看護師の中途採用の面接で質問されるものにはどんなことが多いの?

看護師の中途採用の面接で質問されること=志望動機

看護師の中途採用の面接の質問でよく聞かれるものって何でしょうか?

面接で質問されるものをあらかじめ知っておけば、質問への回答を事前に考えておくことができますので、採用がグッと近づくんです!

看護師の中途採用の面接で質問されること=志望動機

看護師の中途採用の面接の質問でよく聞かれるものといえば、やはり志望動機に関するものです。

「当院を志望した理由はなんですか?」や「志望動機を教えてください。」などの質問は、面接ではほぼ100%聞かれます。

「教育制度が充実していて、スキルアップしやすい環境だから」や「今までの経験を活かせる」など「貴院の看護理念に共感し、理想の看護を追求していけると思った」など前向きで好印象を持ってもらえるような回答を考えておきましょう。

この志望動機の回答を考える時には、面接を受ける病院や施設の特徴や理念などを調べておくことが大切です。

特徴や理念などを知っておくと、より具体的な志望動機を述べることができるからです。

たとえば、「今までの経験を活かすことができる」、「スキルアップできる」ような職場はたくさんあります。

ですから、ただ「今までの経験を活かして、スキルアップをしていけると思ったので志望しました」とだけ答えたら、採用担当者は「別にうちじゃなて、ほかの病院でも良いんじゃないの?」と思うかもしれません。

でも、「今までの経験を活かして、スキルアップをしていける」という志望動機に、面接を受ける職場の特徴や理念を絡めたら、「どうしてもその病院で働きたい」という熱い気持ちを伝えることができますよね。

また、似たような内容になりますが、「入職後にやりたいこと、学びたいこと」などを問われることもありますので、志望動機以外にも入職後の展望についても考えておきましょう。

看護師の中途採用の面接で質問されること=退職理由

看護師の中途採用の面接で質問されること=退職理由

看護師の中途採用の面接で質問されることの2つ目は退職理由です。

前職をなぜ退職したのか、なぜ転職しようと思ったのかなどの退職理由も、面接ではよく聞かれる質問です。

勤めていた職場を辞めて、転職しようと思ったわけですから、以前の職場に何かしらの不満があるのは仕方がないことです。

「残業が多くて忙しすぎた」、「人間関係が悪かった」、「休日が少なかった」、「やりたい看護ができなかった」などの退職理由が多いでしょうか?

退職理由については嘘をつく必要はありませんが、注意しなければいけないことが2つあります。

前の職場の悪口にならないように気をつける

退職理由を述べる時に気をつけなければいけないことは、前職の悪口にならないようにすることです。

退職理由を述べていると、「人間関係が悪いのに、師長は何もしてくれなかった」、「残業が多くて休みが少なくて、疲れきってしまい、ウンザリしてしまった」など、うっかり前の職場の悪口になってしまうことがあります。

いくら前の職場に不満を持っていても、面接の場で悪口を言うのは、採用担当者にあまり良い印象を与えません。

前向きに述べる

退職理由はどうしてもマイナスになりがちです。これは仕方がないことです。でも、「忙しいから辞めた」、「やりたい看護ができなくて辞めた」とだけ答えずに、それに加えて前向きな意見を付け加えるようにしましょう。

たとえば「忙しいから辞めた」という理由には、「貴院は残業が少ないとのことですので、そのゆとりを仕事へのモチベーションにつなげたい」などと付け加えましょう。

また、「やりたい看護ができなくて辞めた」という理由なら、「貴院の看護理念に共感しているので、貴院で学びながらより良い看護ができるようにしたい」などを付け加えてはいかがでしょうか?

退職理由を述べる時は、退職理由だけで完結させずに、前向きなことを付け加えるようにしましょう。

看護師の中途採用の面接で質問されること=経験やスキルに関するもの

看護師の中途採用の面接で質問されること=経験やスキルに関するもの

看護師の中途採用試験の面接で質問されることが多いものの3つ目は、看護師経験やスキルに関するものです。

「前職ではどのような診療科(施設)で働いていましたか?」や「今までにプリセプターやリーダー経験はありますか?」などを質問されます。

この質問は、あなたが即戦力になれるかどうかを見極めるためのものですので、きちんと詳細に答えられるようにしましょう。

どうしても採用されたいからといって、嘘をつくのはもちろんNGです。リーダー経験がないのに、「リーダー業務をしていました!」などと嘘をついて採用されても、採用後に自分を追い込むことになるだけです。

看護師経験やスキルに自信がない人は、やる気や熱意を伝えることでカバーすればOKです。

看護師の中途採用の面接で質問されることが多い志望動機や退職理由、経験やスキルに関することなどを見てきました。

これ以外にもあなたの看護観を問われたり、長所や短所、趣味や特技などを質問されることが多いですので、きちんと答えられるように準備して面接に臨みましょう。

面接での質問にうまく答えられる自信がないという人は、転職サイトを使うと良いですよ!

転職サイトなら看護師の転職のプロである担当者と一緒に面接対策をすることができますので、安心して面接に臨むことができるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの宝箱とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる