スポーツ整形の看護師が転職する(辞める)理由と転職先を選ぶポイント

スポーツ整形の看護師が転職する(辞める)理由には、どんなものがあるのでしょうか?

スポーツ整形の看護師が転職する(辞める)理由には、どんなものがあるのでしょうか?

また、スポーツ整形から転職する場合、どんな転職先を選ぶと良いのでしょう?

スポーツ整形から転職する理由別におすすめの転職先を教えます。

スポーツ整形で働いている看護師さんは、これを参考にして転職先を探して下さいね。

スポーツ整形の看護師が転職する(辞める)理由

スポーツ整形の看護師が転職する(辞める)理由には、どんなものがあるのでしょうか?

スポーツ整形の看護師が転職する(辞める)理由には、どんなものがあるのでしょう?

スポーツ整形で働く看護師さんが、「辞めようかなぁ」と感じる3つの理由をご紹介します。

リハビリばかりでやりがいがない

リハビリばかりでやりがいがない

スポーツ整形の看護師さんが転職する理由の1つ目は、リハビリばかりでやりがいがないことです。

スポーツ整形では、スポーツ選手の怪我を早く治して、競技に復帰できるようにサポートします。

そのため、スポーツ整形ではリハビリが治療の中心になりますので、看護師もリハビリに関わることが多いんです。

特に、スポーツ整形のクリニックでは医療行為を行うことはほとんどなく、リハビリメインになります。

そのため、「患者さんの命を助けている!」という実感はありませんし、「私って、看護師じゃなくて、理学療法士見習い?」と思ってしまい、やりがいを感じないことがあるのです。

もちろん、スポーツ整形では患者さんの回復を感じられますし、担当した患者さんが競技に復帰できれば、とても嬉しく、やりがいを感じることができます。

でも医療行為が少ないので、看護師ならではの「命を助ける」というやりがいは感じられずに、転職しようと思ってしまうことがあるんです。

意外とスポーツ選手が来ない

意外とスポーツ選手が来ない

スポーツ整形の看護師さんが転職する理由の2つ目は、意外とスポーツ選手が来ないことです。

スポーツ整形でスポーツに関係した仕事をしたい、スポーツ選手に会えるかも?、スポーツ整形を専門にしたいと思っていたのに、意外とスポーツ選手の来院はほとんどなくて、普通の整形外科の患者さんしか来ないクリニックもあります。

看板やホームページに「スポーツ整形」と書かれていても、「整形外科がメインで、スポーツ整形もやっていますよ」のようなクリニックも多いんです。

そのようなスポーツ整形で働いていると、「これって、スポーツ整形じゃなくて、ただの整形外科なんじゃ?」と思って、転職を考えることもあります。

有名なスポーツ選手が皆無

有名なスポーツ選手が皆無

スポーツ整形の看護師さんの中には、「有名なスポーツ選手に会いたい!」とミーハーな気持ちでスポーツ整形を選んだ人もいますよね。

でも、すべてのスポーツ整形で有名なスポーツ選手が来るというわけではありません。

部活をやっている高校生や中高年の市民ランナーしか受診しないスポーツ整形もあります。

ミーハーな気持ちでスポーツ整形を選んだ看護師さんやミーハーな気持ちではなくてスポーツ整形を選んだけれど、できたらトップスポーツ選手に会えたら嬉しいなと思っている看護師さんにとっては、有名なスポーツ選手が全く来なかったら、ガッカリしてしまいますよね。

スポーツ整形の看護師が転職する時の転職先の選び方

スポーツ整形の看護師が転職する時の転職先の選び方

スポーツ整形の看護師が転職するなら、どんな転職先を選ぶと良いのでしょうか?

スポーツ整形から転職する理由別に、またスポーツ整形からスポーツ整形へ転職するパターンとスポーツ整形から別の職場に転職するパターンの2つで、転職先を選ぶポイントを考えていきましょう。

リハビリばかりでやりがいがないから転職したい時の転職先の選び方は?

リハビリばかりでやりがいがないから転職したい時の転職先の選び方は?

リハビリばかりでやりがいを感じないから、転職したいスポーツ整形の看護師さんは、どんな職場に転職すべきなのでしょうか?

スポーツ整形から別のスポーツ整形に転職する場合

スポーツ整形から別のスポーツ整形に転職する場合は、病院のスポーツ整形を選びましょう。特に、病棟が良いですね。

スポーツ整形の病棟なら、手術を行いますので、処置や点滴などの医療行為が多めになります。

スポーツ整形の場合、命に関わるような疾患はありませんが、手術後の患者さんの看護をすれば、「患者さんを助けている」というやりがいを実感することができるでしょう。

また、スポーツ整形の病棟はスポーツ整形の単独病棟ではなく、整形外科病棟の中に病床を持っているような形になりますので、スポーツ整形の看護師も整形外科病棟の患者さんの看護をします。

そのため、スポーツ整形の看護を行いつつも、重症な整形外科の患者さんの看護をすることができますので、やりがいを感じながらスポーツ整形で働くことができるはずです。

スポーツ整形以外の職場に転職する場合

スポーツ整形以外の職場に転職する場合は、医療行為が多い職場に転職しましょう。

医療行為が多い職場なら、患者さんの命を助けているという実感を持つことができるはずです。

医療行為が多い職場は、急性期病棟やICU、救命救急センターです。このような職場なら、「患者さんを助けている」というやりがいを感じられるでしょう。

また、「リハビリをする」という仕事が嫌な場合は、老健や有料老人ホームのほうが良いかもしれません。

ICUや救命救急センターなどの超急性期でも、近年は早期リハビリの重要性の認識が広がっていて、ベッド上でできる範囲のリハビリを行います。

それに対して老健や有料老人ホームは、リハビリは理学療法士や作業療法士が専門に行いますので、看護師は看護業務に専念することができます。

ですから、医療行為がやりたいわけではなく、リハビリの介助をしたくないという看護師さんは、老健や有料老人ホームなどに転職すると良いでしょう。

意外とスポーツ選手が来ないから転職したい時の転職先の選び方は?

意外とスポーツ選手が来ないから転職したい時の転職先の選び方は?

意外とスポーツ選手が来ないから転職したい時に、転職先を選ぶ方法は何でしょうか?転職先を選ぶ時のポイントを教えます。

スポーツ整形から別のスポーツ整形に転職する場合

スポーツ整形から別のスポーツ整形に転職する場合は、整形外科とスポーツ整形の割合をチェックしてから、転職するようにしましょう。

スポーツ整形専門のクリニックは非常に少なくて、整形外科に付属する形でスポーツ整形の診療をしているところがほとんどです。

ということは、整形外科メインでスポーツ整形はおまけのようなクリニックも多々あるのです。

そのため、整形外科とスポーツ整形の患者さんの割合を調べると良いでしょう。

また、スポーツ整形のクリニックでは日本整形外科学会の認定スポーツ医や日本体育協会公認スポーツドクターの資格を持っていたり、日本臨床スポーツ医学会に所属している医師がいるところを選ぶと、スポーツ整形をメインに診療しているところが多いので、「スポーツ選手が来ない」という悩みはなくなると思います。

スポーツ整形以外の職場に転職する場合

スポーツ整形以外の職場に転職する場合は、スポーツ選手が来るかどうかにはこだわりを捨てましょう。

スポーツ整形でスポーツ選手が来ないから、他の職場に転職しても、「スポーツ選手が来ない」という悩みは解決できませんから。

スポーツ整形以外の職場に転職したい場合は、どんな職場で働きたいかをよく考えてみると良いでしょう。

もし、スポーツ整形での経験を活かしたいなら、整形外科や回復期リハビリテーション病棟がおすすめですよ。

有名なスポーツ選手が皆無だから転職したい時の転職先の選び方は?

有名なスポーツ選手が皆無だから転職したい時の転職先の選び方は?

有名なスポーツ選手がぜんぜん来ないから転職したい時は、どんな転職先を選ぶべきなのでしょうか?

スポーツ整形から別のスポーツ整形に転職する場合

スポーツ整形から別のスポーツ整形へ転職する場合は東京のスポーツ整形を選びましょう。

東京はプロスポーツチームがいくつも集まっていますので、他の地域のスポーツ整形よりも有名な選手に会える確率が高くなります。

また、実はその競技内ではトップクラスに有名だけど、マイナースポーツだから、あなたが知らないだけなのかもしれませんよ。

裏技としては、好きなスポーツ選手のチームのチームドクターを調べてみましょう。そして、そのドクターがいる病院やクリニックで働くと、有名なスポーツ選手に会える可能性はあると思います。

スポーツ整形以外の職場に転職する場合

スポーツ整形以外の職場に転職する場合は有名なスポーツ選手とは言いませんが、有名人が多く訪れる病院を探してみてはいかがでしょうか?

東京の大病院、権威がある病院、格式が高いとされる病院の場合、芸能人や有名人が多く受診、入院しますので、有名な人に会える可能性が高くなります。

ただ、看護師は守秘義務がありますので、その点だけは気をつけてくださいね。

まとめ

まとめ

スポーツ整形の看護師が転職する(辞める)理由と理由別の転職先の選び方をまとめましたが、いかがでしたか?

もし、今からスポーツ整形にチャレンジしたいという看護師さんは、あらかじめ知っておくべき5つのことをまとめた記事がありますので、そちらを参考にしてくださいね。

転職を考えているスポーツ整形の看護師さんは、転職サイトを使うと良いですよ。

転職サイトなら、スポーツ整形の中でも病院にあるスポーツ整形や、スポーツ整形メインのクリニック、東京の有名なスポーツクリニックの求人を探すことができます。

スポーツ整形以外の職場へ転職したい場合も、希望を伝えれば、それに合った求人を担当者が探してくれますので、満足度の高い転職をすることができるんです。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職といえばナース人材バンク、と言われるほどの人気サイトです。業界では古参の、まさに「信頼と実績の」サービスです。きっと自分で探しただけでは見つからない「あなたにぴったりの」求人と出会えます。オススメですよ♪

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

こちらも口コミでの人気が高いサービスです。沢山の非公開求人が用意されていますので、ナース人材バンクと併せてお使い頂くと間違いのない転職が出来ると思います。

この記事を書いた人

看護師 rina

  • 取得資格:看護師、保健師
  • 出身:茨城県
  • 年齢:34歳
  • 看護師経験:大学病院、一般病院、介護老人保健施設、巡回健診、イベントナース
  • 経験がある診療科:救命救急センター、一般内科

看護大学を卒業後、都内の大学病院で5年間勤務。その後は、一般病院の療養型病院で2年間勤務しました。大学病院に勤務している時には、バイトで介護施設などでの勤務経験もあります。1児の母となった現在は、看護師ライターとして看護師の皆さんが、自分に合った働き方ができるように、転職やライフスタイルのアドバイスに関する記事を執筆しています。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる