リエゾンナースってどんな仕事や役割があるの?リエゾンナースになるには?

リエゾンナースってどんな仕事や役割があるのでしょうか?

リエゾンナースってどんな仕事や役割があるのでしょうか?

リエゾンナースは精神科のナースだけど、詳しくはよくわからないという人が多いと思います。

リエゾンナースの仕事内容や役割、リエゾンナースになる方法を説明します!

リエゾンナースってどんなナースなの?

リエゾンナースってどんなナースなの?

リエゾンナースとは、医療現場における患者さんの身体と心のつなぎ役をする看護師のことです。

リエゾン(Liaison)は、「つなぐ」、「連携する」を意味する言葉です。

リエゾンナースというと、精神看護の専門家であり、精神病院で働く看護師というイメージを持っている人も多いと思います。

このイメージは半分当たっていて、半分誤解があります。リエゾンナースは確かに精神看護の専門家です。

ただ、精神科の中だけで働いている看護師ではないんです。リエゾンナースは患者さんの身体と心のつなぎ役ですから。

例えば、末期がんの患者さんは適応障害になりやすいですよね。がんという病気で入院しつつも、その病気が原因で精神的な問題を抱えています。

精神的な問題は、身体的な病気を治療する医師や看護師には対応が難しいこともあります。そういう時に、リエゾンナースが活躍するんです。

リエゾンナースは精神看護の専門家ですから、精神看護の専門知識やケア方法などを身体的な病気を治療する医師や看護師にレクチャーして、患者さんの身体と心をつなぐんです。

身体的な疾患で入院しつつも、精神的な問題を抱える患者さんは多いですよね。例に挙げたように末期がんの患者さんは適応障害やうつになりやすいですし、術後せん妄を発症する人も多いです。

また、元から統合失調症やパーソナリティ障害を抱えている患者さんもいます。

そういう患者さんの身体と心をつなぐために、身体的な診療科の医師や看護師に知識を提供したり、身体的な病気で入院している患者さんの精神的な問題の相談に乗ったりするのが、リエゾンナースなのです。

また、必要であれば、身体的な診療科の医師と精神科の医師、臨床心理士などをつなぎますので、医療職者同士をつなぐこともリエゾンナースの仕事ですね。

リエゾンナースのもう1つの大切な仕事とは?

リエゾンナースのもう1つの大切な仕事とは?

リエゾンナースの仕事は、患者さんの心と体をつなぐ、医療職者同士をつなぐだけはありません。リエゾンナースには、もう1つ大切な仕事があるんです。

その大切な仕事とは、看護師のメンタルヘルスです。看護師をやっていると、燃え尽き症候群になったり、適応症候群になったり、メンタルを病むことが多いですよね。

そんな時に、リエゾンナースが看護師の相談に乗り、ストレスマネジメントを支援したり、職場での悩みの解決方法を一緒に考えたりするんです。

先輩看護師との付き合い方、患者さんとの上手な距離の取り方を精神看護の専門家からアドバイスしてもらうだけでも、看護師のストレスは軽くなります。

そのため、リエゾンナースはその病院の看護師全員のメンタルヘルスを支えている存在と言えるでしょう。

リエゾンナースになるにはどうしたら良いの?

リエゾンナースになるにはどうしたら良いの?

リエゾンナースになるには、どうしたら良いのでしょうか?リエゾンナースになるためには、やはり精神看護を学ぶ必要があります。そのため、精神科で働きましょう。

できれば、リエゾンナースが活躍している病院の精神科が良いですね。

そうすると、精神看護を経験しながら、リエゾンナースの働きぶりを間近に見ることができますし、実際にリエゾンナースになるためのアドバイスなどをしてもらえますから。

「リエゾンナース=精神看護専門看護師」と思っている人も多いと思いますが、必ず専門看護師の資格を持っている必要はありません。リエゾンナース=つなぐ看護師ですから。

ただ、病院で活躍しているリエゾンナースのほとんどが、精神看護専門看護師の資格を持っているので、精神看護専門看護師の資格を取得すると、リエゾンナースへ大きく一歩近づくことができると思います。

精神看護専門看護師になるためには、看護師経験が5年(うち3年が専門分野の経験)以上あって、看護系大学院の修士課程を修了し、所定の26単位又は38単位を取得して、認定試験に合格する必要があります。

また、精神科認定看護師の資格を取得するのも良いと思います。ただ、精神科認定看護師は看護協会の認定資格ではなく、一般社団法人日本精神科看護協会認定の資格になります。

リエゾンナースが活躍している病院の精神科で働き、リエゾンナースになるためのアドバイスを貰いながら、資格を取得して、リエゾンナースになると良いでしょう。

まとめ

まとめ

リエゾンナースは精神看護の専門知識を持ち、患者さんの心と体をつなぐ役割、医療者同士をつなぐ役割を担う看護師のことです。

また、看護師のメンタルヘルスを支援するのも大切な仕事です。リエゾンナースを目指すためには、まずはリエゾンナースが活躍している病院の精神科で働くと良いでしょう。

リエゾンナースが活躍している病院の精神科で働くためには、転職サイトを使うと良いですよ。

担当者がリエゾンナースが活躍している病院を探してくれますし、配属交渉をしてくれるので、精神科に必ず配属になるんです。

しかも、資格取得支援制度があるかどうかも確認してくれるので、転職サイトを使うと、リエゾンナースに大きく一歩近づくことができるんですよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。求人の量・質共に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。こちらもマイナビ看護師と併用しておくと、セカンドオピニオンになりますし求人の取りこぼしが少なくなるでしょう。

こちらもおすすめ

運営会社 | 書いた人 | ナースの宝箱とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる