ホスピスの看護師の仕事はやりがいあり!緩和ケアの給料・求人を説明

ホスピスの看護師の仕事はやりがいあり!緩和ケアの給料・求人を説明

「ホスピスの看護師の仕事に興味がある」

「ホスピスで働きたい」

 

なるほど。

 

あなたはホスピスの看護師の仕事に興味があって、ホスピスで働いてみたいと思っているんですね。

 

ホスピスでの看護師の仕事は、やりがいがあって、看護師として成長でき、幅広いスキルを身につけることができるんです。

 

ホスピスの看護師の仕事について、ホスピスで働くデメリット・メリット、給料や求人を一緒に見ていきましょう。

ホスピスの看護師の仕事を詳しく知っておこう

ホスピスの看護師の仕事について、詳しく知っておきましょう。

 

「ホスピスのことは何となく知っているけど、詳しくは知らない」

 

という人も多いと思います。

 

ホスピスとは

ホスピスは、緩和ケア・ターミナルケアを行う施設のことです。

 

WHOは、2002年に緩和ケアを次のように定義しています。

 

「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題に関してきちんとした評価をおこない、それが障害とならないように予防したり対処したりすることで、クオリティー・オブ・ライフを改善するためのアプローチである。」

引用元: ホスピス・緩和ケアとはなんですか | ホスピス財団

 

そして、特定非営利活動法人 日本ホスピス緩和ケア協会は、緩和ケアを次のように具体的に説明しています。

 

  • 痛みやその他の苦痛となる症状を緩和する。
  • 生命を尊重し、死を自然なことと認める。
  • 無理な延命や意図的に死を招くことをしない。
  • 最期まで患者がその人らしく生きてゆけるように支える。
  • 患者が療養しているときから死別した後にいたるまで、家族が様々な困難に対処できるように支える。
  • 病気の早い段階から適用し、積極的な治療に伴って生ずる苦痛にも対処する。
  • 患者と家族のQOLを高めて、病状に良い影響を与える。

引用元: ホスピス緩和ケアの基準|特定非営利活動法人 日本ホスピス緩和ケア協会

 

ホスピスは、ターミナル期の患者を受け入れ、患者がその人らしく生きていけるように、死を迎えられるように、苦痛を緩和しながらケアをしていく施設と言えるでしょう。

 

 

ホスピスの施設の種類

看護師がホスピスで働こうと思ったら、次の5つの職場から選ぶことになります。

 

  • 完全独立型のホスピス=ホスピスのみの施設(他診療科の病棟はない)
  • 院内独立型のホスピス=病院の敷地内に一般病棟とは別の独立した建物としてホスピスが建っている
  • 院内病棟型のホスピス=病棟の1つがホスピス(緩和ケア病棟)になっている
  • ホスピス外来=ホスピスの外来版
  • 在宅での緩和ケア=患者は自宅にいて、訪問看護で緩和ケアをする

 

 

また、病院によっては院内の緩和ケアチームを作って、病院のターミナル期にある患者の緩和ケアを行うこともあります。

 

ホスピスの看護師の仕事内容

ホスピスの看護師の仕事内容は、次のようなものがあります。

 

  • 身体的、精神的、社会的、霊的な苦痛をできるだけ緩和するためのケア
  • 日常生活援助
  • 患者の価値観を大切にし、その人らしく生きていけるように支援する
  • 家族と過ごせるようにするための配慮
  • 家族への援助
  • 緩和ケアチームの調整役
  • 必要があればMSWや専門医、宗教家へ橋渡しをする

 

ホスピスの看護師は、患者のあらゆる苦痛を取り除くケアをします。

 

そのために、一般的な病棟・病院では考えられないようなケアをすることもあります。

 

患者がその人らしく生きられるように、

 

  • お酒やタバコをOK
  • ペットを連れてきてOK(アニマルセラピー)
  • 病棟内で行事を頻繁に行う
  • 僧侶や神父・牧師を招いて、患者が悩みを話せる機会を作る

 

ホスピスによっては、このようなケアを行っています。

 

もちろん、ホスピスによってどんなケアを行うのかは変わりますが、ホスピスでは患者の病気を治すためのケアではなく、患者がその人らしく生活するためのケアを行うのです。

 

 

広がるホスピスの可能性

ホスピスというと、死を待つだけの人が入院する場所というイメージが強く、どちらかというと後ろ向きな施設、ネガティブな施設というイメージがあるかもしれません。

 

でも、ホスピスは日本では成長途中の施設であり、今後はどんどんいろいろなホスピスが誕生し、ホスピスの可能性は広がっています。

 

  • もみじの家やTSURUMIこどもホスピスなど子どもホスピスの誕生
  • がん患者や家族が立ち寄れるマギーズ東京の設立

 

このように日本でもいろいろな形のホスピスが誕生していて、これからはホスピスの重要性がもっと高まっていくことが考えられます。

 

 

ホスピスで看護師が仕事をするデメリット

ホスピスで看護師が仕事をするデメリットには、どんなものがあるのかを考えていきましょう。

 

看護師がホスピスで緩和ケアの仕事をするなら、デメリットをあらかじめ把握しておく必要があります。

 

精神的にキツイ

ホスピスは死に直面している患者と家族のケアをします。

 

そのため、ホスピスの看護師は精神的にキツイと感じることが多いです。

 

  • 患者や家族に八つ当たりされる
  • たくさんの患者のお見送りをしなければいけない
  • 回復するケースはほとんどない

 

そのため、ホスピスの看護師はストレスを感じてしまい、そのストレスに押しつぶされることも少なくありません。

 

確かに、ホスピスの看護師は精神的にきつく、ストレスが溜まります。

 

ただ、アドラー心理学の考えの1つである「課題の分離」という考え方を応用してみると、少し楽になると思います。

 

アドラー心理学では、自分の課題と他人の課題を切り離して考えることが対人関係の悩みを解決するためのカギとしています。

 

ホスピスの看護師にとっての自分の課題は、患者さんらしく生きられるように最良のケアをすること。

 

あなたが最良のケアをすることができたら、それでよし。

患者さんをコントロールすることなんてできない。

あなたはサポート・ケアをするだけ。

 

このように自分の課題と他人の課題を分離させて、割り切って考えるようにすると、ホスピスで仕事をする上でのストレスは、少し緩和されると思います。

 

看護経験が必要

ホスピスでの緩和ケアは、看護師としての総合力が求められる仕事です。

 

そのため、新人看護師には務まらない仕事と言えるでしょう。

 

ホスピスの求人を見ると、看護師の臨床経験3年以上、もしくは5年以上としているところが多いですね。

 

ホスピスで看護師が仕事をするなら、病棟経験を積んでから、異動・転職をしなければいけないのです。

 

 

求人が少ない

ホスピスで働きたいと思っている看護師は多いと思いますが、求人数はとても少ないです。

 

倍率が高い!?

 

そうですね。

 

なかなか求人は出ませんし、求人が出ても応募が殺到することも多く、すぐに締め切られてしまうことが多いです。

 

また、完全独立型のホスピスは少なく、院内併設型のホスピスが多いことも関係しています。

 

院内併設型だと、ホスピスである緩和ケア病棟に配属されるとは限りません。

 

病院によっては、院内の異動希望者がたくさんいて、順番待ちになっていることもあります。

 

少ないホスピスの求人をタイムリーにキャッチするためには、転職サイトに登録しておく必要があります。

 

詳しくは、この後の「ホスピスで看護師が仕事をするなら転職サイトを使おう!」<アンカーリンク>で説明しています。

 

 

ホスピスで看護師が仕事をするメリット

ホスピスで看護師が仕事をするデメリットがわかったところで、次はメリットを見ていきましょう。

 

メリットを知れば、デメリットが気にならなくなることも多いです。

 

やりがいを感じる

ホスピスで看護師が仕事をするメリットは、やりがいを感じることです。

 

アドラー心理学によると、他者へ貢献することで、人間はやりがい・幸せを感じるとしています。

 

ホスピスでの看護師の仕事は、他者への貢献度はとても大きいですよね。

 

死に直面した人をその人らしく生活できるようにケアをしていく。

 

これは、ICUや一般病棟で医師の指示通りのケアをしていくよりも、患者への貢献度は大きいと考えることができます。

 

他者への貢献度が大きければ、人間はやりがいを感じる。

 

ホスピスは看護師が一番やりがいを感じられる職場と言えるかもしれませんね。

 

そして、奉仕精神が強い人が多い看護師は、ホスピスで働くことでやりがいを感じ、この上ない幸福感を得ることができます。

 

だから、ホスピスで働く看護師は

 

ホスピスが天職!

 

と感じて、ホスピスで長く働いていくのです。

 

こんな理由があるから、先ほど話したデメリットの「求人が少ない」につながっていくのかもしれませんね。

 

 

専門性を身につけられる

専門性を身につけられることもホスピスの特徴です。

 

ホスピスで働けば、緩和ケアを専門にしていくことができます。

 

そして、

 

  • 緩和ケア認定看護師
  • ガン性疼痛看護認定看護師
  • がん化学療法看護認定看護師
  • ガン放射線看護認定看護師
  • がん看護専門看護師
  • 家族支援専門看護師

 

などのキャリアアップの選択肢も広いです。

 

これからの看護師は専門性を身につけるのが当たり前の時代。

 

ホスピスで働けば、専門性を身につけて、どんどんキャリアアップしていけるんです。

 

 

看護師として成長できる

 

ホスピスで看護師が仕事をすると、看護師として成長することができます。

 

  • 身体的、精神的、社会的、霊的な面から看護をできる
  • 1人1人に合わせた看護ができる
  • 家族看護も必要である
  • 医師の指示で動くのではなく、看護の力が重要になる

 

ホスピスで働くと、看護師として、人間としての総合力を磨くことができるので、看護師として成長することができるんです。

 

 

ホスピスで看護師が仕事をした時の給料

ホスピスで看護師が仕事をした時に、給料はどのくらいもらえるのかを見ていきましょう。

 

いくらホスピスではやりがいを感じて幸福感を得られるといっても、仕事をする以上、給料は重要ですよね。

 

ホスピスの看護師の給料

ホスピスの看護師の給料を調べてみました。

 

<有床クリニックのホスピス>

  • 月収32~38万円(夜勤手当含む)

 

<独立型のホスピス>

  • 290,174円~(夜勤手当含む)

 

これを見てわかると思いますが、ホスピスの看護師は普通の一般病棟の看護師の給料とほぼ変わりません

 

院内併設型のホスピス(緩和ケア病棟)の場合は、一般病棟の看護師の給料と同じになります。

 

 

ホスピスで給料をアップするコツ

ホスピスの看護師は専門的な仕事をしますが、一般病棟の看護師と給料はほぼ変わりません。

 

ホスピスの看護師が給料をアップさせるなら、やっぱりキャリアアップが必要になります。

 

ホスピスの看護師のキャリアアップの道は、先ほども説明したように

 

  • 緩和ケア認定看護師
  • ガン性疼痛看護認定看護師
  • がん化学療法看護認定看護師
  • ガン放射線看護認定看護師
  • がん看護専門看護師
  • 家族支援専門看護師

 

このようなものがあります。

 

キャリアアップすれば、資格手当がつきますので、給料がアップします。

 

資格手当はどのくらい?

 

認定看護師や専門看護師の資格手当は多いと思いますよね。

 

でも、実際はそこまで多くなく、月に数千円~1万円程度なので、大幅な給料アップは望めないかもしれません。

 

それでもキャリアアップして、ホスピスで役に立つ資格を取得しておけば、次に転職する時の武器になります。

 

キャリアアップしておけば、次に違うホスピスに転職する時に、基本給を上げてもらったり、そのスキルを評価して調整手当をたっぷりつけてもらうことができます。

 

基本給をアップしてもらったり、調整手当を多くつけてもらえば、年収50~100万円程度アップさせることも可能です。

 

だから、キャリアアップしておけば、資格を取った直後は大幅な給料アップは望めなくても、次に転職した時には大幅な給料アップを期待できるのです。

 

 

ホスピスで看護師が仕事をする時の求人選びの5ポイント

ホスピスで看護師が仕事をする時には、求人を探す必要があります。

 

いくら、ホスピスの求人が少ないからといって、ホスピスならどこでも良いというわけにはいきません。

 

せっかくホスピスで働くなら、あなたに合ったホスピスの求人を見つけましょう。

 

  • 施設の種類
  • 理念や方針に共感できるか
  • 配属されるかどうか
  • 研修や資格取得支援制度の有無
  • 勤務条件

 

この5つのポイントで、あなたに合ったホスピスの求人を見つけられるはずです。

 

施設の種類

まずは、施設の種類をチェックしましょう。

 

求人で多いのは、以下の3つです。

  • 完全独立型ホスピス

→異動なし。ずっとホスピスで働くことができる

 

  • 院内併設型や院内独立型のホスピス

→異動あり。ホスピスが合わなかった時に異動できるというメリットあり

 

  • 在宅緩和ケアをやっている訪問看護ステーション

→緩和ケアだけでなく在宅看護も専門にできる

 

この中でどこで働きたいのかを考えて、ホスピスの求人を選んでください。

 

ホスピス外来は、基本的にその病院のホスピスで経験を積んで、キャリアアップしてから働くことになります。

 

専門看護師や認定看護師の資格をすでに持っている看護師でない限り、ホスピス外来に転職することは難しいと思います。

 

 

理念や方針に共感できるか

ホスピスで看護師が仕事をするなら、そのホスピスの理念や方針に共感できるかをチェックしましょう。

 

ホスピスはスピリチュアルなケアを重視するため、キリスト教や仏教など宗教色が強いところが多いです。

 

また、どんなケアをしているかも、ホスピスによって違いますので、理念や方針を確認すると共に、ケアの内容も調べておくと良いでしょう。

 

 

配属されるかどうか

ホスピスの看護師求人を探す時には、配属されるかどうかも大切です。

 

これは、院内併設型のホスピスの求人に応募する場合ですね。

 

ホスピスがある病院の求人に応募しても、ホスピスに配属になるとは限りません。

 

希望を出してもダメ?

 

いくら希望を出しても、違う部署に配属になることもあります。

 

確実にホスピスに配属になるかどうかを確認しておく必要があります。

 

 

研修や資格取得支援制度の有無

ホスピスで看護師が仕事をするなら、研修が充実していたり、資格取得支援制度がある職場の求人を選びましょう。

 

ホスピスでの仕事は専門性が高いので、研修・勉強会があると、仕事に早く慣れることができます。

 

また、キャリアアップするためにも、資格取得支援制度があったほうが良いでしょう。

 

 

勤務条件

ホスピスの看護師求人を探すなら、勤務条件も大切です。

 

  • 給料
  • 残業時間
  • 休日数
  • 夜勤回数

 

特に、夜勤回数はあらかじめ確認しておきましょう。

 

ホスピスは夜勤の72時間ルールの適用外になりますので、夜勤回数が多めになることがあります。

 

 

ホスピスで看護師が仕事をするなら転職サイトを使おう!

ホスピスで看護師が仕事をするためには、少ない求人をタイムリーにキャッチして、その中から、求人選びのポイントをチェックする必要があります。

 

面倒くさいし、大変そう

 

そうですよね。

 

だから、ホスピスで看護師が仕事をするなら、転職サイトを使いましょう

 

転職サイトなら、面倒なことを全部転職コンサルタントがやってくれます。

 

そもそも、ホスピスの求人は少なくて、求人が出ると応募が殺到するため、非公開求人になっていることが多いんです。

 

非公開求人は、転職サイトに登録しないと、紹介してもらえません。

 

また、ホスピスの求人が出たら、すぐに転職コンサルタントに知らせてもらうことができるので、求人情報をタイムリーにキャッチできます。

 

さらに、その中から希望の施設を絞り込んでくれますし、理念や共感、研修や資格取得支援制度の有無、勤務条件もすぐに調べてくれます。

 

ホスピスに配属してもらえるように、配属交渉もしてくれますから、ホスピスで仕事をしたい看護師は、転職サイトを使うべきなんです。

 

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる