看護師が夜勤の急変を不安に思った時の解決法を教えます!

夜勤で急変が不安なのは、自然なことですよ。

看護師は夜勤の急変を不安に思う人が多いと思います。「急変があったら怖いから」と夜勤に入るのが嫌な人もいるのではないでしょうか?

それでも、急変が不安だけど夜勤に入らなければいけないのはストレスですよね。夜勤の急変を不安に思った時の解決法をあなただけに教えます!

看護師が夜勤の急変を不安に思うのは当たり前

看護師が夜勤の急変を不安に思うのは、当たり前のことです。夜勤中の急変を不安に思っているのはあなただけではありません。

夜間は急変に気づくのが遅れる

夜勤中の急変を不安に思う理由の1つに、夜間は患者さんが急変したことに気づくことが遅れる可能性が高いことがあります。モニターをつけるほどの重症な患者さんだったら、急変してもモニターのアラームがピコピコ鳴りますので、すぐにわかりますよね。

でも、モニターをつけていない患者さんが急変した場合、消灯中はすぐに気づかず、対応が遅れてしまうことがあります。日中だったら人も多いですし、同部屋の患者さんの眼もありますので、すぐに気づきますが、消灯後は看護師も少なく、面会者もいません。

同部屋の患者さんも寝ていて、カーテンの向こう側で隣のベッドの人が急変しているなんて気づかないでしょう。

スタッフが少なくてフォローしてもらえない

日勤中であれば、あなたが急変対応が苦手だったとしても、リーダーやフリーの人がフォローしてくれるという安心感があります。

でも、夜勤中は看護師の数が少ないですよね。看護師の数が少なければ、急変が起こっても急変対応に割ける看護師の人数は限られてきます。場合によっては、あなた1人と医師1人で急変対応をしなければいけないでしょう。

ほかの看護師は巡回をしたり、ナースコールの対応などをしなければいけませんから。自分1人だけで急変対応をしなければいけないと考えただけで不安になってしまう人も多いのではないでしょうか?

看護師が夜勤の急変を不安に思ったら、準備をしっかりしておこう

夜勤で急変が不安な人は、準備を万全に!

看護師が夜勤の急変を不安に思ったら、どうすれば良いのでしょう?

まずは、急変に対する準備をしっかりしておきましょう。

急変しそうな患者さんはいるかどうか、急変するとしたらどういう症状になるか、その時に必要な物品は何かなどを頭の中でシュミレーションしておきます。

急変しそうな患者さんは、治療をどこまでするか、DNRかフルコースかも確認しておいて下さい。そして、急変したときのために、救急カートのチェックも大切です。急変しそうな患者さんがいたら、救急カートをその患者さんの病室近くに移動させておくのも良いでしょう。

もちろん、巡回はしっかり頻回に行います。たとえ、巡回は2時間に1回が基本とされていても、不安であれば1時間に1回行ってもかまいません。その時は、寝ている患者さんの邪魔にならないように気をつけてくださいね。

看護師が夜勤の急変を不安に思ったら、医師と同僚に一声かけて!

不安でたまらないときは、同僚や上司に相談しましょう!

看護師が夜勤の急変を不安に思った時のもう1つの解決法は、自分の受け持ちの患者さんに急変しそうな人がいたら、一緒に夜勤に入るスタッフに一声かけておきましょう。

夜勤リーダーに「急変しそうな患者さんがいるんですが、急変した時はフォローをお願いします」と伝えておくと、夜勤リーダーも気にかけてくれますよね。

また、当直医師に急変しそうな人がいることを伝えて、どういう症状が出たらコールするかを聞いておくと良いですよ。医師や同僚に一声かけておくと、その分対応も早くなりますし、フォローもしてもらえますので急変への不安も解消できると思います。

それでも、どうしても夜勤の急変を不安に思って、夜勤に入りたくない、夜勤が怖いと思うなら、日勤のみの部署へ異動したり、日勤のみの仕事へ転職してはいかがですか?

異動を考えているなら師長に相談しましょう。転職を考えているなら、転職サイトを使ってみてはいかがですか?転職サイトなら、日勤のみの求人をたくさん扱っています。

担当者に「日勤のみ」という条件のほかに給与面や立地条件などあなたの希望を伝えれば、それにあった求人を探してくれますよ。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる