、看護師は常に細心の注意を払って、些細な変化も見逃さないように観察しなければいけません。

また、いつ急変が起こってもすぐに対応できるように心の準備をしておく必要があるんです。

そういう環境で緊張しながら働いていると、プレッシャーを感じて精神的に疲れてしまうのです。

そのため、循環器の看護師さんは、もっと気楽に働きたいと思って、転職を考えることもあります。

勉強することを強制されて嫌

勉強することを強制されて嫌

循環器の看護師さんが転職する理由の3つ目は、勉強を強制されることに疲れたことです。

循環器では、最新の医療技術に対応できるようにするため、看護師は常に勉強し続けなければいけません。

でも、忙しい中でずっと勉強を続けるのは、正直苦痛ですよね。

特に、勉強会や研修などの参加を義務付けられたり、ケーススタディーや看護研究などをやるように強制されたら、さすがにウンザリです。

勉強することを強制されたら、転職したいと思ってしまいますよね。

もっとスキルアップしたい

もっとスキルアップしたい

循環器の看護師さんが転職する理由の4つ目は、スキルアップしたいことです。

今働いている循環器では、ちょっと物足りないと感じて、もっと重症な症例を看たい、もっと看護師としてステップアップしたいから、転職したいと考えている場合ですね。

循環器の看護師さんはやる気のある人が多いので、このようなポジティブな理由で転職を考えることもあるんです。

循環器の看護師が転職する場合の転職先を選ぶポイントは?

循環器の看護師が転職する場合の転職先を選ぶポイントは?

循環器の看護師が転職する場合、どんな転職先を選べば、転職に失敗せずに済むのでしょうか?

転職に成功するための転職先の選び方を転職する理由別に、また循環器から循環器へ転職する場合と、循環器以外の職場へ転職する場合の2つのケースで考えていきましょう。

忙しすぎて疲れたから転職したい場合の転職先を選ぶポイント

忙しすぎて疲れたから転職したい場合の転職先を選ぶポイント

忙しすぎて疲れたから転職したい循環器の看護師さんは、どんな転職先を選ぶと良いのでしょうか?

循環器から循環器へ転職したい場合

循環器から循環器へ転職したい場合は、循環器の中でもリハビリ期や慢性期の患者さんが多い病棟を選ぶか、循環器の外来やクリニックを選ぶと良いでしょう。

循環器は全体的に忙しいのですが、その中でも特にCCUや急性期病棟は患者さんの状態が安定していないため、ずば抜けて忙しいんです。

そのため、CCUや急性期病棟は避けて、リハビリ期や慢性期の病棟や外来、クリニックを選んでください。

リハビリ期や慢性期病棟なら、循環器でも急変は少ないですし、在院日数が長いので入退院のバタバタも少なめです。

また、外来やクリニックは日勤のみの勤務ですし、残業が少なめなので、勤務時間中は忙しくてもワークライフバランスをしっかり取って働くことができますよ。

循環器以外の職場へ転職したい場合

循環器以外の職場へ転職したい場合は、残業時間を調べてから転職先を探すと良いでしょう。

残業時間が長ければ長いほど、忙しい職場と考えられますので、残業時間が短い職場を選べば、ゆとりを持って働けるはずです。

また、療養型病院や介護施設は介護士さんがいますので、看護師は看護業務に専念できて、体力的に楽に働けます。

さらに、外来やクリニックなら日勤のみですので、規則正しい生活を送ることができて、疲れてクタクタということはないと思いますよ。

精神的なプレッシャーから解放されたいから転職したい場合の転職先を選ぶポイント

精神的なプレッシャーから解放されたいから転職したい場合の転職先を選ぶポイント

循環器の精神的なプレッシャーから解放されたいから転職したい場合のおすすめの転職先はどこなのでしょうか?

循環器から循環器へ転職したい場合

循環器の精神的なプレッシャーから解放されたいけれど、できれば循環器で働きたいという人は、おそらく今現在は急性期の循環器で働いていると思います。

急性期は重症度が高いから、精神的なプレッシャーを感じるんですよね?

それなら、循環器の中でもリハビリ期や慢性期の病棟へ転職しましょう。

リハビリ期や慢性期なら、患者さんの状態が安定していますので、精神的なプレッシャーが軽減されるはずです。

「でも、やりがいを感じないんじゃない?」と心配するかもしれませんが、そんな心配は不要ですよ!

循環器では、リハビリ期や慢性期の看護もとても重要なんです。

心臓リハビリテーションは日常生活を送るためには重要ですし、慢性心不全看護が認定看護の分野にあることからもわかるように、循環器の慢性期の看護は大切なものなんですよ。

循環器以外の職場へ転職したい場合

精神的なプレッシャーから解放されたいから循環器以外の職場に転職したい場合は、急性期病棟や集中治療系の職場は避けましょう。

急性期病棟やICUなどは、重症患者さんが多いので、どうしても急変が多くなるため精神的なプレッシャーを感じます。

また、訪問看護もあまりおすすめできません。

訪問看護は1人で看護をしなければいけないので、高い看護スキルと的確な判断力が求められます。そのため、精神的なプレッシャーがかかることがあるんです。

精神的なプレッシャーから解放されたい看護師さんには、回復期リハビリテーション病棟や療養型病棟、介護施設、外来、クリニック、健診センター、保育園、一般企業などをおすすめします。

勉強することを強制されて嫌だから転職したい場合の転職先を選ぶポイント

勉強することを強制されて嫌だから転職したい場合の転職先を選ぶポイント

勉強を強制されることが嫌で転職を考えている循環器の看護師さんにおすすめの職場や転職先を選ぶポイントをご紹介します。

循環器から循環器へ転職したい場合

勉強を強制されることが嫌だけど、循環器の看護にはやりがいを感じているという看護師さんは、急性期の循環器は避けてください。また、循環器専門病院も止めておいた方が良いでしょう。

急性期の循環器や循環器専門病院は、高度な医療を行っていますし、そこで働く看護師もやる気のある人が多いので、勉強会が頻回に開かれ、勉強することを義務付けられることが多いんです。

そのため、循環器の中でもリハビリ期や慢性期だけを扱う小さめの個人病院やクリニックを選ぶことをおすすめします。

循環器の外来でも良いのですが、大病院の外来は院内研修への参加を義務付けられますので、勉強の強制が嫌な人は、教育体制があまり充実していない小規模病院の循環器の外来で働くと良いですよ。

循環器以外の職場へ転職したい場合

勉強を強制されることが嫌で循環器以外の職場へ転職したい場合は、教育体制に注目しましょう。

教育体制が充実している病院は、やる気のある看護師が多いので、自主的な勉強や勉強会への参加を義務付けられます。

そのため、教育体制がそこまで充実していない個人病院やクリニック、介護施設などを中心に求人探しをすると良いですよ。

また、看護師の年齢層が高めで既婚者が多い職場だと、そこまで勉強を強制されることはないと思いますので、職場を選ぶ1つの基準にすると良いでしょう。

もっとスキルアップしたいから転職したい場合の転職先を選ぶポイント

もっとスキルアップしたいから転職したい場合の転職先を選ぶポイント

スキルアップしたいから転職したい循環器の看護師さんは、どんな職場を選べば良いのでしょうか?

循環器から循環器へ転職したい場合

循環器の看護師としてよりスキルアップしたいから転職したい看護師さんは、大学病院など大規模な病院の循環器やCCUに転職すると良いでしょう。

大規模な病院の循環器は重症な患者さんが多いので、働きながら学ぶことが多く、勉強会が頻回に開催されていますから、循環器でスキルアップしたい看護師さんにはピッタリの職場です。

また、循環器の重症な患者さんを専門的に看護したい場合は、CCUへ転職することをおすすめします。

循環器以外の職場へ転職したい場合

スキルアップしたいから循環器以外の職場へ転職したい場合は、ICUへ転職すると良いですよ。

ICUには、重症な患者さんがたくさん入院していますので、広く深い知識や高いスキルを身につけることができますので、スキルアップしたい看護師さんにはおすすめなんです。

また、循環器の経験を活かしたい人は、心筋梗塞や大動脈瘤破裂などの循環器の患者さんが運ばれてくる救命救急センターや救急外来も良いでしょう。

救命救急センターや救急外来には循環器以外の患者さんも運ばれてきますので、循環器の経験を活かしつつ、様々なスキルを身につけることができるんです。

まとめ

まとめ

循環器の看護師さんが転職する(辞める)理由と転職先の選び方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

もし、あなたが循環器未経験で、これから循環器に転職したいと思っている場合はこちらの記事を読んでから、転職先を選ぶと良いでしょう。

転職したい循環器の看護師は、転職サイトを使うと良いですよ。循環器から循環器へ転職する場合は、リハビリ期や慢性期の循環器病棟や外来、クリニックを探してくれますし、勉強会の頻度も調べてくれるんです。

また、循環器以外へ転職する場合は、残業時間や働いている看護師さんの年齢層を調べてくれますし、あなたの希望を伝えれば、それに合った求人を紹介してくれるんですよ。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる