保育園の看護師が転職する(辞める)理由3つとケース別転職のチェックポイント

保育園の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるのでしょうか?

保育園の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるのでしょうか?

保育園の看護師が転職したいと思う理由と転職する場合のチェックポイントを転職理由別にご紹介します。

これを読めば、今働いている保育園からの転職を失敗せずに済みますよ!

保育園の看護師が転職する(辞める)理由は何?

保育園の看護師が転職する(辞める)理由は何?

保育園の看護師が転職する(辞める)理由にはどんなものがあるのでしょうか?保育園看護師が「転職したいなぁ」と思う理由を3つご紹介します。

保護者の対応が面倒くさい

保護者の対応が面倒くさい

保育園の看護師が転職したい理由の1つ目は、保護者の対応が面倒くさい時があることです。

保育園で働いていると、子どもたちだけを相手に仕事をしていれば良いというわけではありませんよね。子どもたちの保護者の対応もしなくてはいけません。

保育園の保護者の中には、「モンスターペアレント」と呼ばれるような理不尽な要求やクレームを言ってくる人がいます。

また、モンスターペアレントまではいかなくても、何かにつけて文句を言ってきたり、保育園の対応を細かくチェックしてくる保護者もいるんです。

そういう保護者に1人1人対応していくと、精神的なストレスが溜まっていきますので、「あぁ、もう嫌!面倒くさい。転職しようかなぁ」と思うようになります。

給料が安くてやってられない

給料が安くてやってられない

保育園の看護師が転職したい理由の2つ目は、給料が安いことです。

保育園の給料は地方だと月収20万円前後、都市部でも月収20~25万円前後が相場になっています。

この給料だと夜勤ありの病棟勤務よりは確実に安いですし、クリニックなど保育園と同じ日勤のみの職場よりもやや安めになりますよね。

そのため、仕事は大変なのに、これしか給料がもらえないなら、転職するしかないかなと思ってしまうんです。

保育園の中で理解を得られない

保育園の中で理解を得られない

保育園の看護師が転職したい理由の3つ目は、保育園の中で看護師の仕事の理解を得られない時があることです。

保育園では看護師が1人しかいません。また、看護師が保育園に配置されるようになってから、まだ日が浅いところが多いので、保育園での看護師の仕事を園長や保育士が理解してくれないことがあります。

保育士や園長から「看護師の仕事は気楽だよね」と言われたり、「看護師さん!そんな仕事よりも、こっちの仕事を手伝って!看護師さんの仕事は後回しにして!」のように保育業務を優先させることを強制され、しかもそれを上から目線&きつい口調で言われたら、「やってられないよなぁ」と思ってしまいます。

また、その保育園であなたが最初の看護師だった場合、看護師の業務内容や業務範囲がきちんと決まっておらず、園長に「何をやったら良いですか?」と聞いても、「そんなの自分で考えて!」と言われてしまったら、どうすれば良いかわからずに、転職したいと思ってしまいますよね。

保育園の看護師が転職する場合のチェックポイント

保育園の看護師が転職する場合のチェックポイント

保育園の看護師が転職する場合には、どんなことに気をつけて転職の求人を選べば良いのでしょうか?

先ほどご紹介した3つの理由別に、また保育園から保育園に転職したい場合、さらに保育園からほかの分野の職場に転職したい場合に分けて、求人選びのチェックポイントをご紹介します。

保護者の対応が面倒くさい場合のチェックポイント

保護者の対応が面倒くさい場合のチェックポイント

まずは、保護者の対応が面倒くさいから転職したい場合のチェックポイントです。

保護者の対応が面倒くさいから転職したい保育園の看護師さんの求人選びのポイントは何でしょうか?

保育園から保育園へ転職したい場合

保護者への対応は面倒くさいけれど、保育園での仕事にはやりがいを感じているから、できれば保育園で働きたいというあなたは、園長の人柄を重視して保育園の求人を選びましょう。

園児の健康問題や怪我をした時のことで、保護者が乗り込んできた場合、園長が表に立って対応してくれるか、それともあなたを矢面に立たせて、我関せずの態度を取るかでは、保護者の対応でのストレスがぜんぜん違います。

モンスターペアレントやクレームが多い保護者への対応はどうしているのか、園長はどういう対応をしているのか、スタッフを守ってくれる園長なのかをチェックして保育園の求人を選ぶと、保護者への対応がゼロというわけにはいきませんが、負担はかなり軽くなるはずです。

保育園から違う分野へ転職したい場合

保育園から違う分野へ転職したい場合は、成人の診療を行っている職場を選ぶと良いでしょう。

小児科やNICU、産科は子どもが絡む診療科ですので、保育園のようなモンスターペアレントが多い傾向にありますので、避けるべきです。

また、クレーム対応が嫌という場合は、美容外科クリニックや透析クリニックも避けたほうが良いでしょう。

美容外科クリニックは患者さんがお客様になりますので、一般的なクリニックよりもクレームが多いのです。

透析クリニックは患者さんが長年透析をしていて、「知識だけは看護師に負けない!」と思って看護師にいろいろ絡んでくるような面倒くさい患者さんが多めなのです。

保護者の対応が面倒で保育園から転職したいけど、やっぱり子ども相手の仕事がしたいという場合は、ある程度の面倒くささは覚悟した上で、小児科クリニックを選ぶと良いですよ。

小児科クリニックは、病棟や保育園と比べて、1人1人の保護者と関わる期間、時間が短くて済みますので、病棟や保育園よりもクレームや面倒くささは少ないのです。

給料が安くてやってられない場合のチェックポイント

給料が安くてやってられない場合のチェックポイント

給料が安くてやってられないから転職したい場合は、どんなことに気をつけて転職の求人を選べば良いのでしょう?

保育園から保育園へ転職したい場合

今の保育園からは転職したいけど、もし給料が上がる保育園があるなら、その保育園に転職したいと思っている場合は、経験加算と昇給がある保育園を選びましょう。

あなたは今まで保育園で働いてきましたよね。つまり、保育園での勤務経験があり、保育園での看護師の仕事のノウハウを知っています。

その経験とノウハウを評価して、給料に反映させてくれるところを選べば、今よりも給料はアップするはずです。

また、保育園の求人を選ぶ時に、給料の幅があるところを選びましょう。

「月収20万円~」とか「月収25万~35万円」などですね。こういうところは、昇給があるということですから、長年勤めれば、それだけ給料がアップするということです。

保育園でも長年勤めれば、年収500万円以上になるところもありますので、給料に不満を持っていて転職したい看護師さんは、経験加算と昇給があるところを選びましょう。

保育園から違う分野へ転職したい場合

給料が安いから保育園から違う分野への転職を考えている場合は、おそらく保育園と同じ日勤のみの勤務の求人の中から給料が高いところを探していると思います。

日勤のみの勤務の中で給料が高いのは美容外科クリニックや訪問看護ステーションです。

また、透析クリニックや有料老人ホームも比較的給料は高めとなっています。

この中で、保育園の看護師さんの転職先としておすすめなのは有料老人ホームです。

有料老人ホームは、医療行為があまりないので、保育園で働いていた看護師さんでも比較的スムーズに仕事に慣れることができるのです。

それに対して、美容外科クリニックはオペ介助や注射などの仕事がありますし、訪問看護は幅広い知識と的確な技術が要求されます。透析クリニックは、穿刺や急変対応などがあります。

そのため、長年保育園で働いていて、医療行為をしていない看護師さんは、美容外科クリニックや訪問看護ステーション、透析クリニックに転職すると、仕事に慣れるまでがかなり苦労することになるでしょう。

保育園の中で理解を得られずに転職したい場合のチェックポイント

保育園の中で理解を得られずに転職したい場合のチェックポイント

保育園の中で理解を得られずに転職したい場合は、どうすれば良いのでしょうか?周囲の理解を得ながら働ける職場選びのポイントをご紹介します。

保育園から保育園へ転職したい場合

今の保育園では看護師の仕事に理解を得られないから転職したい、でもできれば保育園で働きたいという場合は前任者がいた保育園を選びましょう。

以前から看護師を配置していた保育園と、新たに看護師を配置する保育園では、どちらが看護師の仕事への理解を得られるでしょうか?当然、以前から看護師を配置していた保育園ですよね。

そのため、前任者がいた保育園を選ぶと、周囲の理解を得ながら働ける可能性が高いんです。

ただ、前任者はいてもあなたのように「理解が得られないから」という理由で辞めた可能性も捨てきれません。

ですから、前任者が辞めた理由やその保育園の雰囲気、看護師のマニュアルの有無を調べておくと安心です。

保育園から違う分野へ転職したい場合

保育園から違う分野へ転職したい場合は、看護師が複数いるところならどこでもOKです。

保育園では看護師が1人しかいないことが理解を得られないもっとも大きな原因です。

看護師が複数いるところなら、看護師の仕事の大変さを分かち合えますし、周囲からの理解も得やすいのです。

まとめ

まとめ

保育園の看護師が転職したい理由と転職する場合のチェックポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?

保育園看護師が転職するなら、ご紹介したポイントをチェックして求人を選べば、転職に失敗することがないはずです。

でも、園長の人柄やマニュアルの有無、経験加算の有無、前任者の辞めた理由や保育園の雰囲気などは自分ではなかなか調べることができませんよね。

これらのことを調べるなら、転職サイトを使うと良いですよ。

転職サイトなら、担当者がこれらのことを調べてくれるんです。そのため、転職サイトを使えば、転職に成功する可能性がグッとアップするんですよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの宝箱とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる