看護師が「ブランク後の仕事は楽が良い!」なら、求人選びのポイントは4つ!

看護師が「ブランク後の仕事は楽なほうが良い!」なら残業なしを選ぼう!

看護師が「ブランク後の仕事は楽したい。楽な仕事のほうが良い!」と考えた時、どんな求人を選べば良いのでしょう?

ブランクがあるから、できるだけ楽な仕事をしたいと思うのは当然のことですよね。

ブランク後に苦労せず働くための求人選びのポイントを教えます!

看護師が「ブランク後の仕事は楽なほうが良い!」なら残業なしを選ぼう!

看護師が「ブランク後の仕事は楽したい」と考えるなら、残業なしの求人を選びましょう。これは基本中の基本です。

ブランクがある人だけでなく、ブランクがない人だって残業が毎日のようにあるのは嫌ですよね。

残業があると疲れますし、プライベートな時間を削ることになります。また、勤務後の予定が立てられなくなってしまいます。

さらにブランクがある人の場合、仕事に慣れるだけで精一杯ですよね。

新しい環境で慣れない仕事をするのは、心身ともに大きなストレスになります。

勤務時間内だけで、もう疲労困憊でヘトヘト&グッタリになってしまうことが多いんです。

それなのに、さらに残業をしなければならない。しかも、毎日あるのが普通で、残業は長時間に及ぶ。

こんな環境で働いていたら、退勤後は何もする気が起きませんし、「もう復職は諦めよう。私には無理だわ。」と思ってしまいます。

逆に残業がなければ、退勤後は自宅でゆっくり休むことができますし、仕事に慣れてくれば退勤後にいろいろな予定を入れてプライベートを充実させることができます。

残業がないと、仕事とプライベートをしっかり分けて、楽しく仕事を続けることができるんです。何より、残業がなければ体力的に楽ですよね。

看護師が「ブランク後の仕事は楽なほうが良い!」なら力仕事なしを選ぼう!

看護師が「ブランク後の仕事は楽なほうが良い!」なら力仕事なしを選ぼう!

看護師が「ブランク後の仕事が楽なほうが良い!」と考えるなら、力仕事がない求人を選びましょう。

看護師の仕事は立ち仕事ですし、さらに患者さんの移動介助やオムツ交換、体位交換などの力仕事が多いですよね。

ブランクから復帰して仕事に慣れるだけでも大変で心身ともに疲れるのに、力仕事が多い求人を選んでしまうと、さらに疲れる要素が多くなります。

勤務後は毎日「もうクタクタ。動きたくない、ていうか動けない・・・。腰が痛い・・・。」という状態だったら、「仕事が楽」と感じるどころか、それと正反対の状態ですので、「もう復帰は無理。辞めたい。」と思うようになりますよね。

ですから、看護師がブランク後の仕事を楽と感じるためには、力仕事がない求人を選ばなくてはいけないんです。

看護師が「ブランク後の仕事は楽なほうが良い!」ならプリセプターは必須

看護師が「ブランク後の仕事は楽なほうが良い!」ならプリセプターは必須

看護師が「ブランク後の仕事は楽したい」と考えているのであれば、ブランクがある人にプリセプターをつけてくれる求人を選びましょう。

「プリセプターがいるのはありがたいけど、面倒くさいよね。」と思うかもしれません。

確かに、プリセプターがいると、ちょっと面倒くさい部分もあるでしょう。

でも、プリセプターがいると、仕事に慣れるスピードが全然違います。

二人三脚で指導してくれる環境と基本放置でわからないことがあったら自分から聞くという環境では、どちらが早く仕事に慣れることができますか?

考えるまでもないですよね。もちろん二人三脚で指導してくれる環境、つまりプリセプターがいるほうが仕事に早く慣れることができます。

「仕事が楽♪」と感じるためには、仕事に早く慣れる必要があります。

どんなに楽な仕事でも、仕事に慣れるまでは大変なんです。だって、あなたにはブランクがありますから。

だから、楽な仕事をしたい、できるだけ楽をしたいと考えるなら、プリセプターをつけてくれる求人を選ぶべきなんです。

看護師が「ブランク後の仕事は楽なほうが良い!」」なら医療行為なしを選ぼう!

看護師が「ブランク後の仕事は楽なほうが良い!」」なら医療行為なしを選ぼう!

看護師が「ブランク後の仕事は楽なほうが良い!」と考えるなら、医療行為がない求人を選びましょう。

ブランクがあると、どうしても医療行為が不安ですよね。

いくら研修がある、プリセプターがマンツーマンで教えてくれるといっても、不安なものは不安です。そして、不安はストレスになります。

そんなストレスを抱えるくらいなら、最初から医療行為がない求人を選べば良いんです。

医療行為がなければ、ブランクから復帰するための大きな不安・ストレスが1つ消えることになります。

そして、ストレスがなければ、精神的にとても楽ですよね。

ですから、ブランクがある人が楽に仕事をするなら、医療行為がない求人を選ぶべきなんです。

ブランクがある看護師さんが、ブランクから復帰後に楽に仕事をするための条件は、残業がなく力仕事がないこと、プリセプターをつけてくれること、医療行為がないことの4つがあります。

この4つの条件を満たす職場は、介護施設です。

介護施設は残業が少ないですし、介護士さんがいますので力仕事はありません。

また、介護施設の看護師は健康管理がメインですので医療行為はほとんどありません。

ただ、介護施設はプリセプターをつけてくれるところが少ないので、プリセプターのポイントだけは満たしていないかもしれませんが、もしプリセプターをつけてくれる求人があれば完璧ですよね。

介護施設の中でプリセプターをつけてくれる求人を探すなら転職サイトを使うと良いですよ!

転職サイトなら担当者に「介護施設でプリセプターをつけてくれるところが良いです。

一応、残業なしで力仕事もなし、医療行為もなしかどうか確認してください」と伝えれば、それに合った求人を紹介してくれるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。一人ひとりの状況に合わせた求人選びを大事にしているので、転職について考えがまとまっていない場合でも気軽に相談できるのが嬉しいところ。利用者の満足度も高いので、イチオシの看護師転職サイトです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は人気急上昇中で、たくさんの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共 に素晴らしく、経験豊富なコンサルタントが多いです。全国対応で、都市部の方にも地方の方にもオススメです。ナース人材バンクとの併用にもオススメ!

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる