中途採用の看護師が夜勤に入るのはいつ頃からになるの?

中途採用の看護師が夜勤に入るのはいつ頃からになるの?

中途採用の看護師が夜勤に入るのはいつ頃からになるのでしょう?

夜勤はスタッフ数が少ないので、いろいろと不安がありますよね。

中途採用の看護師さんは、いつ頃から夜勤に入るのかや夜勤に入る時の注意点などを知っておきましょう。

中途採用の看護師が夜勤に入る時期=入職後1ヶ月以内のケース

中途採用の看護師が夜勤に入る時期は、大きく分けて入職後1ヶ月以内と入職後数ヶ月以上経ってからの2通りがあります。

まずは、主流派である入職後1ヶ月以内のケースについて見てみましょう。

中途採用の看護師さんは、ほとんどの場合入職後1ヶ月以内に夜勤に入ることになります。

「え?そんなにすぐに夜勤に入らなくちゃいけないの?」と驚くかもしれません。

でも、中途採用は即戦力として採用されることが多いですし、以前にも夜勤をやっていたなら、入職後1ヶ月もすれば夜勤に入れるようになっているはずです。

あなたは新人看護師の頃、入職後どのくらいで夜勤に入りましたか?

その病院や病棟の方針によって違いはありますが2~3ヶ月後という人も多いのではないでしょうか?

ちなみに、私が新人看護師だった時はゴールデンウィーク明けに初夜勤だったので、入職してから約1ヶ月後に夜勤に入ったことになります。

新人看護師だって、入職後1ヶ月程度で夜勤に入るケースもあるのですから、中途採用の看護師が1ヶ月以内に夜勤に入るのは何の不思議もないですよね。

あなたが中途採用後1ヶ月以内に初夜勤に入るシフトを組まれたということは、あなたがそれだけ即戦力として期待されているということですし、あなたのスキルが高く評価されている証拠です。

ですから、自信を持って新しい職場での初夜勤に臨みましょう!

中途採用の看護師が夜勤に入る時期=入職後数ヶ月以上経ってからのケース

中途採用の看護師が夜勤に入る時期=入職後数ヶ月以上経ってからのケース

中途採用の看護師が夜勤に入る時期でもう1つのパターンは、入職後数ヶ月以上経ってからのケースです。

中途採用でもすぐに夜勤に入らず、入職後数ヶ月以上経ってから夜勤に入ることもあるんです。

未経験の分野に転職した場合

今まで経験してきた診療科や領域とは違う分野に転職した場合は、中途採用後数ヶ月以上は夜勤に入らないことが珍しくありません。

夜勤はスタッフ数が少ない分、夜勤に入るスタッフはある程度仕事が1人でできるようになっていないといけません。

未経験の分野に転職したら、今までの経験のすべてを活かすことはできませんので、仕事を覚えて戦力となるまでは夜勤に入る事ができないんです。

指導してくれる先輩看護師や師長が「夜勤に入っても大丈夫」と判断したら、夜勤に入ることになります。

夜勤は未経験

今までの経験を活かせるような職場に転職しても、すぐには夜勤に入れないこともあります。それは、あなたが夜勤未経験だった場合です。

以前の職場は日勤のみで働いていたら、中途採用後すぐには夜勤に入らない可能性が高いです。

なぜなら、新しい職場に慣れることだけでもパワーを使うのに、さらに未経験の夜勤に入ったら、心身ともに疲れてしまって体調を崩すかもしれないからです。

中途採用で入った職場としても、最初から無理をさせてすぐに退職されるよりは、大切に育てて長く勤めてもらいたいと思うので、できるだけ負担をかけさせないようにするんです。

中途採用の看護師が数ヶ月以上夜勤に入らないケースを見てきましたが、これはあくまでも「こういう傾向にある」というだけです。

「とにかく看護師不足が深刻で困っている」という職場は、未経験の分野に転職した場合でも夜勤が未経験でも、1ヶ月以内に夜勤に入ることになるかもしれません。

中途採用の看護師が夜勤に入る時の注意点は何?

中途採用の看護師が夜勤に入る時の注意点は何?

中途採用の看護師が夜勤に入る時の注意点を確認しておきましょう。中途採用の看護師が初めて夜勤に入る時は、どんなにベテランの看護師でもやっぱり不安になりますよね。

だからこそ、不安を少しでも解消できるように、自分でできることをやりましょう。

リーダーを取れるスタッフと一緒に

まずは、初めて夜勤に入る時は、必ずリーダーを取れるベテランスタッフと一緒に働けるようにシフトを組んでもらいましょう。

これは、特にあなたがベテラン看護師であればあるほど注意しなければいけないポイントです。

あなたが経験豊富で「できる看護師」の場合、師長は初めての夜勤でも経験年数が浅く、まだ1人前の看護師とは言えないようなスタッフと一緒に組ませて2人体制の夜勤シフトにする可能性もあるんです。

ベテラン看護師なら、看護知識や看護技術においては確かに安心して任せることができますが、入院や死亡時の手続き、緊急時に薬剤部から薬剤を取り寄せるの手続き、そのほかの細かい事まではわからないですよね。

ですから、中途採用者が初めての夜勤に入る時は、夜勤の仕事の細かい部分まで知っていて、リーダー業務ができるスタッフと一緒に働けるようなシフトを組んでもらわなくてはいけないんです。

まだ不安なときは自己申告を

リーダーを取れるスタッフと一緒に夜勤に入ることになっても、まだ日勤の仕事も覚え切れていない、夜勤に入るのはどうしてもまだ不安という場合もありますよね。

そういう時は、遠慮せずに師長に不安であることを申し出るようにしましょう。

自分から不安であることを言い出さないと、あなたが不安を持っていることが誰にも伝わりません から。

きちんと自己申告すれば、夜勤に入るのをもう少し遅らせてくれるかもしれませんし、あなたのフォローとして通常のスタッフ数より1人増やしてくれるかもしれませんよ! 

それでも中途採用後すぐには夜勤に入りたくない、しっかり日勤の仕事を覚えて自信をつけてから夜勤に入りたいという人は、転職サイトを使って中途採用の求人を探すと良いですよ!

転職サイトを使えば、「中途採用でもすぐに夜勤に入らない。夜勤に入るのは仕事にしっかり慣れてから」という条件で採用してくれる職場を探してくれるんです。

ですから、「中途採用後すぐに夜勤に入らなくちゃいけない。でも仕事を覚えてないから不安だなぁ。」という事態を避けることができるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる