スーパーローテート方式で看護師が研修を受けるメリットとデメリット

スーパーローテート方式で看護師が研修を受けるとどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

スーパーローテート方式で看護師が研修を受けるとどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

スーパーローテート方式で新人看護師の研修を行う病院が少しずつ増えてきています。

スーパーローテート方式の看護師の研修のメリット・デメリットを説明していきます。

スーパーローテート方式で看護師の研修が行われる病院があるって知っていますか?

スーパーローテート方式で看護師の研修が行われる病院が、少しずつ増えてきています。一昔前は、「スーパーローテート方式の研修」と言えば、研修医が行う研修でしたよね。

でも、今はスーパーローテート方式の研修には、新人看護師の研修も含まれるのです。

新人看護師のスーパーローテート方式の研修とは、内科系病棟と外科系病棟、手術室、ICUやCCU、救急外来などの集中治療系の部署を1年かけて回る研修方法になります。

スーパーローテート方式で新人看護師の研修を行うことで有名な徳島赤十字病院では、一般病棟2か所(計7ヶ月)と救命救急センター、オペ室、ICUまたはERを各1ヶ月、最後の2ヶ月はフリー研修としています。

新人看護師の研修をスーパーローテート方式で行うと、急性期病院の部署を一通り経験することができるのです。

スーパーローテート方式で看護師の研修が行われるメリット

スーパーローテート方式で看護師の研修が行われるメリットを説明していきます。スーパーローテート方式の研修のメリットは2つあります。

視野を広く持った看護師になれる

スーパーローテート方式で看護師が研修を受けるメリットは、視野が広い看護師になれることです。

一般的な研修方法の場合、新人看護師は自分が配属された部署以外のことは、ほとんど知りません。

そして、2年目も3年目も新人看護師の時に配属された部署で働くことが普通ですから、自分の部署以外のことは、何もわからない看護師になってしまうのです。

でも、スーパーローテート方式で研修を受けると、救急搬送されてきてから、入院になり、退院していく一連の流れを把握することができます。

また、オペ前からオペ中、オペ後の流れ・看護もしっかり学ぶことができます。そのため、視野を広く持った看護師になることができるのです。

自分に合った職場を見つけられる

スーパーローテート方式のメリットの2つ目は、自分に合った職場を見つけられることです。普通は、入職前に自分の配属希望を職場に提出しますよね。

でも、看護師経験が全くない状態では、興味のある分野はあっても、その分野が自分に本当に合っているかどうかはわかりません。

興味を持つことと適性は違います。自分の適性がわからないまま、配属希望を出さなくてはいけないのは、ある意味ギャンブルですよね。

でも、スーパーローテート方式なら、1年かけて自分の適性を見極めることができますので、本当にあなたに合った部署で働くことができるのです。

スーパーローテート方式で看護師の研修が行われるデメリット

スーパーローテート方式で看護師の研修が行われるデメリットも確認しておきましょう。

スーパーローテート方式の研修のデメリットは、ほとんどないのですが、あえて言うなら、1年目は広く浅くの知識しか身につかないことかもしれません。

いろいろな部署を経験しますので、4月の時点で配属部署が決まるほかの病院の新人看護師に比べると、2年目になった時点では、看護スキルはやや劣っているかもしれません。

ただ、2年目以降は適性に合った部署で働けますので、すぐにそれは取り戻すことができるでしょう

スーパーローテート方式の看護師の研修は期間に注意して!

スーパーローテート方式の看護師の研修に興味を持った人も多いかもしれません。実際に、スーパーローテート方式の新人看護師研修を行っている病院は少しずつ増えてきています。

ただ、スーパーローテート方式で新人看護師の研修を行っている病院で働きたい場合は、1つ注意が必要です。

徳島赤十字病院のように1年間かけてスーパーローテート方式を行っている病院もあります。

でも、4月の時点で配属先を決めて、基本はその配属先で働く。ただ1年間の中で2~3ヶ月だけほかの部署を経験するという形のスーパーローテート方式を採用している病院もあるのです。

この方法でも、ほかの部署を経験できるので、広い視野を持つことはできますが、適性を見極めて、それを考慮して配属先を決められるわけではありません

そのため「ほかの部署も経験したい」という目的でスーパーローテート方式を行っている病院を選ぶならともかく、自分の適性を見極めたいという場合はスーパーローテート方式を行う研修の期間をきちんと調べるようにしましょう。

まとめ

スーパーローテート方式の看護師の研修のメリット・デメリット・注意点をまとめました。スーパーローテート方式の看護師の研修は視野が広くなり、適性を見極められるというメリットがあります。

ただ、スーパーローテート方式の研修を行っている病院で働きたい場合は、研修の期間に注意しましょう。

スーパーローテート方式で新人看護師の研修を行う病院で働きたい人は、看護師専門の転職サイトを使うと良いですよ。

転職サイトなら、担当コンサルタントがスーパーローテート方式の研修を行っている病院をピックアップしてくれます。

研修の期間も調べてくれますので、希望通りのスーパーローテート方式の研修を受けられる病院で働くことができるんですよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職といえばナース人材バンク、と言われるほどの人気サイトです。業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。オススメですよ♪

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

こちらも口コミでの人気が高いサービスです。沢山の非公開求人が用意されていますので、ナース人材バンクと併せてお使い頂くと間違いのない転職が出来ると思います。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる