看護師は子育てでブランクがある時はどんな職場を選べば良いの?

看護師は子育てでブランクがある時はどんな職場を選べば良いのでしょう?

看護師は子育てでブランクがある時はどんな職場を選べば良いのでしょう?

出産を機に一度看護師の仕事を辞めて子育てに専念してきたけど、また看護師に復帰したいと思っている人も多いと思います。

お子さんの年齢別に子育てでブランクがある看護師さんが求人を探す時のチェックポイントをご紹介します。

看護師が子育てでブランクがある=未就学児のお子さんがいる場合

看護師が子育てでブランクがある場合の求人のチェックポイント、まずは未就学児のお子さんがいる看護師さんのケースで考えてみましょう。

未就学児のお子さんがいる場合、何よりもまず考えなくてはいけないことは、あなたが仕事をしている時に、お子さんをどこに預けるかです。

もし、あなたの両親や義両親などが同居、もしくは近所に住んでいて、あなたが仕事をしている間、お子さんの面倒を見てくれるというのであれば良いのですが、なかなかそういうわけにはいかないのが現実ですよね。

ですから、あなたが看護師として働こうと思ったら、院内託児所がある求人を探しましょう。

託児所がある求人は大きめの病院が多いのですが、大きめの病院は急性期が多いから、ブランクがあると復帰できるかどうか不安になる人もいると思います。

でも、未就学児のお子さんがいるということは、ブランク期間はそれほど長くないと思いますので、急性期病院への復帰は不可能ではありません。

また、どうしても急性期病院への復帰が不安という人は、それほど数は多くありませんが療養型病院の中で託児所があるところを探すと良いでしょう。

急性期・療養型問わずに病院への復帰に不安を持っている人は、介護施設やクリニックの中にも託児所があるところはありますので、じっくり探すようにしましょう。

院内の託児所を利用すると、保育園に送り迎えする手間がありませんし、同じ敷地内にお子さんがいるという安心感があります。

さらに、地域の保育園を利用するよりも、利用料金が安い場合が多いですので、経済的にもメリットは大きいんです。

ブランク後は夜勤にも入って、バリバリ働きたいという人は、24時間対応の院内託児所があるところを探しましょう。

看護師が子育てでブランクがある=小学校低学年のお子さんがいる場合

ブランクからの再就職で、しかも子育てしながらだと大変ですよね!

看護師が子育てでブランクがある場合の求人のチェックポイント、次は小学校低学年のお子さんがいる場合です。

日勤のみの勤務=勤務時間と残業時間をチェック

小学校低学年のお子さんがいる場合は、基本的に日勤のみの勤務で残業なしの職場をオススメします。

なぜなら、病院の託児所は未就学児のみ預かりOKというところが多く、小学生を預かってくれるところは少ないからです。

旦那さんが毎日定時で仕事が終わり、しかもあなたがいなくてもお子さんの面倒をしっかり見ることができるイクメンだったり、両親や義両親と同居しているというのであれば託児所がなくても夜勤に入ることができますが、そんな恵まれた環境の人は少数派ですよね。

ですから、小学校低学年のお子さんがいる看護師さんは、基本的に日勤のみの仕事をオススメします。

あなたが日勤で働いている時、お子さんは放課後は地域の学童保育を利用することになるケースが多いと思います。

学童保育は、ほとんどの場合18時までしか預けることができません。そのため、18時までには確実にお子さんを迎えにいける勤務時間の求人を選ばなくてはいけないんです。

その時に注意したいのは残業時間です。もし、勤務時間が17時までで、勤務時間どおりに定時退勤できれば、学童保育終了までに余裕を持ってお子さんを迎えに行くことができますよね。

でも、毎日のように残業があったらどうでしょうか?

勤務時間は17時まで、でも1時間程度残業することが多いという求人だったら、学童保育のお迎えに間に合いません。

そのため、小学校低学年のお子さんがいてブランクから復帰するためには、勤務終了時間と残業時間をチェックするようにしましょう。

日勤のみで残業がなく、さらにあなたのブランク期間を考慮すると、介護施設やデイサービス、クリニック、一般外来、療養型病棟の日勤のみの勤務などがオススメです。

これらの職場の中にも残業が多めのところがありますので、念のため勤務時間と残業時間は必ず確認してくださいね。

夜勤に入りたい場合=学童預かりOKの24時間対応の託児所があるかどうかをチェック

小学校低学年のお子さんがいる看護師さんは、基本的には日勤のみの仕事をオススメしますが、経済的な理由やその他の理由で、夜勤に入りたい人もいると思います。

そういう人は、夜勤に入るときは小学生でも預かってくれる託児所がある病院を探しましょう。

日勤の日は地域の学童保育を利用し、夜勤の日は学童預かりOKの病院の託児所を利用すれば、仕事と子育てを両立させることができます。

「小学生を預かってくれる託児所がある病院なんてあるの?」と疑問に思うかもしれません。

数は多くないものの、夜勤時に限り小学校低学年まで預かりOKの託児所がある病院があるんです!

でも問題は、そういう託児所があるのは急性期病院がほとんどであることです。

お子さんが小学校低学年でブランクがある人は、ブランク期間がある程度長くなっていると思いますが、そういう人がブランクから復帰していきなり急性期病棟の夜勤に入るのは難しいんです。

絶対に不可能とは言いませんが、あまりの大変さに仕事を辞めたくなってブランクから復帰したことを強く後悔する可能性が高いんです。

そして、急性期病棟は日勤後の残業が多いですから、地域の学童保育のお迎え時間に間に合わないケースも多々出てくるかと思います。

1.学童OKの託児所がある病院は急性期病院

2.ブランクが7年ある人が急性期病棟の夜勤にいきなり入るのは厳しい

3.急性期病棟だと残業が多い

この3つの問題点を考えると、小学校低学年のお子さんがいる看護師さんが夜勤に入るためには、

1.ブランク前に急性期病棟での勤務経験がある

2.残業がある日はあなたの代わりに学童保育にお迎えに行ってくれる人がいる

この2つの条件を満たしている必要があります。ブランク前に急性期病棟での勤務経験があれば、ブランクが長くてもなんとか仕事に慣れることができるでしょう。

また一晩面倒を見ることはできなくても、学童保育のお迎えに行って、あなたの勤務が終わるまでの短時間なら、お子さんの面倒を見ることができる旦那さんや親戚の人がいれば、残業があっても大丈夫ですよね。

ですから、この2つの条件を満たした上で、学童OKの託児所がある病院を探すようにしましょう。

また、急性期病棟での経験があっても、仕事に慣れるまでは外来で勤務し、仕事に慣れたら病棟に異動して、さらに病棟で日勤の仕事をある程度経験してから夜勤に入ると良いでしょう。

もし、2つの条件を満たすことができなかったり、通勤圏内に学童OKの託児所がある病院がないという場合は、お子さんが小学校高学年になるまで待ちましょう。

お子さんが小学校高学年になれば、ある程度自分のことは自分でできるようになりますので、夜もイクメンでない旦那さんとお子さん2人でも過ごせるようになります。

また、お子さんが小学校高学年になる年齢まで日勤のみで働けば、その頃には看護師の仕事にも慣れて夜勤にもスムーズに入れるようになっているはずです。

そうすれば、学童OKの託児所の有無や急性期病棟での勤務経験に左右されることがありませんので、急性期病院だけではなく療養型病院や介護施設など夜勤に入るための就職先の選択肢が広がりますよ!

看護師が子育てでブランクがある=小学校高学年以上のお子さんがいる場合

どのくらいの年齢のお子さんが居るかによっても、違ってきますね。

看護師が子育てでブランクがある場合の求人のチェックポイント、最後は小学校高学年以上のお子さんがいる場合の求人のチェックポイントです。

小学校高学年以上のお子さんであれば、お子さんの預け先や残業時間の心配をする必要はありません。

小学校高学年以上になれば、ある程度自分のことは自分でできるようになりますから。

それよりも心配なことは、あなたのブランク期間です。

子育てでブランクがあって、お子さんは小学校高学年以上という場合、あなたのブランク期間は10年以上などかなり長くなっていると思います。

ブランク期間が長いと復職できる求人は限られてきます。看護技術や知識はほとんど忘れてしまって医療行為を不安に感じるでしょうし、体力的にも不安ですよね。

そのため、ブランク期間が長くても採用してくれて、医療行為が少なく、体力的にも楽な求人を選ばなくてはいけません。

これらの条件が当てはまるのは、介護施設やデイサービスです。

ただ、介護施設やデイサービスなら、長期間のブランクがあっても必ず採用してくれるというわけではありませんし、医療行為が多めだったり、力仕事が多いところもありますので注意が必要です。

子育てでブランクがある看護師さんが求人を探す時のチェックポイントをお子さんの年齢別にご紹介してきましたが、ブランクからスムーズに復帰するためには教育制度が整っている必要があることも忘れないでくださいね!

教育制度が整っていて、未就学児のお子さんがいるなら院内託児所があること、小学校低学年のお子さんがいるなら基本的には日勤のみで学童保育の迎えに間に合う勤務時間で残業がないこと、夜勤に入りたいなら学童預かりOKの託児所があることが求人のチェックポイントです。

そして、小学校高学年以上のお子さんがいるなら医療行為と力仕事がないことにこだわって求人を探しましょう。

でも、チェックポイントがわかっても、自分でこれらのポイントをチェックしながら求人を探すのは面倒ですし、難しいですよね。そういう場合は、転職サイトを使うと良いですよ!

転職サイトなら担当者に「ブランクがあるので教育制度が整っているところ」という希望を伝えて、さらにお子さんの年齢別のチェックポイントを伝えれば、それに合った求人を紹介してくれるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる