看護師の夜勤は母子家庭だと続けるのは難しいの?

夜勤を母子家庭の看護師がするには、24時間保育が必須ですよね?

看護師の夜勤は母子家庭だと続けることは難しいのでしょうか?母子家庭でも自分の親や兄弟が夜間にお子さんの面倒を見てくれるのであれば、夜勤に入ることはできますよね。

親兄弟が遠方に住んでいる、仕事が忙しいなどの理由で、夜間の面倒を見てもらえないケースはたくさんあります。そういう人は、夜間にお子さんの面倒を見てくれる人がいないので、夜勤を続けるのが難しくなります。

でも、経済的な面を考えると、夜勤に入りたい。これが、母子家庭で頑張っているママさん看護師の本音ですよね。母子家庭でも夜勤に入ってバリバリ稼ぐための条件を一緒に考えてみましょう!

看護師の夜勤を母子家庭でも続けるための条件=24時間対応の託児所

看護師の夜勤を母子家庭でも続けるための条件の1つ目は、病院に24時間対応の院内託児所があることです。この24時間対応の託児所があることは、母子家庭のママさん看護師が夜勤に入るための絶対条件です。

24時間対応の託児所があれば、あなたが夜勤で働いている時に安心してお子さんを預ける場所を確保できます。無認可保育園でもお泊り保育があるところもありますが、一晩で1万円以上かかります。

一晩1万円以上だったら、夜勤手当がすべて保育料で吹っ飛びますよね。マイナスになる可能性すらあります。でも、院内の託児所であれば一晩2000~3000円程度で利用できるところが多いですので、経済的にも安心なんです。

しかも、出勤退勤もお子さんと一緒ですので、わざわざ保育園に送り迎えする必要もありませんし、夜勤の休憩中にお子さんの様子を見に行くこともできるというメリットもあります。

看護師の夜勤を母子家庭でも続けるための条件=病児保育OKの託児所

夜勤を母子家庭でするなら、病児保育OKのところが良いですよね。

看護師の夜勤を母子家庭でも続けるための条件の2つ目は、病児保育OKの託児所があることです。お子さんが病気になったら、どうしますか?

普通の保育園では体調不良の子どもは預かってくれません。お子さんを看病する人はあなたしかいないので、あなたが仕事を休むしかないんです。でも、看護師の仕事はなかなか休めないですよね。

そういう場合に病児保育OKの託児所だったら、お子さんが体調不良でも預かってくれるので、仕事を休まずに済みます。「病気の時まで託児所に預けるのは、なんか不安」と思うかもしれません。

でも、資格を持った保育士さんが見てくれていますし、何かあっても病院内にいるんですから、自宅にいるよりも素早く対応できますので、むしろ安心だと思いませんか?

看護師の夜勤を母子家庭でも続けるための条件=小学生OKの託児所

小学生OKの託児所も、嬉しいですね。

看護師の夜勤を母子家庭でも続けるための条件の3つ目は、小学生でも預かってくれる託児所があることです。今現在、未就学児のお子さんがいるママさん看護師は、子どもが小学生になった時のことまではあまり考えないかもしれません。

今が大変ですから。でも、母子家庭のママさん看護師は、お子さんが小学生になった時のことも見据えておかなくてはいけません。

託児所って、基本的に未就学児を対象にしているんですよね。でも、小学生になったからといって、一晩お子さんを1人にしておけないですよね。お子さんが小学生になったら、夜勤に入りやすくなるというイメージがあるかもしれませんが、実は逆なんです。

小学生を預かってくれる託児所は少ないので、小学生になると母子家庭のママさん看護師は夜勤に入りづらくなってしまいます。ですから、今のうちから小学生でも夜間に預かってくれる託児所がある病院を探しておきましょう。

看護師の夜勤を母子家庭でも続けるための条件の優先順位は?

自分の状況に合わせた職場探しが大事です。

看護師の夜勤を母子家庭でも続けるための条件を3つ挙げてきました。24時間対応で、病児保育もOK、小学生も預かってくれる託児所を持つ病院は、正直なところそんなに多くはありません。

3つの条件を満たす病院で働くのがベストなのですが、そんな病院を見つけられなかった時のために、3つの条件の優先順位を考えておきましょう。まず、最優先の条件は24時間対応であることです。

これは、母子家庭のママさん看護師が夜勤に入るためには、欠かせない条件です。何をおいてもとにかく、この24時間対応の託児所がある病院を探しましょう。

次に優先度が高いのは、小学生でも預かってもらえることです。これは、最悪お子さんが小学生に上がるまでの猶予がありますので、絶対条件とは言えません。

でも、小学生になる直前に慌てないように、今のうちから探しておきたいものです。それに、1つの職場で長く続けたほうが昇給などのメリットがありますよね。

優先順位が一番低いのは、病児保育OKの条件です。確かに、病児保育OKだと仕事を休まなくて済むのでとても助かるのですが、「24時間対応+小学生OK」の託児所があるところはママさん看護師がたくさん働いています。

そうすると、みんな育児の大変さを理解してくれますので、お子さんの病気を理由に休んでも、協力してカバーし合う職場であることが多いんです。

そのため、病弱で体調を崩しがちなお子さんではなく、健康なお子さんであれば病児保育OKの条件は優先順位は低いでしょう。24時間対応、小学生でも預けられる、病児保育OKの託児所がある病院を探したい人は、転職サイトを使いましょう。

担当者に3つの条件を伝えれば、それを満たす病院を探してくれます。3つの条件をすべて満たす病院が通勤圏内にない時は、優先順位を伝えて、「育児に理解のある職場」という条件を追加して探してもらいましょう。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

看護roo!は看護師の口コミで急速に広がりつつある実力派サイトです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしており、 利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの 」求人と出会えます。※対応エリアは関東・関西・東海のみ

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。看護roo!との併 用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる