保健師が看護師として転職する(辞める)場合と保健師として転職する場合の3つの理由と転職時のチェックポイントを教えます!

保健師が看護師として転職する(辞める)場合と保健師として転職する場合の3つの理由と転職時のチェックポイントを教えます!

保健師が看護師として転職する(辞める)場合と保健師として転職する場合は、どんな理由があるのでしょうか?

また、保健師が転職する時の求人選びは、どんなことをチェックすれば転職に失敗せずに済むのでしょう?

現在、保健師として働いていて転職を考えている人は、この記事を読めば、次の転職は失敗せずに上手くいくはずですよ!

保健師が看護師として転職する(辞める)場合と保健師として転職する場合の理由って何?

保健師が看護師として転職する(辞める)場合と保健師として転職する場合の理由って何?

保健師が看護師として転職する(辞める)場合と保健師として転職する場合の理由は何でしょうか?

現役の保健師さんが転職を考える理由の中で多いものを3つご紹介します。

やりがいを感じない

やりがいを感じない

保健師が転職を考える理由の1つ目は、やりがいを感じないというものです。これは、看護師が保健師として転職した場合に多い理由ですね。

保健師は医療行為がないので、プレッシャーはないというメリットはあるけど、逆に何か物足りなさを感じて、やりがいを感じないという場合もあるんです。

看護師は受け持った患者さんのケアをして、その患者さんが元気になっていく姿を見ることができるけど、保健師は健康維持・増進が主な仕事で、仕事の成果がなかなか見えないことが多いですし、対象が地域住民など不特定多数になることもあるので、やりがいを感じないこともあります。

やりたい分野ではない

やりたい分野ではない

保健師が転職を考える理由の2つ目は、やりたい分野ではない場合です。

母子保健がやりたかったのに、精神保健の担当になったり、介護予防の担当になった場合、興味のない分野なので、仕事へのモチベーションが保てませんよね。

また、企業で働く産業保健と、保健所で働く行政保健では仕事内容がぜんぜん違いますので、想像していたものと違う、こんなはずじゃなかったという場合も、「こういう仕事がやりたかったんじゃないのに」と転職を考えるようになります。

上司の理解が得られない、職員同士の人間関係が面倒くさい

上司の理解が得られない、職員同士の人間関係が面倒くさい

保健師が転職を考える理由の3つ目は、仕事中に上司の理解が得られない場合や、職員同士の人間関係が面倒くさい場合です。

これは、保健所や保健センターで働く保健師さんに多い悩みだと思います。

上司に仕事の相談をしても「保健師のことはわからないし」と言われてしまったり、「そんなの、他の課に任せておけば良いんだ!余計なことをするな!」と言われてしまうと、仕事が思うように進みません。

また、先輩の保健師や同じ部署の職員は全く協力してくれなかったり、「なんかあの人、出しゃばってるよね」と陰口を叩かれたりすることもあります。

こういう陰湿なこと、頭が固い言動はお役所特有のものですが、そういう職場で1人で頑張っていると、心身ともに疲れてしまいますので、転職したいと思うようになるのです。

保健師が看護師として転職したい場合と保健師として転職したい場合の理由別解決法

保健師が看護師として転職したい場合と保健師として転職したい場合の理由別解決法

保健師が看護師として転職したい場合と保健師として転職したい場合の理由を3つご紹介しましたが、実際に転職する場合は、どんなことに注意して求人を選べば良いのでしょうか?

理由別に看護師として転職したい場合と保健師として別の職場に転職したい場合との2つのケースで考えてみましょう。

看護師として転職したい場合ですが、注意しておかなくてはいけないことがあります。保健師は医療行為がありませんよね。

そのため、以前は看護師として働いていた経験があっても、保健師としての期間が長い場合は看護技術を忘れている可能性がありますので、急性期病棟など医療行為が多い職場は厳しいかもしれません。

また、新卒で保健師になった人は、看護師として転職する場合、新人看護師としてゼロから学ぶ覚悟をもって、新人看護師用の教育制度が整っているところを選ばなくてはいけません。

やりがいを感じないから転職したい場合のチェックポイント

まずは、やりがいを感じないから転職したいと考えている場合の転職のチェックポイントです。

保健師ではなく看護師として転職したい場合

保健師ではなく看護師として転職したい場合

保健師の仕事にやりがいを感じないから、看護師として転職したい場合、保健師として転職する場合と同様に、どんな仕事だとやりがいを感じるのかを考えましょう。

重症患者さんの看護でしょうか?それとも、1人1人に合わせた看護をすることでしょうか?子どもの看護をすることでしょうか?高齢者の看護をすることでしょうか?

保健師と比べて看護師は「患者さんが元気になる」のを間近で見ることができますので、やりがいを感じる機会はありますが、看護師の職場は保健師と比べて幅広いですので、あなたはどんな仕事だとやりがいを感じるのかをしっかりと明確にしてから職場選びをしないと、「あれ?やっぱり何だかやりがいを感じないんだよなぁ」ということになってしまうのです。

保健師として違う職場に転職したい場合

保健師として違う職場に転職したい場合

今の仕事にやりがいを感じないけど、看護師ではなく保健師の仕事を続けたいという場合は、どんな仕事だとやりがいを感じるのかを考えて、それを実践できる職場を選びましょう。

たとえば、今は行政保健をやっているけど、産業保健をやってみたいというのであれば、企業の医務室で保健師として働くと良いと思います。

また、考え方を変えてみるのも大切です。確かに、保健師の仕事の成果は、看護師ほど目に見えるものではありません。

でも、保健師は地域住民や社員など、多数の人の健康を守る重要な仕事なんです。

保健師として頑張って仕事をしたら、病気で苦しむ人を少なくすることができるのです。

たくさんの人の健康を守り、命を救っていると考えたら、やりがいを感じるようになるのではないでしょうか?

やりたい分野ではないから転職したい場合のチェックポイント

やりたい分野ではないから転職したい場合のチェックポイントは何でしょうか?

保健師ではなく看護師として転職したい場合

保健師ではなく看護師として転職したい場合

やりたい分野と違うから保健師ではなく看護師として転職したい場合は、どんな職場に転職すれば良いのでしょうか?

あなたは、どんな分野に興味を持っているのですか?

もし、母子保健関係のことをやりたいなら、産科や小児科がおすすめです。

介護予防や高齢者を対象にしたものなら、介護施設が良いでしょう。精神保健に興味を持っているなら、精神科病院が良いですね。

保健師として違う職場に転職したい場合

保健師として違う職場に転職したい場合

今の仕事はやりたい分野ではないけど、保健師の仕事を続けたい場合は、あなたがやりたい分野とは何かを明確にしましょう。あなたのやりたい分野というのは何でしょうか?

やりたい分野が産業保健、行政保健という場合は、産業保健がやりたければ企業の医務室に、行政保健がやりたければ保健所や保健センターに転職すればOKです。

ただ、例えば「母子保健を専門にしたい」と思った場合、行政保健師になる、つまり保健所や保健センターで働けば母子保健に携われることもありますが、必ず母子保健を専門にできるというわけではありません。

また、母子保健を専門にできても、数年ごとに担当が変わることが普通ですので、「母子保健だけ」、「精神保健だけ」という働き方は難しいことは知っておきましょう。

上司の理解が得られない、職員同士の人間関係が面倒くさい場合のチェックポイント

上司の理解が得られないから、または職員同士の人間関係が面倒くさいから転職したい場合のチェックポイントをご紹介します。

保健師ではなく看護師として転職したい場合

保健師ではなく看護師として転職したい場合

人間関係に悩んで看護師としての転職を考えている保健師さんは、職場の人間関係と師長の人柄を徹底的に調べましょう。

今のあなたの職場では、上司や同僚に恵まれていないかもしれません。

でも、看護師として転職したからといって、それが必ずしも解決されるとは限りません。

職場によっては、転職後のほうが人間関係が悪いことだってあるのです。

保健師の職場は男性も多くいますが、看護師は女性が多い職場ですから、人間関係が保健師の職場以上に面倒くさいこともあるのです。

ですから、看護師として転職する場合は、職場の人間関係と師長の人柄をしっかりと調べるようにしてくださいね。

保健師として違う職場に転職したい場合

保健師として違う職場に転職したい場合

現在、保健所や保健センターで働いている場合は、企業の医務室に転職してみましょう。

企業の医務室は民間の企業ですから、行政よりも風通しが良い職場であることが多いんです。

そのため現在は行政保健師として働いていて、人間関係に悩んでいる人は、産業保健師に転職すると、今までよりもずっと働きやすい環境で働けるかもしれません。

まとめ

まとめ

保健師が看護師として転職する(辞める)場合と保健師として転職する場合の理由と転職時のチェックポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?

保健師ではなく看護師として転職する場合も、保健師として違う職場へ転職する場合も転職サイトを使うと良いですよ!

保健師の求人はあまり多くないので、自力で探すのは難しいのですが、転職サイトなら良い保健師の求人が出たら、すぐに教えてもらえます。

また、あなたのやりたい分野の看護師の求人や職場の人間関係がよく、信頼できる師長がいる職場の求人をピックアップしてくれますし、臨床経験がない保健師さんには新人看護師の教育制度が整っているところ、看護師の職から離れていた期間が長い保健師さんには、フォロー体制が整った職場を紹介してくれるんです!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職といえばナース人材バンク、と言われるほどの人気サイトです。業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。オススメですよ♪

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

こちらも口コミでの人気が高いサービスです。沢山の非公開求人が用意されていますので、ナース人材バンクと併せてお使い頂くと間違いのない転職が出来ると思います。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる