看護師は夜勤の次の日はどうやって過ごすのがベストなの?

夜勤の次の日がまた夜勤入りだったら、とにかく寝ましょう。

看護師は夜勤の次の日をどうやって過ごしていますか?夜勤の次の日をどうやって過ごすかは、体調管理や疲労回復の面でとても大切なんです。

夜勤の次の日は、また夜勤に入るか休日かになりますが、それぞれのベストな過ごし方をご紹介します!

看護師の夜勤の次の日の過ごし方=夜勤入り編

看護師の夜勤の次の日の過ごし方、まずは夜勤の次の日がまた夜勤入りだった場合です。1日勤2夜勤など2連続で夜勤に入らなくてはいけないシフトはよくありますよね。

夜勤の次の日がまた夜勤だった場合の過ごし方は、とにかく睡眠時間を確保すること、そして疲れを回復させることを第一に考えましょう。

1回目の夜勤終了から2回目の夜勤入りまでは24時間以上空いていますよね。残業がなければ、30時間以上空くことになります。30時間以上も自由な時間があれば、思わず遊びに行きたくなりますよね。

「夜勤明けでそのまま遊びに行って、夜遅くまで遊んでも、次の日は夕方からの勤務だから大丈夫!」と思うかもしれません。確かに、若い頃はそれで何とかなるかもしれませんが、年齢を重ねるとなかなかそうもいかなくなります。

また、自分では大丈夫と思っていても、予想以上に身体や頭が疲れていて、仕事でミスをしやすくなりますし、体調不良の原因になります。だから、夜勤の次の日にまた夜勤という場合は、とにかく睡眠時間を確保して、疲れを回復させるようにしましょう。

いつごろ何時間位寝ると良いという基準はありません。あくまで人それぞれです。ただ、ほとんどの看護師さんは、夜勤明けで帰宅し、シャワーを浴びて軽くご飯を食べたら、そのまま夕方まで仮眠。

そして、その後は夕食を食べてリラックスして、深夜に就寝。翌日は、出勤時間ギリギリまで自宅でダラダラ過ごすというパターンが多いようです。自分に合ったパターンが見つけられないという人は、参考にしてみてはいかがですか?

看護師の夜勤の次の日の過ごし方=休日編

夜勤の次の日が休日だったら、あなたはどうしますか?

看護師の夜勤の次の日の過ごし方、次は夜勤の次の日が休日だった場合です。夜勤の次の日が休日だった場合は、気分転換やリフレッシュに1日を当てるようにしましょう。

この時のポイントは、できるだけ仕事のことを考えないようにすることです。プライベートな時間も何となく仕事のことを考えてしまうことがありますよね。

「昨日のあの患者さん、本当にイライラした!」とか「明日の部屋割りどこだろう?」とか。そういうことを考えてしまうと、頭のどこかで常に仕事のことを考えていることになります。

仕事をしていなくても、仕事のことを考えることがあると、完全に気分転換やリフレッシュができませんよね。それに、せっかくの休日に仕事のことを考えるなんて、もったいないと思いませんか?

ですから、夜勤の次の日の休日は、できるだけ仕事のことは考えず、趣味に没頭したり、家族や友人と楽しい時間を過ごすようにしましょう。夜勤の次の日の休日に、しっかり気分転換&リフレッシュすることができれば、疲れも取れますし、「また仕事を頑張ろう!」という気持ちになれますよね。

看護師は夜勤の次の日に朝日を浴びて過ごすと、体内時計をリセットできる!

夜勤の次の日は朝日を浴びると良いですよ!

看護師は夜勤の次の日が休日だったら、朝日を浴びる時間に起きることをオススメします。夜勤の次の日が休日だったら、「疲れてるし、眠いし」と昼ごろまでダラダラ寝ていたいと思いますよね。この気持ちはすごく良くわかります。

でも、日勤勤務の日と同じ時間に起きて、カーテンを開けて、朝日をたっぷり浴びるようにしましょう。朝日を浴びると、体内時計がリセットされるんです。

そうすると、また昼に働いて夜に寝るという生活リズムになりますし、自律神経のバランスやホルモンバランスも整いやすくなります。自律神経のバランスが整えば、疲れも取れやすいんです。

それでも、「身体に良いのはわかるけど、やっぱり眠いし」と思いますよね。そういう人は、朝日を浴びてからまたゆっくりダラダラしてはいかがですか?

朝日を浴びたから、それからすぐに活動しなければいけないというわけではありません。朝日を浴びて体内時計をリセットしたら、またゆっくり休めば良いんです。

もちろん、これは夜勤の次の日が休日だった場合です。また夜勤入りだったら、ゆっくり寝て睡眠時間を確保してくださいね。

夜勤の次の日の過ごし方に気をつけても、やっぱりきつい、体調が悪いという場合は日勤のみの仕事に変えることを考えましょう。無理して夜勤を続けると、ストレスが溜まる一方ですし、働けないほど体調を崩してしまうかもしれません。

それなら、早めに日勤のみに仕事を変えたほうが良いですよね。日勤のみの仕事を探すなら、転職サイトを利用しましょう。転職サイトなら、日勤のみの仕事をたくさん扱っています。

また、担当者に給与面や年間休日数などの条件を伝えれば、それに合った求人を紹介してくれますよ!


コメントは受け付けていません。

転職サイトランキングを見る