学校の保健室の看護師は残業なし、もしくは少ないって本当なの?

学校の保健室の看護師は残業なし、もしくは少ないの?

学校の保健室の看護師は残業なし、もしくは少ないって本当なのでしょうか?

学校の保健室で働く看護師は残業なし、もしくは少ないというイメージがあるかもしれませんが、それを信じて転職すると、「あれ?残業ばっかりだ」と後悔することになるかもしれません。

学校の保健室の看護師は残業なし、もしくは少ないの?

学校の保健師の看護師は残業なし、もしくは少ないのでしょうか?

学校の保健室で働くと、授業開始前に出勤して保健室で仕事をし、授業が終わり児童・生徒が下校したら仕事は終わり。

だから、学校の保健室で働けば残業なし、もしくは少ないのが当たり前。こんな風に思っている人も多いと思います。

確かに、学校の保健室は急性期病棟のように残業が多いわけではありません。

むしろ、看護師の職場の中でも学校の保健室は残業が少ないランキングの上位に入ると思います。

学校の保健室の看護師の仕事は、児童・生徒の健康管理です。

学校に通ってくる児童・生徒は基本的に健康な子ばかりですよね。慢性疾患を持っていても、入院加療が必要なほど重症な子はいません。

だから、学校の保健室の看護師は残業なし、もしくは少ないことが多いんです。

実際に学校の保健室の看護師求人を見ても、「定時退勤!」とか「残業少なめ!」と書かれているものがたくさんあります。

学校の保健室の看護師は残業なし、もしくは少ないわけではないことも!

学校の保健室の看護師は残業なし、もしくは少ないわけではないことも!

学校の保健室の看護師は残業なし、もしくは少ないことが基本ですが、絶対に学校の保健室で働けば残業なし、もしくは少ないことが決定しているというわけではないんです。

学校の保健室でも、残業があることがあります。どんなケースだと残業が発生するのかを見てみましょう。

健康診断の時期

学校での健康診断は、児童・生徒全員が受けますよね。

児童・生徒の人数は学校の規模によって違いますが、数百人程度が一般的です。多いところだと1000人以上の児童・生徒がいるところもあります。

その児童・生徒全員分の健康診断の準備、そして診断結果の分析、個人へのフィードバック等を行わなければいけません。これは、かなりの仕事量ですよね。

仕事量が増えれば、残業する可能性は高くなりますので、健康診断が行われる時期は、学校の保健室の看護師でも残業することを覚悟しておいた方が良いでしょう。

児童・生徒の急病や怪我対応

学校の保健室の看護師の重要な仕事の1つに、児童・生徒の急病や怪我への対応があります。

すぐに病院を受診する必要があるのなら、受診に付き添い、さらに保護者への説明が必要になります。

また、受診の必要がなく帰宅させる時でも、保護者が迎えに来るまで付き添っていなければいけません。

病院を受診するにしても帰宅させるにしても、保護者が連絡後すぐに駆けつけるとは限りません。

でも、退勤時間になったからといって、病気や怪我の子供を残して自分だけが「じゃあ、退勤時間なのでお疲れ様で~す♪」と帰るわけにはいきませんよね。

家庭訪問をする可能性も

最近は、不登校の子供が増加しています。基本的に不登校の子に対応するのはクラスの担任です。

でも、不登校の理由やその子の個人的な状況、家庭環境によっては、学校の保健室の看護師も一緒に家庭訪問をして、問題の解決に当たることもあります。

家庭訪問をするのは、当然授業が終わってから。そして、保護者が自宅にいる時間になりますので夕方以降になります。

夕方に家庭訪問をすれば、ほぼ残業決定ですよね。でも、不登校の子供のケアは、学校の保健室の看護師の重要な仕事ですから、残業が嫌だからといって家庭訪問をしないわけにはいかないんです。

学校の保健室の看護師で残業なし、もしくは少ない求人を探すなら高校!

学校の保健室の看護師で残業なし、もしくは少ない求人を探すなら高校!

学校の保健室の看護師は残業なし、もしくは少ないことが基本ですが、健康診断の時期や急病や怪我人の対応、家庭訪問などで残業する場合もあるんです。

それでも、できるだけ残業なし、もしくは少ない学校の保健室の求人を探したいなら、小学校や中学校よりも高校の保健室を中心に探しましょう。

なぜ、高校が狙い目なのかは、あなたの子供時代を思い出してみればわかると思います。小学生の時と高校生の時、どちらが保健室のお世話になりましたか?

ほとんどの人が小学生の時だと思います。高校生になると、在学中一度も保健室に行かなかったという人も多いですよね。

小学生は怪我や急病のリスクが高いですので、それだけ残業の可能性が高くなるんです。

また文部科学省の調査によると、高校生よりも中学生の方が不登校児の割合が多いので、高校の学校の保健室で働くのが残業するリスクが一番低いと言えるでしょう。

ただ、学校の保健室の看護師求人はそれほど多くありません。そして、その中から高校の学校の保健室に絞るのであれば、さらに求人数は少なくなります。

自力で高校の学校の保健室の看護師求人を見つけるのはほぼ不可能だと思います。

でも、高校の学校の保健室の看護師求人を探す方法はあるんです!それは転職サイトを使うことです。

転職サイトなら、高校の学校の保健室の看護師求人を扱っていますので、苦労することなく希望に合った学校の保健室の看護師求人を見つけることができますよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる