外科の看護師が転職する(辞める)理由と転職の求人を選ぶ時のポイント

外科の看護師が転職する(辞める)理由は何でしょうか?

外科の看護師が転職する(辞める)理由は何でしょうか?

また、外科の看護師が転職する時の職場選びは、どんなことに注意すれば良いのでしょう?

外科の看護師が転職する(辞める)理由と理由別の転職先の選び方を教えます!

外科の看護師が転職する(辞める)3つの理由

外科の看護師が転職する(辞める)3つの理由

外科の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるのでしょうか?外科の看護師さんが「辞めたいなぁ」とか「転職しようかなぁ」と考える理由を3つご紹介します。

忙しすぎる

忙しすぎる

外科の看護師が転職する理由の1つ目は、忙しすぎることです。

外科は常に忙しいですよね。患者さんの在院日数が短いので入退院は多いですし、オペ出しオペ迎えもあります。

また、オペ後の全身管理は気を抜くことができませんし、どんなに注意していても急変することがよくあります。

そのため、外科は常に忙しいですし、入院やオペ迎え、急変などの突発的な仕事が重なれば、仕事はどんどん溜まっていきますので、残業しなければいけません。

勤務時間中はバタバタと座る暇もないほど忙しく、さらに残業しなければいけないなら、心身ともにグッタリしてしまいます。

貴重な休みの日も自宅でゴロゴロするだけで、外出する気にもなれないということも多いんです。

そんな生活を続けていたら、外科から転職しようかなぁと考えてしまいますよね。

急変が多くてプレッシャーを感じる

急変が多くてプレッシャーを感じる

外科の看護師が転職する理由の2つ目は、急変が多いことです。外科は手術後の患者さんが入院しています。手術後は、どうしても急変しやすいですよね。

急変が多いと、看護スキルが上がるというメリットがあるのですが、「いつ急変が起こるかわからない」とか「受け持ちの患者さんの半分以上が、いつ急変が起こってもおかしくない」という中で働いていると、プレッシャーを感じますよね。

特に、「急変対応が得意ではない」、「急変が起こるとフリーズしてしまって、何をして良いかわからない」という看護師さんは、急変が怖くて、外科から転職したいと思うようになるんです。

すぐに退院するため、患者さんと向き合えない

すぐに退院するため、患者さんと向き合えない

外科の看護師が転職する理由の3つ目は、患者さんとしっかり向き合えないことです。

外科は手術をすればすぐに治るという患者さんが多く、手術の創部が落ち着けば、すぐに退院することになります。

外科病棟は平均在院日数が2週間以内というところが多いですし、入院から1週間以内に退院するという患者さんも珍しくありません。

外科では患者さんの回復を実感できるので、やりがいを感じやすいというメリットはあります。

でも、メキメキ回復するため在院日数が短いので、1人1人の患者さんとしっかり向き合うことができず、向き合う前に退院してしまいます。

患者さんとしっかり向き合って看護をしたい看護師さんは、外科で働くと理想の看護ができないと悩んで外科からの転職を考えるようになるんです。

外科の看護師が転職する時の転職の求人を選ぶポイント

外科の看護師が転職する時の転職の求人を選ぶポイント

外科の看護師が転職する場合、どんなことに注意をして転職先を選べば良いのでしょうか?

転職する理由別に、さらに外科から外科へ転職する場合と、外科以外の職場へ転職する場合の2つのパターンに分けて、外科の看護師さんが転職先を選ぶ時のポイントをご紹介します!

忙しすぎるから転職する時のポイント

忙しすぎるから転職する時のポイント

忙しすぎるから転職したいと思っている外科の看護師さんは、どんなことに注意して転職先を選べば良いのでしょうか?

外科から外科へ転職する場合

外科から外科へ転職する場合は、残業時間と年間の手術件数をチェックして転職先を選びましょう。

残業時間が多いところは、間違いなく忙しいです。また、手術件数が多い病院は、それだけオペの患者さんが多いので、バタバタと忙しいことが多いんです。

そのため、外科の中でも残業時間が少なめで、手術件数もそれほど多くないところを選ぶと、外科で働きながらも、クタクタになるほど忙しいということはないでしょう。

また、外科病棟ではなく外科外来に転職するのも良いですよ。

外科外来なら、病棟のように入退院の対応やオペ出しオペ迎えはありませんし、患者さんが急変することがほとんどありません。

そのため、勤務時間中は忙しいですが、病棟のように残業することは少ないですので、病棟よりは忙しさから解放されるはずです。

さらに、転職先の年間休日数もチェックしておきましょうね。外科が忙しいのは、外科の特性上ある意味仕方がないことなんです。

でも、年間休日数が多ければ、しっかり休めますので、いつも疲労困憊でクタクタということはなくなりますよ。

外科以外の職場へ転職する場合

忙しいから外科以外の職場へ転職する看護師さんも、残業時間をチェックしましょうね。

残業時間は忙しさの目安になります。内科でも残業時間が多ければ、外科よりも忙しい可能性があります。

そのため、月平均の残業時間はどのくらいなのかをチェックしておくと、忙しい職場を避けることができますよ。

ちなみに、忙しい職場ほどサービス残業が多くなりますので、サービス残業の有無も調べておきましょう。

ゆとりを持って働ける職場、そこまで忙しくない職場は、療養型病院や介護施設、デイサービスなどですので、ゆとりを持って働きたいなら、これらの職場を中心に転職先を探すと良いでしょう。

ただ、これらの職場なら必ずゆとりがあるというわけではありませんので注意してくださいね。

急変が多くてプレッシャーを感じるから転職する時のポイント

急変が多くてプレッシャーを感じるから転職する時のポイント

急変が多くてプレッシャーを感じるから転職する場合の転職先の選び方を教えます!

外科から外科へ転職する場合

外科から外科へ転職したい看護師さんは、個人病院の外科、または外科外来を選ぶと良いでしょう。

大学病院や総合病院の外科は、重症な患者さんが多く、手術は大がかりなものになりますので、オペ後に急変する可能性が高くなります。

でも、個人病院の外科は難しいオペは扱わず、比較的簡単なオペ、短時間で終わるオペを中心に行いますので、オペ後に患者さんが急変するリスクは少ないんです。

また、外科外来だと退院した患者さんや入院する必要がない患者さんが受診しますので、受診中に急変するリスクはとても少なくなります。

そのため、急変が怖い看護師さんや急変をプレッシャーに感じていた看護師さんは、個人病院の外科や外科外来なら、プレッシャーから解放されるでしょう。

外科以外の職場へ転職する場合

外科以外の職場へ転職する場合は、急変が少ない職場を選ばなくてはいけませんが、「外科は急変が多いけど、内科なら大丈夫でしょ。」と思い込んでいる場合は、その思い込みを止めましょう。

内科でも急変が多いことはよくあります。循環器内科では不整脈の急変が日常茶飯事です。

内科なら急変が少ないと思い込んで転職すると、「転職前よりも急変が多いんだけど」という事態になってしまうのです。

急変をできるだけ避けたい人は、外科内科問わず、急性期病棟は避けたほうが良いでしょう。

療養型病棟や回復期リハビリテーション病棟、精神科病棟、クリニック、外来などであれば、急変は少なめになります。

介護施設やデイサービス等も急変は少ないのですが、医師がいないことがあり、看護師が的確な判断をしなければなりませんので、急変をプレッシャーに感じていたり、急変が怖い看護師さんには不向きな職場だと思います。

訪問看護も看護師が1人で患者さんの自宅に訪問しますので、急変は少なくても、的確な判断を求められますので、急変が怖い看護師さんにはあまりおすすめできません。

すぐに退院するため、患者さんと向き合えないから転職する時のポイント

すぐに退院するため、患者さんと向き合えないから転職する時のポイント

外科は患者さんがすぐに退院するため、しっかり向き合えないから転職する場合の転職先を選ぶポイントをは何でしょうか?

外科から外科へ転職する場合

外科から外科へ転職する場合は、平均在院日数をチェックしましょう。

在院日数が長いところは、それだけ患者さんと向き合う時間がありますので、その外科で働けば、あなたの理想の看護に近づくことができるでしょう。

ただ、外科は基本的に在院日数が短めです。だからといって「外科は在院日数が少ないから」と諦めずに、コミュニケーションスキルなどを磨いて、短い入院期間の中でも患者さんとしっかり向き合えるように努力してくださいね。

外科以外の職場へ転職する場合

患者さんとしっかり向き合いたいから外科以外の職場へ転職する場合は、療養型病院や精神科病院、介護施設へ転職すると良いでしょう。

療養型病院や精神科病院、介護施設は、短くても数ヶ月、長い場合は数年以上は入院(入所)していますし、介護施設では人生最期の時まで入所していますので、患者さんと時間をかけて信頼関係を築き、向き合うことができます。

また、訪問看護ステーションへ転職するのもおすすめです。

訪問看護も長期間、同じ患者さんの看護をしますし、さらに患者さんの自宅で看護をしますので、病棟や施設での看護よりも患者さん1人1人に合わせた看護を提供することができるんです。

まとめ

まとめ

外科の看護師さんが転職する(辞める)理由と、転職先の選び方をご紹介しましたがいかがでしたか?

もし、外科は未経験だけど、外科に転職したいと考えている看護師さんは、外科へ転職するなら知っておくべきことをまとめた記事がありますので、そちらを参考にしてくださいね。

外科の看護師さんが転職するなら、転職サイトを使うと良いですよ。

この記事を読んで、疑問に思ったことはありませんか?そうです!月平均の残業時間やサービス残業の有無、手術件数、在院日数などは、どうやって調べれば良いんだろうという疑問です。

その疑問は、転職サイトを使えば解決します。

転職サイトなら担当者に、月平均の残業時間やサービス残業の有無、手術件数、在院日数等を調べてほしいと伝えれば、担当者がすぐに調べてくれるんです。

また、配属交渉もしてくれますので、「外科病棟で働きたい」、「外科だけは絶対に嫌」、「外科外来に配属されたい」などの希望も叶うんですよ。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる