外来の看護師が転職する(辞める)理由と転職先を探す時のポイントは?

私の同僚はみんな、向上心がない。

外来の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるのでしょうか?

また、外来の看護師さんが転職する場合、どんなことに気をつけて転職先を探せば良いのでしょう?

転職を考えている外来の看護師さんは、これを読めば、転職に失敗せずに納得のいく転職ができるはずです。

外来の看護師が転職する(辞める)理由5つ

外来の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるのでしょうか?

転職先を探すポイントを考える前に、まずは外来の看護師が転職する理由を知っておきましょう。

同僚の看護師がやる気がなくて嫌

外来の看護師が転職する理由の1つ目は、同僚の看護師さんのやる気がなくて嫌ということです。

外来の看護師はパートが多いですし、常勤の看護師でも仕事よりもプライベートを優先したいという人が多いんです。

そのため、「患者さんにより良い看護を提供するための努力は惜しまない!」という人は少なくて、仕事は最低限しかしない、できるだけ疲れたくないという人ばかりなので、外来ではあなた1人だけがやる気満々で浮いた存在になってしまうこともありますよね。

また、あまり働かない同僚の看護師たちにイライラしてしまって、転職したいと思うこともあるでしょう。

患者さんのクレームにウンザリする

外来の看護師が転職する理由の2つ目は、患者さんのクレームにウンザリすることです。

外来はどの病院も受付から診療までの待ち時間が長いですよね。

そのため、患者さんはイライラしてしまって、看護師にクレームを言うことが多いのです。

外来の患者さんは病棟の患者さんと違って、疾患を抱えつつも自宅で過ごせる健康状態の人ばかりですから、看護師にクレームを言う元気があるのも、外来でクレームが多い一因です。

患者さんにとっては医師よりも看護師にクレームを言いやすいんですよね。

でも、言いやすいからといって、どんどん理不尽なクレームを言われて、その対応に時間を取られていたら、ウンザリして転職をしたいと思うようになります。

流れ作業やルーティンワークばかりでやりがいがない

外来の看護師が転職を考える理由の3つ目は、やりがいがないことです。

一般外来では、患者さんを診察室に案内して、医師の診療の補助をしたり、採血をしたりするのが主な仕事になります。

毎日毎日、流れ作業やルーティンワークのような仕事をしていると、「患者さんの命を救う」、「患者さんを元気にする」など看護師としてのやりがいを感じにくいため、転職したほうが良いかもしれないと思うこともあります。

また、外来では1人1人の患者さんと接する時間が短いため、患者さんとしっかり向き合えないから、やりがいを感じないという人もいるでしょう。

さらに、流れ作業やルーテインワークばかりだと、看護師としてスキルアップできませんから、そのことでも転職を考えるようになりますね。

意外と残業が多かった

外来の看護師が転職する理由の4つ目は、意外と残業が多かったことです。

外来を希望する看護師さんは、子育て中で保育園や学童のお迎え時間に間に合わせないといけない、プライベートを大切にしたい等の理由があって、残業をしたくない人が多いですよね。

確かに、外来は残業が少なめのところが多いのですが、全ての外来で絶対に残業がないというわけではありません。

内視鏡室やCT室、心カテ室などは緊急の患者さんがいれば残業をすることになりますし、救急外来も残業があります。

また、一般外来でも残業があるところもあるんです。残業が少ないことを目的に外来で働こうと思ったのに、想像以上に残業が多かったら、転職しようかなと思ってしまいますよね。

病棟への異動を打診された

病棟への異動を打診された時も、外来の看護師さんは転職を考えるでしょう。

病棟で働きたくない、もしくは家庭の事情等で働けないから外来で働いているのに、師長から「病棟に異動してもらいたいんだけど」と言われたら、転職を考えますよね。

異動は断れないことが多いですし、断って外来で働き続けたとしても、師長から事あるごとに嫌味を言われる事を考えると、転職したほうが良いかもと思ってしまいます。

外来の看護師が転職先を探す時のポイントは何?

どんな看護師が働いているのか、事前に調べておくことが大事です。

外来の看護師が転職する(辞める)理由を5つご紹介しましたが、この5つの理由別に外来の看護師さんはどんな転職先を選べば良いのか、どんなことに注意して転職先を選ぶべきなのかを考えていきましょう。

外来から外来へ転職したい場合と外来以外の職場へ転職したい場合の2パターンでご紹介しますね。

同僚の看護師がやる気がなくて嫌だから転職したい場合の転職先を探すポイント

同僚の看護師がやる気がないから転職したい外来の看護師さんが、転職先を探すなら、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?

外来から外来へ転職したい場合

外来から外来へ転職したい場合は、その病院の外来で働く看護師さんはどんな人が多いのかをチェックしましょう。

パートの看護師が多い外来は、どうしても働くモチベーションが低めの人が多いので、あまりおすすめできません。常勤の看護師ばかりの外来を探すと良いでしょう。

また、大学病院などの大病院の外来は、やる気のある看護師さんが多いですし、救急外来や内視鏡室、心カテ室などの一般外来以外の外来部門は、専門的なスキルを求められる分、やる気のある看護師さんが多めになっています。

外来以外の職場へ転職したい場合

外来以外の職場へ転職したい場合は、病棟や訪問看護ステーションへの転職をおすすめします。

急性期病棟や訪問看護ステーションは、やる気を持って働いている看護師さんが多めなんです。

ただ、急性期病棟や訪問看護ステーションは、医療行為が多くて、高い看護スキルや幅広い知識が必要になりますので、長年外来で働いていた看護師さんには、少しハードルが高いかもしれません。

そのため、急性期病棟や訪問看護ステーションで働きたいけど、外来歴が長い看護師さんは、療養型病棟や回復期リハビリテーション病棟を選び、そこでの仕事に慣れてから、急性期病棟や訪問看護ステーションに転職すると良いでしょう。

患者さんのクレームにウンザリするから転職したい場合の転職先を探すポイント

患者さんのクレームにウンザリするから転職したい外来の看護師さんは、どんな転職先を選べば良いのでしょうか?

外来から外来へ転職したい場合

外来から外来へ転職したい場合は、予約制の外来へ転職すると良いでしょう。

外来の中には、完全予約制にしている外来があります。予約制の外来だと待ち時間が少ないので、患者さんがイライラする可能性が低く、クレームが少なめになるんです。

また、内視鏡室や心カテ室などの外来へ転職するのも良いでしょう。

内視鏡室は予約制になっていて、待ち時間が少ないですし、内視鏡の検査を受けるという緊張感が強いので、クレームは多くありません。

心カテ室は命に関わる検査・治療を行いますので、患者さんはクレームを言う元気がありません。クレームどころの健康状態ではないのです。

ただ、救急外来はNGです。救急外来も重症な患者さんが多いので、クレームを言う元気がない人もいるのですが、夜間はそれ程重症ではない患者さんも多いんです。

そして、そういう患者さんは重症な患者さんより後回しにされることがありますので、クレームを言ってくる人がいます。

また、救急外来では1日分しか処方薬を出せないのに、「1週間分くれ!」等理不尽な要求をする人もいますので、救急外来の看護師は気苦労が絶えないのです。

外来以外の職場へ転職したい場合

クレームにウンザリしたから、外来以外の職場へ転職したい看護師さんは、子ども関係の職場は避けて転職しましょう。

子どもが関係している職場は保護者が必死になりますので、モンスターペイシェントはいないものの、モンスターペアレントに遭遇しやすいのです。

子どもが関係している職場は、小児科やNICU、産科、保育園、学校の保健室などです。

これらの職場は、看護師が保護者のクレーム対応をすることが多い傾向にありますので、外来のクレームにウンザリしている人は避けたほうが無難でしょう。

また、美容外科クリニックなどの自由診療のクリニックやホテルのような豪華な設備を持つ有料老人ホームは、患者さん(利用者さん)=お客様ですから、クレームが多めですので気をつけましょう。

流れ作業やルーチンワークばかりでやりがいを感じないから転職したい場合の転職先を探すポイント

外来ではやりがいを感じないから転職したい場合は、どんな職場へ転職するとやりがいを感じながら働くことができるのでしょう?

外来から外来へ転職したい場合

外来から外来へ転職したい場合は、高度な医療を行っている外来へ転職しましょう。

化学療法を行っている外来や内視鏡室、心カテ室、救急外来などですね。

このような外来だと専門的なスキルを身につけることができますし、「患者さんの命を助けている」という実感を得ることができますので、看護師としてのやりがいを感じることができるはずです。

また、外来でも患者さんとしっかり向き合いたいという人は、看護専門外来をやっている病院の外来へ転職すると、短時間とはいえ、患者さんの悩みや話をしっかり聞いてから看護を提供できますのでおすすめなんです。

ただ、看護専門外来は専門看護師や認定看護師、その他の専門的な資格を持っていないと、配属になるのは難しいかもしれません。

外来以外の職場へ転職したい場合

外来ではやりがいを感じないから、外来以外の職場へ転職したい人は、「命を助ける」というやりがいを感じたいなら、急性期病棟やICUへ転職すると良いでしょう。

ただ、急性期病棟やICUは重症な患者さんが多いので、外来歴が長いと、仕事に慣れるまでにとても苦労すると思います。

苦労を覚悟で転職するのも良いですが、最初は療養型病棟や回復期リハビリテーション病棟に転職して、そこでの仕事に慣れてから、急性期病棟やICUへステップアップすると、比較的スムーズに仕事に慣れることができるはずです。

また、患者さん1人1人とじっくり向き合って看護がしたいという外来の看護師さんは、療養型病院や介護施設など患者さんと長期的にかかわることができる職場へ転職することをおすすめします。

訪問看護ステーションも患者さんと長期的にかかわることができますが、訪問看護ステーションの中には重症な患者さんが多いところもありますし、高い看護スキルが必要ですので、外来歴が長い看護師さんは、少し苦労するかもしれません。

意外と残業が多かったから転職したい場合の転職先を探す時のポイント

意外と残業が多いから転職したい外来の看護師さんにおすすめの転職先をご紹介します。

外来から外来へ転職したい場合

外来から外来へ転職したい場合は、まずは一般外来への配属希望が叶う病院へ転職しましょう。

外来と言っても、内視鏡室や心カテ室、CT室などは残業があることが珍しくありません。救急外来なんて残業がある上に夜勤があるんです。

そのため、外来の中でも一般外来に確実に配属してもらえる求人を探してください。

そして、その求人の中から、月平均の残業時間が少ないところを選べば、「意外と残業が多い」という不満を解消できるはずです。

予約制の外来だと、1日の患者数が決まっているため、残業は少ないですので、特におすすめですよ。

外来以外の職場へ転職したい場合

外来は意外と残業が多いから、外来以外の職場へ転職したい看護師さんは、転職先の残業時間は必ず調べておきましょう。

求人情報に「残業少なめ♪」と書いてあっても、それを信じてはいけません。

残業少なめって、一体何時間なんでしょうか?月2時間以下?5時間以下?10時間以下?15時間以下?それとも20時間以下?

残業少なめの定義ってないんです。そのため、あなたが納得できる残業時間なのかをきちんと調べておく必要があります。

残業が少なめで外来と同様に日勤のみの職場は、クリニックや介護施設、デイサービス、健診センターなどがあります。これらの求人を中心に残業時間を調べて転職すると良いでしょう。

病棟への異動を打診されたから転職したい場合の転職先を探す時のポイント

病棟への異動を打診されたから転職したい場合の転職先を選ぶポイントを教えますね。

外来から外来へ転職したい場合

外来から外来へ転職したい場合は、病棟への異動が絶対にないところ、入職前の時点で「病棟への異動はない」と確約してくれるところを選びましょう。

外来に配属になっても、病棟の看護師が不足すれば、外来の看護師が病棟へ異動させられることも珍しくありません。

そのため、病棟では絶対に働きたくない人は、たとえ病棟が人手不足になったとしても、病棟への異動はないと確約してくれる病院を探さないといけないのです。

外来以外の職場へ転職したい場合

病棟への異動を打診されたから外来以外の職場へ転職したい場合は、デイサービス、クリニック、健診センター、保育園、学校の保健室などを選ぶと良いでしょう。

あなたが病棟へ異動するのが嫌な理由、病棟で働きたくない理由は何ですか?

病棟は忙しいから嫌?それとも、看護スキル的に自信がないから?夜勤があるから?残業が多いから?

恐らく、外来の看護師さんが病棟で働きたくない理由はこの4つが多いと思います。

デイサービス、クリニック、健診センター、保育園、学校の保健室は、この4つの条件をすべて満たしているんです。

また、これらの職場は「外来から病棟へ」のような異動がありませんので、今回のような異動に関する悩みを抱えるリスクはありません。

まとめ

外来の看護師が転職する(辞める)理由と転職先の選び方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

もし、今から外来へ転職したいという外来未経験の看護師さんは、転職前に知っておきたい5つのことをまとめた記事を参考にしてくださいね。

外来の看護師さんが転職するなら、転職サイトを使うと良いですよ。外来から外来へ転職する場合は、パートの看護師さんの割合を調べてくれたり、予約制の外来の求人、内視鏡室や心カテ室、救急外来、看護専門外来に配属してくれる求人、病棟への異動が絶対にない外来の求人を紹介してくれます。

また、外来以外へ転職する場合も、担当者に希望の職場や転職したいと思った理由を伝えれば、あなたに合った転職先を紹介してくれるんですよ。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる